作家でごはん!鍛練場

作品リスト2

根釜カツ江

犯罪科学捜査File No3.『原稿に埋もれたDNA』

今回もよろしくお願いします。

緋色

さざなみ

この作品のジャンルは恋愛です。ストーリーを書いた理由は、普通の恋愛は書きたくなかったからです。後、太宰治が好きなので海での溺死を書いたのかもしれません。率直な皆様の意見をお聞きしたいです。よろしくお願いします。(ちなみに推敲はしておりますが、誤字・不備等ありましたらそれは自分の確認不足です。ごめんなさい)

アフリカ

【辛味の成分】小説トレーラー

先日、友人と中華を食べながら話した妄想に少しだけ香辛料を振り掛けてザクザクとです。最近、常連さんの出し物少ない気がしますわよろしくお願い致します

フランシス・ローレライ

フルートとヴァイオリン(上巻)

ウィーンを含め外国生活が長かったため、日本語がすっかり下手になってしまいました。その是正措置として書き始めた小説です。

チェリーマン

みずとあぶら

21歳にもなって女を知らぬ男がこいつを書いているわけですが、つまるところはこのまま女を知らず生きていくであろう未来の自分に何を言わせたいかな?というのがまず第一でした。童貞と言うのは基本静かなのが好きです。あまり周囲から抑圧されることを好まず、風潮と結婚するような無駄な恋愛はしません。もちろん女性の理想を持っていると言うパターンもありますが僕のように女の暗部を知り尽くして一気に萎え腐ったタイプも居ます。……でも、それでハイじゃあさよならとスイッチをキレるほど人生は単純じゃない。軽視され、バカにされ、ありとあらゆる発言に「童貞がなにいってんのw」と返される恐怖に怯えながら僕含めた童貞たちはこの十字架を背負って生きていかねばならないわけです。そうなったときどういう考え方をすればいいのかな、どういう風に生きたらいいのかなって伝えられたらな、と言うのも、狙いとしてはありました。

ひとみ

調色板の歯車

前回「奇怪な国(冒頭部分)」として掲載したものを加筆修正したものです。引き続き、小説はこれが初めてなので何か気になるところがあればコメントを頂けると、とても嬉しいです。大まかな流れとしては3つ。●内容は全体を通して旅人が習わしや考えの違う国や人に触れていく物語です。●一章あたり2500~3000字。合計で3万字の短編を考えています。●視点は三人称、コインを主軸に置いてます。描写は多めに、読みやすければペースは遅くてもいいかなぁ、と今のところは。固有名詞は人物に重点を置きたいなどの理由で付けません。五国は色で統一しようと考えています。よろしくお願いします。

北野一徳

リーズン(前編)

ストーキングについて考え、執筆しました。忌憚のないご意見をお待ちしております。

佐藤

キャンバスと筆とオヤジ

越えがたい壁と向き合う事、てきなテーマを描いてみました。よろしくお願いします。

Kuruha

人生最後に告白を

久々に書いたので感想がいただきたく。よく主人公の心理描写が足りないと言われるのでほとんどモノローグな作品を書きました。

道化の華

気持ち。

愚痴です。コメントお願いします。

柴犬

体育祭の開催

こんにちは柴犬です初投稿です!よろしくお願いします。

えんがわ

志那そば屋 こうや

よろしくお願いします。

屋羽之助

清廉潔白【原稿用紙38枚】

自分が書いてみたい人物を書いてみました。厳しい意見もそうでない意見も何でも受け付けております。感想よろしくお願い致します。

秋田寒男

秋田アダム

社会人の妄想を文学的に昇華させようと葛藤して恥を忍んで、書き連ねたのが今回の秋田アダムである。事実、私の妄想の発露に過ぎないが、今回のこの作品というかゴミは一般人の妄想のアンチテーゼとしたものではない。無論、ジンテーゼとした作品なのは言うまでもない。しかし、一般的には唐橋ユミという記号は真善美を含有するものであり、私の知性では表現しきれないのは事実だが、人間、死を乗り越えるなにかである事実もある、それゆえに今回の作品を表現してみた。私の知性を観察し死を乗り越えた経験のある人物の慧眼には私の作品秋田アダムは知性を突破し新しい地平線を眺める機会を与えたかもしれない現実も捨てきれない。それは悟りであるかもしれない。現実にいた偉人を鑑みれば、意気があればこその悟りなのだ。さぁ挑戦してみよう。新しい悟りに。私はちなみに唐橋ユミ氏の大ファンである。この事実が変わらない様に。君たち、読者、諸兄諸姉に言う。後悔するな前進あるのみ当たって砕けろ。そうだ人生は当たって砕けるのが人生なのだ。悟りも知性もなにもいらない。私の作品に飛び込んでほしい。さぁ当たって砕けよう。一億総玉砕なのだ。

井口 剛

リベンジ

昨今、幼い子供達の命が、親の虐待や性犯罪によって失われていくのに対して、強い憤りを感じ、子を失った親御さんの恨みを代弁出来ればと思い、執筆しはじめました。

むるてゅい

歯みがき夫人

おひさしぶりです。といってもわからないかもしれません。なにせ三、四ヶ月ぶりですから。今回はスラスラ書くことができました。だからこそ不安です。順調にいっているときほど落とし穴があるのが相場です。とはいえ自分ではそれなりのものができたなんて生意気に思っているわけです。客観視というのは難しいですね。

ぎゃわ

不死の棺桶

昔HJ文庫に投稿した作品の序文です文章力がどれくらいあるのか測定したく、皆さまのお目に通すのも憚られる拙作ですが、感想を書いていただければ幸いと存じます。どんな感想でも参考にさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。

懲りない

飼育

鍛錬場に四作あります。どれも似たようなことですけど、それをワンパターンだのストーリーがないだの正気で言ってるつもりのやつはアホだと本気で思ってやってます。ネタとかアイデアとか、そんな作為も意味もわかりません。そういうこととは無関係にやっていこう、と殊更に思いを深める今日この頃です。

晴野日雪

ダンジョンに強さを求めた結果!?

王道転生ものを書いてみたくて書いてみました。初めての執筆で面白く書けているのか自分では判断が難しく、皆様の目から見てご意見お願いします。URLにて本編の続きが有りますので、宜しければそちらも読んでいただけると嬉しいです。

佐々木 琉加

過去から来た手紙。

長編や連作短編集をメインとして書いているなかで、まだ足りていない感情表現などの力を伸ばすべく書いた短編です。私は兼業作家を目指している身でありますが、いまだに誰かに批評をしていただく機会がなかったため投稿させていただきました。批評をよろしくお願いいたします。

タカダ

当時、近所に一本だけ咲いていた桜の木を想って書いた物語です。

清掃員

とある盗撮男の日常

以前、こちらに投稿した経験のある者です。とある文学賞に応募し……落選しました。けれども、久しぶりに小説らしきものを仕上げることができたので、自分的には感慨もひとしおです。内容に不快感を抱く方もおられるかもしれませんが……批評をお願いしますm(_ _)m

岡田寄良

この世はひどい

この世はひどい。

桜川藍己

生涯

……段落まで変えるようになったのかこのサイトは、、1年ぶりのリハビリですが客観的な視点での感想が知りたく思い投稿させていただきます。

大丘 忍

B型の冒険

血液型は、日本人の場合、A型4割、O型3割、B型2割、AB型1割と云われています。そして血液型による性格判断では、A型は慎重で熟慮した上で行動する、O型は決断力がありリーダーシップがある、B型は発想が豊かで時に思い切った行動をする、AB型はAとBの両方の特徴を備えていると言われています。しかし、この血液型性格判断には科学的根拠はないとも言われております。昭和のプロ野球選手の血液型を調べたことがありますが、ホームラン打者にはB型が多く、ついでO型、有名なリリーフ投手にはAB型が多かったという調査があります。打者は3回のうちに一回自分の思惑が当たればいいので、迷う事無く強打するのでホームランが多い。投手は三回のうちに一回でも失投があれば打たれるという慎重さと、時には思い切って勝負球を投げるという決断も必要です。戦後の日本の総理大臣は、田中角栄のB型が出るまで全員O型でした。戦後の社会事情が安定するまではO型の強力なリーダーシップが必要だったけれど、社会が安定すれば多彩な能力が要求されるようになったということでしょう。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中