作家でごはん!鍛練場

作品リスト8

千才森 万葉

少女独白 ~Blue poem~

詩飾り小説の欠片、という新たなジャンルの確立に挑戦しています。おおざっぱに言えば、描写や言葉の面白さで読ませる部分的な小説、になるのかな。似たようなジャンルがあったらすいません。どうでしょう、視覚情報はわかりにくいでしょうか?あ、世界設定の細かなところは、まあ大目に見て下さい(笑)まあ、この世界で女の子の1人暮らしは、さすがにこの環境では無理があるかなとは思ってます。まあ、雰囲気重視って事で。その雰囲気を楽しめるかどうかですね。ストーリーは無いようなものですし。よろしくです。*歌の部分は、既存の歌のリズム、文字数を参考にしています。替え歌に近いものですが、歌詞は『全て』書き換えているので、作詞の著作権には引っかからないと考えています。替え歌は元の歌詞が一部でも残っていたりすると、完全に著作権に引っかかるみたいですね。調べた限りでは、作詞、作曲、録音された音源、これら3つに著作権が発生するとのこと。また、歌が持っているイメージを傷つけると法律に触れる恐れがあるらしく、歌のイメージを傷つけないよう、参考にした歌の題名も伏せておきます。

大丘 忍

五十年前の約束

これは全くの創作ですが、高齢になるとこの小説のような心理が分かりますね。「オバマ政権の医療保険制度改革を主導した医師で医療倫理学者のエゼキエル・エマニュエル氏が5年前に発表したエッセイは、大きな反響を呼んだ。75歳以上の延命処置は拒否すると語るエマニュエル医師は、62歳になった現在、『高齢の米国人がよぼよぼの状態で長く生き過ぎている』と主張する。」という記事をネットで発見しました。彼は75歳で自殺をするわけではないが、その年齢以後は一切の治療は受けないと断言しているそうです。

木曽介沙

愚公

叔父の死を通じてさまざまな人々が関わり合うというお話ですが、禅的な価値観が通底するように執筆しました。

佐助

以前書いたものを、時間をおいて書き直しました。よろしくお願いします。

HBK

音楽がやんだら

久々に投稿させていただきます、HBKです。上達するために書いたので、様々な角度から評価していただけると幸いです。よろしくお願い致します。

九丸(ひさまる)

マカロニ

別サイトで詩を書いているのですが、以前書いたそれに肉付けしました。ショートショートです。料理の解説みたいですが、いろいろ込めたつもりなんです。二面にある朱雀さんの『マカロニはその辛味を知らない。』とマカロニ被りなので悩みましたが、題名もそのまま投稿させていただきます。よろしくお願いします。

アフリカ

君は誰の為に生きてんだよクソ野郎

あるニュースにイライラしてたのかな?と思うのでした。

星をつぐもの

ショートショート2編

読んでいただけたら嬉しいです。面白くなかったらすいません。

有村

映る雫

冒頭に位置するものです。続きが気になるか、鼻につく文章でないか等々、ご意見をお聞かせください。

カシ介

カギの行方

ふわふわしていてなんだかよくわからず、果たしておもしろいといえるのかが知りたいです。

道化の華

愛と狂

嘘と事実を混ぜて作りました。嘘と事実の境界線は、皆さんにお任せします。感想、コメント、アドバイスを是非お願いします

あいざわすず

雪だるまを探しに

ぜひ読んで下さい下手ですが、書きたくなったので書きましたおかしな点などがあればアドバイスをお願いします

えんがわ

人生の喜び

テーマがカブってしまいました。幻想と現実の闇の世界。絵本的な物語的な情景。どこかが切なく面白い。謎かけが伝わるかどうか。

ゆうなぎ

ここにも居るよ

テーマです。幻想と現実の間の世界。絵本的な物語的な情景。どこかが切なく面白い。謎かけが伝わるかどうか。

角田 考

夜明け時(リベンジ作品)

前回投稿した作品のリメイクバージョンです。前回は作者の力不足で内容が伝わらなかったため、リベンジしました。※登場する存在は全てフィクションです

(仮)

「彼は私の事を好きじゃなかったのかしら」

今回は女性視点で書きました。普通かな……?

ある

踊る女

はじめて投稿します。季節遅れ感ありますが怖い話を書きたいと思い書いてみました。よろしくお願いします。

北条かおる

月光の曲(42枚)

タイトルありきで、そこから膨らませて構想しました。不遇な男の情念が主題です。救いがないために読者にはしんどいでしょうか。それを知りたいです。

屋羽之助

すれ違い

しょうもない小説をたくさん作っていこうと思います

eye eye

疒の知

三作目です。この作品を書き直したいと思いました。あまり人に読ませたこともなかったので、感想をいただけると嬉しいです。

加茂ミイル

続・芋虫襲来

前回投稿しました「芋虫襲来」という作品の続編になります。

まちー

トヨマの休日

震災文学という重いジャンルにおいてラノベ調の軽いタッチで物語が書けるかチャレンジしました。書き終えてから一年放置しています。この続きを書いても投稿先があるかわからないので、色々と迷っているところです。よろしくお願い致します。

はるか

根岸くん

つづきを読みたいと思っていただけますでしょうか?

ゴイクン

海にお舟を浮かばして(約80枚)

またお世話になります。以前書いていたものですが、ボツにしていました。久しぶりに取り出して、手を入れたら何とかならないかな、と思い直して、投稿することにしました。長い上に、毎度のベトナム物。読みにくいですが、お時間のある方、よろしくお願い致します。

女衒小僧

天国への階段

一生懸命書きましたよろしくお願いします。

全200作品鍛練中