作家でごはん!鍛練場

作品リスト5

もんじゃ

なつみかん・ふゆみかん(十四枚・五十一枚)

二つの話を同時に執筆中です。続きをより読みたいと思っていただけました方を先に仕上げたいと思っています。二択ならどちらがよりマシでありましょうか?「どっちも読みたくねー!」って場合はそっとしといてやってください。あ、あと「どっちかにしてくれーい」って方には『ふゆみかん』の方をおすすめしちゃいます、五十一枚あるけどそうめんみたいな文章なんですぐ読めちゃうかと思われますので。よろしくお願いいたします。

黒木

憧れの場所、鬱りゆく

理想より現実を書きたくて書きました。少しだけ体験談の入っている作品です。でもやっぱりラストは希望を持たせて終わった方がいいのかなと思い、他の方のご意見を聞きたくて投稿させていただきました。

5150

ブランコ氏の憂鬱

拙作については、完成して掲載したこの時点ですでに役割を終えて終わってしまったもの、と作者は勝手に判断しています。いろいろ考えた末にこうして作品を出すことにしましたが、今回は書かれた感想者に対しての作者からの通常の返答は原則としてしないことを決めました。なので、もし読んで感想を書いてくれた人がいたとしても、勝手ながらここで感謝の意を伝えるという形のみにさせていただきます。ご了承下さい。また特にここで書く必要のないことではありますが、現在5150は他の作品への感想を出すことを自粛している最中です。当分は書くことのみに専念しようかと思っています。「ブランコ氏の憂鬱」についてはフィクションであり、あくまで「作品」として仕上げました。「創作」であることは言うまでもないように思われますが、一応ここできちんと断っておきます。四十四枚。次作についてはきっちり二週間後を予定しています。

アリアドネの糸

つきのかげと空き地のロケット

1オングストロームも伝わらないかもしれない恋愛小説。一応、執筆の際に気をつかったところ(1) 音楽的文章よりも絵画的文章になるように(2) なるべくシンプルになるように、でも空気感とリズムは損なわないように

あのにま

砂漠の国アンチテーゼ

誹謗中傷って、なんだろうね。人を傷つける事の応酬の行きつく先が死とか暴力とか戦争なら、その逆でありたい。

あああ

独裁ドクター

悲劇の主人公はどうでしょうか?

そうげん

人生は疑問のままに

書きたいから書いてみた、というのが正直なところです。

さく

初恋

長文を読んでいただきありがとうございます。細かい言い回しなど気になるところも散見されるとは思うのですが、それは重々承知で率直にどんな感想を持ったかを教えていただけると助かります。11歳の少年目線なので、なるべくやわらかい感じで書いた方が自然だと思ったのですが、この書き方だと違和感を感じるでしょうか?あと、この文章に、ユリ目線での章があった方がいいか、ない方がいいかも好みでいいので、よろしければ教えてくだい。年齢は、僕が13歳の時、ユリさん20歳、父さん35歳僕→ユリさんに恋、ユリさん→父さんに恋です。

清秀

傀儡の愛

感情をゆさぶるような小説を書きたいと思っています。登場人物の身体を動かして、映像的に物語を作ることが理想なのですが、それだとアニメーションの方が良いと思ってしまいます。読み手に負担をかけずに、すんなりと読める。読後に何か残る。私はそのような小説はヘルマン・ヘッセが一番だと思います。ああいったものを現代日本を舞台にして書きたいです。あなたが思う、参考にすべき詩人や小説家、映像作家など教えて下さい。私の作品の訂正すべき箇所の指摘をいただけると、なおありがたいです。よろしくお願いします。

られんか28号

アイデンティティ

お久しぶりです!今回は不思議な関係を持つ教師と教え子のお昼を書いてみました。アイデンティティを見つけることを課題にされた教え子は親しい担任教師にそのことについて聞くのですが……?お互いの気持ちを想像させられるかが気になります。よろしくお願いします。

新人・A

夏の記憶

短編小説を書いてみました。感想を頂けると幸いです。よろしくお願いします。

北条かおる

磨崖仏(36枚)

平安時代末期の平治の乱が時代背景で、後先考えない下郎と、ある武士の物語です。

早森小夏

一途よ届け

設定は大学の研究室での一コマです。一途に先生にアタックする主人公と、それをあしらいながらもまんざらでもなさそうな先生を書きました。後半部の会話は、表向きレポート課題のことについて話されていますが、二人の関係性とも絡めてみました。

えんがわ

あなたが素直に何を思ったのか。どう感じたのか。知りたいです。お願いします。

青木 航

竜の軌跡 第二章(歴史小説)

9/28掲載分の続きです。タイトルについて不適切とのご指摘を頂き、「そうか』とは思うのですが、途中で変わってしまうのもまずいと思ったので、不細工ですが、後ろにカッコ書きを付けました。第一章冒頭の『琵琶湖』の名称が当時使われていなかったことを『貔貅がくる』様のご指摘により気付きました。痛恨の極みです。『淡海』若しくは『近淡海』と呼ばれていたようです。お詫び申し上げます。下記のような事に関心をお持ちの方には、或いは興味深く読んで頂けるのではないかと思っています。将門に朝廷を倒す意図はあったのか?除目に於いて、何故、武蔵守を空席としたのか?親王任国三か国のうち、何故、上野のみを『守』としたのか?興世王は、正任国司である百済王貞連と対立したとは言え、何故、仮にも国司たる者が、出奔し将門を頼るまでに至ったのか?そんな『将門記』の数々の疑問に対する、私なりの答を模索して書いてみました。

三枝松平

余韻

前回投稿したあとの稲刈りで体調をくずしてしまいました。今作もたぶん推敲不足のところがあると思います。短いですから気楽に読んでいただきたいです。

望月林檎

今日も親父の飯は上手い!

料理屋を書いてみたくて挑戦してみました。

すももりんご

小さな家族が残した大きな忘れ物

家族をテーマにした小説です。前回は八月に投稿した作品です。出だしと後半を少し変えました。物語の後半にキャンプをするところがあります。自然豊かな美しい場所ですが今、全国で話題になっいる寿都町浜中です。偶然ですが核処理施設のの候補地になっているところです。施設ができるともうキャンプはできないでしょう。それは個人的に残念ですが私の薄い知識では善悪などの評価できません。ここにいる人達は豊富な知識がある思われますので教えてくれるとありがたいです。

いもちゃん

僕の神7。

作者より。もし誰かを下ネタで笑かしたいときに使って頂けるのなら、ここにある作品の著作権はフリーです。但し、一字一句変えることなく使って下さい。ブログなどでもOKです。OK牧場。一番下の作品は下ネタではないけど、やっぱりOK牧場。一字一句変えることなく自由に使って下さい。

山木 拓

自分が正直な人間でいる理由

『正直に話したのにわりと怒られる』ていうのは皆さんあると思いますが、『正直に話したのなら、せめて怒られる量を減らして欲しい』と私は思います。そういう想いを伝えたくてこれを書きました。どうなのでしょうか、皆さん。主人公の、ちょっと曲がってるけど何となく理解できる感覚に、共感していただけると幸いです。

orange

心を失った日

今までの人生を振り返ってみて、人生の奇妙な部分を抜き出して書いてみました。

北に住む亀

ぼくは、人の顔を覚えることができない

ずっと前に書いた作品を、原稿用紙30枚程度にリライト。読みやすくしました。気を配ったポイントは、文章のテンポ・リズム。あと、王道のストーリーを真っ正面から書ききるといったぐらいでしょうか。感想でもご指摘・ご批判でも構いませんので、お気軽にコメント頂けると嬉しいです。

叶こうえ

似たものどうし

だいぶ前に書いた作品です。改稿しようと思い、客観的なご意見を伺いたいと思い、投稿しました。拙作は「第15回女による女のためのR-18文学賞」を一次通過しました。(といってもだいぶ前の回です)テーマや内容がとてもデリケートなので、不妊、流産といった単語が苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

読書家

読書家をやめます

わたしは読書家をやめることを誓います。はい、誓いました。

聖カモマイル

愛は朽ちません。もし何かのきっかけで揺らぐようならば、それは真実の愛ではありません。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中