作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

一度は自分で体験したから質問したら?

雛鳥か悍ましいナニカですか?

怖いからどうなるのか知りたいって、ワタシたちを親鳥とか女神とか、他人に無償で愛を注ぐことが当たり前の人たちだと考えていらっしゃるのですか?
自転車に乗れない子に、言葉で貴方はどうやって説明する気なんですかね?
一度自分で挑戦してから、どう感じたか添えてまた質問してみては?
と個人的に思います。

公募に応募しようと思う原動力

とくめいきぼう

と、その応募を繰り返すモチベーションの維持方法を知りたいです!

失礼は百の承知での質問なんですけど、
ぶっちゃけ不毛だとは思わないんでしょうか?

やはり、「いつの日か数ある作品の中から選ばれるはずだ!」という、自負がそうさせるのでしょうか?

趣味で執筆活動をしている僕なんかは、「公募向けの長い作品を書くこと自体が面倒だ」なんて理由で、1回も応募したことないんですけどね(笑)

『長時間かけて労力を割いた"血と涙の結晶”が棒にも箸にもかからない』なんて経験は、想像しただけで震え上がりますよ…

もしこのレスを読んだ人の中に、「原稿用紙200枚以上の小説を募集している公募に2回以上応募したことある人」が居れば(かつ返答してもいいぞという気前の良さを持ち合わせた方があれば)、僕からみたら狂気に満ち溢れた、【その行動に至る動機】を教えて頂きたいです

ps.話の腰折るようでスミマセン
何レスかのやりとりを見ていて、一瞬参加しようかなと気が迷いましたが、書いてる内にバカバカしくなって止めました
むしろ、途中で湧いたこっちの疑問の方が気になりだした次第です

上記質問に関しては、そういった行動を取っている人をバカにするような意図はまったくありません
純然たる興味です
夢に向かって行動できるその強靭な精神力には憧れすら覚えます

別にいいよ

花鳥風月

あんたが他人に何か伝えようって気持ちがないのはよくわかった。

弁別

そうげん

下記の私の発言は、花鳥風月氏のこのレスポンスに対する返信です。

―――――――――
ズレてんなぁ
花鳥風月
元本なんざ何でもいい。テメェがそれ読んで何が良かったのか悪かったのか、それを誰かにキッチリ伝えようとするなら、そりゃ立派な書評ってもんだわ。
言ってもカンタンじゃねーけど。

ワタシは何々したりします、誰それのナントカって本を読んだりします、そんな能書き垂れは要らんのよ。
読書自慢って、そーゆー意味だよ。

―――――――

「だから?」の題の返信。
まるで「ヤフコメおじさん」の物言いのようです。
芯のあるレスポンスでないかぎり、花鳥風月さんには以後返信いたしません。

だから?

花鳥風月

その小泉みたいなポエムがどうかしたの?

花鳥風月さまへ

そうげん

>朗読とまではいかないけれど、音声情報として再生されたときに人が気持ちよく聴いてくれるような文章の流れになることを心掛けたいと常々感じています。

>末広がりの物語、決して畳まれることのない広がる一方の想像力のほとばしりに魅了された初めでした。

>読んで心地いいと思えるもの。そういうものに接しているときの開放感はすさまじいですね。

ちゃんとこちらの伝えたいことも書き記してます。苦手と感じる人の長文は文意を取るのに難を感じるのは普通ですから、仕方ありませんね。

ズレてんなぁ

花鳥風月

元本なんざ何でもいい。テメェがそれ読んで何が良かったのか悪かったのか、それを誰かにキッチリ伝えようとするなら、そりゃ立派な書評ってもんだわ。
言ってもカンタンじゃねーけど。

ワタシは何々したりします、誰それのナントカって本を読んだりします、そんな能書き垂れは要らんのよ。
読書自慢って、そーゆー意味だよ。

無題

そうげん

日々の生活における些細な感動を掬い上げる余裕のない中に好ましい方向性の創作意欲の芽生えるはずもなく、結局他者の揚げ足取りに終始する不毛ないさかいに他者を引きずり込もうとするさもしい口吻は、どう見たって生産的ではない。それよりは一人一人書き手はちがった個性を持っているはずであるから、その個性、その主体が選び取ったこれという作品について語ることはいま交わしている駑馬に比べれば数段有益なものであるとわたしは信じるものです。

読書自慢ということですが、物の書き手であればもっと読んでる方もいらっしゃいますし(わたしなんて読書以外の趣味にも時間を費やしますから、読書に専念される方には到底かないません)、自身が気に入っている作者、作品を開陳することのどこに不都合が生じるのでしょう。他の人が熱烈に進められる文言に接して、それに共感を覚えたならば、すぐさまAmazon、あるいは実店舗に走って該当図書を買ってみようと思うくらいの好奇心は持ち合わせています。その動きのどこに不毛な所以があるというのでしょう。

わたしは自分が好きなコンテンツを好きだと表明するのは好きですし、はるか昔から、人が自分の好きなものについて語っている口ぶりが好きで、そういった文言に接するたびに自分もそういったコンテンツに接してみようと思うたちです。そういった人のほうが多いのでしょう。創作者は新奇を好む者じゃありませんか? ちがったらご指摘ください。停滞したまま生ぬるい泥の中になずんで足れりとするのが昨今の書き手の界隈なのでしょうか。

ちなみにわたし、童貞ではありませんので。いちおう片手ではあふれるだけの経験は持ち合わせております。商売抜きですよ。あしからず。

どうでもいい話なんですが……

10月はたそがれの国

ファイザーの2回目接種を1週間間違えてて、明日は別件で「行きたいこと」があったんだった。

で、「締め切りに余裕ができた」もんで、電子書籍で漫画読みまくって、結局なんも書いてない週末。
眼精疲労が猛烈で、「ソフトサンティア点眼しても全然ダメずら……」、ばりばりドライアイ。

目が乾々すぎて、ますますまとも作業に向かえなくて、、、
テレビの溜め録だらだら消費で、さらに目の調子悪化。


ど〜しよ〜もねぇな〜、、、と、山梨県産超大粒シャインマスカットつまみながら、乾物の整理してて、
期限切れのクコの実がもったいなくて、「ケツメイシ茶」にざらざら入れてみた。

ら、
ああら不思議! なんかすんごい目がすっきり。ここ最近ないほど、目がさわやか。

ネットでググったら、やっぱり「クコの実は目にいい」んだそうな。そんで、「ケツメイシも目にいい」ので、たぶん相乗効果ですこぶる目にいいドリンクになったのだな。

味は結構まずくなるけど。。(混ぜ物なしで、天然ケツメイシ単体でいれた方が断然おいしいと、個人的には思った)


目がしょぼしょぼした人には、おすすめじゃ。

自分の言葉で喉つまらせて窒息しろ

アンタ糞製造機で無様

ただの古株の日本語不自由
アンタつまんないんだよ嫌われてんの
消えろクズ
さんざ平静装ってた所詮白痴程度の頭絞って考えた猿並みの外面が剥がれおちてて笑わせてくれるよね、バカ丸出しでしょ
誤字したら許してって甘ちゃんゴミクズが何いってんだろ、うるせえ"そ"だって。間抜けが全面に出てて、こんなバカ丸出しのクズが「あたしあたしあたし」なんて我が物晒してたなんて、指さされて笑われるもんで、そんなことにすら気付けない恥知らず人でなしをよくもまあこんなに見せびらかせるよね、よく生きてるよね
瓦解始まって自分発案のこともやり遂げられない程度だって無様見せつけてくれて満足ですよ、さっさと尻尾巻いて消えてくれますか?
何にもしてないよアンタ
アンタだけそれで格好つく気がしてるだけなの
どんな言い草か、アンタは自覚がないこと笑われてんの分かってないの
さっさと死ね
自分は良くて他人はダメってどんだけ甘えた事言ってんのか気付けない程度のゴミクズがなんか喚いてて、清々しいくらい無様ぶちまけてて、さっさと自分の過去の発言でのたうち回って窒息しろよクズ