作家でごはん!鍛練場

作品リスト7

文学猿

「シーソー、双子、男、公園にて」

題名が未定です。誰かアドバイスください。書き終わった後、少し筋が分かりにくいのでは?と思いました。色々絡まって分かりにくくなっている気がします。どうでしょう?

跳ね鳥

白竜神話

究極真理フリーダム。あなたには全てを語ることが許されている。人間の心を語る自由を追及した神話です。狂気と正気のあわいを突破して、表現の本質的な自由を探す旅でした。よろしくお願いいたします。

チャンネル登録者32名 しまるこ

だり〜〜〜

チャンネル登録者32名の底辺YouTuberでだるいけど、がんばって書きました。

羊を数える

便器掃除マン

はたして私は、全人類が死に帰した後も、宇宙のあいだにかがやきつづけることができるだろうか…?

飼い猫ちゃりりん

猥褻巡礼記

13000字ほどの短編です。不快かつ反倫理的な表現や描写があるので注意して下さい。皆様の感想を聞かせてください。よろしくお願いします。

しらぬしらぬもしるのうち

男の娘「ふふふ、今日はあの人に決めた♡」

SSを書いてみたかった(KONAMI)規約違反だったら許して許し亭

北条かおる

鯉と老盗(33枚)

波乱万丈で刺激的な半生を送ってきた男――が主題です。冒頭部分は何度も何度も書き直しました。どうしても納得のいく導入シーンが浮かびません。冒頭以外はけっこう執筆が楽しかったのですが。

はるこ

乱暴なナナちゃん

人に自分の小説を読んでもらったことがないので、一度客観的に自分の小説を批評してもらいたいと思い、書きました。主人公はクマのぬいぐるみで、持ち主は少し乱暴な女の子です。クマの、持ち主の女の子に対する、少し困った子だけど、本当は好きだよ。という感じの気持ちが表現できていれば..と思います。

5150

白い部屋で

これにディテールを書き込んで枚数を増やし、モチベーションを保つためにどこかの公募に挑戦しようかなと、漠然と考えているところです(現25枚)。お聞きしたいのが、どういう方向性に持ってゆき書き直してゆけばいいかということです。この文体と語り口を保つべきか、整えるのがいいのか。一般向けノンジャンルあるいは、純文学系か、エンタメ系にするべきか、自分では判断できません(一般受けはしないということだけはわかりますが)。あるいはこのままでもいけるでしょうか。どんなご意見でもいいので感想お待ちしています。

水瀬 春季

風守伽話

ちょっとした神様ものを書きたかったのと、ファンタジー×現実みたいな物語を書いてどのような評価を得られるか知りたかった。コンセプトは「隠れたヒーロー」と「絆」です。説明が長すぎるという短所があったので今回情報をかなり省きましたが、わかりづらかったら是非コメントください。あと、自分が全力で描いた小説なので、どこが良かったとかどこが悪いとか思うことがあれば何でもコメントしてください。

敷島梧桐

かねて爾今に黙して契れ

百合SF、薔薇SF、みんな違ってみんないい。

偏差値45

なんだかなぁ、と思う瞬間

時事ネタで書いてみました。忌憚のない意見をお願いします。

加茂ミイル

プラトンのイデア論について

プラトンのイデア論について、学生時代に勉強したことを思い出しながら書きました。間違っているところがあるかもしれませんが、その場合はご了承ください。

franc

旧友

相手の意志を尊重すると決めたなら、自分自身を捨てること。が、それが困難なのが人間だと思う。どうしても出てくる自我を抑えつけること。そこからにじみ出てくる目を背けてしまいたくなるような自分の本性が、相手の事を決めつけてしまう自分を思い返すと許しがたい、恥ずかしい。読んでいただけると嬉しいです。コメントいただけるとなお嬉しいです。

ゆーぷ

パルマ

テンポと動きのバランスはどうでしょう前回は短かったので今回は少し長いです。と言っても短編です。

夢おろし蕎麦

どうして

感想や何か思うところがあればご気軽にコメントしてください。寂しい恋愛モノは初めて書くので、うまくできているか心配です。

渡辺サラ

僕のヴィオラコンチェルト

音楽小説の集大成何故か音楽作品を書きたかた表現したいもの音楽挑戦音楽と人。

草太郎

俺に夢中

忌憚のないご意見、よろしくお願いします。

茅場義彦

義経ホエール1

才能ゼロだけど書いたもう十年前っっっっっh

アフリカ

ショートショート

不倫の闇に囚われた五人の男女が、それぞれの目線から利己的な考えを互いに押し付け合う様子を少しだけ距離を置いて追い掛けるショートショート集

あざとーす

人類滅亡RPG

「率直な感想」と「この小説の続きが読みたいか」を教えて欲しいです。お願いします!

shion

青い花

描写を丁寧に書こうとこの小説を書きました。表現したいものは日常です。

アカのプーさん

春頃の昼の白昼夢

昨日のスーパーの帰りに見たことを再現したので初投稿です。夢とは言えロシアに行けてよかったです。短いです。

ドリーム

本当の宝物とは

私が書いた長編小説20万字超「宝くじに当たった男」があります。今回の主人公は妻子持ちの中年男、一方長編は二十七歳の独身男共に物語は会社を解雇され宝くじに当たるというもの。長編は身長百九十八センチ、体重百キロの大男、あだ名はゴリラ一度怒ったら誰にも止められない野獣であるが人を引き付ける魅力があると言うものです。今回はその姉妹編で、内容は全く異なります。感想をお待ちしております。

タカ

トーマスサージュ

読んでいる人の心の斜め上のあたりから嘲り笑う感じです。

続きを見る chevron_right

全199作品鍛練中