作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

小説の話したいなら、明瞭に話せばいいじゃん!

10月はたそがれの国

馬鹿だの死ねだのの大廉売! じゃなしに〜。


めんどくさいわ、

つまらんわ。

まあ、あれですね

やっぱ不吉な超低気圧だったでしょ

ラブレター上等なんですけど、皆さんご存じの通りあたしなんて自分にも他人にも反発キビしいので所詮つまんない意図ばっかバレてシラケちゃうんですよ。
自分含めてこの世は全員裏切り者だと思ってるので残念ですけどあたしは宣誓書でも交わさないと建前でも興味持てないのかな許せないのかなヘビみたいで我ながらイヤになるんだけども。

その証明くらいには言葉なんて片っ端から苦手でしょ人類全般。
気持ち良くなりたいだけなのになあ、なんてな。
かなしくなるよねなんだか。





いつか、なんて言われても当の日本語苦手な元葛ゐが本音がどうのとかってまんまとノミの脳みそみたいなこと言ってほっとしてやめちゃったじゃん馬鹿かよって嗤うしかないんですけどね実際。


まあせっかくなんだしあたしがなんかしたら準備出来次第アフリカンも動いてみたらどうなんですかね。
どうせリアクションでしか見栄張れない馬鹿の屁理屈負け犬口上とただの場の目的捻じ曲げて遊ぶことも放棄してつまんなくなりたがる恥かき馬鹿炙り出してご観覧いただくだけのことだから見下して嗤うばっかの根性当たり前に恥じないだけのつもりで遊び倒してみてほしいんですよね要するに。


つまんないんですよとにかく。


あたしのこと嫌ったり煙たがったりするのは勝手なんですけど、実際あたしのこと荒らしだの死ねだの言ってるやつこそまともなのいるかよってハナシなんですよね、わかり切ったことなんですけど。
ヘビみたいな性格なので曝さないと気が済まないだけなんですけど。

名前も作品もみたことねえ、ってクズばっかでしょ所詮あるいはクソ吐くときだけほっかむりの腐れ馬鹿とかさ、バレてんのに。
クズな作文わざわざ晒しながらあたしのとこ苦手過ぎるヒステリー黙ってらんない痴場とかむしろ気の毒っていうかただの物好き恥さらしだからまあほっとけばいいんですけどウケるよねただの真面目のへたれがダサいとこまで正直太郎で。

アホみたいな作品晒して寄り集まってる馬鹿ばっかも数字のとこで自白すんでるからまあ特にやることないんですけど、やっぱ当たり前の態度とやり方ぶち抜くってことなのかな、どいつもこいつもやることやらないで言いたいことだけ言いたい面倒臭がりの卑怯者馬鹿ばっかだからまじでシカトしたいんですよ要するに。
ただ普通に小説のハナシしたいんですよ、所詮やる気ない馬鹿なんてはぶいて。

それってすごいストロングでしょ。
邪魔すんなクズ、って普通にみんなにも言させたいのつまり。
負うもの負ってもの言う根性もないやつに、なんで同じ立場らしくものいわれなきゃなんないの? ってことなんですよね当たり前すぎてつまんないんですけどそれにしたってここは自浄効果が働かな過ぎ。
まじで腰抜けばっかだと思ってんです実際。


卑怯っていうみっともなさに自覚ない人多すぎるんですよそれも野放しとかアホなんですかね。
馬鹿はほっとけとか全然正義なんかじゃないですよそうして秋葉原は起こったんでしょあれって馬鹿を冷たい卑怯がそそのかしてひん曲げた悲劇でもあるんだし、だからってまあ一番悪いのはひん曲がった馬鹿には違いないんだけど。


馬鹿は馬鹿として公明正大に迫害して改心させる。
しないなら迫害はただの永遠ってこと。
他人の尻馬に乗ってクズ吐くクセ治んない馬鹿とかさ、数字がその典型なんだけどこの前ももんじゃのとこでやってたでしょいろんな意味でとかってさ、そういうとこなんだよ嫌われるのは、ってことがなんでわかんないんですかね馬鹿っていうのは自覚ないから何度でもぶっ潰すだけなんですけどそれもただの自殺がお決まりでウケるんですけど。

こういうことわざというの、めっちゃムカつくでしょ。
いいんですよ所詮相手はクズのカリカなんとか馬鹿なんだから。




ああつかれた、文句言い出すとイライラして支離滅裂甚だしいのでそろそろやめとこっかね。




とにかくウザいんですよ、何するとこかもわかってないただの面倒くさがりとかただのヒステリーとかってさ。
ただのこの場所の目的で自分の程度晒してもの言うあたりまえもこなせない卑怯者もあたしはキライ。
ここの目的もまともに振舞えない卑怯者がなんでここ以外のことひけらかして何か言えると思ってんだろ全然わからん、っていうかとにかく無粋だしつまんなくするだけだってことなんでわかんないんだろまじでわからん。














付き合い切れないんであたしもたまにしか見ないんですけど、なんですかねあれ、ロシアンルーレットとか歴史のテーマパークだとかってあのヘんの感想含めてまじで馬鹿なんですかねめっちゃイライラして、ってあんまり言っちゃいけないのかなまあまじで言ってんのかなあって呆れてるだけなんですけどほんと、つまんないですよとにかく何読んでるつもりなのあれって実際。
程度低すぎるでしょってなんで誰もそう言わないんだろつまんない屁理屈に捻じ曲げることばっかは上等でさアホかと思う。



まあ、反感喰らってなんぼだとあたしなんかはまじで思ってるんですここまで悲惨なレベルとなるとむしろその方が正常としか思えないんだし、同類に思われても後悔しないなら結果的にイイ遊びが出来たらいいなあって感じです。




じゃあね。

でしょさん

アフリカ

ラブレターだってさぁ

確かにね。

でも、皆知ってる事だし改めて出されてもねぇ( ̄▽ ̄;)



ってか、いつなのかだけでも教えててよ

暇で堪らんけど
結構、バタバタはしてるんだよね( ̄▽ ̄;)

元々真っ暗だから「提灯売り」が有り難がられてんですよ、

10月はたそがれの国

ここは。
ずっとそう。

心理学の世界では「安易な提灯売りこそが有害である」と、講義で聞かされたもんですけど、

「安易な提灯売りにすがる」もすがらないも、

その人の自由であるし、

「安易な提灯売りにすがることで、決定的に見えなくなるものがあるんだよ」と、たまに警鐘を鳴らすことしかできん。


「提灯売り」自身は、「安易な提灯を押し付けることこそが善」だと思い込んでるから、
提灯売りを改心させることは不可能。

セールス受ける側が、シビアになるしかないのだ。

くらぁいなあ

やっぱ不吉な超低気圧だったでしょ

何を言っても許される気がする全員共通の圧倒的に極悪な看板が静かにしてるとわかってますけどまんまと地味ですねえ大丈夫ですか

作品投げてない人ばっか喋ってないですかあたしにつっかかりたがるやつ馬鹿とヘタと性悪と根暗と、あとそんなやつばっかなんですよ小説なんて所詮ひん曲がってんですね

ひん曲がったやつにばっか都合いいんですね何だかイヤになりますよ実際



鍛錬場、みじめすぎてあくびでます

まあ、それが普通なんでしょうけど

そんでも・・その頃には、『さばえ近松』とか『深大寺』に向けて

10月はたそがれの国

書いて・出してる女子の短編書きさんがおられた。

自分的に、ここ来る前から「もう足洗ってて、たまにへろっと書いて、出してみてる」程度だったんで、
そういう人らの『たったいま、現にがんばってる人がいる』感が良くて、

だからこそ『結果につながって欲しいなー』と思ってたし、いまも思ってる。


で、折に触れて、
「その公募に出して、予備選考通った人らや、入賞した人らの話、経験談やノウハウは参考になると思うんだけど……」的なこと書いちゃあ、
入賞経験皆無な中高年大古参:万年ごはん男(とその取り巻き外野)から叩かれる。
彼らの言い分「後から来た・実績もなんもねぇぽっと出が、何を偉そうに〜!」。

それも『そうだよねー』だし、
ワタシは「小説がうまくない」し、書くの好きじゃないもんだから、、
バッシングされるだけされておしまいになる。


それがここの風景。



でもやっぱいまでも、ここに来て最初に見た、『ゆきのまち』の予備選通過して最終で落ちてしまった原稿は、
とても印象に残ってて、
面白かったんですよね。


あと、何年も前に 一見さんの女子の書き手(だろうと思う)が、1作あげてた「リアルに大学生らしい、ちょっとポール・オースター調の恋物語」とか、結構良かった。

『恋』がしっかり書ける人は、公募で受賞できる人だと思。

蒸し返すなよ。

10月はたそがれの国

>>公募先を腐して・嘲笑材料にする
とか、
>いったい誰がそんな事をしたんですか?
該当する文言を引用して教えてくれる人、プリーズ


↑ ワタシがここのサイトに来た当初から、それは普通に横行しまくってた。


あなたが知らないだけだし、

何年も陰湿かつ極めて執拗に、「当然のようにそれ」繰り返されてて、
「やめましょう」と言い続けて、今に至る。



『ゆき』の入賞とか、そもそも黙ってれば良かっただけの話だったんだけど、
ワタシがここ来て最初に見た原稿が、『ゆき』の予備選考通過・最終で落ちた作品で、

達者な女子(ここの人気常連さん)が書いてて、面白い作品だった。

その落選原因を【ここのサイトならではのトンチキ解釈、実情とずれまくった断定& 悪くする方へのアドバイス】が続いて、、、

「そこの公募に出してて、最終審査講評も読んで、あれこれ知ってた身」としては、
つい、
古参大常連さんの「見当違いの決めつけ意見」に、「それは違います!」言っちゃって、

「何を根拠に〜!」
『(上記説明)』
「どうせ嘘なんだろ? ほんとに入賞者なんだったら、証拠を出せー!」恫喝。

んで、「本当のことを追記」したら、余計に疑われ、難癖つけられまくって、今に至る。


毎年恒例で、ここの「練達とみなされてた中高年男作家」が何人も束になって応募して、予備選考で落ち続けていた公募だったみたいで、
その翌年も、翌々年も、中高年男作家たちは、予備選考通れなかった。

落選原稿の現物を何本も見た。
そんで、
そのいずれにも、ここの大常連の「こうしてたらあなたが入賞でした」ってー、見当違いはなはだしい「悪しき助言」がついてて、
そのコメントは大歓迎。

「本当のこと」を言うと叩かれるサイト。

だね

アフリカ

どんな賞でも獲るって簡単じゃないでしょ

だって、応募数のその中で埋もれないように書いてるから選ばれるんでしょ?

やっかみでしかないよね。

おめでとうと素直に言いたくないなら
黙ってるのが一番良いのかも

んで、もんじゃさん

最後まで勝ち残ればいいですね。

僕は

釜の横で

何を見てたんだ、
見つからなくてただいま周り、
ふあんにさせただけ

おまうきもたはずだと
っだそれたけじゃだめなんだ
馬鹿だないま気づいた

井の中の蛙大海を知らず

sleeping lion

昔の人は良いことを言いましたね

ところで、
>賞自体のブランドを貶めるような真似
とか、

>公募先を腐して・嘲笑材料にする
とか、

いったい誰がそんな事をしたんですか?
該当する文言を引用して教えてくれる人、プリーズ