作家でごはん!鍛練場

作品リスト3

茅場義彦

魔法通貨と庶子王の野望

魔法ものって手垢ついてるからよっぽどのアイデアでないとって思うわけよ。意味わかるこれ

いかめんたい

ドライブ

深く考えずに書き始めたのですが、そういえばもうすぐ父の日だなと思ったら、こんな内容になりました。何かコメントいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

アラカンのよだれ

改 ハリガネムシ

先般、スーピさん、アン・カルネさんからご指摘を頂き、ほったらかしにしていた馬場勲を処理しました。77枚24,571字です。これで6月末締め切りの文学界新人賞に応募して芥川賞を獲ります。細いゲゲさん同題名の過去芥川賞受賞の情報を頂きましたが、読むと感化される気がしましたので、文学界新人賞の一次選考落選を確認した後(笑)読ませていただきます。

朧月

桜の姫君

これは、友人よりいただいたアイデアからの物語です。友人の気持ちも私がこの物語に込められるよう頑張りたいと思っています。どうぞよろしくおねがいします。

彌生

数え切れない程の涙と、夜を越えて。

書いているうちに「この話を誰かに知ってほしいなぁ、」という欲望が出てきまして、ここに書かせていただきました。この小説は、感動を長く表現した、といえばいいでしょうか。色んな感情がごちゃまぜになった小説になっています。今作を通して、自身が持てる様になりたいと心から願います。

しまるこ

ドトールのヤリチン嫌いがヤリチンを好きになるまで

ドトールのヤリチンっぽい店員とヤリチン嫌いっぽい店員の二人のシフトの様子を見ていて浮かんだものです。

飼い猫ちゃりりん

殉職した猫

大幅に推敲した4400字の作品です。よろしくお願いします。

神楽堂

時よ戻れ

1万5000字のローファンタジー。「時よ戻れ!」と念じると、時を戻せることがある女の子の物語。能力には制限があり、知りたい結果が分かってしまうと時は戻せなくなる。主人公は、この能力をどう使うか悩み、まずは希望する高校への進学を果たす。次に、主人公はこの能力を使って自分が納得の行く小説を書こうと決意したが、書いても書いても納得の行く作品を書くことができず、時を戻し続けることに。ループの果てに気づいた主人公の本心とは?「作家でごはん」2週間毎に投稿し続けて、今作で10作品目となりました。

疑心、暗鬼を生ず

小噺をひとつ(笑)読んでいただけたら幸いです。

中村ノリオ

鳩と青空

ピカレスクです。自分でも価値がいまひとつ分からない作品。「ヤクザ500人とメシを食いました」「極道の裏知識」鈴木智彦著を参考にさせていただきました。

上松 煌

 丹那隧道(丹那トンネル大崩壊事故)

書庫代わりに置いている星空文庫でけっこう読まれている旧作。初出し(初めて出すこと=骨董屋用語)時に、でしょとかいうヒトがとんでもなく頓珍漢な感想を寄越した思い出w記録文学で、資料漁って内容は忠実に再現してあるが、小説なので細かい状況やエピソード・心理状態だどは全くの創作であり想像したもので構成されている。長くて文体も硬いので、ごはんでは読み逃げすらいないかな?wwww

浅野浩二

花と蛇と哲也

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渡辺沙羅

タクシー登山

登山の趣味から書いてみたがあまりうまくなかった。何故→趣味だから表現したいもの→自然挑戦→定期的に出す

霜月のゆき

四季彩々 改

大昔にここへ投げた作をちょっと書き直し。少し不思議な話にしたかった。なってるかなー。

枝豆

早起きは三文の徳

二人の何気ない朝の一幕を記録してみました。穏やかな朝です。

西山鷹志

超能力者

現代のシンデレラ物語。但しこちらはガラスの靴ではなく超能力の持ち主であった。予知能力から始まり最後は害を及ぼし者は念力で吹き飛ばす。ドン底の生活でも慎ましく生きる女性、相手は日本でも有数の富豪の息子。二人の出会いはコンサートが終わったあと、危険を予知して富豪の息子に告げるが笑われてしまう。

いかめんたい

絵を描く男

SNSにアップされた絵にまつわる、ちょっとホラーテイストの連作のうちの一話です。2週間前に投稿したお話の一つ前のお話で、これが1話目です。基本的にネットで読まれることを前提にしています。前回と違い、普通に三人称です。40枚くらい。お読みいただけると嬉しいです。何卒よろしくお願いいたします。

えんがわ

浜辺のバケーション

カンボジアにもカラオケはあるみたいです。

茅場義彦

善王の資質

続きどーーーーすれえぶあああああさああいいと想うspすううかあs

青木 航

閉鎖病棟

ショートショートです。或る国の或る病院でのどうでもいい、院長とスタッフの会話です。

ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

あのときのお母さんへ

「15日と30日は、このサイトで投稿とする」と、決めてから早くも「3ヶ月(くらいかな?)」が立ちました。問題作を数多く上げて来ましたが、こんかいはものすごく身近な人「両親」に書いてみました。もう少し完成度を上げ「両親」にギフトしたいために、添削いただければ幸いです。

雛詩

——また、明日でいい。

人を殺したいと、そう思ったことはありますか?今回はそんな衝動を抱える、等身大の高校生をテーマに書きました。7000字ほどです。久方ぶりに一人称視点で書きましたが、難しいですね。三人称ほど小回りが効かないというか、小細工が使えないというか。書き初めの頃はそれこそ一人称しか書けなかったのですが、今ではすっかり三人称に取り憑かれてしまいました。一人称視点で書く際のコツのようなものがあれば教えて頂けると幸いです。

日本シリーズ

跳ね鳥

オリックスのTOKYOMXの放送を返してくれ!

京王J

大学デビュー成功した俺に、高校で俺を振った女王様が泣きついて

努力について書きました。よろしくお願いします。

ヘッドC

教育者たちの放課後

塾師×教師。約150,000字、原稿用紙46枚。塾講師の立崎先生は本屋にて高校の教師である長谷部先生と知り合った――。ご意見・ご感想の程お願いします。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中