作家でごはん!伝言板
詳細

掲載コメントを削除するためのパスワードを設定できます。

加茂ミイルさん

R

>アフリカ文学賞のスレッドの、感想欄に自分の作品を投稿すればよいのですね?

その通りです。

ラピスさん

R

お返事(参加宣言)はしていただかなくても結構です。
7/7の24:00までにもし作品が完成したら、ぜひ投稿してください。

Rさん、御指名ありがとうございます

ラピス

現状ではネタがなく、真っ白です。
思いついたら、参加したいです。7/7のお昼までに返事すれば良いんですよね?
確認でした。

恋愛については、私なりに語りたいテーマがあります

加茂ミイル

アフリカ様の栄えある文学賞に招待してもらえたなんて光栄です。

アフリカ文学賞のスレッドの、感想欄に自分の作品を投稿すればよいのですね?

「アフリカ文学賞」参加希望です。

夜の雨

アイデアと題材のイメージが浮かびました。
感想欄に書ける3000字以内の「作品」の構成をこれから考え、箸筆に入ります。

鍛練場の作品の感想は書いていましたが、最近新作をまったく書いていなかったので、「アフリカ文学賞」がきっかけになり、また書けるようになればよいなぁと思っています。

それでは、よろしく。



カトレアの王子さんへ。

>招待選手以外でも参加可能でしょうか?<

●もちろん、可能です。

アフリカ文学賞 参加希望

カトレアの王子

招待選手以外でも参加可能でしょうか?

「アフリカ文学賞」について。

夜の雨

感想欄を使った「アフリカ文学賞」の投稿作品にすればよい。

「原稿用紙5枚程度」ということなら、感想欄に作品を書ける。
従って、(2週間ルールに抵触する心配はない)。
「投稿日 7/7 18:00〜24:00」 ←このあいだに、「テーマ 恋愛」「原稿用紙5枚程度」というか「感想欄は3000字までなので、その範囲」「字数ぎりぎりだと感想欄に書けない可能性があるので、余裕をもって書く」で、作品を書いてもらう。
感想欄、2レスを使うのは違反にする。

「アフリカ文学賞」立ち上げ時間「7/7 18:00」  ←主催者代表のRさんが、責任をもって、この時間に『感想欄を使った「アフリカ文学賞」です。』を立ち上げる。
参加決定者が作品の投稿開始。投稿日時 7/7 18:00〜24:00まで。

7月7日24時を過ぎると投稿された作品に「感想書き込み可能とする」。
感想欄に「タイトルとHN(誰の作品への感想かわかるようにする)」を書きこむ。
「参加者同士による採点制あり」にする。または、作品投稿者以外でも感想書き込みOKとか。
「参加者同士による採点制」だけにした方が、問題は起きないと思いますが。
作品投稿者以外でも感想書き込みOKにすると、人気投票になる可能性がある。

普段本文を書いているところに、下記の文面、ほか、必要事項を書く。
一般的な公募作品の要領で書けばよい。
参加決定者(順不同、敬称略)は、事前にわかっているので、書いておくほうが、気合は入る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
感想欄を使った「アフリカ文学賞」です。

アフリカ文学賞


原稿用紙5枚程度
テーマ 恋愛
投稿日 7/7 18:00〜24:00
参加条件 7/6 24:00までに伝言板で名乗る
(参加希望者5名未満の場合、開催中止)
投稿時にはタイトルの先頭に●をつける
参加者同士による採点制あり

参加決定者(順不同、敬称略)
アフリカ
R
u

以上。

――――――――――――――――――――――――――――――

上のような感じです。

アフリカ文学賞ww

u

R様からの名誉あるwwwごしめいwww。
アフリカの文学賞なんてどういう経緯かわかんねえ
あたしu招待選手(順不同、敬称略)wwwなのね。ここ掲示板いま拝見なのでゴメン。
一応エントリいたします。過疎ってる、なんだかおもしろくもなく骨もない短文のろくでもない感想つかないごはん少しはupかもどうでもいいんですけど。
恋愛で5枚この短さがあたしにはひじょうにむつかしい難関時間のなさも。
でも、一応エントリ。あたし私的には(お忙しい)ので、ホンマに投稿するかどうかはワカラン? R様その時はゴメン
あと、2週間ルールに抵触する人。参加したい人参加で良いんじゃない。過去にもハンネ変えてえ何週も連投しててメンヘラもいたし。
ペナルティ読者が判断するでしょう
ということであたし参加表明する。今思いついたのはタイトルだけ「恋のソーシャルディスタンス」タイトルだけは今風やわ。Rさまよろしくww

ですよね

激しく同意

アフリカさんはこのサイトでは一、二を争う作家さんですね
最新作にも感動しました
ここまで人の心を掴める文章を書ける人はそうそういませんね
勢いがあって伸びやかでかつ繊細で温かい、そして熱い!
次回作にも期待してます
素敵な片想い、みたいな感じのを読みたいな。。。

アフリカ様の小説が好きでした

加茂ミイル

私はアフリカ様の小説を読んだ時、
その優れた描写力や、ストーリーの面白さなどに感動し、
アフリカ様を尊敬するようになりました。
私なんかとても及ばないと思いました。
自分よりもずっとうまい人が世の中にはいて、
そういう人たちを応援することで、自分も文学に何かしら貢献できないだろうかと思っています。