作家でごはん!鍛練場
まる

見覚えのある顔(短篇)

6月6日にある殺人事件が起きた。被害者は68歳の男性で、犯人はまだ捕まっておらず未だ捜査中らしい。

警察は犯人の特徴を身長170cm代の黒いパーカーを着た人物と公表した。事件現場にはある手紙が残されていた。その手紙の内容は「6月20日にテロを起こす」という内容で場所や日時は書かれていなかった。そして今日はその日だ。もちろんテロの可能性があるのでスーパーもコンビニもやっていない。こんな日に外に出歩いているのは俺くらいだろうと思いながら街を散歩していた。外には警察が沢山いたが、こんな状況で1人で出歩いてるところを見られると明らかに怪しまれるので避けて通った。

俺には家族が居ない。父親は俺が幼い頃に離婚していなくなり、母親はある事件の犯人として逮捕され、今では刑務所の中である。所謂濡れ衣を着せられたというやつだ。それ以来警察を信用したことはない。面会で母親は俺に「許してね」と言った。その言葉がどんな意味を含んでいたのかは分からない。だが、その言葉が呪いのように俺につきまとい離れなかった。きっとこれから永遠に犯罪者の子として仕立て上げられ、周りの目を気にしてビクビクしながら過ごしていくんだろう。

犯罪者の子として周りから非難されるならどうせ自分も犯罪者として扱われた方が楽だ。さて、上手く警察もおびき出せた様だしそろそろ潮時だろう。俺は重い腰を上げ、警察の前に姿を現した。見覚えのある顔が1人いた。

見覚えのある顔(短篇)

執筆の狙い

作者 まる
sp49-98-146-54.msd.spmode.ne.jp

小説を書くこと自体ほぼ初めてです。倒叙ミステリーみたいなのを書きたかった。

コメント

夜の雨
ai225090.d.west.v6connect.net

「見覚えのある顔(短篇)」読みました。

ははは、私もいろいろな作品の感想を鍛練場で書いてきましたが、この手の作品は初めてです。

倒叙ミステリーみたいなのを書きたかった。  ← なんなのか、わからなかったので、御作を読んだ後に検索しました(w)。

なるほど、そういう事か。
だとしたら、すべての謎が解けましたが。

まあ、作者さんもあまり感想に期待していないだろうから、解説と疑問点を書いておきます。


>6月6日にある殺人事件が起きた。被害者は68歳の男性で、犯人はまだ捕まっておらず未だ捜査中らしい。<
この被害者は主人公の父親で、主人公が幼いころに母と離婚して「いなくなった」男です。

>警察は犯人の特徴を身長170cm代の黒いパーカーを着た人物と公表した。<
この警察の発表は、ほとんど意味がありません。こういった人物はいくらでもいるという事です。

>事件現場にはある手紙が残されていた。その手紙の内容は「6月20日にテロを起こす」という内容で場所や日時は書かれていなかった。そして今日はその日だ。<
テロを起こすといっても具体性がありませんし、伏線もありません。
しかし「A」が、書いてあるので、おそらく「スーパー、コンビニ」でテロを行うという意味(伏線)だと思います。
A>もちろんテロの可能性があるのでスーパーもコンビニもやっていない。<
B>こんな日に外に出歩いているのは俺くらいだろうと思いながら街を散歩していた。<
で、「B」によると、外に出ているのは「俺」ぐらいということは、主人公が犯人という事になります。

C>外には警察が沢山いたが、こんな状況で1人で出歩いてるところを見られると明らかに怪しまれるので避けて通った。<
Cは、伏線です。主人公が犯人だと言ってるようなものです。

>俺には家族が居ない。父親は俺が幼い頃に離婚していなくなり、母親はある事件の犯人として逮捕され、今では刑務所の中である。所謂濡れ衣を着せられたというやつだ。それ以来警察を信用したことはない。<
ここが、結構面白いところです。
なにしろ母親が「元夫殺し」の犯人であるわけがない。なぜなら、主人公(離婚した父の息子)が犯人なのだから。
母は、濡れ衣で刑務所の中、それで主人公は警察を恨んでいる。
濡れ衣を張らすのは主人公が名乗り出るのが一番早いのですが(笑)。

>面会で母親は俺に「許してね」と言った。その言葉がどんな意味を含んでいたのかは分からない。だが、その言葉が呪いのように俺につきまとい離れなかった。きっとこれから永遠に犯罪者の子として仕立て上げられ、周りの目を気にしてビクビクしながら過ごしていくんだろう。<
この部分は、ふつうに考えると、『濡れ衣とかはおいておいて、実際に母が、警察に捕まっているので、息子である主人公に犯人の息子というレッテルを貼ってしまった。それでとんでもない迷惑をあなたにかけた、という、母の想いから来ているのだと思う』

>犯罪者の子として周りから非難されるならどうせ自分も犯罪者として扱われた方が楽だ。さて、上手く警察もおびき出せた様だしそろそろ潮時だろう。俺は重い腰を上げ、警察の前に姿を現した。見覚えのある顔が1人いた。<
ラストですが、ここが、ちょいと難題というか、考えようにおいてはとんでもない「オチ」でした、という事かも(笑)。
つまり、ここに書かれているのは、「父親殺しは、主人公である」という展開でラストまで来ましたが、『犯罪者の子よりも、犯罪者として扱われた方が楽だ』という主人公の考えで、警察署でテロを起こすべく重大な犯罪を起こしに来ました。
という事になる。

>俺は重い腰を上げ、警察の前に姿を現した。見覚えのある顔が1人いた。<
しかしこの『見覚えのある顔が1人いた。』というのが、「もうそう」を膨らまします。
この『見覚えのある顔が1人いた。』が、『父親』だったとか。
亡くなったと読み手に思わせておいて「主人公が幼いころに母と離婚した父親が元の嫁(主人公の母)に面会に来ていた」
すなわち父親を主人公は殺していなかった。

御作の流れは読み手をだますための文章上のトリックだった。
ラストの『見覚えのある顔が1人いた。』は主人公が写真で知っていた、自分の父親の顔を。

ということで、御作の「こういう話だったのか」……まじか(笑)。

という展開でした。

御作は「リアルティー」面を出すと、それなりの説得力がある『倒叙ミステリー』になると思います。

「テロ」を起こすとかのエピソードでは伏線が必要です。
報道機関とか警察に事前に「爆弾がどこに仕掛けてあるのか」を、通知する。
それで、犯人の通知通りに爆弾が爆発する。
そうすると、警察やら報道機関は信用するので「6月20日にテロを起こす」が現実味を帯びてくる。
ちなみに犯人からの予告はもっと具体的なほうがよいですね。
時間指定とある程度の場所。
なので、「コンビニとかスーパー」と、限定するのはよいと思います。

>母親はある事件の犯人として逮捕され、今では刑務所の中である。<
この母親の容疑は「6月6日にある殺人事件」とは、まったくの無関係。
したがって「テロ予告」とも、関係がない。
もちろん『ラストに父親が生きていて母親の面会に来ていた』というオチなら、主人公は写真でしか知らなかった父親と再会した、という事になる。
ということで、主人公もテロ事件やら殺人事件とは無関係。

テロ事件やら殺人事件  ← これらは、作者が読み手をだますために、エピソードを作品内に仕掛けた爆弾という事になる。

以上です。

ちなみに、私の解説と作者の狙いが違う可能性があります。
御作の細部が詰められていないので。


お疲れさまでした。

まる
softbank060103070084.bbtec.net

夜の雨さんコメントありがとうございます!
アドバイスもありがとうございます!
この作品は恐らく読む人によって解釈の仕方が違うと思います。
一応説明すると自分が意図していた伏線は
・最初の6月6日の被害者が主人公の父親であること。
・加害者は主人公。
・手紙は主人公の自作自演。
・恐らく何か凶器を持っており警察に見つかるとまずいから警察官を避けていた。(シンプルに自分が犯人だったからなのもある)
・主人公は母親を刑務所に入れた警察官を恨んでいる。
・主人公は離婚した父親が嫌いだった
・重い腰=数名を殺害できるようなテロでよく使われる重い凶器を持っていた
・6月20日のテロ事件の見覚えのある顔は母親を刑務所に入れた警察官であること。
・最後の文でその警察官含め数名を殺害しようとしたこと。
が全てです。
まだまだ未熟なので頑張ります!

青木 航
sp49-96-33-184.msd.spmode.ne.jp

 まる様、読ませて頂きました。

>この作品は恐らく読む人によって解釈の仕方が違うと思います。

 このコメントに対して一言言わせて下さい。

 心情に付いて『読む人によって解釈の仕方が違う』と言うなら、それは良いと思いますが、事象に付いてやるのはどうかと思います。

 下手なのは、結論が見え見えと言う書き方でしょう。上手いのは、最初読んだ時は気が付かなかったが、結論を知って読み返してみたら、しっかり伏線が書かれていると気が付くような作品でしょう。

“伏線が書かれている”と言う事が大事だと思います。『読む人によって解釈の仕方が違う』と言うのは純文学的作品には有り勝ちですが、こう言う傾向の作品では未完成品であると、私は思います。

 面白い狙いの作品とは思いますが……

fj168.net112140023.thn.ne.jp

拝読しました。

倒叙ミステリーならば冒頭で、自身が犯人だとしっかり記述をするべきでしょう。一人称小説ならば、犯人の語り口で、ホワイダニット(なぜ殺したか)、ホワイダニット(どのように殺したか)を明らかにしていく手法ですが、この書き方では、叙述ミステリーの色合いをした出来の悪い「奇妙な味」風味とでもいいましょうか……
もっとしっかり描写をした方が良いと思いました。

fj168.net112140023.thn.ne.jp

アラ……

ホワイダニット(どのように殺したか)
↓ ↓ ↓
ハウダニット

です(笑 汗💦)すみません

まる
sp1-72-6-62.msc.spmode.ne.jp

青木 航さんコメントありがとうございます!なるほど、事象についてやってしまうとダメなんですね…
ご指摘ありがとうございました!

まる
sp1-72-6-62.msc.spmode.ne.jp

凪さんコメントありがとうございます!
やはりそうでしたか…
自分の書き方が下手なばかりに倒叙風になってしまいましたね💦
ご指摘ありがとうございました!

fj168.net112140023.thn.ne.jp

まるさん、
あなたの作風ですと叙述トリック(奇想天外なラスト、どんでん返し)の方が合っているかもしれませんね。
読者の思考を意識して、読者を騙しきる……

ぜひ次は、五千文字くらいに挑戦してください。

まる
sp1-72-4-112.msc.spmode.ne.jp

そうかもしれないです!
色々と勉強になります!ありがとうございます!
今度五千文字に挑戦してみますね!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内