作家でごはん!鍛練場

作品リスト3

ゆめ

曖昧な話

なんかもやもやしてたんで言葉にしてみました。葛藤というほどのものではありませんが、自分の中身の話です。

谷崎ノ末弟子

傍観者

傍観者心理 といいますか、人間の薄情さを。

深由美夜

太陽

以前こちらに投稿した「太陽」のご指摘を受け、私なりにそれを書き直したものです。しかしどうしても『注意されたところをそれっぽくつくろってみた』感じが否めなく、物語自体としても自信はありません。中途半端な気持ちでの中途半端なお話を上げることは失礼だとは思いますが、またご意見ご感想いただけると幸いです。表現したかったものは、「優しさ」です。

ムトウゲンジ

人間として生きるための理論

カクヨムやなろうにも投稿してますが場違い過ぎて批評さえ無くて(;_;)

教二晃則

恋とは何かを考えながら書きました。

九七式中戦車・改

アメリカ映画の三原則(漫才風)

このお話は香川さんウケ狙いピンポイントです。9月下旬に勇気づけられた事があったので、何か面白い話を作ろうと思いました。楽しんでもらえたら幸いです。最近ちょっと荒れ気味な感想欄ですが、まったりいきましょやい。

黒とわ

勇者はチートスキルを破棄しました。

前に自分の書いた別の作品を読み直して見るとあまりのレベルの低さにガッカリしました。その時疑問に思った自分の本気はどの程度なのだろうという好奇心で書きました。一番考えて書いたのは自分の勇者の理想像です。この年になって小説で飯を食おうとは思っていませんが自分の今のレベルが知りたいです。よろしくお願いします。二重投稿です。問題があれば消します。

佐藤

漢を襲う

「漢文を、少し日本語側に下ろす」くらいのところを狙って書こうと思いました。実際の内容は五万字以上ありますので、区切りのいいところまでを挙げさせていただきました。よろしくお願いします。

垂氷寒観

RogueUnion.

この小説を書くにあたって、キャラの動かし方という面、展開の制御という面を学ぶための習作であると考えています。この小説では、戦闘する娘たちが女である必要はないのですが、あまり男が気にしない、学園生活、人間関係、といった面を濃く反映するために、感受性が高い女性を選択しました。全体的には習作というポジションなのですが、自分自体この作品が好きなので、必ず完結させようと思っています。

蒙昧悪役な狼お嬢様〜狼に人間の常識を身に付けさたい保護者〜

目立って投稿する前に、自分の作品がどう評価されるのか知りたいです。ある程度評価されたら、作品は削除する予定です。

タモ

もう一度キスしたかった

表現したいものは、「愛と夢を秤にかける切なさ」です。よろしくお願いします。

えんがわ

温かい場所

よろしくお願いします。

タカセイチノセ

ユウの退屈

物語を作るのは初めてです。いろいろな意見が欲しくて投稿しました。

11月のピンク

登場人物二人、二日間、という縛りで書いてみました。

トナカイのとなりいいかい

斜めの男

読者の方に、なにかプラスになる小説を書きたいと思っています。

鉛色の空

自問自答。厳しいご意見お待ちしております。

朱漣

小夜曲-セレナーデ-第二章/第三章

先日、載せた第一章の続きです。ここまでで、起承転結の「起」ですかね。よろしくお願い致します。

滝本 潤

ドープ・アウト!

先ず私自身が、二十代の頃にこの作品に出てくる薬物の依存に陥った経験がありました。薬害告発というよりはアスリートの世界でいう「ドーピング」が一般社会に於いては、うまくやれば抵触しない現実を描きたかったというのが、この作品の最大のテーマです。精神科から処方される覚醒系の薬物を利用して学力向上や性的快楽増強等の成功経験を通して、主人公が弁護士という社会的地位を得るまでの過程を多少の皮肉を込めて描きました。但し、危険薬物の常用がもたらす脳への悪影響や自分だけでなく他人の人生までをも大きく変えてしまう薬害への警告の要素も含めたつもりです。何もかもがうまく行っていた様に見えた主人公の人生を彼と関わった三人の女性(特に彼の母親)とのエピソードも絡めて最後は独りになってしまった主人公が自害に至る結末を描くことによって薬物との永遠の決別を表現したつもりです。

KH

スノー・ホワイト

途中で行き詰まってしまい、アドバイスや感想を皆様から頂きたく思って投稿しました。宜しくお願い致します。

加茂ミイル

ドラゴン征伐記

ファンタジー小説を書けるように鍛錬中です。この作品がゲームのシナリオとして採用されるかどうか、ご意見をいただければ嬉しいです。

瀬尾りん

虹色びより(原稿用紙9枚)

かなり前に投稿した夏のアパートが恋しくなって書いただけの作品ですが、続き物ではありません。前回主人公ぴよちゃんの口調がお下品、という指摘を頂いていたので、今回はマイルドにしてみました(なってるかな)ただ水たまりにばっしゃあん、してへらへらしてるだけの小説ですが、こういうゆるい作品が好きでして……。まぁ、明日も頑張ろうぜ、っていうほのかな活力になれば、と思います。

ピロリ菌

きになるあのひと

思い切り古臭い、昔のファンタジー小説をやりたかったんですね。商業ファンタジー以前の。「気になるあの人」というテーマで書け、というお題があって、それに無理やりねじ込む形で書き始めたもので、ここにそれを引きずってくる必要もなかったのでしょうが、別にダジャレでも出オチでもないし、他に代案もなく。ホラーでもないし、泣けるとか感動するとかいう話でもないし、「奇妙な読み味」とでもいいますか、そういうものを大事にしたいと思っています。ファンタジーであることの必然性というか。まあ、どうせけなされるんでしょうが、率直なご意見ご感想、お待ちしています。

水野

カントの冒険 第一部【原稿用紙80枚】

9万文字くらいになる予定の長篇小説、その第一部を構成するものです。回収できていない部分はいくつかありますが、物語としては一応完結しています。初めて扱う題材でした。ですが内容の根幹はメロドラマ風で、同じような作品はたくさんあるのかもしれません。参考にしたいので、似たような小説がありましたらじゃんじゃんお申し付けください。長いですし、未だ草稿の段階ではありますが。よろしくお願いします。

今井舞馬

アンマッチキャロット

心魂揺さぶる小説が書けるようになりたいのです。感想アドバイス等、よろしくお願いします。

鑑真

白雪

好きな子に既読無視されています。それが執筆の理由です。小説よりこっちのアドバイスが欲しいです。

続きを見る chevron_right

全200作品鍛練中