作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

鈴木輝一郎小説講座

中野サル信長

お知らせ
鈴木輝一郎小説講座では鈴木先生が
講和、添削、毎日ライブユウチューブ等で私たち作家でごはんを食べたいプロ志願者を
相手してくれます。
三十年エンタメ文学で生き残った先生は驚くほど常識人です。作家の傍ら、社長業をやってらしたからです。
小説の講評はこことは信じられないレベルで厳しいです。w
でも厳しいですが愛のある講評、
カリキュラム
教えずして教える手法は見事なものです。

参加されたい方はYouTubeで鈴木輝一郎と検索してリンクを探してください
Googleで鈴木輝一郎 小説講座と検索してもいいでしょう
お待ちしてます
一緒にプロデビューしましょう。

伝言板

エア

伝言板が変わりましたね。

突然すみません(汗

あさみん

見習いにも満たない小学生キッズなので、宜しくお願いします。小説かけるようになりたいんです!下手な漫画しか描けないので、、、頑張ります。

そうげんさんへ

見習いさんH

ありがとうございます♪

村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」(講談社文庫)はかつて読ませていただきました。怖がりなので、あっちを読んだり、こっちを読んだりして、なんとか全編を読むことができた記憶があります……。

おすすめをありがとうございます。
辻仁成さんの「日付変更線」が気になります。年末年始はこの作品で過ごそうかしら?
ただ、知人が大ファンの作家さんなので、どう言われるか……(苦笑) うぅん、読んでみたい!

「ねじまき鳥クロニクル」。印象的なお話でした。井戸……。

ブックオフで

そうげん

村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」(講談社文庫)
古井由吉「白髪の唄」(新潮文庫)
佐藤泰志「海炭市叙景」(小学館文庫)
佐藤泰志「黄金の服」(小学館文庫)
村上春樹「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」(文春文庫)

の5冊を買ってきました。いま読んでいる島本理生さんの「ナラタージュ」(新潮文庫)がそろそろ読み終わるので、つぎのつぎあたりに読みたいと思ってまして。

おすすめですか。
辻仁成さんの「日付変更線」とか
宮本輝さんの、これは古いけど「優駿」とか好きでした。
ファンタジー要素+ヴィクトリア朝の雰囲気に抵抗がおありでなければ、
ハヤカワ文庫の《英国パラソル奇譚》の第一巻「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」からつづく五作品もわたしはいいなと思ってます。
(持っているけれど、1巻しか読めていません)。人におすすめを書くのってその選択がむずかしいですね。
結局、わたしはこれがいいと思うんだ、しか書けない気がします。
「ねじまき鳥クロニクル」はわたしも大好きな作品です。

年末だなぁ。②

見習いさんH

何か読書したいですねぇ。
ちなみに、
『コンビニ人間』『TUGUMI』『きらきらひかる』『ねじまき鳥クロニクル』『太陽の塔』
なんて好きです。後、古典文学も……。
読みたくなった時に好みの本を探すのが本当に大変。
何かおすすめは有りませんか?

吉凶。

見習いさんH

吉と出ると思った事が凶と出たり、凶と出ると思った事が吉と出たり。
不思議なモノです。

人生、皆、裏目……なのか?

さあ、次は。
『吉と出ますか、凶と出ますか』。