作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

もう寝よう

そうげん

昼野さんの新作のタイトルが「大脱臼」に読めてしまった。
睡魔プラス酔いの影響ですね。それだけです、もう寝よう。

青井水脈さま、こんばんは

上松 煌

 感想をくださり、ありがとうございます。
おれは『湯の街の裏路地で』を掲載した直後に自動アク禁になっていて、通常の方法では閲覧もカキコもできません。
でも、ある方法で閲覧だけはし、あなたの感想を見つけることが出来ました。
しかしながら書き込みはできないので、感想返しをしないのは失礼に当たるし、おれとしても心苦しいので、唯一カキコできる伝言板でお返事をします。

初めて感想をくださったあなたが、伝言板を覗くかどうかは分からないのですが、どうかこのお返事があなたに届きますよう。

    >>昭和の映画らしい人情味を感じました<<
ありがとうございます。
温かい人間味あるお話にしたいと思って書いたので、あなたの感想がことのほかうれしいです。
主人公の憲之は昭和・平成・令和の3世代を生きた60代の老人です。
老境に入った今、刑務所時代に世話になった武藤刑務主任と再会し、自分の半生を振り返って行くというお話で、たんなる懐古だけではなく未来への希望を垣間見られるラストがポイントになっています。

ドリームというかたが
    >>なんか居酒屋 兆治を連想させますね<<
という感想をくださったのですが、あなたも何かそのような映画を見たのでしょうか?
おれはこれを自分のオリジナルだと思って書いたのですが、似たようなお話もあるのでしょうね。
おれも人情味のある物語は大好きなのですが、小説は中学1年以降読まないですし、ちょっと体調が悪いので映画やドラマなども見ませんので、あなたが書いてくださった映画が、どんな昭和の映画なのか見当もつかないのが残念なところです。

夜の雨さま、こんばんは

上松 煌

 感想をくださり、ありがとうございます。
おれは『湯の街の裏路地で』を掲載した直後に自動アク禁になっていて、通常の方法では閲覧もカキコもできません。
でも、ある方法で閲覧だけはし、あなたの感想を見つけることが出来ました。
しかしながら書き込みはできないので、感想返しをしないのは失礼に当たるし、おれとしても心苦しいので、唯一カキコできる伝言板でお返事をします。

あなたは時々伝言板を覗いているようですので、見つけてくださるのではと思っています。

    >>久しぶりに上松さんの作品を読めてよかったです<<
はい、本当にお久しぶりです。
あなたに感想をいただいたのは『それは8月のこと』以来のことで、とてもうれしく思っています。

    >>原稿用紙36枚ですが、内容がたっぷりなので、100枚ぐらいもしくはそれ以上書いてもよかったのではないかという感じです<<
はい、これは一人の人間の半生記ですので、中編か長編の体裁でしかるべきものでしょう。
ただ、おれは身体が本調子ではないので、長いものを書くだけの気力がありません。
短いものならなんとか自分自身を振り絞って、ラストまで書くことができます。
以前は2週間に1作は軽かったのに、今は1日に2,3行書いてはやめることが多く、おれの作品はいつも最初や最後だけを決めればあとは勝手に物語が動いていく、という手法だったのですが、この作品は初めて、主人公が勝手に動き出さないお話になりました。

長い半生記を短くまとめるためにほとんど箇条書きのような部分もあり、結果として説明的になり不本意なのですが、書かないと死ぬ病のおれはそれでも書けただけでうれしいのです。
競馬に例えると、これはゴール前でバタバタになった逃げ馬を騎手がなんとかゴールまで持って行ったような作品で、自分で読んでも読みづらいところがあり、いつものおれのタッチとはずいぶん異なります。

いつも読んでくださっているあなたの目から見れば、なにをやってる、ということでしょう。
でも、作品は常に、おれの中から熱情的に生まれ出ようとするおれ自身なので、悲しく残念なことですがこのテイタラクが今のおれです。
どうすることもできないのです。

でも、あなたが読んでくださるという張り合いがおれを支えてくれます。
また、ガンバって、あなたをうならせてみたいと思っています。

ドリームさま、こんばんは

上松 煌

 感想をくださり、ありがとうございます。
おれは『湯の街の裏路地で』を掲載した直後に自動アク禁になっていて、通常の方法では閲覧もカキコもできません。
でも、ある方法で閲覧だけはし、あなたの感想を見つけることが出来ました。
しかしながら書き込みはできないので、感想返しをしないのは失礼に当たるし、おれとしても心苦しいので、唯一カキコできる伝言板でお返事をします。

あなたは伝言板を覗くことはありますか?
どうか、このカキコをあなたが見出してくださいますように。

    >>素晴らしい作品ですね。なんか居酒屋 兆治を連想させますね<<
お褒めいただきうれしいです。
おれは中学1年以来、小説を読まないので『居酒屋兆治』なるものがどのようなお話か知らないのですが、似ていますか?

    >>ただ文章に多少の違和感はありますが。それと一つ、お聞きしたのは日本の刑務所に入ったと思うのですが、なぜブートキャンプが出て来るのでしょう?てっきりアメリカ軍の刑務所に入ったかと思いました<<
そうですか、失礼しました。
この作品はいつものおれの作品より、かなり説明的な部分が多いので、自分でもすこし読みづらいかな?と思う部分もありました。
このブートキャンプうんぬんは憲之の所感で、彼はそこが日本の刑務所ではなくアメリカ軍の新兵訓練所のように感じた、ということです。
『 (アメリカ軍のブートキャンプだ。ここは日本じゃない)
憲之は本気で思った。』
という文章ではわかりにくかったかなぁ??

    >>他は本当に良く出来た作品です<<
重ねてお褒めいただき、ありがとうございます。
次回もあなたに「いいね」していただけるような作品を書きたいと思いますので、どうぞよろしく。

浅野浩二さま、こんばんは

上松 煌

 感想をくださり、ありがとうございます。
おれは『湯の街の裏路地で』を掲載した直後に自動アク禁になっていて、通常の方法では閲覧もカキコもできません。
でも、ある方法で閲覧だけはし、あなたの感想を見つけることが出来ました。
しかしながら書き込みはできないので、感想返しをしないのは失礼に当たるし、おれとしても心苦しいので、唯一カキコできる伝言板でお返事をします。

あなたがどうか伝言板を覗き、このコメントを発見してくださいますように。

    >>素晴らしいです<<
キッパリした感想をうれしく頂きました。
ありがとうございます。
ただ、あまりにも簡潔なので、もう少し具体的な指摘が頂きたかったです。

この作品は5chのほうでもお褒めの感想をいただいているのですが、作者のおれとしては不満の残るものでした。
おれは去年の8月以降、身体の調子がおもわしくなく、気力の維持ができず、このような一人の人間の半生記のように中編あるいは長編になるべき作品は書けなくなっているのです。
どうしてもモチベーションの維持が出来ず、短くまとめてしまうのです。

これはもう仕方がないとはいえ、やはり、おれとしては不満です。
もし、さしつかえなければ、もう少し長い感想をいただきたかったと思うのは贅沢でしょうか?w
次回も浅野さまの感想を得られるような作品を書きたいとガンバりますので、その節はよろしくお願いします。

あげまぁぁあつ

ブロンコ(続々・加茂大嫌い

>次回、もし感想をくださる時は実例なども示して下さればうれしく思います。


言っとくけど椎名ってケツの穴ちっちゃい左巻きのおっぺけぺだから無理だよただの短文感想書き加茂系庶民だからムリ





っていうか、“掲載した直後に自動アク禁”っていつも言うけどヤバいからまじでやめて見るたびツボってお腹イタイんだよまじで

椎名さま、」こんばんは

上松 煌

 早速の感想をありがとうございます。
おれは『湯の街の裏路地で』を掲載した直後に自動アク禁になっていて、通常の方法では閲覧もカキコもできません。
でも、ある方法で閲覧だけはし、あなたの感想を見つけることが出来ました。
しかしながら書き込みはできないので、感想返しをしないのは失礼に当たるし、おれとしても心苦しいので、唯一カキコできる伝言板でお返事をします。
どうか、あなたがこの伝言を見つけてくださいますよう。

    >>おそらく小説を書き始める時、多くの人が文章の向上から取り組むと思うのですが<<
そうですね。
それを目標とすべきでしょう。

    >>この小説は文章力が足りない気がしました<<
感想をありがとうございます。
ただ、これだけの文では、少々、説得力に欠ける気がします。
あなたの言う文章力とはどのような事項・部分を指し、どのような文章であるべきなのか、また、文章力のある文章とはどのようなものなのかという疑問が残ってしまうのです。
もう少し具体性のある指摘なら、おれも「なるほど」と納得できるのですが…。
せっかくの感想なのにちょっと残念に思いました。
次回、もし感想をくださる時は実例なども示して下さればうれしく思います。

そんなこと

ブロンコ(続々・加茂大嫌い

いちいち忖度やら気遣うほど誰もまともな感想書いてないから



まずはそこからだから ← 恥じらいのススメ(親切



ちゃりんちゃりんはすぐゲージュツ言い出すだけでしょ一番反対側のハナシばっかするだけじゃん
まともに酷評して自分こそ価値見せびらかせんのかって、それだけのハナシなんじゃないの何しに来てるつもりかよと



所詮読めないだけの言い訳にしかきこえねー

参考になるかどうかわからんが

野良猫

こういう考え方もあるらしい

 https://www.raitonoveru.jp/cms2/2020/08/22/46888/

ちゃりりんさんへ

青井水脈

私も、コメントするのを控えると思います。コメントするなら、ここはこうした方が良い、こういうところを工夫すると良くなる、とアドバイスをするとか。
やっぱり、最近はコメントにも少し慎重になりますね。鍛錬場もそういう雰囲気でしょうか。
まあ、ちゃりりんさんもそんなに気にしない方が良いですよ〜。