作家でごはん!鍛練場

作品リスト4

青木 航

坂東の風 第六話~第十二話

【第六話攻防の始まり】【第七話雛】【第八話三度目の襲撃】【第九話満仲・もう一つの怨念】【第十話摂関家の蠢き】【第十一話火種】【第十二話安倍晴明との出会い】

はるこ

子育てロボット

部活で発行する部誌用に書きました。テーマが蛍光灯だったので、蛍光灯のような、ちょっと武骨で暖かい話を目指しました。

然薯

此岸通信①(元旦)

少ない枚数で、それなりのまとまりを出す練習として書きました。大きな事件や事柄が起きなくとも、飽きさせずに読んでもらえるように、意識しました。

sin

大冊戮+α

前の奴は新作で、もう一つは以前投稿したものを修正したものです。片方は六千字ちょい、もう片方は一万字程度です。よければご一読ください。

えんがわ

雨降りとカボチャ売り 3点セット

思って感じたことを足跡に残して下されば、嬉しいです。

大河 立宗

【針供養】

2月8日は針供養なのでお題とさせていただきました。ブランド物がありがたがられる時代だが、手作りも粘り強く息づいていること知ってもらいたい次は、2月16日に新作掌編をUPします。自分では、まだまだ説教臭いと思いますが、いかがでしょうか???

夢咲香織

夢見る海王星

アンドロイドに魂はあるのか?悩むアンドロイドの可愛らしさと、彼らしいハッピーエンドを目指して書きました。

あああ

私は神様なんです!

神様です!それが理解できていますか?どうなんです?

おでん鬼

獣の毛

30分の時間制限を設けて書いたものです。

宇宙のよしちゃんの子

宇宙のよしちゃん

夢に拍車をかけるために書きました。勝手ですが感想よろしくお願いします。

大福山

袖すりあうも

短くて恐縮ですが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

れむ

ありようのない夜に

心が風邪を引いていたみたいです。長くてすみません。。。

寒いのは苦手

百鬼夜行

原稿用紙8枚です。もうすぐ節分かと考えたときに、物語が広がりました。どうぞよろしくお願い致します。

日南田ウヲ

嗤う田中

日常の中で、起きそうな殺意と結果を描いてみました。

ドリーム

雪の降る夜に

前回はコミカル物でしたが今回はサンペンスです。一人娘が殺されたが捜査は難航し3年の月日が流れた。証拠と言うには乏しい糸屑のみ、警察はアテにならないと娘の父母は独自に捜査に乗り出す、そしてついに犯人像が浮かび上がる、と同時に警察も犯人を割り当てた。復讐を使った夫婦ついに雪の降る夜に復讐に乗りだす。結末は如何に?

霊銀

絶対に笑ってはいけないどうぶつの森24時 目次

ガキ使が好きなので。すみません…未公開シーンも作ります!

大丘 忍

雨の夜

心理学的な夢分析のはなし、これは聞いたことがあります。窓は女性のシンボル、そこに男が入るのだからその意味はわかりますね。私の小説には、もう少しドラマが欲しいと言う感想がよく寄せられます。確かに起伏のあるドラマのある方が面白いでしょう。本作は少しドラマ性を意識してみました。作品の面白さを左右する巧みなドラマ。確かに難しいと思いますがこれが小説の値打ちでしょうから、色々考えたいですね。

アリアドネの糸

宇宙の果ての、そのまた向こう

ある方の感想欄に酔った勢いで書いてしまった感想駄文が引き金になり、衝動的にぐわわと書き上げたイレギュラーな作品ですが、ここへの投稿用に書いていたのより先に書き上げたので投稿したいと思います。背景やストーリがあったり、ちょっと落ち着いた文章だったりするものを鍛錬作として投稿する予定だったのですが、愚かにも二作同時に書き始めてしまい(察してください)。ともあれ、皆様との感想欄でのやり取りのおかげですので、関係者各位に謝意を表します。1) 面白かったか?この小説は、客観的には面白くないのかもしれない、と思い始めているのですがどうでしょうか?そのぶん、個々の描写が面白くあるように頭を悩ませたつもりです。2)抽象的過ぎやしないか?必要なところ以外はできるだけ一文を短くし、具体的な描写を入れたつもりだけど、そういう問題でもないのかも?具体的でも具体性がないというか。3) スピード感の変化はどうだったか?描写のテンポやリズムを前半と後半で変えていますが、うまく繋がり流れたでしょうか?それとも、読みにくかったでしょうか?

昼野陽平

仮面

ありがとうございます。ご意見ご感想などよろしくお願いします。

さかあ

詩 三編

かなり久しぶりに投稿します。小説ではなく最近は詩作にも凝っていまして、去年書いたものの中から三編だけ読んでいただきたいと思いました。

太郎仏

異次元ミクロ経済学 草稿

まあ娯楽です。書きかけのものを上げてみました。記述はふせいかくです。

南風

バタヴィアの橋の上で(第四章)

「南の島の物語」も最終章になりました。ここまで書いて合計200枚です。書いていて楽しかったです。さて、第四章はエログロありの「論理破綻」の典型です。いままでの教科書は破り捨てました。それでも読んでみたいと思われる方は、どうぞ。いや、だからこそ読みたい方もどうぞ、お読みください。「南の島の物語」の全体を通じて、1、2章は中学生の稚拙、3章は高校生の稚拙、最終章は大人の稚拙な文章になっていることに気付かれたでしょうか?

渡辺沙羅

大地君の夏

なぜ:囲碁が好きだから表現:少年の成長と爺さん挑戦:囲碁の啓発

玄野颯

アレ

口に含むと吐いてしまうくらい、「アレ」が僕は嫌いです。その思いを作品に込めました。

辛澄菜澄

日曜は好き?

2000字に満たない短編です。僕の実体験というか、二割くらい取り入れて書きました。よろしくお願いします。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中