作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

小説コミュニティ

カラカラ(ダイナモ)

ディスコードの、
一応の小説コミュニティい。

みんな参加だー!
https://discord.gg/e5umMcB

鍛練場の「B級」文学が、なにやら語りだした。

夜の雨

近頃鍛練場を見ていて元気がないと思うのですが、それに反比例して、「B級」文学が面白い。
昼野陽平 さんの「浮気合戦」とか、加茂ミイル さんの「止まらぬ笑い」。それにのべたん。さんの「金木星から来た男」や(仮)さんの 『陰気』(『ドグラ・マグラ』雑感より)が、後方から追撃している。
ひとつずつコメントを書けば「昼野陽平」 さんは、極めつつあるという感じです。ただ、上を目指すのならそれなりの枚数を書く必要があると思います。ある程度の枚数が書ければ天下を取りに行けるのではないかと思う。万人受けしないところがよい。固定ファンが出来るので生活費が稼げる。この方の作品はシュールな世界が底辺に流れている。
「加茂ミイル」さんの以前は、吹聴するキャラで鍛練場を壊しに来ているのかと思っていましたが、近頃はおとなしくなってきて悟りが開けてきたのかと思うと、執筆の狙では、本音が出ていました。
そして本音の通りの作品が「止まらぬ笑い」で、「叫び」を描いた画家のムンクと共通する「不安」が、加茂さんを文学に誘っているのではないかと思ってしまう。ムンクにあって加茂ミイルさんにないのは何かというと、表現力(技法)になるかな。
のべたん。さんの「金木星から来た男」はタイトルもよいし、場面が目に浮かぶハードボイルド風の味付けが「グー」でした。
(仮)さんは、夢野久作の「ドグラ・マグラ」に目をつけたのはよかったのですがね、オリジナルの「陰気」が、「ぶっとんでいない」のが、残念です。

文章を読む楽しさ、親しみということ

そうげん

小説を読むときの楽しさ、親しみは、たくさんにつづられた文字列を読んでいくときのそのグルーブ感みたいなものにその最大値を求めているのですが、さいきん、文章を読めることの幸せみたいたものを味わわせてくれる作品に、ごはんのなかで出会うことが少なくなっています。わたしのような物の見方は少数派なのでしょうか。文学は読んでいる時間のなかにしかない、なんて言葉を書いているプロの作家さんもいらっしゃいます。わたしもなにはともあれ、文章を面白いと思って読みふけってる時間の中にこそ、文学は存在すると思っているタイプの書き手なので、そんなことを書いてみたくなりました。乱文乱筆、失礼いたしました。

カラカラ様2

(仮)

自己解決しました!
お騒がせ致しました~。

カラカラ様

(仮)

こんばんは。
私が使っているのはfireなのですが、このアプリは使用できないのでしょうか?

カラカラさんへ

そうげん

カラカラさんが、本当にあのカラカラさんなのかわからないくらいよくわからない状況になってました。他人の名前を騙るなんて、物書きにあるまじきことですけど、カラカラさんはカラカラさんですか?(自信がない)

お久しぶりです

カラカラ

皆さんお久しぶりです。

加茂ミイルさんが私の名で暴れていたようですね。

なにやってんだか

鍛錬場へ投稿するみなさんへ

夜の雨

原稿用紙30枚以上の作品は「ストーリー」とか「読みどころ」とかを書いたほうが良いですよ。
たとえば原稿用紙80枚の作品を投稿して「執筆の狙い 」に、「作品の内容に関することを書かないと、読まれないと思います」。

あなたが映画を観るとして、何の予備知識もなく観ることがありますか。
書店で売られている小説を購入する場合、前もってネットで検索して内容を調べませんか。

それらと同じことです。
鍛錬場で作品を読む場合、予備知識があれば、あなたの作品を読みやすくなります。
せっかく鍛錬場に投稿するのだから、「執筆の狙い 」に「御作の魅力を語ってください」。
そして、一人でも多くの方に読んでもらえるように、努力をしてほしい。
そうしないと、多くの時間をかけて産まれてきた、あなたの作品がかわいそうだ。

現在という社会ではプロの作品でも、何の予備知識もなければ、読まれないと思います。

ちなみに、原稿用紙30枚以下の作品でも読みどころとか、書かれていると読みやすくなると思います。

まあ、短い作品の場合は、大して時間がかからないので、長い作品よりも読まれる可能性は高いと思います。

日本語が変だな、五千万円の情報

中野サル信長

これはYouTubeでも公開してるので言いますが
中学文法、読解、漢字を勉強するんですよ!
ただ大沢先生の売れる作家の全技術でも日本語能力を疑えということがありました。
本当のプロとはそういう共通点があるのでしょう。

凄いと思いません?
私は資本論とマスコレルという経済学書を読んでいくにはどうしたらいいだろうと五千万円つぎ込んで、
高校数学を勉強すればいいのだ
入門書、中級書、本書と読めばいいのだと思いました。

中学数学も勉強すべきなのかなと思いましたが
同じノウハウがプロの作家の国語技術についても言えたのですね。

鈴木輝一郎小説講座

中野サル信長

お知らせ
鈴木輝一郎小説講座では鈴木先生が
講和、添削、毎日ライブユウチューブ等で私たち作家でごはんを食べたいプロ志願者を
相手してくれます。
三十年エンタメ文学で生き残った先生は驚くほど常識人です。作家の傍ら、社長業をやってらしたからです。
小説の講評はこことは信じられないレベルで厳しいです。w
でも厳しいですが愛のある講評、
カリキュラム
教えずして教える手法は見事なものです。

参加されたい方はYouTubeで鈴木輝一郎と検索してリンクを探してください
Googleで鈴木輝一郎 小説講座と検索してもいいでしょう
お待ちしてます
一緒にプロデビューしましょう。