作家でごはん!鍛練場

作品リスト5

雛詩

セーブポイント

打ち倒されるべくして生まれた巨悪に挑まんとする主役——主人公とも呼べる、『英雄』の理不尽をテーマに書きました。私自身、ゲームはあまり嗜まない方なのですが、小中学生の頃は星のカービィを熱心にやったものです。最後に触ったゲームはモンハンだったかな?大学生ぐらいの頃だったと記憶しています。そんな、有名どころしか触っていない私でも楽しめる理由の一つが『セーブ機能』でしょう。トライアンドエラー。経験と学習。ゲームに限らず、何かを成す上では必要不可欠な過程です。勿論、馬鹿をクリアさせるための親切設計ではないはず。一度の失敗で全てリセット——なんてのは、娯楽にしてはあんまりすぎる。備わるべくして備わった機能であり、それに何度も助けられましたが——仮に登場する敵役が自我を持っていた場合、それはどれほどの苦痛なのでしょうか。まぁ、しかし。ゲームに出てくる敵役に自我なんて存在しませんから、要らぬ心配ではあるんですけどね。

茅場義彦

目指せ腹上死

ポーにょpにょぽーにょぽにょーぽにょぷおおおおお

分かりやすさについて

分かりやすく書こうと思いました。

M

ラビットスカイ

特にないけど書きたくて書きました!!!!!

あのん

スマイル・フォー・ミー

久しぶりに投稿いたします。なんとなく書いたらこうなりました。よろしくお願いいたします。

神楽堂

ヤギ

私が小説執筆という趣味を始めてから、もうすぐ2年になります。そんなことを考えていたら、ふと、ネット上にある私の作品の中で最も古いものをここにアップしてみたいと思い立ち、投稿してみました。約3000字のヒューマンドラマです。

小原

桜の咲く頃

約4400字です。人間性の複雑さを表現したく作成しました。ご指導よろしくお願いいたします。

いも

北風と太陽

ただ笑って欲しい。肴は炙ったイカでいい。ただお前がいい。直弼井伊。

上松 煌

北風(ならい)

けっこう初期のころの旧作。書けなくてジタバタ苦しんでいた時の作品で、春夏秋冬の風がテーマの4部作にするつもりだったけど、冬の北風を書いたところで力尽きちったwおれは自らを削り出す心づもりで書くんで、そういう時の言葉は尖って鋭角になり、文体は詩のように短くなる。

渡辺沙羅

初夏

朝の散歩で芽が出ました。朝の光と闇の部分を書いてみました。春から初夏への季節の移ろい。自然に生きること。書いてて楽しくなる。

浅野浩二

金色夜叉「金で愛は買えないというラブコメです」

尾崎紅葉の「金色夜叉」は作者の「死」によって未完の小説となってしまったので「金で幸福は買えない」という、ありきたりなストーリーで完成させました。エッチはありません。エッチな小説を出すと、お偉い文芸評論家先生に「変態小説」「キチガイ」「非人間」あつかいされるので・・・・・

ぷりも

どんでん返し

鍛錬場や伝言板よりもスレッドが居心地良い今日この頃。ろくに執筆してないので、ショートショート修行の時に書いたものからいくつか見繕ったのと、その後の作品をいくつか寄せ集めました。多分、一話400-1000字位の読み切りです。なので、ぷりもファンの方には既読かもです。最後の一行で落とすのを理想としてますが、それはなかなか難しいものですな。【校閲歓迎】です。

山木 拓

荒野の思い出

国語の教科書に載ってそうな短編を書いてみたかったので書きました。

青木 航

『坂東の風』第九章 第10話(最終話)

藤原秀郷の落し胤・六郎千方(幼名:千寿丸)は、母の実家、武蔵国・草原《かやはら》で育っていたが、14才の春、兄の千常が突然迎えに来た。父に会えると思い兄に従って下野《しもつけ》に行くが、千常から与えられた郎党の朝鳥と共に、三年間、蝦夷《えみし》の隠れ郷で過ごし、弓、乗馬、太刀打ちの鍛錬をしなければならない事になる。

ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

今日のラクダ

GWの6日間(4月28日〜2024/05/03)。1日1時間(最終日は2時間)、合計8時間をかけて小説を書いてみました。近代過去と近未来、現在を記して、日付を跨ぎ、私じゃない私に移行し続ける作品を手掛けたかったのですが、私自身が迷路に迷い混んでしまった。つまり、【失敗作】です。これも一つの駄作として公にします。時間の制限を書けているため、最終の見直しができていません。皆さんに、指摘を頂きなおしていきたいです。ちなみに、時系列もいじっているために、私の中で混乱が起きて、わからなくなっています。許容のできる心優しい人、この文章を救済してください。

西山鷹志

貴方に捧げる歌

学校でも有名なワル堀田は将来歌手を目指していた統子と初めて会ったのは、河川敷の草むら。服が破け下着が露出していた。彼女は不良グルーブに襲われた。いくらワルでもか弱い女性を襲うとは許せず、三人を探して袋叩きにしてやった。時には流れ10年後統子は売れっ子の歌手になっていた。一方、堀田はボクシングの道に進み日本チャンピョンに。統子が有名な歌手になったと知った三人組は過去の事を知られたくなかったらと強請って来た。有名人にとってこれが暴かれたら歌手生命に関わる。怒った堀田は三人組を半殺しにして刑務所に入る事に……

飼い猫ちゃりりん

母親

8000字の作品です。よろしくお願いします。

偏差値45

やめればいいのに……

パチンコにしてもお酒にしても、人間、やめられないものってあるものです。経済的な損失、健康的な損失があるにもかかわらず、人間ってバカだな、と思うわけだけれども、自分も食い過ぎという悪癖を持っているので他人事ではない。そんな愚かさが伝われば幸いです。そうそう、僕はタバコが大嫌いなのだけれども、JTの株を持っている。これは大いに矛盾しているかもしれない。

しまるこ

ドトールという小さな世界においても癖のない男がモテる

少し昔のものですが、ここに来ていたmacoリカさんから褒められたので、ここに載せてみようかと思いました。

茅場義彦

尻舐め妖怪

もっとエロ可愛い展開あればおせーて下さいますえ

雛詩

独白

友人から「サイコパス」というお題を出さらて書いたのですが、難しいですね。どうしてもわざとらしさが出てしまう。参考になりそうな書籍などがあれば教えてください。

may

トランス

普通の幸せをすこし斜め上の視線で描きたかった。よろしくお願いします

年上

妹について

作文の練習です。ぜひ読んで欲しいです。シンプルにまとめました

クレヨン

魔性の男

芥川龍之介の『藪の中』って小説があるんですけど、人によって見たものって変わるよねっていう話でした。だけどその違いっていうのがあまりにも食い違っていたらどうなるんだろう、って思って書きました。表現したいものは、答えが出ないっていう不快感と、藤田は結局何者なんだっていう疑問を表現しようと思いました。執筆上の挑戦、としては主人公の意識、というものを強調しようとしました。自分のセリフには興味がないからかっこをつけないで、興味のある回答のほうにだけかっこをつけました。あとは、インタビューの内容のみを載せることでインタビュアーが余計なことを言わないよう、情報を制限しました。その結果、出来の悪い、容疑者の証言シーンみたいになりました。これでよかったのかわかりません。

神楽堂

その処方箋、ちょっと待った!!

約7000字の「職業もの」作品となります。作家でごはんに投稿した作品は、これで7つめになりますが、この作品も過去に投稿した作品と同じように知識メインの作品となっております。工夫した点としては、主人公に決めセリフ「その処方箋、ちょっと待った!!」を言わせたところです。主役らしさを演出してみました。薬剤師は一見すると地味な仕事ですが、医療では「最後の砦」と言われています。そのあたりを表現できていればいいかな、と思っています。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中