作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

無題

習志野権兵衛

ペンネームをコロコロ変えて負け惜しみを言い続ける荒らしを見ていると、こんな妄言を吐いていた吉田を思い出すばかりです。重複ですが……。

【毎晩電話をかけ、しかも毎回2時間も費やして温泉旅行に誘ってやっていたのに応じず、挙げ句の果てに「セクハラです。やめてください」と逆切れした馬鹿女に「こっちがセクハラだと言いたい!」と抗議したら労基署に告げ口された俺は悲劇のヒーローにして正義の味方なのである!
 あの女は温泉旅行に応じない自分が悪いくせに自分の非を認めず、生意気にも「セクハラです」などと偉そうに説教までしてきた。セクハラされて迷惑しているのはこっちなのに何を勘違いしているのか?
「もう電話して来ないでください」という厚かましい要求までしてきた。こっちは毎晩2時間分の電話代を負担してやっていたのに、大損害を被った。名誉とプライドを傷付けられた精神的苦痛に対する慰謝料と損害賠償請求してやりたい。温泉旅行に応じるなら穏便に済ませてやっても良い。
 だから手書きで便箋3枚もの手紙を書いて送ってやったのに、あの馬鹿女はパソコンで打った手紙をよこしやがった。パソコンが打てるからって自慢たらたら、性格が悪すぎる。しかも「いかなる旅行にも決して一緒に行きません」といういつもどおりの生意気な返事。何様のつもりか、アバタ面が!
 だからこんな邪悪な女は会社からも社会からも排斥するべきなのである。】

 非論理的だから誰からも相手にされてませんでした(笑)そして離婚訴訟を起こされてました。有責配偶者として慰謝料の支払いを命じられたそうです。すべては吉田の自己責任であって、私には何の責任もありません。自業自得です。
 私の成りすましがたくさんの人の感想欄を荒らしまわっているので、習志野権兵衛というペンネームは今後使用しません。もし今後、習志野権兵衛というペンネームで書き込みする者がいたら、私の成りすましです。

<追悼>
あんたにとって、80すぎでくたばった吉田をやり込めたことが人生最大の快挙だったんだね。
がんばってよ60過ぎのおばちゃん、いや、おばあちゃんか。マア高飛車、偉そうなモノいい、
上から目線のくせにクズしか書けない人間が人様を貶してたら、ネームを変えてもあんただよ。

Honesty

もんじゃ

『Honesty』の「鍛練場での活動(笑)」に寄せた和訳(原詩はもちろんBilly Joelさんだよー!)

 If you search for tenderness
 やさしさをさがしてるんなら、
 It isn't hard to find
 わけなくみつかるよ(ほめてもらえる)
 You can have the love you need to live
 愛、とかだって得られちゃう、日々の支えになる程度の愛でいいのなら

 But if you look for truthfulness
 だけどね、ほんとうのホンモノをさがしてるってんなら、あれだ、
 You might just as well be blind
 めかくしされちゃってるようなもんさ(なかなかみつかんない)
 It always seems to be so hard to give
 それにさ、ほんとうの言葉って与える側にとっても与えがたいものなんだ

 Honesty is such a lonely word
 正直にまんま、ってさ、うん、なんて寂しげなんだろ?
 Everyone is so untrue
 みんな不実だよ(ホントを言わないんだ)
 Honesty is hardly ever heard
 ほんとうの言葉なんてね、ここじゃほとんど聞いたこともない
 And mostly what I need from you
 でもね、オイラがほしいのはさ、そんな言葉なんだ

 I can always find someone
 いつだってみつかるよ
 To say they sympathize
 合わせたこととか言ってくれちゃう、みたいな人は
 If I wear my heart out on my sleeve
 心を袖に通したりさえしなきゃね?

 But I don't want some pretty face
 てか、好かれたそうな顔しやがってよう、でもって……
 To tell me pretty lies
 好かれそなウソとかつきやがってよう、んなのいらねんだよ
 All I want is someone to believe
 ったく、信じられる誰かがほしいよーう

 I can find a lover
 セクシャルな仲間だってみつかる
 I can find a friend
 友達だってみつかる
 I can have security until the bitter end
 安心な気持ちにだってさせてもらえる、まああれだ、苦い結果にたどり着いちゃうその手前までは……ってことだけど
 Anyone can comfort me
 気持ちよくだってさせてもらえる
 With promises again
 またげんまんしたりさえすればね
 I know, I know
 わーってる、わーってる

 When I'm deep inside of me
 なかにめりこんじゃったりしてっときは……、
 Don't be too concerned
 いやいや、そんな心配してくんなくて大丈夫だけどさ、
 I won't ask for nothing while I'm gone
 やらかしちゃってるさなかのオイラはキミになんにも求めないしね、

 But when I want sincerity
 だけどね、だけどだよ、オイラが誠実を求めたあかつきには、だよ、
 Tell me where else can I turn
 なあ、誰に頼れってんだよ?
 Because you're the one that I depend upon
 キミにこそ頼らせてくれよ、いいかい、頼んだぜ?(ほんとうのことを言ってくれ)

――みたいな歌かと。つまりですよ、なんかテキトーにほめられたり、そいつ都合で意味なくけなされたり、どっちもやだし、ほんとの感想くれよな、こっちもそうすっからさ、と言ってもあれだ、なかなか難しいんだよな、これが……、誠実に、そのまんまを、アズイットイズにコメントするってことがさ、でもそうされたいし、だからそうするよ? みたいな。
 お目汚し失礼\(_ _)撤収!

成りすましに関する注意喚起です

習志野権兵衛

 私の成りすましがたくさんの人の感想欄を荒らしまわっているので、習志野権兵衛というペンネームは今後使用しません。もし今後、習志野権兵衛というペンネームで書き込みする者がいたら、私の成りすましです。

無題

匿名志望

ならしのさんは「ショートショート」が絶後の傑作で、そのようなものを書けるっじぶんはえらく偉大で、なにをいっても、ひとを傷つけてもいかまいなし。
批判した奴は馬鹿扱い。どっちが。
被害届の不受理は実際にあるのです!っても25パーくらいで、不受理して当時の担当者が閑職戒告処分、へたすりゃ懲戒ってその後をまったく考えていない阿保。
ま、暴れるなり暴れろよ

それに習志野がにくむ、パソコンも使えないとかいう上司、いくつで、それは何年前の話だ?おれの75歳になる親父もパソコンをつかいこなせる。したがって、習志野はすくなくとも60すぎのババアであることがわかった。

>いま読んでるのはポール・オースターの『ムーン・パレス』

貔貅がくる

久々にここ開けて、流れは理解してないけど、目に入ってきたフレーズが
>いま読んでるのはポール・オースターさんの『ムーン・パレス』
だったんだけど……


あれ、ハードカバーで買った本で、読んだ時はまだ二十代だったんだけどもさ、
二十代の読書力を持ってしても中々に耐え難い1冊だから、
今現在のそうげんさんが40代だったりすると、危険な1冊だね。(笑)



冒頭の「段ボールで家具拵えてるあたり」の雰囲気は◎だし、
「タイトルの意味が開示される」箇所が最高なんだが、

「卵の一件」あたりで、感情移入・悲しみのピークが一旦来て、そこからが辛い。
「テスラの人生」あたりでは背中にぞわぞわ来る知的好奇心掻き立てられて印象的なんだけど、
そこがさらに曲がり角で【いつものオースター迷路】に踏み込んでゆく。。

「いきなりSF小説」部分で大多数の人が『??』ってなって、付いてゆけなくなる……ようです。
(その当時から文通友達な、広島大の女医さんも、当時そう言っていたから)


そうげんさんが意地でそこ乗り越えても、疲労困憊の果てに待っているのは、
「赤いサーブと、記憶のない海」だとゆー、ネタバレしとくよ。。
(ばかがみるぶたのけつ なコメント……笑)


オースターは、10年ぐらい? 出た順に買ってたから思うのですが、
【読む順番】が肝心で、
『幽霊たち』『シティオブグラス』『鍵のかかった部屋』→『ムーンパレス』→『偶然の音楽』→『オラクルナイト』

って感じに「順を追って消化」してかないことには、
「過去作に戻って、そのアイテム初出と当該箇所を確認する作業に嵌ることになる」し、

『ムーン・パレス』は、絶対的に『偶然の音楽』より先に読んでおくべき1冊。
(その逆だと、感慨が20分の1ぐらいに減退する)


そんで、「あれを読んでしまうと、1年は何ひとつ読めなくなる……という人が続出した本」だよ。
(翻訳の柴田さん自ら、同様のことをぼやいていてたのが忘れ難い)

でもまあ、「リアタイで次の本の邦訳を待たざるをえなかったあの当時」の事情とはまったく違うから、
「あの当時の読者ほど発狂しそうにはならない」かもしらんけど。


まあ頑張りなよ。



しかしまあ、
「結構いい歳になって、気力・体力十分じゃない人には、猛烈にキツすぎる。根性振り絞ってラストまで踏破したところで、何のメリットもない。ただ単に自分が壊れそうになる1冊」だよ。

二度とは読みたくないし、実際一切読み返しはしないんだけども、何十年たっても強烈に「細部」を克明に覚えてる、狂おしさ最大級の1冊。

そうげんさんに踏破できるとも思えないんだけど、、、

自分のメンタル保全のためには、
「いきなりSF小説だらだら〜 になったあたりで、面食らったんで、そこでやめたんです〜 派」
の賢明な判断もいいかと思うわ。

無題

匿名志望

ナリスマシは論外だが習志野さんあなた、赤ぽっちのついた作者のコメントを毎日しらみ潰しにチェックしてるの。物凄く怖いし、ご本人が「親切で」ってコメントの内容は、あなたはそんなつもるはない、っtいうだろうけど高飛車。

自作の解析とろくでなしのあぶり出しに5ちゃんで自己擁護の書き込みに明け暮れるのなら、新作を書いて投稿したら。

【注意喚起】成りすましが十連投しています

習志野権兵衛

 2021-01-05 13:06から私の名を騙って十連投しているのは成りすましです。
 これまで感想欄を荒らしていた成りすましとは別人だと思われます。これまでの荒らしとは知的レベルが違うため、そう思います。十連投の荒らしの方が少し上です。
 その知性は荒らし行為ではなく創作に向けなさい。

さてと

そうげん

この伝言板に書き込んでいる「習志野」さんも、126.94.~だから、ご本人とはちがって、なりすましなのでしょうね。

無題

匿名志望

「あれはナリスマシ」とヒステリックに叫んでいたけど、ぜんぶご自身の詐称行為で、やはり他者を見下す感情のみで動いていたのですね。
自己弁解や他者批判のみにきゅうきゅうとしておられる。ならば、新作を発表するべきでは?

みっともなく、無様ですよ習志野さん。

無題

習志野権兵衛

私は他人の戯言に惑わされる程愚かではありませんから。私が鍛錬場に寄稿するのは、意見を募るのではなく、私の作品の素晴らしさを見せつけるのと、馬鹿どもの戯言を聞いて反駁するが為です。
あなたみたいな形式主義者には分からないでしょうけど。