作家でごはん!鍛練場

作品リスト3

薄荷あめ

匂う

秋に思ったことをもう夏ですが

キー坊

御不浄ガール

これは小説なんでしょうか。たぶん小説じゃないと思います。笑える短文です。たぶん笑えないと思います。

ろくなみ

特別な日はもういらない

緩やかな人の成長が描ければなと思い書きました。

上松 煌

空のかけら

会話以外、雪という生の言葉を使わずに雪の日を表現しました。前作「げむげむ」で首尾よく自分をぶち殺せたので、思い切りオニャニョコしてみたんスけどね。ウフッ、くねっ。「死にたい病」の発作なくして書いた、記念すべき第一作です。我ながら別人のようなタッチだと思います。

えんがわ

室内競技

想いを一つ。

夜の雨

石炭紀の雨

ミステリー、サスペンス、パニック、ホラーのエンターテインメント作品です。石炭紀の植物に現在の文明社会が冒され、人類が危機に怠るというお話です。以前こちらのサイトに投稿した時は一人称の二視点という方法で書きましたが、無理があったので、今回「三人称」にしました。後半部分は薄かったので書き込みました。(三人称七十二枚)

ぺろ

停滞

上には上があるって言いますけど、私はその上を見すぎて、勝手に意気消沈して、結局なんもせずそのままです。努力をしない怠惰な人間ほど、他力本願な努力を欲しがるもんですよね。そしてそういう人は、実はそれへの情熱に欠けている。思ったことをだらだら書いたものなんで、短いけど大半の人は読み飛ばすだろうなと思いながら書きました。どうぞ煮るなり焼くなり。

尚文

薄汚れの救世主

もとは原稿用紙換算で5枚の作品だったのですが、気持ちをこめて加筆していたら、2万字になっていました。ちょっとと長いので、2からでも読んでいただければと思います。もちろん、1のほうに伏線があるので目を通していただけるとうれしく思います。これで、ここへの投稿は一段落つけようと思うので、ご意見、ご感想をいただければ幸いです。

吉川タクミ

消えた落書き

この作品は、前回の「少女と犬」の続編になります。今回は人の死なない、いわゆるコージーミステリーというもので、うまく日常の謎を描けているかどうかを見ていただきたいと思います。以下、注意点です。誤字脱字や作品の悪い点などを指摘していただくのはもちろん構わないのですが、作品を読んで私の性格などを決めつけるような行為はおやめください。前作の投稿で、作品を読んで私自身や私の故郷を侮辱するようなコメントを書いた人がいたので、前もって注意させていただきました。もしそのようなコメントをした場合、その方への返信はしません。ご了承ください。恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

跳ね馬

バトン ~第十一世界~

約1万文字。一話完結方式かつ主役を代えずにさまざまな物語をさまざまな世界観で書いてみたいなーと筆を走らせていたら、こんな設定になってしまいました。今回はプロローグみたいなものですね。行く世界に応じてバトルやらサスペンスやら色々なジャンルを書いてみたいなー。月1ペースで連載できればなーと思っておりますが、予定は未定です。

加藤

きよめられた夜

こちらに投稿させていただくのは初めてになります。15年ほど前に、友人の描いた落書きから着想を得て書きました。その落書きをモデルにしたのが主人公になります。おおざっぱに言えば主人公の自分探しの旅ではないかと思います。文字数の制限で途中までの投稿です。数年をかけて時間を見つけては書いてきた作品です。しかし時間をかけすぎてしまったせいで設定を当初から大幅に変更したり、それにあわせて書き変えた箇所も多く、辻褄が合わなくなっている場所が残っている気がします。気づいたところは直していますがそれでも多々あると思われます。その他も何かあればご指導ください。この作品は合計7万文字あり、今回は2万文字程度を載せています。何卒よろしくお願いいたします。

大丘 忍

黒幕

体験を主としたものですが、時代は昭和30年代後半です。この頃は、日本の労働運動、特に医療関係の労働運動はまだ未熟な状態でした。現在は看護師という言葉を使いますが、当時はまだ看護婦と言っておりました。文中に出てくる荒神橋事件は、荒神橋の橋上から警官隊が学生の行列を突き落とした実在の事件です。

たあ坊

【加圧式⑦】いっちゃん

昭和っぽさはでているでしょうか。内容は伝わっているでしょうか。

平成の次

工事中

初心者です。こういう話はどうでしょうか。もっと面白くするにはどうしたらいいのか、ということをお聞きしたいです。

コンロ

尋ね人

伏線を張り、回収する。言うのは易いですが、実践するのは難しいですね。少しでも、上達したい、そんな思いで投稿させて頂いた次第です。

弥言

未開の女

強姦シーンがメインなので、女性の方とか、嫌な人はそっ閉じしてください。もともと、前に三語で書いた作品でしたが、加筆改稿して作り変えました。わたしはハッピーエンド好きだし、暴力とか強姦はあまり気が進まないので、それまで書いたことは無かったんですが、お題に「レイプ」があったんで、この作品が初挑戦でした。そのあと、いくつかの作品で、このシーンを使いまわしたりもしました。意外にわたしにとって重要な作品な気がしたので、今回大幅に加筆して短編にしてみた感じです。読者にとってはどうでもいいことですが、そのときのお題は「潟」「障害者」「レイプ」でした。といっても、今回の改稿で「障害者」「レイプ」という言葉自体は削っちゃいましたが。

加茂ミイル

TEA WARS EPISODE 1

SFジャンルに挑戦したいと思いました。私はSFファンタジーを書いてみたいです。

北条かおる

勧進帳・由来(57枚)

なかなか世に浮かび上がれない二人の男の人生です。いつもタイトルを決めてからプロットを練り、執筆します。本作もそうです。ですが、読み返してみると「勧進帳・由来」というのが内容にそぐわない気がしてきました。タイトルが気に入っているだけに悩んでいます。よろしくお願いします。

ぐび、ぐびぐび

壁をこすると爪痕 SF

うどんどんと、サボテンテン

トイトイ

身勝手なあとがき

他人の物語に勝手にあとがきをつける人がいたら?というアイデアで書いてます。忌憚なき意見が頂けると幸いです。

本郷さんとゆかり

ガールズラブです。

まきた

縁に恋する

何か文章を打ちたくて書きました。ありがちな話になってしまって自分の力量不足を痛感しています。

だみあんましこせ

義経ホエール

酷暑と酷評

偏差値45

スーパーの女たち

「失敗を成功に」「絶望を希望に」そんな人物を描いてみたかった。いつもより推敲には少し時間がかかりました。やはりヒューマンドラマは難しいですね。最近、カラオケで歌い過ぎてのどが痛いです。大根アメというのがありまして、大根を小さくカットしてハチミツに漬けておくだけの代物。のどには良いらしい。それを時々作るわけですが、甘過ぎる。それでミルクと割って飲んでみたら、すごく美味しかった。「歌い過ぎ」という失敗から、別の「新たな発見」をしてしまうのは本当に面白い。忌憚のない意見をお願いします。

黒野金魚

こいのえさやり

私は病んでる女性と狂った小説を書くのが好きでたまにこうして書いてます。過去に投稿した時、とてもいいアドバイスがもらえたので、また皆さんに意見をもらいたく投稿させていただきました。ホラー小説として書きたかったんですが、書きあがったらあんまり怖くないように思えて。どうでしょうか。こういう表現はどうか、や感想などアドバイスしていただけると嬉しいです。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中