作家でごはん!鍛練場
えんがわ

なんとなく

「ありがとう」
「こちらこそ」

 少しだけ坂になっている道を歩きながら、僕と円香は、ほほえみあう。
 道にはぽつぽつと緑があり、古びた家が瓦の屋根を履いて、空は水色と薄雲が混じり合っている。風は穏やかで、地味に散歩日和だ。
 名も知らない鳥のチィチィという高い鳴き声がする。その音に調和した、遠慮がちに弱いのでもなく、不自然に張り切るのでもない、二人の間を行き交う声。思ったことをそのまま伝え、思われたことがそのまま伝わる、距離感。自然と平行線を描く二人の歩幅。
 そう振り返ると、今までの道が奇跡のように思えてくる。

 畑から鳩が音を残して飛び去る。土地には輝きを失った黄金色の枯草と、まだつぼみの白い木、梅の花かな、が植わっている。

 僕の通い慣れた近所の公園、円香にとっては僕を通してはじめて知った公園、そこに行き着く。円香との付き合いたてのデートでは、商店街やアミューズメントパーク、観光地を巡っていた。それが、コロナで近場の人の少ないこの公園に二人で行く機会が多くなり、そして実際はディズニーのパレードで騒ぐよりも、ここで心休める方が、二人には合っていることを知った。ここでお互いの顔を見て、お互いの近況を話す、それが落ち着くとお互いの想い出を話す。なんとなく、これが心満たされるひと時になる。

 広く取られた樹々のスペース。木は葉を落とし、裸になり、冬の空気に直にさらされ、今にも寒そうに震えている。少し遠くのグラウンドからは、青年たちの野球チームの掛け声が聞こえる。見えなくても、今にも円陣を組んだユニフォーム姿が浮かんでくる。
 日曜日と言うこともあって、平時は人がほどんどいない公園には、4,5組の子供連れの家族が、ブランコや滑り台の前でたたずんでいる。何をするわけでもないとは思うのだが、子供の顔はほんとうに幸せそうだ。いかにも人生を楽しんでいる、笑い声がそこから聞こえる。

 自動販売機がある。最近、少し値上げをしていて、一缶140円もする。そんな話を円香にしたら、「セコイな」と言われた。あたたかいカフェオレを二つ買う。「俺がおごるよ」といったら、がんとして許さず、彼女は彼女のコーヒー代を払う。「20円の誤差で文句を言うあなたにわたしからの施しよ」とかなんとか何時もの謎理論で押し切られてしまった。
 公園の家族連れを見ながら、カフェオレ片手に、最近の話をする。と言っても年老いた愛猫や、身体の調子や、天気や、近くのカレー屋さんの話。脈絡もなく、どうでも良いことだが、話が弾む。カフェオレを飲みながら、マスクを外して素顔で笑い、ほがらかに話す。これが永遠に続けばいいのにと、ちびちびとカフェオレを口に付けるが、それはあっという間に過ぎてしまう。缶をゴミ箱に入れた彼女は、またマスクをつける。
 近代アートだろうか、妙にクネクネと曲がった銀色の巨大なシンボルの近くで、子供たちがおいかけっこをしている。母に近くで見守られながら、幼児がブランコをこいでいる。砂場の近くのベンチで、父と母と娘が、まどろんでいる。そういうのを見て。
「家族っていいなぁ」
「そうねぇ、あなたは、ケン君は持ちたい? 家族を?」
「わからない、でもいつかは持ちたいなぁって」
「誰と?」
「そりゃ、もちろん、君と」
 そんな会話をする。
 そんな会話をしていたはずが、円香は妙に縮こまって下を向いている。しまった、と思った。僕が上手い言い訳を考える間もなく。
「それって、プロポーズ?」
 クリティカルに弾んだ話に、ええいと思う。
「そうかもしれない」
「かもしれない?」
「いや、いやいやいや。うん。うん。プロポーズってことにしといて」
 なんとなく、プロポーズしてしまっていた。
「返事は?」
「崎陽軒のしゅうまい弁当。あの中華街の、昔コマーシャルしてた」
「え?」
「あれ、おごってくれるなら、いいかな」
 実に彼女らしい答えだ。
「ありがとう」
「こちらこそ」

 彼女の髪をなで、それからマスクをとる。あらわになった、彼女の薄いくちびるに、キスをする。

なんとなく

執筆の狙い

作者 えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

お願いします。
気軽にコメントを残してくれたら、嬉しいです。

コメント

夜の雨
ai193241.d.west.v6connect.net

「なんとなく」読みました。

えんがわさんのは「なごむ」作品が多いのですが、今回もそうでした。

お人柄が現れているのでは。
以前読んだ水族館でペンギンが泳いでいる作品がありましたが、「なんか」いいですね(笑)。

そういった意味では今回のタイトルである「なんとなく」は内容と合っていました。

主人公は「ケン君」と、彼女である円香から呼ばれていたのでもちろん男ですが、そのふたりの物語というか、エピソードが語られています。

その情景が、日常の生活圏である通いなれたであろう坂道とか緑のある道、古びた瓦屋根の家とか、そこに穏やかな薄雲がまじった水色の空にそよ吹く風と、まさに散歩日和。

ついた公園では子供を含んだ家族連れが数組。

こういった幸せを感じる情景を背景に、主人公たち「二人の時間が流れる」。


そこで語られるのは「プロポーズ」なのですが、これが主人公の告白のようで、実は彼女の手回しによる「誘導尋問」でした。

まあ、こういう流れになるでしょうなぁ(笑)。

えんがわさんらしい作品でした。


>「ケン君」と、彼女である円香<
主人公たちの名前は、すんなりわかるように書いておいた方よいですね。
ケン君  ← 健太とか健二とか健一とか健介とか、わからないので。
円香  ← 読み方が、わかりません。


お疲れさまでした。

HC
p7606195-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

 カップルのささやかな日常が描き出されてるなと思いました。

弥生
27-138-124-21.rev.home.ne.jp

「なんとなく」読んでいて心が落ち着くお話しでした。
題名も好きです。
文章も読みやすく、景色が浮かんできて素敵だな、と感じました。
円香の読み方はまどかでよろしいのでしょうか?
これからも頑張って下さいね。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>夜の雨さん

何回もコメントをいただき、毎度ありがとうございます。
そろそろ夜の雨さんの新作も読みたい今日この頃です。
水族館……またペンギンに会いたい。

そうなんです。「なんとなく」というか「なんか」というか。
そういうびみょーな低温な心地よさが伝わったのなら嬉しいです。

情景と流れる時間を感じられたのなら、自分的に満足じゃい、です。

>そこで語られるのは「プロポーズ」なのですが、これが主人公の告白のようで、実は彼女の手回しによる「誘導尋問」でした。

はは。お気づきになられましたか。話の流れでプロポーズみたいな感じですが、取りようによっては彼女は意外としたたかな女のようにも映るのかな? 確かにこれは誘導尋問と言われても仕方がない……w


>「ケン君」と、彼女である円香<
主人公たちの名前は、すんなりわかるように書いておいた方よいですね。

ケン君はニックネームっぽく書いたんです。あんまり行儀よく書くと、なんか二人の間の親しみと言うか秘密の空気が薄らぐかなって。でも、確かに迷ったところでした。主人公の名前を明かさないという方向も検討していたので、そっちの方が良かったのかな? もっと迷いますね。迷子の迷子のお巡りさん。

円香はまどか。難しいし、一般的じゃないかー。最初にフリガナを振るか、もっと分かりやすい名前にした方が良かったな。ホスピタリティが足りませんでした。

また夜の雨さんと会えただけでなく、楽しんでくれたようで、嬉し。です。

ありがとでしたー。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>HCさん

ありがとです。
ささやかな、良い言葉ですね。わずかなんだけど、凛としてある感じ。
ありがたい。こういう言葉をいただくのは。もったいないね。ほんと嬉しい。

日常系は北村薫さんの本が好きです。最近はよしもとばななさんの読破を目指してます。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>弥生さん

なんとなくってタイトルは、空気公団というバンドの「なんとなく今日の為に」を意識しました。良い曲です。うん。
ttps://www.youtube.com/watch?v=f8nkXntkZfU

文章を褒めていただき嬉しいです。
文章は書き手と読み手の間で生まれるものなので、その半分は弥生さんとの相性があるのだと思います。
でもあとの半分は喜んでいいですか?
ストレスのかからない文章を書けてたらいいな。

>円香の読み方はまどかでよろしいのでしょうか?

はい。今思えば、窓香の方がわかりやすかったかな? でも円香の方が今回の文にはあってるのかな?
もっとネーミングには気を付けねばなと思いました。

ありがとでした。ではー。弥生さんも人生ほどほどにねー。またりと。

青井水脈
om126253154177.31.openmobile.ne.jp

「なんとなく」読ませていただきました。
ささやかですが二人とも幸せそうで、読んでいて落ち着きますね。

>「崎陽軒のしゅうまい弁当。あの中華街の、昔コマーシャルしてた」

プロポーズの返事がしゅうまい弁当(笑)あと、円香がカフェオレの自分の分をキチンと払うところとか、さり気なく書かれていますね。
強いて言えば、二人がカフェオレを飲んで話しているシーンは、ベンチに座っていたとか? 書いてあるともっとシーンが浮かぶかと。
お疲れ様でした。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

拝読いたしました。

二人の男と女が歩いている情景が細かく描かれています。
値上がりした缶コーヒー代払うのも特別ではありませんが
カップるなら良くある光景かも知れません。
やがて家族連れを見て「家族っていいなぁ」と言う。
それに対しマドカは「そうねぇ、あなたは、ケン君は持ちたい? 家族を?」
なんか誘い水のようなセリフ。

ほんのちょっとした事だけで、自然でいいですね。
この小説のクライマックスと言っても良い場面。
まさに(なんとなく)さりげなく作りあげる所が上手いです。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>青井水脈さん


>ささやかですが二人とも幸せそうで、読んでいて落ち着きますね。

ありがたいです。この話の二人を読者さんも祝福してくれたら、とは言い過ぎですが、温かく見守っていただいたら、ほんと嬉しいです。

個人的にはしゅうまい弁当って「かわいい」とか思ったりするんです。
カラアゲ弁当や焼肉やマックでは出ない何かがあると思うんです。(妄想)


>二人がカフェオレを飲んで話しているシーンは、ベンチに座っていたとか?

あー。脳内では座っていたのですが、文章に書き起こすときに抜いてしまいました。すっぽぬけです。うっかりミスです。あああー。鋭い所をおつきになる。水脈さん、流石ですね。自分もがんばろ。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>ドリームさん


>ほんのちょっとした事だけで、自然でいいですね。
>この小説のクライマックスと言っても良い場面。

うん。無理に盛り上げたりドラマチックにしないで、流れるようなやり取りで書いてみました。
流れで通じたところが、二人のこれまで積み重ねた日々や季節、信頼関係がバックにあるってのを、少しでも伝わればと思います。

ずっと前、自分に酔ってプロポーズをしたあの子。うやむやになって、どうやら自分はふられたようだけど。今どう思ってんのかな。というか聞いてたのかも不明ですが。
ああいうのは忘れて、いつか誰かと、こんなカップルのような、洒落と心と信頼を持った、お互いを大切にした関係を築きたいな。
家庭を持つのは諦めたのですけど、まだ人との繋がりは諦めたくない。

なに語ってんだ自分。にゃはは。

ってな感じで、今回は口にあったようで嬉しいです。

ありがとー。ではではー。またー。

チャカポコ批評家
softbank060158103174.bbtec.net

えんがわ様

読みました。
辛口になりますが、批評させてもらいます。

全体的に虚飾なくふわりと素直に書かれているのが美点であると思う。その流れで、特に「広く取られた樹」の段落の視線の配り方は、見事に調和を生み出しているように思われる。
反面、素直に書かれているからこそ、言葉の拙さが瑕疵として浮き彫りになっているように思われた。「遠慮がちに弱い」の遠慮がちは弱々しい様をすでにして表しているし、「今にも円陣を組んだユニフォーム姿が浮かんでくる。」の「今にも」はほんの少し前に使われた表現であるし、「脈絡もなく、どうでも良いことだが、話が弾む」の「だが」の使い方は間違いとまでは言えないにせよ、流れとして歪である。重箱の隅の指摘と思う勿れ。なんとなしの日常の空気をなんとなくで書いてはいけないのである。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>チャカポコ批評家

ありがとうございます。
辛口と言いながら、おほめ頂いたところもあって、嬉しかったです。

>反面、素直に書かれているからこそ、言葉の拙さが瑕疵として浮き彫りになっているように思われた。

うん。これは基本的な文章力が足りない、と言うことなんだと思います。
ご指摘の箇所なんて、言われればなるほど、と思うのですが、言われなければ何度も推敲しても気づかなかったでしょう。意味の重複、言葉のつなぎ目の下手さ。もっと丁寧に書いて、丁寧に推敲せにゃあかんですね。


>なんとなしの日常の空気をなんとなくで書いてはいけないのである。

はい。
具体的にご指摘いただいたのもあって、胸に刺さりました。
自分はプロットをふわふわっと思いついて、それから近所の公園に言葉のスケッチをしに行って、それから書いたのですが。
その後の推敲の重ねこそが、重要なのだな。もっと自分に甘くない目を持ちたいです。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

チャカポコ批評家さん

敬称が抜けてしまいました。ごめんなさい。あわわ。

Zen
sp49-106-213-221.msf.spmode.ne.jp

なんとなくを読んだらなんとなくほんわかしました。
雰囲気が良い作品だなあ、と思いました。
ただ、文章自体もなんだかほんわかしている感じがして、多分自分が小説を読み慣れてないせいだと思うのですが、文章の一つ一つに気になる事があって、
例えば、冒頭の
> 少しだけ坂になっている道を歩きながら、僕と円香は、ほほえみあう。

で既に、上り坂だろうか?下り坂だろうか?と気になってしまうのですが、こういう雰囲気を大切にする作品では、普通そんな読み方はしないものなんでしょうか?
なんだか質問になってしまって申し訳ないんですけど。良く分からないもので…

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>Zenさん

>なんとなくを読んだらなんとなくほんわかしました。

ありがたい。それが嬉しいです。

あんまり主張は前面に出さず、雰囲気の中で流れる話であったらいいなと思います。
でも、思想とか主義とかを伝えたくてそれをメインに書く人もいると思います。それがないと小説じゃないという人もいると思います。

そこは人それぞれなんじゃないでしょうか?

>文章の一つ一つに気になる事があって、
>例えば、冒頭の
> 少しだけ坂になっている道を歩きながら、僕と円香は、ほほえみあう。

あー、ここらへん悩みました。
ちょっと低スペックな自分の脳なりに考えたことを。

ふわっと書いたのは意図的な部分もあって、たぶん普通の書き手が詳しく描写するだろう彼氏と彼女の容姿は極力、省きました。

そこらへんの、どこを奥行きにして、どこを前に出すかは、その作者のセンスだと思うし、
それが違和感になってしまったのなら、自分とZenさんのセンスが合わなかったんだろうし、
それ以前に自分に文章のセンスが備わっていないのはわかってるんです。
自分にはセンスが無い。ここは重要。


読み方については色々ありますが、
自分の場合は映像をイメージしながら読みます。
脳内ビジュアルに立ち上がるような、そういう文章が好きです。シーンがあるというか。

だから自分の文章も出来るだけ読んでるなかで、どことなく場面やシーンが浮かんだらいいなと思ってます。
Zenさんが浸りきれずに、読むのに立ちどまってしまったのは、自分の力不足。
がんばらないといけないです。


いろいろ好き勝手に言いましたけど、読み方は人それぞれだし、一つに限らずに何個も身に着けていくと、読書の幅も広がるだろうし、小説家(文章書き)としての書く幅も広がると思います。

と言いつつ、自分は怠惰で、狭い読み方しかしないんですけど……たはは。

Zen
sp183-74-192-40.msb.spmode.ne.jp

度々すみません。一つだけお伝えしたくて。
読んでいて、特に違和感はありませんでした。浸れました。そうでなければ良い雰囲気は感じられないかと。
もしかしたら単に私が小説を書くようになった為かもしれません。
一読者としては「ほんわかと雰囲気の良い作品」と感じ、
書き手としては「細々と気になる点があった」という事かもしれません。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>Zenさん

再訪、ありがとです。

あー、なるほどー。

Zenさんの、その感じは、大切にした方が良いと思います。
それがZenさんの個性だと思うから。
たぶん、まだZenさんの中で確固とした自信になってないから、ちょっと言い淀んでるだけで。
誰にでもあるものだろうし、自分の個性を見つめようと惑うのは下手に中途半端に妄信するより、良いことだと思います。

ねー? そもそも自分の文章はアマチュアの趣味全開で、権威あるものじゃないから、自分の感覚を磨く研磨剤でも他山の石にでもしてー。
そしたら嬉しいーって感じ―。


ここからは後付けになっちゃうから恥ずかしいけど。

ご指摘にあった冒頭の坂について、ちょっと言うと。
二人の歩く冬の散歩道は、ある意味人生と言うか、生活と言うかそういうニュアンスがこもってしまうので、
となると平坦な道よりも少しぐらい苦労する要素があった方が良いかなって思ひ。
それが坂です。

ただ登りか下りかまで強調されない、微妙な勾配の「少しだけ坂になっている道」と表現しました。
だって、人生「上り坂」「下り坂」など、ここを強調し過ぎるとなんか違うんだもん。「なんとなく」という、そこの境界が。
うおー、敢えて言えば、これから坂を上っていく二人なんだろうけど、そこをこの場面では強調し過ぎたくないと言うか。
無理せず自然に普通に歩いている感じで居て欲しいというか。

こういう言い訳は醜いなと思いつつ、弁じてしまいました。


Zenさんの感じた「細々と気になる点があった」。

これは0にするのが果てしない理想だけど、自分の感性を信じて書いていけば無くなりはしないだろうな。
ある程度はごつごつしたのは「個性」という言葉に逃げて、稚拙さは成長をゆっくり待とうと思います。

ううう。そんなんで。半ば独り言なのでレスは要らないです。

今回のZenさんとのやり取りは、自分の文章を別の視点から読み直すきっかけになって有意義になりました。異議なし。

AfterNotes
softbank060067246045.bbtec.net

拝読いたしました。

「なんとなく」というタイトル通り「なんとなくな日常」という感じでほっこりさせて頂きました。ちなみに伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」という作品を読まれたことはありますでしょうか?あの方のように、というと妙な表現ですが、一見すると全く関係のない短編を集めた短編集を作って、その実各話の登場人物たちが舞台裏で繋がっていた・影響しあっていた、みたいな展開をこの「なんとなく」という小説を基盤にして読んでみたいな、というのが正直な感想です。もし不愉快な感想でしたら申し訳ありません、無視してください。

まとめますと、特別劇的でもなくあっと驚く展開があるわけではないからこその感情移入のしやすさ、穏やかな空気感が魅力的な小説であったと思います。次回作も楽しみにしています。

えんがわ
M014008022192.v4.enabler.ne.jp

>AfterNotesさん

わー、わー、訪ねていただきありがとうです。

>伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」

あー、読んだことないです。読書量が少ない自分。伊坂さんは「グラスホッパー」をずっと昔にさらっと目を通した覚えが。
やっぱなー、こういうの読んで見たいなー。
なんか聞いている限りだと、面白そうじゃないっすか。一つの社会と言うか世界を描くというか。面白そう。
あれですね。話が逸れますがテレビゲームの「街」とか「428」とか連想しますね。あれは好きだったなー。あーゆーの好き。
ということで何時か読みまーす。数年かかってもここで宣言ジャー。

>特別劇的でもなくあっと驚く展開があるわけではないからこそ

はい。ありがとです。
プロポーズ自体、テレビドラマとかだと妙にドラマチックに演出しますけど、自然体な関係なら、あー、こういうのが良いなぁと思って。
そこに感情移入していただいたのなら、嬉しいです。
ありがとでした。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内