作家でごはん!鍛練場
昼野陽平

仮想変態ゲーム「悪徳の栄え」プレイ日誌

 某月某日
 今日は痴漢する事にして、電車に乗って痴漢をした。女の尻を撫でて、胸部を鷲掴みにしたりした。何人も何人もの相手にそうした。
 痴漢するという行為は、僕にとっては性欲でそうする、というより、痴漢という卑劣な悪をなす、ということ自体に魅力を感じて、そうしていた。
 数百人の女に痴漢をすると、カルマが上がり、レベルアップした。

 某月某日
 今日は上水道に、毒でも流そうと思って、そうした。
 数時間もすると、街の人たちがバタバタと死んでいった。その様を見ると性的に興奮してきて、手淫をした。そして死にかけている女に、顔射した。
 カルマが上がり、レベルアップした。
 街を歩いていると、広場でオッサンが演説していた。神を罵倒する言葉を吐いていた。今どきアンチクリストもあるかよ馬鹿がよと思った。

 某月某日
 放火でもしようかと思って、街全体を放火した。燃える街を、丘の上で眺めた。ゲーム上での恋人と一緒に眺めた。彼女は現実では男かもしれないと思うこともあったが、どうでもいいかと思った。遠くから眺める燃える街はうつくしく、それを背景に僕たちはキスをした。
 ふと、燃える街から逃れてきた人が数人いたので、拳銃でパンパンと撃ち殺した。
 レベルアップはしなかった。

 某月某日
 ガンショップで大量の銃を購入した。拳銃に小銃にサブマシンガンに散弾銃、ナイフも購入した。街の広場へ行った。無数の人々が往来している。僕はまずナイフで、ブスブスと人をさした。五、六人を刺した。悲鳴が上がったので散弾銃で人を撃ちまくった。次々と人が爆発していった。そして小銃でめちゃくちゃに撃ちまくった。辺りは血の海になって、赤いそれは綺麗な雲を反射させていた。
 カルマが上がり、レベルアップした。

 某月某日
 恋人と結婚する事にした。こういった不穏なゲーム上のことだから、こういう狂った人と出会ったと考えると感無量である。彼女は僕と同程度か、それ以上の悪徳の魂の持ち主であった。
 結婚式場の教会には、多くの悪徳漢が集まって、祝福してくれた。僕は嬉しかった。

 四月十六日
 有休が終わって、労働をした。僕は製造の仕事をしている。
 卑小な善人のなかで生活をするのは、憂鬱だ。良識派を気取りたいという小人物ばかりで、反吐がでる。しかも彼らは善人にもなり切れてないのだ。ちょっとだけ悪い面をチラチラと出す。彼らは精神的には弱者だが、しかし量的には強者なのだ。
 ゲームに逃げずにそういった人たちと徹底的に交戦するのも良いのかもしれないが、何しろ量が多いので、かったるいのである。

仮想変態ゲーム「悪徳の栄え」プレイ日誌

執筆の狙い

作者 昼野陽平
softbank126036003206.bbtec.net

ありがとうございます。よろしくお願いします。

コメント

浮離
KD111239124188.au-net.ne.jp

単純に、推敲が甘いです。

などということはこの書き手にとっては真面目すぎるお節介でしかないことを承知の上で言ってるわけなので安心してくださいただの生贄として。

この短さにあって精査する感度も最低限の知識すらも、何よりまともに付き合う意欲こそ覚束ないらしいことが明らかすぎる貧相な有り様は、相変わらずの常連として恥じるべき不真面目さ、マナーの悪さ以外の何ものでもないように感じさせられるわけなんです。

ザルも甚だしい構造的ほころびはもちろんなんですけど、書きながらそもそもその意図すら、作用すらまともに担保する気もないらしい腐り果てた書きぶりであることが、どうにか早急に結びたがるそもそもの実力のなさが思いつかせるらしい安易な斜陽オチによってボロく明らかになる馬鹿馬鹿しさが兎にも角にもみすぼらしいです。


あなたは言葉に甘えすぎなんですよ、ぺらっぺらの装い通りの素直さで。
わからない人にはわからないことなんですけど、あなたに付き合わされる言葉たち、片っ端から窮屈そうで不満そうで見ていられないんですよかわいそうで。
決めつけられて都合ばっか求められて投げ捨てられて馬鹿馬鹿しくてやってらんないやり甲斐ないって泣いてる。

あたしたちはそんな意味じゃない。

って、嘆いてますよ明らかに。
気に食わない場所で働かされんのつまんない、って偶然にも安易なオチに書いてあるじゃないですか、まったく同じですよそんな惨めさなんですよ自分で書いてるんだからわかるでしょ。

不思議ですよね、でも書いちゃう言葉とか文章ってそういうもんなんですよあんまり舐めない方がいいですみっともないので。


真面目に書く胆力すらも養えないならただの趣味でもやめた方がいいです。
不貞腐れるしかポーズにならないならたかが趣味でもやめた方がいいです。
卑屈なストレスで余計に根性腐らせるだけですよ。
さっさとジャージに着替えてジョギングでも始めた方がいいです。


まずは自分にばかり優しい卑屈さを捨てなさい。
しばらく書くな。

偏差値45
KD106154002103.au-net.ne.jp

そんなゲームがあったらプレイしてみたいですね。
変態ですからw

>カルマが上がり、レベルアップした。
カルマって経験値みたいなものでしょうか。
プイレヤーキルとか、あったら楽しそうですね。

えんがわ
KD106154141141.au-net.ne.jp

お久しぶりです。
面白かったですよ。

前半部分、わりと酷いことしてるのに、客観的といったらいいのかな、第三者的に、他人事のように感情を排したトーンで出来事が書かれているので、妙にくせになる味がありました。
ゲーム的に書かれてるのかな、ここらへん。

また読ませてください。

夜の雨
ai200202.d.west.v6connect.net

「仮想変態ゲーム「悪徳の栄え」プレイ日誌」読みました。

この作品は昼野さんが書いたのですか。
いつもの壊れっぷりと違いますね。
文体が素直すぎる。
昼野さんの独特の個性がある文体で書いてくれないと、深みが出ませんが。
今回の御作は普通に壊れた人物を書いただけという感じで、面白みがありませんでした。
小説はいろいろな書き方があり、内容をわかりよく書くという方法ももちろんアリですが。
単純な流れの作品ほど、文体は特殊にしないと、深みが出ないのではありませんかね。


 某月某日
 今日は痴漢する事にして、電車に乗って痴漢をした。女の尻を撫でて、胸部を鷲掴みにしたりした。何人も何人もの相手にそうした。
 痴漢するという行為は、僕にとっては性欲でそうする、というより、痴漢という卑劣な悪をなす、ということ自体に魅力を感じて、そうしていた。
 数百人の女に痴漢をすると、カルマが上がり、レベルアップした。

たとえば、この導入部を説明すると。

A>痴漢するという行為は、僕にとっては性欲でそうする、というより、<
B>痴漢という卑劣な悪をなす、ということ自体に魅力を感じて、そうしていた。<
このABを作者の昼野さんは描きたいわけでしょう。
だからここは、Bを表現する必要があるわけです。
このBを昼野さんの特殊な文体で表現したらいかがですかね。
御作の導入部は一般的な文章である文体なので、面白くない。
何が起こっているのかはわかりますが、そこから主人公の深み(主人公の個性)(変態っぷり)が味わえません。
導入部ぜんたいでBを表現する。昼野さんの魂が喜ぶ文体で。
そうすると、読むほうも楽しくなる、こいつの変態っぷりはすごいなぁ、と。

導入部が昼野さんの世界観で描けたなら、あとの文章の文体も面白くなるのでは。

それでは頑張ってください。

お疲れさまでした。

昼野陽平
softbank126036003206.bbtec.net

皆さんご感想をありがとうございます。
大変申し訳ないのですが私生活がドタバタしているので返信は土日にさせて頂きます。
お待たせさせてしまって申し訳ありません。

昼野陽平
softbank126036003206.bbtec.net

偏差値45さん
感想をありがとうございます。
僕としてもこういうゲームがあれば良いなと思って書きました。倫理的に実現は不可能でしょうけどね。
アイデアばかりで書いてしまった感じでいろいろ空想を膨らませる余地はだいぶあったと思います。
ありがとうございました。

昼野陽平
softbank126036003206.bbtec.net

えんがわさん
お久しぶりです。ご感想ありがとうございました。
面白かったとのお言葉嬉しいです。そんなつまらないもの書いたつもりもないのですが散々な評判ですw
ゲームの世界の事なのであまり感情がない文章です。
ありがとうございました。

昼野陽平
softbank126036003206.bbtec.net

夜の雨さん
ご感想ありがとうございます。
ちょっとさらっと書きすぎたかなと思います。
アイデアばっかで魂込めた文章にはなってなかったです。
アイデアは面白いと思っているので書き直すかもです。
ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内