作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

まあ色々双方主張あるけどお

茅場義彦

もんじゃ氏
青木氏
5050氏
居心地悪くなって退場すちゃったね

自分のカンだけど彼らは50代より下っぽい
残留組の高齢化ススムな
それが絶対悪いとは言わんけど

なんか勘違いしてる人いるけど。

トムキャット

連載するしないは個人の勝手。
俺的には連載する利点が良くわからんから推奨はしない。
連載禁止!みたいな嘘ルール押し付けには断固反対。

馬鹿丁寧に説明すると

飼い猫ちゃりりん

 連載はいかん! という意見も、連載ok! という意見もあって良い。ただそれは個人的見解だから、作品のコメント欄を汚してまで主張しちゃダメ。それは粘着と呼ばれるストーカー行為ですよね。
 作品のコメント欄は作品に対するコメントを載せる欄です。

「連載全然OK派」なアフリカさん・ちゃりりん・トムキャットはさ、

四月は君の嘘。

今度また

ネット初心者ど素人女子高校生が「赤信号みんなで渡れば怖くない」でお越しになった際は、

その現場で「しかと説明・レクチャー」して欲しい。



がんばってくれ

無題

渡辺沙羅

さよなら。

OK, it's time to say goodbye by Kou Aoki.

青木 航

 後2日と思いましたが、たった今を以てで去りますので、ブロンコ、四月、太郎などが言いたい放題言って、ベテランは関係無い素振り、たまに反発する者がいると、よって集って変人扱い。

この素晴らしい環境の中で、プライドだけは高いが、凡そ、プロとなる為の鍛錬とは程遠い体質のこのサイトが発展されます事を、陰ながらお祈り申し上げます。

「連載してる当事者」が、5行連載女子高校生の反論に「説明」してくれればいいんだけど

四月は君の嘘。

・来るタイミングは人それぞれなので、中々タイミングが合わない。
・連載当人はレス返しが忙しく、他欄の揉め事まで関知してない場合が多い。
・連載してる人がみんな、青木ほど口達者で論争好きって訳ではない。

から・・

見ちゃった・居合わせちゃった暇人が、フォローとレクチャーすることに、
どうしてもなる。


んだけど、
下に書いた「若い子の無謀・無計画・見切り発車・トンチキ連載は遠慮して欲しい!」を、
本人に納得させるためには、
「相当量の言葉を尽くして、毎度毎度、おんなじこと説明せにゃならん」ので、、、


ほとほと面倒だし、うんざり。


しかし、「面倒がって常連の誰一人がそれをやらない」となると、
それはそれで「日頃、表に書かせてもらってるくせに〜! こういう時はダンマリか?!」って、詰られても仕方がないことになっちゃうんで、

渋々注意はしてきました。

青木の言い分は、その「気の強い女子高校生」と一緒。

四月は君の嘘。

「同じことでしょう!! 何が違うんですか!!」と激昂。
「新参者に冷たいお高くとまったサイトで、偉そうで性格悪い住人が仕切ってんですね!」と罵倒。


「権利」とか
「原理原則」に固執して、
「正論」振りかざす方向に、ひたすら邁進。



一方、同時期に連載形式になっていた日程さんは どうだったかと言えば、
《連載形式・分割掲載にさせていただきます》スタンスだったし、

連載継続中の当該欄にもその「させていただきます」が明記されてた・・ように思った。


連載するなら連載するで、
「する(させていただく)なりの配慮があれば、揉めない」んです。

「原則:連載は歓迎されない」派が、「連載はじめに一応そう忠言だけはしておく」意味は、

四月は君の嘘。

2年前ぐらいには、定期的に流入していた「小説書き始め・本当の初心者で、こうしたサイトも初心者な女子中高生」の《自称連載》が、、、
もう本当に本当に問題だった! からです。


『なろう』とか『ピクシヴ』『カクヨム』より、ここのサイトの方が「ビギナーにやさしい形式」に見えるもんで、
「お友達同士」でこちらにも掲載する。

その掲載の仕方が、、、

《タイトル /軽いキャラ説明 /冒頭6行のセリフのみ。 以下次回で、連載してゆきます》

で・・
そういうのが、2〜3作、「束になって」上がって来てた。
各感想欄の5コメぐらいまでは、お友達同士(あるいは作者別HNの複数名義)から、
「よく書けてます」「とってもいいと思います」「次回が楽しみです」「連載がんばってください」って ベタ褒めが入る。必ずそうなる。


放置もできなくて・・
誰かが指摘・指導しないとイカン状況で、
「見ちゃった」関係で、もうしょうがないないから、『面倒だなー』『嫌だなー』と思いつつも、
「野暮な注意して、若い子に恨まれる御局様」ポジションに、ワタシはなった。


そん時にも、当該グループの中の「特に気の強い女子」から
「連載はダメって言いますけど、サイトの中見ると、やってる人もいますよね!?」
ってキレられて……
渋々説明したんですよ、
「あなたが言ってるその人の作品は “原稿用紙1枚ずつ書きながら連載している” 状態とは違って、“ある程度まとまった枚数で仕上がってるものの分割掲載” だから」と。


でも、その気の強い女子は すんなり納得はしてくれなくてさー、
「同じことでしょう!! 何が違うんですか!!」と激昂され、
「新参者に冷たいお高くとまったサイトで、偉そうで性格悪い住人が仕切ってんですね!」って詰られた。


その子の言い分も気持ちも分かったんで、そこで手打ちにしたんだけど、
何度もそういうことがあった。

春休み/ゴルデンウィーク/夏休み あたりに多い現象。


そのたんびに、「いつもコメント書いてる常連男衆」はだんまり。
外野の捨てHN任せにする。

しょうがねぇんで、
「ここのサイト、他所とは違って、加筆修正はできない仕様になってるから…… この初回:5行の後に、また “別欄を立てて連載” はよろしくないんで、この本文を継続するんであれば、連載第1回の “コメント欄” に追記・追記してゆくようにすれば、そう揉めないと思います」
的なレクチャーを、
「面倒」なんだけど、書いて来た。(暇人の役割として…)



そういう経緯があったから、日程さんの連載開始欄にも、「おなじこと」書いた。一応書いた。
あの欄は、日程さん自身から「このぐらいの掲載予定です」って告知がなされた・・んだったと思った。

そんで、分割掲載中に、上記の……

《タイトル /冒頭数行のみ。 以下次回 で、連載してゆきます》式の投稿は、
「タイトルだけで欄を確保して、本文が中身なし。で、それっきりだったやつ」ぐらいだったんじゃなかったかなー??

最近の中高校生、ネットのスキルが上がって、前ほど「タイトルと、書き出し5行だけの無謀連載」は入らなくなった。
やれやれだ。

還暦過ぎても目標を

渡辺沙羅

さて眺めてみよう。