作家でごはん!鍛練場
フェラメール

題名「霊」


 飲んでて終電を逃し、親戚の家に泊まりに行った。急なことだったけど叔母は喜んでくれた。
 この家のいとこが昨年の暮れに死んだ。
 僕達は瓜二つくらいに似ていたから、僕の姿を見て、死んだ我が子が帰って来たように思えるのかもしれない。
 死んだいとこには高校生の妹がいた。父方のいとこは彼女だけになってしまった。
 彼女は僕にとっても妹みたいなものだ。
 いとこの寝間着を出してもらった。
 叔母は、
「まあ。伸幸が帰って来たみたい……」
 そう言った。
「確かに」
 僕もそう答えた。

     ◆

 夜中、トイレに起きた。昨夜、ちょっと飲み過ぎた。少し頭が痛い。
 そのとき、薄暗い廊下で誰かを見たような気がした。
 伸幸……?
 驚きながらも、そのまま通り過ぎてから思い出した。
 ──あそこには大きな鏡が掛けてあった……。
 いとこの寝間着を着てるものだから、そこにいとこが居たような錯覚を起こしたのだ。
 朝になって、そのことを叔母に話すと、
「あら。おかしなことを言うのね。あの鏡は粉々に割れちゃって、もう掛けてないはずだけど……?」
 え? と思い、僕は廊下に出てみた。
 鏡はなかった……。
 あれは単純に、アルコールが僕に見せた幻……?
 それとも、本当にいとこだったか……?
 或いは、割れた鏡の霊が現れて、僕を映していたのかも……
     了



題名「呪われた部屋」


 東京の大学に入って初めての独り暮らし。
 女の子の独り暮らしだから不安もある。
 だから楽しいことを考えた。
 ディズニーシーのことが思い浮かんだ。
 それで「開けゴマ」と言ってみたら、私の両足を左右から引っ張る見えない力が……。



虚無僧花(こむそうばな)


忘れてしまって欲しいことが 小渕優子には多すぎる
優子の記憶の中には 笑い顔は遠い昔
いつの日にか 表には出せない金の記録が
パソコンにありました
そして優子は手に取った 電動工具でとばしてやるわ
ドリル ドリル ドリル ドリル ドリル
ドリル ドリル ドリル ドリル
まわって まわって まわって まわる



題名「にょいーん!」


「お客さん。何故だか怒っておいでのようで……。何か問題でもありましたか?
 え? 全く薬が効かなかった? そうですか……。で、どう効かなかったんです?
 え? 傷口に塗ったら、余計に悪くなった? ぐちゅぐちゅして、不可解なほど傷が深くなったと?
 ははは。お客さん。何か勘違いなさってませんか? うちは薬屋でも、その辺の、ありきたりな薬屋じゃありませんから。
 お客さん。きっと勘違いなさってますよ。昨日、お客さんが買われたのは、あれはオ○ナインナンコウじゃなく、オ○ナインマ○コウですので……」


「パート2」


 その薬屋には不思議な商品ばかりが並べられていた。
 例えば、この線香──見た目は普通の線香だが、仏前に灯すと、火が消えるまでの間、今は亡き人が現れるのだ。逢いたいと願っている人のことを心に思い描きながら灯すことで、本当に一度だけだが、再びその人と逢えるのである。

 一人の客がその線香を購入した。勿論、ちゃんとそのことを知ってのことだ。
 薬屋の店主は言った。
「逢えることは出来ますが、その代わり、何か負の代償がありますよ」
「わたしが死んだりとか?」
 客が問うた。
「いえいえ。誰かが亡くなったりはしません。そこまでのものではありませんから、ご安心を」
 その客は願い通り今は亡き父親に逢うことが出来た。だが薬屋が言っていた通り、代償もあった。

 家が全焼してしまったのだ……。
 目白の……。
   ・
   ・
   ・
 以前、普通の主婦だとか言ってたけど、恐らくは百億以上の資産を持ってるだろう普通の主婦って、いるのか……?

眞紀子のこと
スキ? キライ?
スキ? キライ?
キライじゃないけど
キライじゃないけど
キライじゃないけど
政治的にムリ



「人間時計」


おおきな○○ぽを振る時計
おじいさんが時計

執筆の狙い

作者 フェラメール
softbank060106207087.bbtec.net

関係ないけど、病院で下ネタを言ったことはありません。
「パート2」直しました。

コメント

夜の雨
ai193003.d.west.v6connect.net

「霊」読みました。


主人公が飲んでいて終電を逃したので親戚の家へ。
そこには「いとこ」の「伸幸」が昨年亡くなっていた。
で、この伸幸と「主人公」が瓜二つで。
というような展開です。

深夜にトイレに行こうとして亡くなった伸幸に出会うが、それって鏡と思っていると、鏡はそこにはすでになかった。
それじゃ、幽霊というようなお話です。

こちらの作品は、結構読ませるように描かれていました。
伸幸に妹がいるという設定もナイスです。
この妹のエピソードを増やせばよいのではありませんかね。

ほかにも、もう少しエピソードを増やして盛り上げればよいのではないかと。

基本部分はよいのですが、少し「設定を掘り下げれば」枝葉のエピソードも増えて面白くなると思います。


>題名「呪われた部屋」<

 東京の大学に入って初めての独り暮らし。
 女の子の独り暮らしだから不安もある。
 だから楽しいことを考えた。
 ディズニーシーのことが思い浮かんだ。
 それで「開けゴマ」と言ってみたら、私の両足を左右から引っ張る見えない力が……。

コントですか(笑)。
拷問では、「両足を左右から引っ張る」というのがありますが。
そう考えると人間という動物は怪物ですね。


ほかの政治の話はもう少し内容を書いてくれないと、感想のしょうがないようです。


お疲れさまでした。

フェラメール
softbank060106207087.bbtec.net

夜の雨さん。
読んで下さって、ありがとう。
妹のエピソードを増やせばいいというのは、なるほど! と思いました。
肉付けが下手なので……。
なんだか数式みたいに最短の文字数で完成させたいという欲求も同時にあって、
矛盾してるなぁ、と……。
「霊」は、最後の一行の視点がなければ、ありふれた作品になったと思います。
しかし、夜の雨さんの、ごはんへの貢献は凄いですね。
役立ち感想を頂いて、向上している方は多いと思います。
僕もそうですけど。

フェラメール
softbank060106207087.bbtec.net

最小の文字数ですね。

フェラメール
softbank060106202224.bbtec.net

最少か!
それでは、さようなら。
じゃー!
炊飯器!
逆!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内