作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

スカイ画廊の父さん

ラピス

コメントありがとうございます。
今も衰えてないし、文章の雰囲気が似通ってる人が多いから、村上春樹の影響があるのかなと思っていたんですが、違うんですかね。
今の文学を読んでないので、調べてみます。

そうげんさん

ラピス

コメント、ありがとうございます。
ファンの方に対して配慮がなくて、すみませんでした。また、ノーベル文学賞についても無知でした。
食わず嫌いもなんですので、一度、ちゃんと村上春樹の作品を読んで判断したいと思います。
先ずは、お勧めを一読しますね。

村上作品のなかでは『ねじまき鳥クロニクル』が一押しです。

そうげん

村上春樹さんの小説が好きです。

ラピスさんが挙げていらっしゃる『ノルウェイの森』をわたしは高く評価していません。はじめて読んだ村上作品は『ねじまき鳥クロニクル』です。1984年の東京にさまざまな位相世界が展開されるさまは圧巻でした。心理的なもの、精神分析的なものに関心があるため、作品内に登場するさまざまなオブジェクトが、多く象徴として読むことが可能な、深読みゲーム的な面白さが、わたしが村上作品を好きな理由のひとつです。

もうひとつ好きな理由が文体です。たとえば『アフターダーク』は、カメラを追うように展開される視点移動がユニークな中編小説で、何度も読み返しました。ノンフィクションの『アンダーグラウンド』では、オウム事件の被害者に対するインタビューをいかに書き言葉に落とし込むかというインタビュワー村上さんの採られた方針が見事なものでした。現代という時代に最新の作品を順次発表してきた作家ならではの文体の使い方だと思いました。

長編小説の中で最も新しい『騎士団長殺し』はいま再読をしている途中です。免色さんや、騎士団長や、それぞれの特徴ある人物がどんな機能を果たしている存在なのか、そこに注目しながら読み直しています。

わたしはもともとハヤカワ文庫の系列の海外翻訳ファンタジーやSFを読んできたので、現実を脱する系統の作品を愛好する傾向にあります。象徴とか記号とかアイテムとか、そういうものを辿りながら深読みするものが好きです。福田和也さんのガイドブックではじめて『ねじまき鳥クロニクル』の高得点を知って、本を手に取って以来、村上作品を読むことに親しんでいます。

『ノルウェイの森』については、当時の村上さんの書ける範囲で、いけるところまで文体をリアリティに振ってみたらどこまでいけるかということを挑戦された作品だったそうです。リアリティの文体についてはこれで書くところまで書いてみたから、次からはまた違った文体を目指して行かれたという流れだったと思います。そのあたりのことは、『職業としての小説家』に書かれていたと記憶しています。

村上春樹さんがノーベル文学賞にノミネートされていたかどうかは、いまはまだわかりません。イギリスのブックメーカーが勝手に名前を挙げているだけで信憑性は低いです。井上靖さんがノミネートされていたことがさいきんわかったように、公開可能な年限である50年が経てば、村上さんがノミネートされていたかどうかはわかりますが、いまはそもそも名前が挙がっていたかどうかもわからない状況です。ですので、何度も逃しているわけではないと思ってます。

翻訳されている冊数も、言語の数も、ほかの日本人作家に比べればかなり多いはずです。またノーベル文学賞を受賞する作品にはある種の傾向はあるものだろうから、ノーベル賞受賞=文学的に価値がある作品ともいいきれないし、賞を獲らないからといってすぐれた作品ではないとか、世界でそっぽを向かれる作品というわけではないと思っています。

読んでみたいと思ったら読んでみればいい、というくらいのことだと思ってます。繰り返しますが、わたしの一押しは『ねじまき鳥クロニクル』です。

あなたは村上春樹、好きですか?

ラピス

ごはんに限らず最近の文学調の素人作品て、村上春樹もどきな気がしてならないです。
私は、ノルウェイの森が精神を軽く病んで甘えてる男女の乳繰り合いに見えて、気持ち悪くて投げ出した口だから、良さがわかりません。
全く胸に刺さりませんでした。
ノーベル文学賞を何度も逃すあたり、外国人にも受けが悪いのかなあと邪推しますね。
不要な呟きでスミマセン。

いえいえ、とんでもない

上松煌

夜の雨さま。
お世話になり、お礼を言わなければならないのはこちらです。
おれは常に「ネクスト・ワン」の気概で、次を次を…と昂進したいと願っています。
あなたのアドバイスを理解し実行できる自分になって行きたい。
本当にありがとうございました。

ありがとうございます

上松煌

夜の雨さま。
さっそくのご感想をとても嬉しく戴きました。
おれがごはんにいるのは、ひとえにあなたの閲覧を望むためと言ったら重いでしょうか…?

これは仕事の合間の気休めというか、おれ自身、ラブ・コメに触れてみたいが、既成の物に好みのものがないので、初めて書いてみたものです。

  >>丁重に読ませていただきました<<

ありがとうございます。
本当にお世話になります。

   >>何やら文面の背景に品が漂っています。このあたりが上松さんの個性かなと思ったりします。主人公が生活する場所が結構庶民レベルを超えたところだったり、その共住宅の描写がハイソだったり、親が金持ちだったりしている。そういった庶民より高いところで生活している主人公なのですが、親のすねかじりのために、幽霊がいることがわかっても、簡単に引っ越しできない<<

 その通りですね。
リッチな境遇であっても、結局、庶民と変わらない悩みや親との確執に苦しみ、折り合いをつけなくてはいけない。
それがそこはかとない悲喜劇を醸していると思います。

   >>幽霊に主人公はレイナ(霊那)という名前をつけて、自ら奈落の底に堕ちていくと言った感じです。だんだんとレイナに惹かれていくところが、うまく描かれていました<<

 ありがとうございます。


   >>主人公の麒麟生(きりおい)と友人の浅井のキャラクターがよく描かれていて、彼らのエピソードの展開で物語が進んでいます。
●主人公の麒麟生(きりおい)と浅井との友情物語に、幽霊のレイナ(霊那)が絡んでいると言ったところでしょうか<<

そして、あなたのこの読解力。
これこそがおれの主張で、お笑いに紛らして、友情とは何か?友のピンチを察したらどうすべきか=友の救済に行動するを書いておいたつもりです。

   >>レイナ(霊那)の背景が描かれていないのは残念ですが、導入部を過ぎたところで彼女との物語は終了に向かったので、違和感はありませんでした。まあ、背景が描かれていないので、深くはありませんでしたが<<

おれはコメディはコメディであっていいと思います。
軽く読みやすく、笑い飛ばしてもらった果てにかすかに人生の妙味が残る。
夜の雨さまは読者として当然の、文学賞レベルの物を希求するので、ごはんあたりの書き手では常に不完全燃焼でしょう。
読者として譲れない金字塔のもとに読了してくださるあなたは素晴らしいことで、おれがあなたの閲覧を切望するのもそのトコロです。

しかしながら、おれはこの作品ではレイナの過去を暴いてはいけないと思う。
どのような経緯で霊になったかは謎でいいのです。
すべてをさらけ出さなくても、読者は納得するのです。
あなたも書いてくださっているように、怪談にかこつけた底辺浅井との友情物語+異界の物への隔たりのない思慕のお話しだからです。

このような変則的な投稿で申し訳ありません。
でも、ご感想を戴けて、この作品の本懐は遂げました。
ありがとうございました。

ちょっと変則的だけど

上松煌

★例によって例外なくレイの話でし★
   https://slib.net/99021

コメディです。 茅ヶ崎の高級賃貸不動産を借りたおれの前に現れた清楚な♀幽霊。怖くはないのだが、霊はおしなべてエナジー・バンパイヤなのだという。レイナ(霊那)という名前までつけたおれは次第に心惹かれて行くが…。

発熱時対策

大丘 忍

 古来、感染症は色々と繰り返しておりました。インフルエンザをはじめとし、腸チフス、コレラ、など、細菌、ウイルスなどによる感染症です。 
 昔は、感染が病原体によることは知ることが出来ませんでしたが、その症状はよく観察されており、その場合にどのようなことしたら良いかが観察されておりました。
 二、三千年の昔、中国で疫病が繰り返して多くの人が亡くなりました。これを憂えた張仲景という人(県知事のような役目だったそうです)が、各地をまわり、症状と飲ませた薬草の効果を調べ「傷寒論」という書物を残しました。昔は、病気になれば薬草を飲ませたのですが、効果がある方法は横に広がり、また後世に伝えられます。
 昔は現代医学のような検査は出来ませんので、病気と言えば発熱か下痢のようなものしか認識されておりませんが、その「傷寒論」に記された治験例は現代にも通用すると考えられます。
 「傷寒論」では、発熱疾患の初期を「太陽病」と定義し、そのときには、麻黄湯か葛根湯を使うと記載されております。
 コロナウイルスで発熱した場合は、「太陽病」と考えられますので、すぐに麻黄湯か葛根湯を飲むのは効果的です。寒気がして発熱したら、まず麻黄湯を一包飲む。布団をかぶって寝て、三時間たっても発汗しなければ又一包をもむ。こうして三時間ごとに飲み、汗が出始めたら服用をやめる。これが「傷寒」のときの対応策で、コロナウイルスに対しても有効であると考えられます。発熱したからといって解熱剤を使ってはいけません。
 感染症でなぜ発熱するのか。これは体温を上げることで、体の生体防御機能、つまり細菌やウイルスを体がやっつける機能を高めようとしているのです。だから解熱剤を使って体温を下げるのは体の戦いの邪魔をしていることになります。発汗するのは、戦いが一段落ついたのでもう体温を高める必要はないと体が判断して熱を下げようとしたことを示しております。
 病態生理学的な知識もない昔の人は、その詳細な観察力でこのような方法を発見したことは素晴らしいと思いますね。
 数年前にインフルエンザが大流行して発熱患者が大勢来院しましたが、私は先に述べた方法、つまり麻黄湯を投与しました。漢方医学を知らない他の医師は解熱剤や抗生物質を投与しましたがその効果の差は歴然としておりました。私の患者は汗が出てそのまま治ったのに、他医の患者は一旦解熱してもすぐにまた発熱して私のところに来るのです。これは当然ですね。
 いずれにしても、コロナウイルスには感染しないことが大切で、当分は注意が必要でしょう。
 もし運悪く発熱したら、コロナであろうと無かろうと、「太陽病」と考えて麻黄湯、なければ葛根湯を服用してみることですね。
 

コロナウイルス

大丘 忍

コロナウイルスで大変な騒動ですね。以前に「権田医院シリーズー熱が出た」という作品を投稿したことがありますが、これが今の状態にぴったりですね。この中で権田医師が対策を説明してくれております。

下手なりに下手な小説を書いた

渡辺サラ

還暦を迎えて大大厄年に入った。しかし打ち勝つ。