作家でごはん!鍛練場
小次郎

演じる

 恋に必要なものは演技力だと私は思っている。でも、演じ続けるのは負担で、私の心がいつまでも耐えられるか不安だった。彼との出会いは十一月の下旬。
 趣味の一人カラオケに行こうと街角を歩いていた。木枯らしが吹き抜け、寒さで身体が震える。手袋をしている手で、なんとなくカシミアのストールを触った。首回りがとげでも刺さっているかの如く痛かった。カシミアといっても安物のせいだろう。二千九百八十円の品だ。高級素材に憧れて買ったけど、失敗したなと思う。
 来年は素材にこだわらず肌触りの良いものを買おう。今はあまりお金に余裕がない。
 信号を渡り、ミスドの前を通った時、横から若い男の声がした。
「ヘイ、ベイビー、一緒にベイビー作らない?」
 これはナンパというやつだろうか? 初めて経験した。
 声をした方を見る。そこには、緑の宝石のネックレスを着けていて、青い宝石の指輪を嵌めている男がいる。
 アクセサリーを身に付ける男、嫌いだ。それ以前に、ヘイ、ベイビー、一緒にベイビー作らないってそんな事言う奴ありえなくて、すごく嫌いだ。
「作りません」
「そんな事言わずにさ、デート代全部俺がおごるから」
 しつこい。もう無視だ。
 視線を反らし、カラオケボックスに足を進める。その時、男が私の腕を掴んだ。
「どこ行くの? デート代、全部おごると言っているだろが」
 男が声を荒げている。
 近くには交番があるのに馬鹿としか思えない。でも、こんな無謀な事をする人を前にして、お巡りさん助けてと大声を出すと刺されそうだ。
 周囲の人々に助けてという意思を込めた目を送る。海の藻屑を相手にするかの如く、人々が私を軽視し素通りしていく。
 感情が昂り寒い外気を身体が感じられなくなる。その上、感情の昂りゆえの身体反応とは別。いつもの周囲の情報が遮断されていく病気もストレスで上乗せされた。
 私は俯いた。
 その瞬間、俯いて得られる情報以上に視界が狭くなったのだ。
 そして、まだ男が話しかけてくるがだんだん声が、耳に、届かなくなってくる、周囲の喧騒もだ。男の私の腕を掴む力が弱くなった。どうしてだろうと思い、男が私を掴んでいる手を見た。一本づつ指を誰かが剥がしていた。その時、耳が音をクリアに拾うようになった。
「困っているじゃないか」
 男の指を剥がしている誰かが声を張り上げた。その人へ私は顔を向ける。いまにも男を殴り殺そうなぐらいの表情をした美形の青年の姿があった。
 美形の青年の胸倉を男が片手で掴む。
その手を美形の青年が両手で掴みひねった。男の胸倉を掴んでいた手が外れる。男の肩を美形の青年が押す。男が少しよろめく。意表を突かれたのだろう、びっくりした表情を男は浮かべる。
「ニイチャン、人の恋路の邪魔をするなよ」
 ニイチャン? あんたもニイチャンだろが。人の恋路って? 初めて顔を合わせたばかりじゃないか。
 交番から警察官が出てきた。
「どうされましたか?」
「チッ、何でもねぇよ」
 男が言って何事もなかったかのように立ち去ろうとする。
「この人に暴行を受けました。俺の場合は正当防衛です。それから、この人、この女の人の腕を掴みながら威圧的な発言をしていました」
「は? てめぇー」
 男が、立ち止まり、美形の青年を見て言った。
「署まで同行願います。あなた達ももっと事情を聞かせて下さい」
 四人で交番の中に入った。
 警察官に座るように言われ、男と私達は従った。警察官が私達の対面に座り、どこかに電話をかける。
「こちら、✕✕✕派出所。○○○巡査部長。至急応援願います。ジュウサンジゼロナナフン、暴行罪の被疑者確保」
 これでも飲んで下さいと警察官がオレンジジュースを男と私達の前に置く。男はずっと黙っていたが、私達は事情を話した。調書というやつだろう、ずっと警察官は記入していた。五分ぐらいして別の警察官が現れて、男は奥の部屋に連行されていく。警察官がいろんな質問をしてきて、私達はそれに答えた。
「ご協力ありがとうございます」
 三十分ぐらいして私達は交番を出た。
「助けてくれて、ありがとう。私は有川直美といいます。これから、お茶しませんか?」
 助けてくれたおかげだろう、私はこの人にときめいてしまっていた。
「喜んで。俺は九条善行という、よろしくな」
「善行君はどんなタイプの女の子が好き?」
「いきなりだね。こんな事聞かれると、ドキドキするよ。俺は幼い感じの娘が好きだよ」
 えっ? もしかして、ロリコン? 違うよね、違うと信じたい。善行君を見る。楽しそうな表情をしている。
「直美はね、年齢の割には幼いって言われるよ。今年で二十歳になるんだ。善行君は?」
 普段自分の事は、私、と人には言うけれど、善行君の前では自分の事を直美と言う事にした。その方が幼く見えそうだから。
「俺は二十二歳。俺の求める女性の心の年齢は七歳ぐらいだよ。でも、さすがに身体が大人で心が七歳の娘っていないから、諦めているけどね」
 ロリコンではなかったけど、七歳の心の娘を求めているのは驚きだ。
「善行君?」
「何?」
「歩こ? 近くに直美の好きなカフェがあるんだ。そこで、お礼にお茶をご馳走するね」
「ご馳走はしてくれなくてもいいよ。こうして、知り合えて話せるだけでも楽しいから」
 善行君の手を握る。びっくりした表情をされて、その動揺が私には可愛く映った。
 駅構内の改札口の前を通りすぎ、私達はケンタッキーへ向かって歩く。ケンタッキーの手前に、階段とエスカレーターがあり、階段の方を使って二階に上がる。カフェに着き、中に入った。店内はまばらに客が入っている。テーブルは茶色で丸い。椅子は赤い。いつも通りの内装が目に入ってくる。椅子を引いて、私達は対面になって座る。バックを私は隣の椅子に置く。私と違い善行君は何も荷物を持っていない。メニューを見る。
「直美はウィンナーコーヒー頼もうかな」
「じゃ、俺も」
 数秒して、水が入ったグラスを持ったウエィトレスがこちらに来て、
「ご注文は何になさいますか?」
 と、言った。
「ウィンナーコーヒー二つ」
 善行君が言った。ウェイトレスがホットになさいますか? アイスになさいますか? と、聞いてきて、ホットと私は答えた。ホット二つと、善行君が言った。テーブルの上に水が入ったグラスを置いたウェイトレスが私達の前から離れていった。
「ところで、あなたの事は何て呼んだらいいかな?」
「なおちゃんて、呼んでね」
「わかった、なおちゃん。ところで」
 私の顔を善行君が見てくる。
「交番で話しを聞いていたら、心配になったよ」
「心配?」
「心の病があって、チンピラの声が突然聞こえなくなったって言ってたから」
 この話しはしたくない。私は俯いた。
「ごめん、話題を変えよう。学生? 仕事はしている?」
「直美は学生じゃないよ。障害者年金で生活していて、今は働いてないよ」
「そっか、俺B型作業所のスタッフをやっているんだけど、よかったら来ない? 仕事内容は農業だよ」
「うん、行く」
 善行君と同じ所で働けるのは、嬉しかった。
「目が輝いているね。誘ってよかったよ」
 それから、たわいのない話しをしていたら、ウィンナーコーヒーが運ばれてきて、私は今思いついた一計を案じる事にした。
「あれ、直美、ウィンナーコーヒーを頼んだんだけど」
「はい、ウィンナーコーヒーでございますが」
 ウェイトレスは困った表情をしていた。
「生クリームがコーヒーの上に乗っているよ」
「コーヒーの上に生クリームが乗っているのがウィンナーコーヒーでございますが」
 ウェイトレスが笑う。
「知らなかったよ。ウィンナーコーヒーって、注文した事なくて。コーヒーの味の種類だと思っていた」
「ははは、知らなかったんだね」
 これでよしと思った。無知は幼く感じさせる事が出来る。笑いも取れたし、一計を案じた甲斐があった。テーブルの上にスプーン、ウィンナーコーヒー、プラスチック容器のガムシロップ、紙に被覆された砂糖、を二つずつウェイトレスが置く。早速、私は生クリームを掬って食べる。
「わー、生クリーム美味しいよ。善行君も食べてみて」
「なおちゃんて、いい。すごく、いい」
「何が?」
「うん、いろいろとね」
 カフェで楽しい時間を過ごした後、私達はカラオケに行った。善行君はビートルズの曲を幾つも歌った。特に、私の心を打ったのがエリナリグビーという曲だった。孤独すぎるエリナリグビーの事が、妙に私の脳にこびりついて離れない。二時間カラオケを歌った後、私達は別れた。
 三日後、作業所に体験という事で行った。農業の仕事は私には合わなかったけど、それでも善行君と一緒に仕事をするのは楽しい。
 しばらく日が過ぎ、作業所のレクリエーションで、幸福のパンケーキという店に入った時、私は自分の皿にパンケーキがあるにも関わらず、
「直美、デザート好きなんだ」
 と、言って、善行君の皿のパンケーキを、見て、奪った。こうして、幼さを目一杯演じて善行君の気を引こうと考えたのだ。
「なおちゃん、そういう事しちゃ駄目だよ」
 作業所の利用者の一人に言われた。
「いいんだ、なおちゃんが喜んでくれるのなら」
 善行君が笑顔で私の方を見る。レクリエーションが終わった後、私は自己嫌悪に陥った。好かれる為とはいえ、自分じゃない自分をずっと演じ続けているせいだ。



 LINEで善行君に通話をかけた。血が身体から全部吹き出そうな程、私は緊張していた。なにせ、初めてのデートの誘いだ。コール音が止んだ。
「善行君」
「どうしたの?」
「二人で遊びに行きたいの。どうしても遊びに行きたいの」
「いいよ、いつ?」
「今日の午前中、十時から」
「いいよ。ちょうど、暇していたんだ」
 待ち合わせ場所を決め、通話を切った。

 善行君の気を引こうと、ピンクのミニスカートを履いた。上はピンクのニットのセーターを着て、ボタンを外した黒いオーバージャケットを羽織った。
 待ち合わせた時間の二十七分前から、公園のベンチに座り善行君を待った。善行君が九時五十一分に来て、私達は挨拶を交わす。善行君が隣に座った。作業所の仕事の事、男にナンパされて怖かった事、を話した。親しくなっているせいか私の病気の事も、話す事が出来た。
 私はおしっこを漏らした。計画通りに。
「なおちゃん?」
 善行君が戸惑っている様子が伝わってくる。私は演技で、泣きじゃくった。
「ごめん、話しに熱中しすぎて、トイレに行く間を逃した。うぇっ、えぐっ」
「失敗は誰でもある。気にしないで」
 善行君が立ち上がり、私の肩に手を置いた。
「立てる?」
「うん」
 善行君に手を引かれる。公衆トイレの前まで、連れて行かれた。善行君は一目を気にしているようで、周囲を見ていた。
「トイレの個室には、汚物入れがある筈だから、そこに下着を捨ててきて。あと、トイレットペーパーで股を拭くんだよ」
 優しい。この言葉を譬え知らない人とはいえ聞かれると、私が恥ずかしがると思った? だから、周囲に誰にもいない事を確認したのだろう。
「うん」
「ここで、待っているからね」
 善行君の言われた通りにした。
「じゃ、ベンチに一緒に行こうか」
 手を引かれ、私が汚してしまったベンチとは違うベンチに座らされた。
「ここで、待ってて。下着を買ってくるから」
「うん」
 善行君が離れて行く。ミニスカートでノーパンなだけに、外気が私を凍えさせそうだ。そう思っていると、善行君が踵を返す。
「あっ、そうだ。女の子にこんな事聞きにくいんだけど、ウエストのサイズ教えて。スカートも買ってくるよ。濡れているし」
 教えた。四十分ぐらいして、善行君が戻って来て、デートを再開させた。
 デートを終えて、お家に戻った。自分という人間が気持ち悪くて、洗面所で吐いてしまった。好かれる為とはいえ、おもらしまでする自分。最悪だ。
 この一連の事をマックで、友達に相談した。深刻そうな表情で私の話しを聞いてくれる。
「吐く程の演技は、いつまでも続けられないと思うよ」
「なおちゃん」
 善行君の声がして、びっくりした。
「わっ、善行君。善行君」
 まさか、話しを聞かれた? そう思ったら、動揺という感情が沸かしすぎた鍋の水のように溢れそうになった。
「ごめん」
 善行君が言った。
「俺の事が好きで、そこまでさせていたなんて。君の気持ちに応えられそうにない」
 善行君が離れて行く。私は何も言えなかった。

 自分の内面を知られてしまい、作業所に通えなくなった。
 その二日後、善行君からLINEの通話が入った。出るのが怖かった。でも、私は最後ぐらい誠実に振る舞いたくて、結局は出た。
「会えないか? ○○公園で。話しがある」
 たぶん、作業所を、無断で休んだ事や、これから通うか通わないかの確認の為の話しだろう。或いは、私の心のケアをしたいのかもしれない。会うべきか会わないで通話だけで済ませるか、逡巡としたがやはり誠実に振る舞おうと思った。
 公園に行く。既に、善行君がベンチで座っていた。
「しばらく考えてみて、そこまで俺の事が好きなのに、ふるのはおかしいと結論づけたよ。付き合わないか? もちろん、本当の君でいてほしい」
 私は言葉の代わりに、善行君に口づけをした。

演じる

執筆の狙い

作者 小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

一生懸命に書きましたが、いたらない所がいっぱいあると思います。忌憚のないご指摘、ご意見、ご感想、お待ちしています。
話しが強引かもしれませんが、どうでしょうか?

コメント

AfterNotes
pw126247029240.14.panda-world.ne.jp

はじめまして。
たしかに展開が早すぎる場面もところどころありますので、そのあたりを加筆して登場人物の心情の変化等を表現したら違和感が薄れるかなと思います。
個人的に気になったのは違和感のある表現が若干見られたところです。序盤だけでも
・「〜のごとく」→「〜のように」の方が文体に合っている気がします。
・「声をした方を」→「声がした/声の聞こえた方を」
・「海の藻屑を相手に」→「海の藻屑となる」でひとつの慣用句になります。ゴミや破片という意味にもとれなくはないですが違和感はあります。
・「美形の青年」→最初はともかく、ずっと「美形の青年」と繰り返されるとちょっとくどいです。「青年」「彼」に置き換えても良いかもしれません

このあたりに違和感がありました。あとは全体的に会話口調なのはそういう文体なのでしょうがもう少し書き言葉を意識してもいいかもしれません。

良いなと思ったのは、主人公が異性の好みに合わせて一人称を変える、等の共感しやすい部分というか、人間味のある表現です。

全体を通して内容自体は面白く、かつ伸び代もかなりあると思いますので推敲を繰り返すことでさらに成長できると思います。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

拝読いたしました。

最初の方でいきなり笑ってしまいしまた。

>「ヘイ、ベイビー、一緒にベイビー作らない?」

ナンパの仕方が笑ってしまいました。
普通なら無視するのに丁寧と言うか「作りません」と答えるとは(笑)

絡まれた彼女が困っていると所に美形の青年が現れ。やがてデーとに発展?
ちょっと解せないのは
>私はおしっこを漏らした。計画通りに。

若い子がそんな事をしたら幻滅しますね。
それとも彼女は頭がおかしいのか?

これでは読む気が失せてしまいます。
主人公ですから気高くあって欲しいものです。
お疲れ様でした。

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

AfterNotes様。
お読みいただきありがとうございます。
のように、の方がいいんですね。勘案してみます。
声がした方を、に変えます。
海の藻屑に関しては、なんとなくこのままでいきたいですね。なんとなくです。
美形の青年がくどい。ごもっともです。言い換えますね。
会話口調は、この物語では、会話口調の方がよい気がするんですが。しかしながら、ご意見ありがとうございます。
内容面白く、伸び代もあるんですね。よかったー。
私はまだまだなんで、ご指摘、嬉しいです。
では、では。

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

ドリーム様。
お読みいただきありがとうございます。
物語で、笑い取るのって難しいから。ご感想嬉しく思います。

幻滅するんですね、ドリーム様は。ここのシーン他の人に見せても、ドン引きとか、クレイジーとか、幼児=おもらしという発想がありえないと言われています。作者の私でさえ、主人公馬鹿な事しているなと思っているぐらいですから。ただ、善行君としては、主人公可愛いとか、守りたいとか、という気持ちが強く湧くという裏設定があります。一人称なので、伝わりませんが(汗)
ドリーム様とは、考え方が違うんですが、主人公だからといって気高くする必要はないかと。問題なのは、面白く出来るかどうかだと思います。でも、笑いは取れましたが、面白さはまだまだだったという事ですよね。精進いたします。

偏差値45
KD106154002103.au-net.ne.jp

ジャンルとしては恋愛でしょうか。

ある意味、勘違い。解釈の違いに面白さは感じますね。

>「俺は二十二歳。俺の求める女性の心の年齢は七歳ぐらいだよ。でも、さすがに身体が大人で心が七歳の娘っていないから、諦めているけどね」

コナン君の逆バージョンですね。
本当の意味は、邪気のない少女のような心を意味しているのかな、と考えます。
ところが、主人公は七歳の知能を演じているわけです。
そういう滑稽さがあるわけですね。

そして最終的に演技であることがバレてしまう。
>「しばらく考えてみて、そこまで俺の事が好きなのに、ふるのはおかしいと結論づけたよ。付き合わないか? もちろん、本当の君でいてほしい」
結末はハッピーエンドですね。
なんだか「偽善も善の内」みたいな発想と同じで共感するところもあります。

そういうことで、ヒストリーとしては良いのですが、
冒頭のエピソードがイケてない。
ある意味、古典的な出会いのような気がします。
悪く言えば、ありがちな展開ということかな。
この部分だけ変更するだけでも、作品としてはだいぶランクアップするのではないか、
そんな気がしましたね。

中小路昌宏
softbank060089167128.bbtec.net

 読みました。

 全体の感想としてはほぼ上記のお3人とよく似た印象です。追加をすれば、作業所というのがどういう所なのか、少し説明があったほうが良かったかなと思います。

 デートの最中にオシッコと言うのは、さすがにちょっと酷いですね、気をひくためにわざとだとわかったら幻滅してしまうのが普通だと思います。

 私の作品に対してのコメントを頂いた時にも感じたのですが、ちょっと変わった、ユニークな感性をお持ちの方のように思います。それを、いい方向に伸ばしていけば素晴らしい作家さんになれるのでは無いかと期待しています。
 頑張ってください。

夜の雨
ai194169.d.west.v6connect.net

「演じる」読みました。

ことのほか面白かった。
これは細かいところに注意してリアルティーを出すように心がけて書いているからだろうと思いました。
たとえば服装とかを作品に合った内容で描いているし、またカシミアにしても結構突っ込んだ書き方をしているように思います。
エピソードも具体的でよかった。
導入部のナンパ男とか、善行君の登場シーンとか。
巡査に交番で云々かんぬんのシーンとか。
手を抜かずに書いているなぁという感じでした。
それから肝心の主人公の「有川直美」がいろいろと、「九条善行」の前で演じるシーンが見せ場だった。
ということで、作者さんの狙い通りに描けていたのでは。
おしっこを漏らすシーンとかのエピソードはやりすぎというか漫画チックに感じましたが。
漫画のような作品を狙っているのなら問題はない。ドラマやアニメでも漫画のような作品はいくらでもある。

>ラスト近くでマックで友達に相談しているときに善行君に声を掛けられるエピソードはどうして彼がいるのかがわかりませんでしたが。<

全体では面白おかしく、恋愛を演じる話が描けていたのでは。

ちなみにショートショート的な発想で御作を読むと、実はこの「有川直美」は20歳ではなくて7歳の少女だった。
彼女は遺伝子に奇形があり発育性の病にかかっていたので、10代半ば以上の容姿に見えるのだった。
それで「直美」は20歳を演じていたわけだが、「九条善行」と出会ったことで、彼が無垢な少女が好きだと言ったことから、逆バージョンで子供を演じていた、という展開もアリかなと思いました。

それでは頑張ってください。

お疲れさまでした。

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

偏差値45様。
お読みいただきありがとうございます。
勘違いではなく、一応、善行君の好みという設定なんですが、そこは、作者の私の技量不足で勘違いしているんだなと受けとられてしまいました。でも、面白さはあったようなので、よかったです。
出会い方が古典。
確かに、書いてて、ありきたりな出会い方だと自分でも思っておりました。なんとか、斬新な出会い方ないものかと考えたんですが、思いつかなくて、電車オタクみたいなものにしてしまいました。なかなか、思いつかないです、出会い方。
では、では。

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

中小路昌宏様。
お読みいただきありがとうございます。

説明はあまり作業所の事は書かない方がいい気がします。
説明。
一長一短があり、説明すると知らない人に対しては、分かりやすさを増させる効果があります。一方で、説明によって作品の雰囲気を損なわせる場合もあります。ここでは、長を切り、短の憂慮を消した方がよいかなと。難しいですね。匙加減。

やはり、幻滅してしまうんですね。多くの方がそういう認識に。
私は感動するタイプでして、自分の気を惹く為に、ここまでの事やってくれたら。

ユニーク。
嬉しいお言葉です。磨き方あればいいんですが、難しい。読書で、更なる感性を深めたいと思います。
では、では。

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

夜の雨様。
お読みいただきありがとうございます。

面白いいただきました。
ありがとうです。

確かに、カシミアの事や、その他詳しく書いてみました。

よかったー。狙い通り書けてて。演じる恋愛。

うん。やりすぎですよね。わざと、漏らすの。
でも、肯定してくれるんですね。嬉しいです。

物語上の都合で、善行君マックにいる事にしました。ここは、強引ですよね。

演じる話しが書けてると言って下さり、ありがとうございます。

なるほど。
そういう話しも書けるのですね。発育の病。そのタイプの話し面白いでしょうね。

では、では。

いそー
101.187.3.110.ap.yournet.ne.jp

とても面白かったです。
冒頭の冷淡な女性から気づけばクレイジーな女性に変貌したときは驚きましたけども笑
例えば村田さやかさんといったような作家の持つ独特な感性をお持ちのようなので、彼女の作品をどれか一読されてみてはどうでしょうか。

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

いそー様。
お読みいただきありがとうございます。
村田沙耶香さんを知る前にこの小説は書きました。今は彼女、好きな作家さんの一人です。
彼女の作生命式という短編集に収められている孵化という作品に、テーマが似ていて驚いたのを憶えています。
村田沙耶香さんて、クレージー沙耶香と言われているそうですね。
私もクレージーな感覚があるのかもしれません。
では、では。

弥生
27-138-124-21.rev.home.ne.jp

「演じる」読んでみました。
テンポが速く読んでいて気持ちのいい文章でした。
展開が強引さも個人的には好きです。
キャラクターがブレずに一つの人間として成立しているところは素晴らしいと感じました。
でも、いくら演じるとは言っても、お漏らしをするのはやりすぎ…笑。
私は好きですが。
冒頭の冷淡な彼女が段々とクレイジーな女性に変わっていく様は読んでいて面白かったです。
そしてなんとなくですが善行さんの主人公へ対する「可愛い」「守らなきゃ」思いが薄々と伝わってくる(間違っていたら、すみません)。
隅から隅まで丁寧に描かれています。
「演じる」恋愛をしっかりと書けていると思います。とってもユニークですね。
実に滑稽で愉快なお話でした。
面白かったです。
素人の小学生ごときが偉そうにすみません、、、
次回作にも期待しています。頑張ってください。

弥生
27-138-124-21.rev.home.ne.jp

誤字です。
展開が強引さ→展開の強引さ

小次郎
121-85-62-20f1.hyg1.eonet.ne.jp

弥生様。
お読みいただきありがとうございます。
文章誉められるの、私はあまりないですから嬉しく思います。
ええ、可愛い、守らなきゃ、という想いがあるという裏設定でして、伝わっていて良かったです。
頑張りますね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内