作家でごはん!鍛練場

作品リスト3

安本牡丹

少年漫画の第一話風に構想したもの

はじめまして。少年漫画の第一話風に構想しました。小説家になろうというサイトにて、ファンタジー作品として連載する予定のものです。つたない心理描写(特に情景描写は知識がないので慣れなかった)ですが、何卒さいごまで読んでいただけると嬉しいです。その上で至らぬ点を具体的に教えていただけると改善につながるので、どうかよろしくお願いします。

大丘 忍

いまひとたびの

これはフィクションです。十年くらい昔に投稿した記憶がありますが、少し手直ししております。

底辺サラリーマン

忘れられない

しばらく執筆を休止する予定でしたが、先日とてもおいしい珈琲を飲んだので、どうしてもその時の感動を文章にしなければならないと思って、書きました。

ポチッと病

とにかく、タイトルのまんまです。

しば

執筆日記

小説家志望の「私」の日記です。感想をいただけたら幸いです。

久方ゆずる

つーつくつ(冒頭)

前回の投稿で頂いたご感想をもとに感想欄で書いたものを再投稿します。改変、追加等はありません。失礼致しますが、よろしくお願い致します!

大弥次郎

二〇〇(トゥー・ハンドレッド)

10年ぐらい前に習作として書いたものが放っぽりぱなしになっていたので手を入れてみました。元が習作なのでいろいろあるとは思いますが、ご高覧下さい。

ふみづき

マイクロ・ポテトチップス

お風呂で歌ってたら2000字降って来たのでそのまま書きました。狙った点は特にありませんが、独白のみで構成されるものは初めてです。表現したいものは、多分マイクロチップとポテトチップスを掛けて遊んだそのタイトルだと思います。

たあ坊

【加圧式①】最初の一本

【加圧式⑧】のキッドに憧れての視点替えです。二人主要人物がいて、⑧は男の子視点で、今回は女の子です。比較として前回のも掲載させてもらいました。似たような感じですがよろしくお願いします。

yumi

形見

星空文庫に載せたやつです感想欲しくて載せました

昼野陽平

髪山

よろしくおねがいします。

ききょう

ねじの町 

大学で夢十夜の創作の課題が出て、十夜目に書いたお話です。人の背中にねじがついたらどうなるのか、それを考えて書いていました。

ノナカ

哲学的ななにか

高校受験を控えた餓鬼があまりのストレスに徹夜での勉強の末、何か現実逃避しようと書いたもの。

えんがわ

老人と犬

よろしくお願いします。

クリスピー

いびつな美しさ

尖っていたり、いびつな人を容赦なく平準化してしまう世の中の悲しさを書いてみました。よろしくお願いします。

九丸(ひさまる)

溺れそうなクジラ

手に入れたものは、中々手放せない。いずれはダメになるかもしれないのに。そんな話のつもりです。よろしくお願いいたします。

佐藤

Past and Present -初音ミクと俺

零細 Vocaloid ユーザ、いわゆるボカロPから見た Vocaloid 界隈のことを語りたくて書きました。半私小説、と言う感じです笑Vocaloid にタッチしていない方にとって、どのていど読めるものになったかが気になり、投稿しました。よろしくお願いします。ちなみに作者リンクを踏むと、作品ラストの歌詞を実際に歌った/初音ミクで歌わせた曲に飛びます。要は、オマケです笑

蘇芳蛍

ほおづえ

何かで出されたお題から着想した物語です。短編に苦手意識があるので、アドバイスをいただきたいです。よろしくお願いいたします。

個人

論説、夜、冬空の下にて

何について書いているのかを婉曲的に表現したつもりなので、考察して頂けたら嬉しいです。また表現等のアドバイスもお願い致します。

遠藤海斗

Sorcery・Force(4)

前回の続きです。前回からかなり日が経ってしまいましたが、スケジュールの都合上、小説を書く時間が無くなってしまい、これからもかなりスパンは遅くなってしまうものと思われます…。申し訳ありません。くそ短いですね…

vine

庶務が働かない(19枚)

特に中身があるわけでもないですが、先に進むために書いておきたかったのです

石上夕輝

楽天的な僕(12000字程度)

かなりふざけてしまっていますが、へこんでいる友達に、見せてあげようと思うので、話口調を心がけました。呼んでみて、クスリとでも、なっていただけたら教えて頂けると嬉しいです。文句やおかしな点の指摘、苦情、も頂けると嬉しいです。

かろ

とある諸説のひとつ

ゆきのまち送ろうとしてやめた二本目です。三本目、送りました。これは時代感覚が突っ込まれそうでした。あと、三人称も頭にありました。昔話みたいなのがいいなと思って書きました。よろしくお願いします。

うりぱぱ

黒電話

電話を主題にした品です。こちらのサイトで、ある方と一週間以内に作品を上げますと約束しましたが、熱発が少し長引き、アイデアが浮かびませんで、過去に作った作品を手直しして提出いたします。二週間後には新たな品を作ります。その際にはHNも『obmoric』に変えたいと思います。ちょっと危惧しているのはダイヤル式電話そのものを知らない若者が多いという事です。プッシュホン宜しく番号に指を突っ込まれた日にゃ、こんな『お話』何の話?って成ってしまいますものね。それでも宜しくお願いします。

香川

重なる鼓動で暖をとる②

前回投稿したものの続きですので、ここまでのあらすじを作品冒頭に記載します。未読の方はご確認ください。既にお読みくださっている方は、飛ばしていただいても大丈夫です。前回投稿分は↓ https://sakka.org/training/?mode=view&novno=16953 ただ、2作品掲載していた内の2作目なので、スクロールしないと出てきません…。ものすごく分かりにくくて本当に申し訳ありません。あらすじを記載していますので、前回投稿分をお読み頂かなくても、大きな問題はなく読めるとは思いますので…。 また、残りの分もやや4万字を越えてしまっていたので、オーバーした分を感想欄に貼り付けていきます。ご不便をおかけして申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

続きを見る chevron_right

全198作品鍛練中