作家でごはん!鍛練場
勿忘草

自分のBL小説キャラにした人が実は腐男子でした!!

「はぁ...ない...ない...」

なぜいい歳のOLがこんなこと言ってるかって?それは、小説のネタがないからなんだ!!私は、24歳OLの高槻礼奈《たかつきれな》。とある小説サイトでプチバズリ中の、「甘くて切ない」略して甘切あませつというBL小説を書いている。そして、新シリーズをリクエストされていたので書こうと思ったけど...ネタガナイ...。リクエストの冷徹ドs男子とか...純粋可愛い系男子とか...あったことないし、漫画とかでは見たことあるけど全年齢で書くの難しすぎる...。
「誰か助けてくれぇ!!」
「姉ちゃんうるさい!!」
「あ...ごめん」
私を姉ちゃんと呼ぶうるさい妹は、朝海《あさみ》という。二個下で一緒に住んでいる。たまたま同じ大学にいくことになったからだ。そして、私の小説の絵師さんでもある!!絵がすごくうまい!!ソノサイノウワタシニモワケテ...
「また、あのリクエストのこと?」
「あぁーうん...ウゥー」
「そんなになるなら簡単に受けるんじゃないよ」
朝海は淡々という。そんな簡単な事じゃないってのに!!
「周りの人たちをアレンジして使ったらどうなの?姉ちゃん」
「それいいね!!」
うん。私の妹は頼りになるねぇ。もう全て任せてしまおうかな...
「私に文章書く才能はないよ」
テッテレパシー!?
---
次の日 会社にて

周りの人を使うだったね。どこかドs男子として使えそうなやつはー?
「おい、これ間違ってる。早く作り直してこい」
一番に目に入ったのは、朝霧 蓮《あさぎり れん》。黒王子と呼ばれるぐらいにドs男子感がある。これはもってこいな奴だ!!早速使おう。
「ちょっと?高槻さん仕事に集中してる?」
「あ...すみません」
小説にちょっと入りすぎてたかな...仕事に戻ろう。あとは可愛い系男子の受けとかだったな...見つかるかなぁ?
---
夕方
アウゥゥー
「大丈夫かな?高槻さん。朝から元気なかったし...」
「休まれたら困るんだけどww」
そこら辺の女子社員がしゃべってる。すみませんね!!
「あー高槻さんー?」
私の上司の、正本《まさもと》部長が読んでるみたいだ。
「ハイ、なんでしょうか?」
「いやぁ、君に新しいプロジェクトに入ってほしくて。高槻さん優秀だし」
「分かりました。どのようなプロジェクトでしょうか?」
優秀ではないけどプロジェクトを貰えるのはありがたい。
ちなみに、うちの会社はいろいろな会社のイベントなどの立案・進行していく仕事をしている。
「それが、○○ゲームさんのところのイベントなんだよ。大手だから頑張ってね?」
「ハイッ」
思わず私の声に力が入る。
○○ゲーム、それは任天〇的なものだと思ってくれていい。そして、BLゲームの路線を切り開いた会社でもある。神だ。最&高。嬉しさによって昇天するわ。がんばろっ

---
家にて

「朝海!!○○ゲームから依頼が来てそのプロジェクトに私はいることになっただよ!!スゴクナイ?」
「まぁすごいと思うけど...ネタは?」
「あぁ...うん攻めは見つけた。」
「とりあえず、外見だけ作っといてあげたから。受け」
「アリガトウ。女神様よ。」
「感謝するぐらいなら書け。」
「ハイィ...」
いつも朝海って辛辣だよね....。姉としての面目が....まぁ気を取り直して見ていく。
えーと朝海が書いた受けの絵は、バッチリ純粋ってわかる感じだな。外見を簡単に言うと。ふわっとした白いマッシュルームヘアに、透き通るような水色っぽい(朝海がスカイブルーだと教えてくれた)目、身長は平均よりちょい低めで、全体的に可愛い!!これはすごいイイ。ここに、性格を付けていく。ってことで、できたのが|梨乃《りの》というキャラクター。性格はとにかく純粋ドジっ子という感じである。

「できたぁー!!」
「姉ちゃん声うるさい。」
「あぁーごめん」
「で?」
「とりあえずキャラ完成したぁー」
「よかったね。早く本編書いて。」
「...承知いたしました。」
「締め切り明後日だよー」
「死んだ...」

ちょっと昇天してこようかな...。っていうことで怒涛の締め切り厳守の二日間が訪れた。

---
二日後

何とか...小説は完成させ投稿した...。これで投稿できなかったら死んでたわ...。そういえば、今日から○○ゲームのイベント企画進行のプロジェクト始まるんだったな。行かなきゃ。

「高槻さん。一緒に行きましょー」
このゆるふわ女子は、同期の亜外小夜香《あがいさよか》。暇な時とかに一緒にいる。まぁまぁな付き合いだ。
小夜香もあのプロジェクトに配属されてたのか。久しぶりだから少し緊張する
「小夜香、久しぶり。」
「ですねー。最近忙しかったのでぇ。」
「まぁ、小夜香はエリート部署の営業一課だからね。」
「でも、高槻さんもイベント企画部じゃないですか。」
あそこは、結構雑用部署として扱われやすいけどねっ!!
「まぁ、そこそこってとこかな。アハハ」
思わず乾いた笑いが出てくるよ。ホント
「そうですかぁ」
「ここだったね。第一会議室」
「ですねぇー」
私が最近小夜香と疎遠になってた理由分かった気がする...。コイツ疲れるんだな一緒にいると。よく今まで気づかなかったな私ww
「お前らか、イベント企画部のエリートと、営業一課の落ちこぼれは。」
頭の上から低い声が降ってきた。
「は?」
あ、これは小夜香キレたんだろうな....当たり前か。
「誰が落ちこぼれだって?」
いつもの猫被ってる小夜香の口から出てると思えないほどのドスの聞いた声が出てきている。
「お前だよ。亜外小夜香。なんでこんないらん人材がいるんだよ。」
そして、小夜香をボロクソに言ってんのがやっぱり黒王子、朝霧さんだ。ってゆか私がエリートってなんでだ?この前も優秀とか言われたけど意味不だね。
「じゃあなんでこんな奴がエリートって言われなきゃなのよ。」
ちょっと?私も同感だけどこっちにまで飛び火させないでほしいヨ。
「はぁ?高槻はこれまで四年で二十個の営業を成立させてる。しかも、イベント企画部で、だ。」
うんイベント企画部では余計だと思うけど。流石に会って早々喧嘩は本当に空気悪いからやめてほしい.....。
「それは運がよかったからです。それに、あってそうそう小夜香を馬頭するのはやめてくれますか?」
しょうがなく私は小夜香のフォローに入る。
これによって私の朝霧さんへの第二印象が当たりの強い自意識過剰になったのであった。
「はぁ。まぁ、とりあえず入ったものはしょうがない。座っといてくれ」
「分かりました」
はぁって思いっきりため息ついてるし。
小夜香は無言だ。そりゃあんなボロクソに言われたらなぁ...。
まぁこんな事があったあったわけなんだけど会議はまぁまぁな感じだ。朝霧さんはちょっと毒舌だけどやっぱり仕事はできるらしい。うまく仕事も決まりそう。とりあえずこんな感じで今回の会議は終わった。小説もそれからいい感じに進んでるしいいねー。神様がやっと微笑んでくれた....と思ったのだけど違ったらしい。
小夜香がドジッたのだ。そう、お得意様に頼まれていた商品の発注部数を間違えたのだ。しかも1000冊、そんな数どうすれば間違うのか聞きたいけどフォローが先だ。相手はお得意様、下手すればうちの会社が痛手を負う。
ただ、このプロジェクトリーダーは朝霧さん、しっかりフォローしてくれて損害は最小限にとどまった。よかった。それにこれを小説のネタにしてドジったのが受けにしたら、まさかの好評でますますいい感じだ。受けを助けるところがカッコいいとかなんとか。よかった。って感じで周りで起こったことをネタに小説を書きまくってたら...ある日呼び出しを食らった。
「おい、高槻ちょっとこっち来い」
うん、コワイコワイコワイコワイ顔が怖いよ。私何もしてないよ!!ココロアタリナイヨ!!神様ひどいって!!と私の脳内は警告を鳴らしまくっている。
「はい、なんでしょうか?朝霧さん」
まぁそんな脳内はほっといてしっかりとした冷静な対応をしていくんだけど。
「ちょっと階段まで来てくれないか?」
「はい」
マジで何の用???不良かよ!階段に呼び出しって!!
「お前、これ見ろ、最近この会社で起こったことがアレンジされてBL小説になってる。」
朝霧さんは私の顔の前にスマホをかざしている。何の公開処刑デスカ?上司が自分の書いたBL小説見てたとか何の公開処刑よ.....いつの時代の拷問なんだ..と私の脳は混乱状態であって。
「はぁ...!?」
しっかり間抜けな声が出ましたとさ。
「これお前が書いたんじゃないか?」
マジか、ヤバイこれ腐女子バレしてるわ。まじでいつバレた?ヤバイヤバイ気が遠くなってきた..
「ッ高槻!?」
私の意識はすぅっと暗闇に吸い込まれたのであった。

---

「ハッ!!」
確か、私が朝霧さんを攻めにしたBL小説を書いてたことがバレて、絶体絶命なところで気絶したはず。えーと、朝霧さんは周りにいないみたいだね...。
今のうちに逃げよう!!でも、なんで私の小説を知ってたんだろ?まさか...腐男子?ないね、絶対に。そんな不純な妄想は打ち消してしまってとりあえず逃げよう。
「抜き足差し足忍び足ぃ~」
「どこ行く気だ?」
スッと扉の横から朝霧さんが顔をのぞかせる。
「ギャーーーー出たあぁぁぁぁーーー!!」
「俺は幽霊か何かかっ!!」
「とりあえず、小説の件詳しく聞かせてもらうぞ。」
拷問確定演出来ました。私の命は今日をもってオワリデス。
「その前に...ナゼワタシノショウセツヲシッテイルノデショウ」
「それは、俺が腐男子だからだ。当たり前だろ?」
「デスヨネ...ハハハ...」
当たってたの?予想。嘘やろ?嘘やろ?なんでやねん!!
「で、この小説書くのやめてもらえないか?」
「なんでですか!!netaがなくなっちゃうじゃないですか!!」
そうそう。リクエストシリーズは今回とても大事なのだ....なんせ出版社とのタイアップの話も出てきてる。
「べつにnetaがなくなろうと、ネタがなくなろうと俺には関係ないんだよ!!」
この人は無慈悲か!!!同類とは思えないよ!!でも、今この瞬間私に一つの考えが浮かんだ。
「あなた、腐男子とい言いましたね?」
「あぁそうだが?」
何を聞いている。みたいな雰囲気を纏っているけどおいそれと信じられるような内容じゃないよ?朝霧さん。
「じゃあ甘切も同時に打ち切り私の小説家人生を終わらせるといったら?」
「そして、それはあなたのせいだということをぶちまけたら?」
朝霧さんの顔がどんどん青ざめていく。うん、いい気味いい気味。
「分かった。この話は無しにしよう。なら、絶対に全年齢で書くんだろうな?」
「そうでしょ。その方針で書いてるんだから。」
当たり前体操だ。
「それならいい」
朝霧さんはさっさと行ってしまった。はぁ疲れた。
「そうだ、高槻お前は早めに帰れるよう手配したから帰っていいぞ?」
「分かりました。」
とりあえず、死ぬことは回避したようだ...意外とこういう手配はしっかりしてるよ、朝霧さん。

---
家にて

グデーン
「どうした?姉ちゃん。」
「会社で一人上司にバレた。腐女子ということが。」
「あ、ガンバレ」
「なんと無慈悲な!!」
「いや、会社だし無理だよ。」
確かにそうだけど無慈悲には変わりない。
「あぁぁっぁぁぁそれがドs攻めにした人でしかも小説読まれてる。」
「なにその最悪な状況。でも小説知ってるってことは?」
「そう、腐男子!!」
さっすが朝海私が見抜いたことなんかすぐ分かるってことか。
「あの小説を討ちきれって言われたけど、甘切も打ち切るぞって言ったら許してくれた。」
「そうなんだ。とりあえず寝れば?疲れたでしょ姉ちゃん。」
珍しく優しいよ.....ちゃんと今回は心配してくれてるらしい。
「ありがと、そうさせてもらいますわ」
そのあとはベッドに倒れこんでグッスリと寝込んだ。
---
家にて朝6時

フーフー
「どうしたの?猫の威嚇みたいなことして。」
「猫の威嚇って、言えてるけどww
「で?なんかあるの?」
「えーとね、まぁ朝霧さんに勝てるように練習中。」
「馬鹿だ...」
高槻朝海は小声で呟く。
「朝海~?」
(姉ちゃんから殺気が湯気みたいにでてる...ヤバイ!
「なんのこと?私呼んでるけど。」
「そう?なんか馬頭の言葉が聞こえた気が...」
「まぁまぁ気のせいだよ。きっと疲れてるからでしょ。」
「そう?まぁ支度しようかな」
(ゴマカセタ...シヌカトオモッタヨ..ネエチャントキドキコワイ..

---
会社にて
「おはようございます。」
「おはよう!!昨日は大丈夫だったかい?風邪って聞いたけど」
正本部長が声をかけてきた。流石に朝霧さんもBL小説の事は言わなかったらしい。私もバレたくないしこの嘘には乗っておこう。
「おかげさまで休めました。」
「それは朝霧君に言ってくれ。じゃ今日も頑張ってね?」
「はい。」
まぁ、そんなこんなで何日か過ぎた。小説はいつも通りかけてたし、朝霧さんに何も言われてない。ちなみに、○○ゲームのプロジェクトはしっかりと進行されて大好評という結果で終わった。朝霧さんの地位はどんどん高くなっている。
そして!!そんな中ネタを見つけた、そう!!朝霧さんとリアルBLしてる社員を見つけたのだ!!(まぁ妄想でほぼ補ってるけどね!(^^)!)内容はこれ。

社員がまず資料をバラバラ落とす。それを朝霧さんが呆れながら拾う。ここの呆れながらが大事。この後の行動がより引き立ってくる!!そして拾い終わった後耳に二言。
「もう、ドジなんでするなよ?お前が心配になるからな」
はい、これ少しいじってますけどほぼ同じ意味でしょう!!これはsaikouでしたねぇー見たときは、妄想が止まりません。ということですよ、小説に即刻書きました。限界腐女子最高。
そんな事を振り返る程暇になりながら仕事してると。
「オイ、高槻。来い」
ん?朝霧さんから殺気が湯気のように立ってるような?
「はい。」
いつもの階段に行く。お決まりのパターンとなっちゃったよ...この不良シチュも
「お前俺で妄想するのやめろって言ったよな?」
「違いますよ?小説を書くのをやめろと言い、それも撤回されました。」
自分でも屁理屈だとは思うけどここは譲れない。
案の定、朝霧さんはイライラとした様子で一回舌打ちをした。
「戻りますよ?」
まだ仕事も残ってるしこれ以上いると嫌な予感がする...
「待て、じゃあ今言う、俺で妄想するのをやめろ」
は?後だしじゃんけん並みに酷い願い突きつけてきたよこの人....
「いいじゃないですか、自分が受けのことイチャイチャできるんですよ?公式で!!腐男子の極みでしょ!!」
うん、これも屁理屈の自覚はある。腐男子の極みは壁という事ぐらい知ってるけどこの状態ではしょうがない。うん、しょうがない。
「俺は受けだ...」
目を伏せながら朝霧さんが言っている。
「は?」
私は理解が追い付かなくてちょっと失礼な声をあげてしまったけどこんな状態だし許してほしい。
「だから、俺は受けだって言ってるんだよ!!」
すっごい恥ずかしそうに大声をあげて朝霧さんは言っている。
「マジか...」
心の底からの底からの奥底からの言葉が出る。
「マジだ...」
「だから...やめろって言ったんですか」
少し納得がいく。
「俺に攻めは似合わないから。」
「あんなに人を罵倒したりしておきながらそれを言いますか?」
「それは...舐められたくないからだよ」
「とにかく、俺を攻めにするのはやめてくれ」
きっぱりいって行ってしまった。取り付く島もないよ....ホント

---
な~ん日かたってぇ~

...あれからどうにかサブキャラのストーリーでつないできたけど....
「もうどうにもできないわぁぁぁっぁぁー-----!!!!!!!!!!!」
「姉ちゃんうるせえぇぇぇ!!!!」
朝海も十分うるさいんだけど言うとしばらく拗ねられるから言わない。
「あっごめん。テヘペロ!!」
私、高槻 礼奈は、朝霧 蓮の申し出に怒っている。メインキャラのストーリーを書くのをやめろ?無理に決まってんだろ!そんなの....
「netaがぁぁぁぁぁっぁー」
「しょうがないじゃん、もうその人に言って許可もらえるようにしてよ...」
呆れたという表情で朝海は言うけどそんなん虎を倒しに行くみたいな無茶だ
「無理!!無理!!あの人取り付く島もないもん!!」
「そこをガンバレ!」
全部私に丸投げかよ!!!!いつものツケが回ってきてしまった...
「ってかこういうのって編集者の仕事でしょ!!」
「うちに編集者はいないよ...」
「ウガァァァッァァ」
(だめだ、手の付けられない「小説家」という名の獣になっている。
「姉ちゃん、チョコ食べる?」
「食べる!!」
(よかった...戻った

---

どうしよう...あれから何もいい手が見つからない。
「ごめん...高槻さん。これ朝霧さんに渡してくれない?ちょっと怖いから苦手なんだよね...」
これはドンピシャだぁぁー!!!ありがとう!!!今だけ感謝するよ!!感謝感激神様仏様
「分かりました。渡しときますね。」
「ありがとう♪助かる~」
「いえいえ...」
ナイス!!これで話す時間が取れたぁ!!!
「すみません?朝霧さん」
「なんだ!?高槻...」
ギョッとした顔をしている。常時能面な朝霧さんがこんな顔をしているのが珍しいのか他の人たちの視線が痛い...
「驚きすぎです...資料渡すのと少し話したいことがあったんですよ..」
「分かった簡潔に頼む」
「とりあえず階段のほうにきてください!!」
「分かったが...?」
やっぱり資料渡すのに階段来てくださいは?がつくよね...。まぁ強引なのはいつものことだし今更変える気もないんだけど
「単刀直入に言います。そんなに文句言うなら編集者になってシチュ考えてください!!」
「は?」
いつもの朝霧さんからは考えられない間抜けな声が出ているのは置いといて
「言っておきます。このままだとリクエストシリーズは終わります。ネタがなくて...なので!!朝霧さんが好きなシチュにします。それをネタに書きます。」
「はぁ...?」
意味が分からないという表情をしているけどここまで来たならば押すのみ!
「そして、今私のところには編集者がいません。今は妹に頼んでますがそれも限界です。なので、朝霧さんは自分が受けになるシチュを頼める。私は、ネタが補充でき編集者さんがいる環境にすることができる。どうですか?」
「それ、俺にメリット少ないないか?」
気づかれた!!でもこのまま押す!!押して勝つ!あと一押し
「そしたら、私はこのまま朝霧さんを攻めとして活用して小説を書くまでです。残念ですが...」
「なら、編集者の条件を外せば俺はやろう」
そうきたか!!流石エリート、抜け目がない。ならば...
「編集者になれば甘切の担当もできますよ?」
今までの行動を見るに、甘切のまぁまぁなファンと見た!!これならいける!!
「ック!!分かった今の条件で飲もう...」
勝ったー!!!!!頭の中で武士風の私が拳を天に突き上げる!!
「では、ラ〇ン交換しましょう!!」
ラ〇ンあったほうが連絡楽だしね。
「めっちゃにっこにこだな...分かったよ」
もう呆れてしまったのだろう。どうでもいいみたいな口調になってる。
「電話番号で行きましょう」
.....朝霧さんはスマホを取り出したところで固まっている。え?もしかして分からない....まさか...ね。
「QRコードにしましょうか。やり方わかります?」
一応やり方わかるかは聞いておこう。分かると思うけど。朝霧さんだし
「友達出来たことないからやったことが....」
どうした!?急に口調沈むじゃん。メンタル豆腐か?
「えーとそこ開いてーここでーできました...」
こんなにライン交換で疲れたことないよ...
「じゃあまた、小説を書くときに!!」
「はぁ、分かったよ」
完全に
ってことで私の大勝利!!「戦ってたっけ?」で終わったのだった!!!!!

自分のBL小説キャラにした人が実は腐男子でした!!

執筆の狙い

作者 勿忘草
p4954002-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

はい、失礼いたします。勿忘草です。
なぜこの小説を書いたのかですが腐女子を主人公とした小説が書きたいと思ったのがきっかけです。
次に表現したいものは何かですね。主人公、礼奈と周りの人のわちゃわちゃしたコメディ感が伝わればいいかなぁと個人的には思ってますw何しろそんな考えて書いてなかったんですよね.....
執筆上どのような挑戦があるのかは、私としては書くこと自体挑戦でしたね。言うなれば一人称小説という所です。
では、あとがきの様になってしまいましたが読んでくださってありがとうございました。感想、ご指摘お待ちしております。

コメント

青井水脈
om126156141198.26.openmobile.ne.jp

遅ればせながら読ませていただきました。
一応この場は鍛練場ですが、作品については言うことないです。ほぼ勢いで読破しました(笑)

>ある日呼び出しを食らった。

ここからですね、展開がおかしかったのは。

>どうした!?急に口調沈むじゃん。メンタル豆腐か?

エリートのはずの朝霧さんの意外な一面が見えたり。せっかくのキャラですし、一話完結のシリーズとかにされてもいいと思いました。


強いていうと、…3点リーダは、……と2つ繋げて使うそうです。……の方が読みやすいですけ。あとは、!!!!など感嘆符の勢いがよすぎて、疲れるところはありましたが、コメディとして楽しませていただきました。

青井水脈
om126156141198.26.openmobile.ne.jp

↑……の方が読みやすいですけ、ですねの誤字です。恥ずかしながら💧 もう一つ、誤解のないように。展開がおかしかったというのは、可笑しいのことです。コミカルという意味の。

勿忘草
p4954002-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

青井さんコメント有難うございます!
一話完結のシリーズにしてみる。とは私自身考えてませんでした……。
でも、コメント貰えて少し書いてみる気持ちも出来たので頑張ってみます!
また、「…」の指摘とても参考になりました。次回からは「……」を使わせてもらいます。本当に有難うございました!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内