作家でごはん!鍛練場
秋田寒男

哲学戦士ウンコマン

 ウンコマンを知っていますか? 私は知っています。みんなはウンコマンの化身。そう、あなたもウンコンマン、私もウンコマン。みんな、ウンコマン。 

 肛門期、ウンコマンの存在、そう、ウンコマンのレーゾンデートルを確信する時、突如として顕現するウンコマン。
 フロイトが説いた肛門期。肛門期はフロイトの言う通り、性的に未成熟な時期であり、フロイト自身、「肛門期」という造語によってこの肛門期の意義について説明しています。フロイトは「肛門期」と提唱した直後、こう述べています。
「肛門期は、人間の最も根源的な衝動、すなわち性欲に関するものである。肛門期とは、性的な衝動の段階において、幼年期から少年期に発生するものを言う。それは、一般に第一次性徴期と呼ばれている」(フロイト『精神分析入門』より引用)
 フロイトの言う「性欲」とは、簡単に言えば、「性行為をしたくなる欲求」のこと。「性行為をしたくなる欲求」つまり、「性欲」こそがフロイトの定義するところの「肛門期」です。
 では、ウンコマンは一体何なのか? 答えは簡単。ウンコマン=肛門期だからです。ウンコマンがウンコマンたる所以は肛門期にあり、「ウンコマン」という言葉の語源は、フロイトの提唱した「肛門期」から来ています。フロイトの言うところの「肛門期」は「性的に未成熟な状態」のことであり、ウンコマンとはこの肛門期のことを指していたのです。ウンコマンはウンコマンである。それは、ウンコマントートロジーと呼ばれいてるのです。
 「肛門期」には三つの要素があると言われています。
 一つ目が「羞恥心の欠如」。恥ずかしい気持ちもなく、やりたい放題のウンコマンたち。これはまさしく、肛門期の特徴そのものと言えます。二つ目に「自己保存的行動」。ウンコマンは己の欲望のためにしか動きません。これもまた、肛門期の特徴そのものだと言えるでしょう。そして三つ目。これがウンコマン最大の特徴なのですが……。
 「肛門期」とは性的に未成熟な状態であるということは前項で述べた通り。しかし、ウンコマンたちは違いました。彼らは違ったのです。ウンコマンたちの肛門期における特徴はただ一つ「自我の確立」! ウンコマンたちは自我を確立していました。自分が自分であるという自覚があったのです。ウンコマンたちの中には、己の意志や感情というものが存在していました。ウンコマンたちは自分の意志に従って行動するのです。ウンコマンたちが他者に対して取る態度というのは、そのほとんど全てが「自意識過剰」によるものだったりします。ウンコマンはいつだって「ぼくちん」だったのです。
 そんなウンコマンたちが、ある日突然目覚める時が来るんですね。それが「肛門期」の終わりを告げる瞬間。「肛門期」が終わりくる季節にやってくる春の訪れ、そう、初恋です。
 そんなウンコマンたちの初恋は眼鏡美少女と相場が決まっています。
 秋田寒男もそうでした。眼鏡美少女に恋したのです。

 さて、ここで重要なのは「初恋は眼鏡美少女と決まっている」という点ではなく、秋田寒男が眼鏡美少女に恋したことそれ自体にあるわけですね。
 なぜ、ウンコマンは眼鏡美少女に惹かれたのか? その答えは簡単です。
 「眼鏡萌え」だからです。 はい、そうです。眼鏡をかけた女の子ってなんか可愛いですよね? そういうことです。
 ウンコマンたちは眼鏡少女が好き。
 つまり、ウンコマンは皆ロリコンなのだ!……えーと。まあ、ちょっと待ってくれよ諸君。確かに私はロリータコンプレックスを肯定しているし、そのこと自体について特に否定するつもりはないんだけれども、でも、私が言いたいのはそこではなく、「ウンコマンがロリコンなのは当然のことである」ということなんだ。考えてみてくれ。ウンコマンたちは幼女を愛している。幼女は幼女であり、幼女以外の何者でもない。幼女を愛することが即ちウンコマンであることの証明であるならば、幼女を愛することができない人間は一体どうなるというのだ? 幼女を愛することのできない人間などこの世に存在しないだろう? 幼女を愛することのできる人間がウンコマンであり、幼女を愛することのできない人間はウンコマンではない。すなわち、クオ・ヴァディス・ドミネ、なのである。この世は愛で出来ている。愛によって構成されている。世界は愛の塊であり、ウンコマンはウンコマンとして生まれてくる前からウンコマンであった。
 さて、そろそろ話を進めようか。
 ウンコマンが幼女に恋する理由はもう分かったよね?
 うん、そうだ。
「幼女は可愛いから」だよ。
「は?」
 なんて思った人がいるかもしれないけど、気にしないで欲しい。
 いいかい? もう一度言うぞ。幼女は可愛いんだよ。幼女は可愛くて、眼鏡をかけていて、そして処女であることが大前提だ。
「……」
 なんだい?
「お前は一体何を言っているんだ?」みたいな顔をして。
 ふむ、まあいいか。
 とにかく、ウンコマンは幼女が大好きだということを理解してくれたらそれでいい。
 ウンコマンは、幼女のことが好き。これは自明の理。プラトンの洞窟の比喩。僕たちは洞窟の中にいるんだ。そしてイデアを目指して、志向して生きている。さて、ウンコマンは何故、幼女のことを好きになるのでしょうか? 答えは簡単です。
「可愛いから」です。
 ウンコマンは、自分の欲望に素直な生き物です。
 ウンコマンは、自分の欲望に忠実な生き物です。
 ウンコマンは、自分の欲望を満たすためにしか動きません。
 つまり、ウンコマンは、
「自分が好きなものは他人も好きだと信じて疑わない」のです。我思う、故に我有り。コギトエルゴスムですね。
 ウンコマンは、自分の欲求を満たしてくれるものにしか興味を持たないのです。
 ウンコマンは、自分の欲求を満たしてくれるものであれば何でも受け入れます。ウンコマンは、自分が好きなものと同じものが、他の誰かにとっても同じように「好き」だという発想がありません。
 ウンコマンは、自分が嫌いなものは誰からも嫌われるという当たり前の事実を受け入れることができません。
 ウンコマンは、ウンコマンこそが世界の中心であるという妄想に取り憑かれています。

 そう、ウンコマンは統合失調症の症状なのです。

 そんな私、秋田寒男の統合失調症の妄想はウンコマン着想と言われている。精神医学界で一番ホットな話題なのです。

 私の主治医は私に惚れています。私の主治医は唐橋ユミ似の眼鏡美人です。

 明日、主治医に告白します。

 私は今世紀最大のウンコマンなので結婚して下さい、と。

 ちなみに、この文章を書いている間中ずっと「僕はウンコマン」という言葉が頭の中でぐるぐる回っていました。僕はニーチェの善悪の彼岸、146節に書かれている、格言が当てはまっているです。

怪物とたたかう者は、みずからも怪物とならぬように心せよ。なんじが久しく深淵を見入るとき。深淵もなんじを見入るのである。ニーチェ、善悪の彼岸より。

 みんな、ウンコマンの事を理解できましたか?

哲学戦士ウンコマン

執筆の狙い

作者 秋田寒男
133.106.188.139

数年まえに僕が着想したアイディアを文章化しました。至る所に僕の考えが。


よろしくお願いします。

コメント

凡人
sp1-75-158-105.msc.spmode.ne.jp

 読ませて頂きました。

「うんち絵本」が馬鹿うれしたそうですね。子供、特に男の子はウンコ大好きで、その言葉をが発せられただけで、大喜びしていつまでもはしゃぎます。
  
 なるほど、羞恥心は有りません。そして、肛門期から思春期に移行する訳ですね。

 ウンコと哲学の取り合わせも面白いです。フロイトは何でもセックスに結び付ける事で有名ですよね。ナイフはペニスの象徴とか、夢とセックスの関連とか。
 
 その辺までは何とかついて行けますが、残念ながら私はロリコンじゃないし、メガネ少女にも興味無いんで、そこまでしか付いて行けませんでした。

 ただ、古くは松たか子、今、売出し中の女優では川口 春奈。両方とも子供の頃はメガネ少女で、美少女と気付かれなかったそうですね。特に川口春奈はふざけてばかりいたので、マドンナと思われたことは無いようです。

 ところで素朴な疑問ですが、これ小説家ですか? 馬鹿にしている訳ではなく、小説の定義が良く分かってないんです。

Eikaku
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

文章は達筆だと思います。自分はあまり共感できなかったのですが、テーマとしては悪くないと思います。しばらくこの方法で掘り進めた後に、物語を作ってみるのも面白いと思います。

秋田寒男
133.106.136.239

凡人 さま


読んでいただきまして、ありがとうございます。

うんこドリルですかね。凄い売れていましたよね。スーパーの一画の本コーナーにも置いてあるのを見たことあります。
男の子はうんこ好きですよね。でも私は小さい時にウンコネタでは微笑みひとつすらこぼしませんでした。生真面目だったんですね。

肛門期、だれしも?うんこを溜めて排便する快感を覚えているでしょう。まぁ男根期もありますよね。

ウンコと哲学の取り合わせ面白かったですか?よかったです。でもそこまでで残念でした。やはり物書きを生業とするには、万人にあてはまるような、書き方やネタが必要なのですかね。

川口春奈、ググりました。素敵な女性ですね。松たか子は知っていましたが。

小説ですか?という問いに対して私は完璧な回答を持ち合わせていません。完璧な絶望が存在しないように完璧な文章も存在しないと思うのです。ゆえにその小説ですか?という問いはエクリチュール的に預言者の啓示を示唆しているかと私は思いました。


すみません。なんだか最近哲学熱が出てきて、ペダンチックに走ってしまいました。僕ってアホなんですけどね(笑)たまに意味不明な事を語るんですよね。


小説ってワケわかめですよね。ジョイスのフィネガンズウェイクとかもあるし。あれって小説ですかね?

凡人さまが、いつの日か「これぞ小説!!!}という小説の定義を言語化できればいいですね。


秋田寒男
133.106.136.186

Eikakuさま

感想ありがとうございます!

面白い物語を作りたいです!

あめちゃん
p11346204-ipngn33201marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp

失礼します。まず最初にかなりきつめの酷評になってしまうことを述べます。気分を害する可能性があるのでここから先は読まずとも返信もらわずとも大丈夫です。
創作物とは基本的に自由で結構だと思います。なのでこれはあくまで自分の嫌いな「味付け」の話の範疇を過ぎないことという前提に話を続けさせていただきます。

嫌いな味付けポイント1
「ウンコマンという言葉が死んでいる」

>では、ウンコマンは一体何なのか? 答えは簡単。ウンコマン=肛門期だからです。

まずこの文章だけでダメなところが2箇所あります。ひとつめはウンコマン一体何なのか?という疑問にたいし、答えはウンコマン=肛門期「だから」と述べていること。「だから」というふうに答えたいのなら疑問文はwhy?の形でないと不自然です。
なのでこの場合は

>では、ウンコマンは一体何なのか? 答えは簡単。ウンコマン=肛門期です。

の方が自然だし意味が通っています。そしてこれを治してもこの文章は頭がとても悪く感じてしまいます。なぜならウンコマン=肛門期ならわざわざ言い換える必要がないからです。肛門期というフロイトが作った言葉をあなたが勝手に名前を変更しているすぎません。もしウンコマンという概念を築きたいのであれば、それは肛門期に何かの要素を足したり引いたりしないといけないのではないでしょうか。ただフロイトの言葉を引用して外側だけを自分が作った安易な造語に変えることに何の哲学性、何の創作性があるのかは自分は疑問に感じます。さらに酷いのがその後です。
嫌いな味付けポイント2
「破綻している」

>ウンコマンがウンコマンたる所以は肛門期にあり、「ウンコマン」という言葉の語源は、フロイトの提唱した「肛門期」から来ています。フロイトの言うところの「肛門期」は「性的に未成熟な状態」のことであり、ウンコマンとはこの肛門期のことを指していたのです。ウンコマンはウンコマンである。

あなたはウンコマン=肛門期であるということを3回安易な文章で説明しています。何かを語っているようで=で3回結んでいるだけです。あなたは「=」や「つまり」を過大評価してるし、基本的に誤用しています。
他の部分では肛門期とはつまり「性欲」だということも述べていますが、全体的な文章を読む限り肛門期は本当に「性欲」という一言で代替可能なんでしょうか。「つまり」ということばは響きがかっこいいですが、誤用してるとかなり読んでて不快に感じます。
要するに情報密度が限りなく薄いです。さらに言うならばこんだけ同じことを3回語っておいて衝撃の真実が後で告げられます。

>「肛門期」とは性的に未成熟な状態であるということは前項で述べた通り。しかし、ウンコマンたちは違いました。彼らは違ったのです。

ここまで読んできた情報密度の低い文章が全てここで意味を失います。あなたの文章には哲学や論理、文章、そして何よりも読者に対する敬意を感じません。ウンコマン=肛門期という一つの空っぽな主張すらもここで否定されるわけです。

嫌いなポイント3
「個人哲学に逃げている」

>そんなウンコマンたちが、ある日突然目覚める時が来るんですね。それが「肛門期」の終わりを告げる瞬間。「肛門期」が終わりくる季節にやってくる春の訪れ、そう、初恋です。

ここから先は小説の中で、創作性に溢れている場面で悪くないと思います。しかしそこにある裏打ちの部分がいささか感情的であり哲学の域に達していないと思えます。なぜならこの後論理を放棄するからです。哲学の本質とは主張そのものではなく、主張を裏付ける論理の方にあるのではないでしょうか。
その論理を捨てて自分がそう思うからと感情的なものに逃げるのは、思考の放棄であっていわば皆ができるし、皆が普段しているようなことです。
どう言う方向性に進みたいのか自分には理解できませんが、あらゆる側面においても真摯に向き合ってるようには感じなかったです。

秋田寒男
133.106.136.69

あめちゃんさま

おはようございます。

感想ありがとうございます。

いま起きたばっかりで、今から支度して仕事に行くので、私からの返信は、時間がある時にまた書かせて頂きます。今日はちょっと忙しいのですが、できたら今日中に、、、なるべく早く返信します。

酷評、全然構わないです。かえって有難いです。

ありがとうございます。

ではいったん失礼します。

秋田寒男
133.106.188.161

あめちゃんさま

ウンコマンをここまで否定してくれたのはあなただけです。

わたしは、ウンコマン哲学を構築できるよう精進します。


ウンコマン哲学は実は、、、僕の青春なんです。
青春は苦悩と共にあるかと思いますが、僕はあの時期が、懐かしく思うんです。

本当に感想ありがとうございました、

短い返信で申し訳ないです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内