作家でごはん!鍛練場

作品リスト4

水野

はいおめ【原稿10枚】

元は『夏休みの魔女』という長篇小説の第二部として構想されたものですが、文量がちょうどいい感じだったので、いくつかの設定に変更を加え、独立した短篇に整えました。第一部では小学三年生視点だったので表現方法に制約がありましたが、第二部ではそのようなことはなく、わりと好きなように書けました。リアリズムの手法を採用しています。この手のものはインパクトが大事ですので、長篇で不意に現れるのが正しい用い方だと思います。独立に取り出しても、あまり意味がないのかもしれません。会話の流れやどう終わるかに関しては、まだ納得のいかない状態です。二人の会話は不自然でないでしょうか。またこういう会話の書き方を、有名な作家さんが既に実践していませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

ニコラ

風沢フウの冒険

お前らは文学を舐めている。俺はこの小説に伏線を1億張ったよ。一文字につき無限でね。フフフ。

九丸(ひさまる)

こわれて

初めての作品です。他サイトに投稿したものを編集、加筆して投稿しました。破滅に向かう純粋を書きたく執筆しました。根が暗いのと、喜劇より悲劇が好きなので、感情に逆らわずに書きました。

聖真子天蒼

手紙一族

手紙という古風なやりとりにもっと身近に感じていただけたらとおもい書いてみました。表現したいものは、感動と青春と主人公の生き甲斐です。次の作品の意欲につながればと思い、挑戦しました。

小鳥遊美砂子

黄昏たち

数年前メビウスリングの林檎飴というスレで描いた物語の詩でもあり小説その物語の先の枝の一部を小説化してみました。物語がバラバラなのは物語を推理して読み解く構成なのです。ちなみに執筆していた時の曲はニーアのイニシエノウタです。狙いはありません。書きたくなったので書きました。誤字脱字があったらすみません

きみゆ

夫婦、親子、姉弟

ホラーを書いてみたかったので、ホラーの要素を検討し、その要素を再現することを徹底しました。この作品に限らず、文章力全般に課題があると思っています。文章を短く切るのが好きで、そこを評価されたこともあるのですが、もっと上にいくにはそこを捨てなければいけないのかな、と悩んでいます。

やひろ

エデンに堕つ

YouTuberを題材にした小説を書きたいと思いました。まだ執筆中ですが、ここに掲載しているのは全体の2割ほどです。最初の2割ぐらいで、面白い、続きが読みたいと思わせなければ作品として成り立たないと考えているので、この部分だけでも面白いか、続きが気になるか、文章表現、構成、設定、展開など、ご意見頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

黒都紫穂子

蝉は鳴く

初めてコチラのサイトで書かせて頂いてます。黒都紫穂子(くろとしほこ)と言います。今回、こちらの作品は自分の文章力や表現力の度合いが通用するかという点を中心に作成しました。他者目線で読んだ時にどれだけ自分の力で皆さんの頭の中、想像で構成出来るかという力試しの1回目として即席ではありますが作りました。皆さんの率直な感想をいただけると嬉しいです。

文緒

三日月

夫婦ってめんどくてたまらないけど、おもしろい。お目通し願えれば幸いです。

上松 煌

幻夢現無(げむげむ・おれを殺しにかかる時)

今まで10作品以上を書いて、一番苦しんだかな?? 誰もの心に内在する、甘ったれた自己愛からくる『希死念慮』を、他人様に理解できるようなカタチにすると、おれの場合はこうなる。極めて個人的なこと。 100人いれば100通りの書きざまがあるのだろう。

山村モモ

プロローグ(仮)

言葉遣いが間違っている点はご指摘願います…

ちょび

まったく嫌な六月だ

察してほしい人と察しない人

あのにます

ゴキブリ転生

転生シリーズ第二弾約3日間で執筆しました前世人間だった記憶を携えた魂がゴキブリに転生してしまった場合それはどんな意識なのか、その本人に綴って頂く形式にしました自らの意識をその本人に飛ばして執筆したので消耗が激しかったです執筆が終わった時、脳がオーバーフローしてしまい近所を自転車でふらふら乗り回して冷却が必要な程でした。変な夢も見ました。(執筆が原因か分かりませんが)何故そこまで消耗する程にこの作品を執筆したのかは分かりませんが(前作で、続作の期待を寄せてもらったので期待は裏切れないと思ったからかもしれません)書けば書くほど深みにハマってしまい、書ききるまで消耗を続けました。どんな感想でもいいのでコメント貰えたらうれしいです。

vine

雪の熱

・間が空いてしまいましたが、前回(コメディ)から趣向を変えてみました・原稿用紙換算で12枚です・ちょっと文章が淡泊な気がしています。ご感想のほど、お願い致します

今井舞馬

鉄砲に撃たれた狼さん

児童文学風やばい小説を書いてみようと思いました。

金川明

【短編二作】海底のそこ/見下ろせば世界

昔書いたまま眠っていたものを、少し手直ししたものです。とくに意味はありません。

吉川タクミ

少女と犬

どうも、最後の投稿がどれくらい前か忘れましたが、過去にここで二回ほど投稿した吉川タクミです。今回投稿した作品は第25回電撃小説大賞で一次選考落ちした推理小説(に少し手を加えたもの)です。私にとって初めて叙述トリックを扱った小説であり、けっこう思い入れのある作品です。今回私が気になることは三つ。・叙述トリックを使った推理小説としてどうか?・ストーリーの面白さやキャラクターの魅力はどうか?短編としては長い作品だとは思いますが、もしよければ評価していただきたいです。よろしくお願いいたします。

初書 ミタ

RPG009 1人の勇者と8人のペット 

ラノベ若しくはマンガにします。本名は岡祐貴です。忌憚ない意見を頂きたいです。あくまでも面白ければいいと勢いで書いています。「産業創世記」のような文学的なものとは違います。

tomonari

この夏の花火/あの夏の花火

初めてこちらに投稿致します。よろしくお願いします。少年から大人になる僅かしかない時間に起こるものを書きたくて書きました。視点の切り換えで同じ出来事を描くと、360度のようなアングルを感じられて面白いと思いました。

えんがわ

港町のロウソク送り

夏と海と港町と心を書こうと思いました。

陣内

追憶

夏と少年少女が書きたくて書きました。大人になるということについての話です。アドバイスなど頂ければ幸いです。

佐藤

ふるさとの国を追われた俺は敵の将になってリベンジ決めてやった

なろうのトレンドに「追放もの」ってのがあると聞き、書いてみました。なろうターゲティング文章のチャレンジでもあります。この改行と行明けの多さに死んでしまいそうになったことを告白します笑

ふじモン

負け。

騙しあって、騙しあって、結局運頼りになることもある。けどその神頼みは、善に神が傾くとも限らないわけです。その不条理さを描きたかった。 確かに、雨ざらしの中に捨てたところで、だが、それはお先真っ暗さと味方が居ない。それを表現したいと思ったからです。

水槽夏

微妙な人間関係の微妙なところを書きたかったです。

あんどこいぢ

【文頭接続詞抑制】水道橋の夜【10 枚弱】

今書いている他の文章への必要性から、「婦人科の旦那用の部屋」が出て来る古い『文學界』を再読していて、その作品がほとんど、接続詞を使っていないことに気づきました。それで私も挑戦してみたのですが、やはり、ハードルが高かった感じです。よろしくお願いします。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中