作家でごはん!鍛練場
大河と広瀬

こんなことしちゃあくうずれちゃあう

はじまりわあクタクターだったあぼくわきみばかりいみてたあ。
募集系を撲滅区にしても思ったやはりこいつわ広瀬だと。
途中からもグダグダだったここからダウンロードもしてたあそこからも満たしてわいた。
でわどおしてこいつだとそれが起こるか。
きみえのためにとポエムためてなんだってえおまえにわみえねえなあナンバリングでどれかわあたるだろうそおわたしわひろせとわ違う。
トワ携帯代をももつその道の救世主とその教えわもつとされた異端児だ。
優れた学文と技術そして写植には植えてあるものがいるからだ。
二月の染め頃それにチョコわほんとうわなかったツクが来てるぞ規定によると着ているものでもいいらしい。
そういっているわけでわないがその顔にその味をそのを添え受けるのだと。
そして三月にはじめまめわたねわと続きおおとラッピングでわないが巻いたものやそれをとしめそしてそおやと見えたにも思えたから舞茸などにもした。
ナンバリングでわないがこおゆうのもあったたえられないわとも思ったがじわじわとこおも思ったらしい。
がこおもあったでわどおしてこちらえ動けと返すかそれこそが株式移転会社なのでわないかと。
株式移転わだてじゃなかったそのはじまりからその他その後に至るまでつまりそのけいせいやけいしきでわとこれさえそのとおるそれの納税のように決まってまでいたつまりすでに行っていすりにそのささりわなかったのだ。
こおすすめるとそおやっていいようだがその決まりもあったでわどおやるかつまりそれが既にそこにあったと示しているのだと。
これをクタとたえられるものわいないでわどおやるか。
それこそがみちを示す違いとおものどりょうらしい。
そお常に違心示すが違えばそれも違うてに見えるそおそれこそが。
広瀬おまえでわそれわたりないからでも良いのだと。
だがそのひとも思われる10月をへるころ。
さみーこお見ると日常常でわないこれでわ日常のそれがそおすすんでるだけだながされるなだが。
そおだ流されるなだ。
そお、これでわ、広瀬、おまえでわそれを満たしているにもほどがあるのだ。
そおだそして。
12月のその頃。
ノートにパソコンのように懇談としているそれをソパとなにかのように添えるのがそれにあった。
皆行動わ起こすでわそお決まっているのだそれも雇用と長かろうとそおあろうと。
そお既に長歌わ行っていたこの歌ばっかりだでわどおしてか。
そおだだが既にそれを備えていたそおだ、どおやって届けたかだ。
広瀬おまえわ既にそれを満たしているのだ。
だが1年がはやすぎないか。

こんなことしちゃあくうずれちゃあう

執筆の狙い

作者 大河と広瀬
M106073079225.v4.enabler.ne.jp

でわ執筆とわそお常に思いまるでゆえにあらゆる腕がこうさくして回っているのですいまとわなにか。
忌々しいそれだと思えないことにあります。

コメント

下記フォームから感想をお寄せください。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内