作家でごはん!鍛練場
えんがわ

あなたと東武動物公園で

 東京から埼京線で大宮へ。大宮からなになに線で春日部へ。春日部駅の発車ベルはクレヨンしんちゃんだったりした。パニック、パニック、パニック、パニック、たーたたたーたー。なんてね。そこからもう一つ、はんにゃら線で東武動物公園駅へ。駅前でのバスに乗らないで、思ったより長い動物園への道のりを歩いたのは、お金がもったいないからじゃなくて、あなたと一緒に歩きたかったからだよ。

   *

 日が高く、さんさんと照っているように見えて、それでもひんやりが勝る十一月の日曜日。うん、いわゆるデート日和なのだろう。でも、やっぱりカップルよりも親子連れの方が多い、そのなんか、だらけたムード。あなたは少し退屈そうに、なんだか無理やり口が尖るのを押し込めているような笑い方。そうだね、あなたはハリウッド映画を観たり、ディズニーランドでハロウィン仮装するような、二千円ちょっとでダイソーで買ったような仮装するようなのが好きな人だったよね。それをわたしが、「イルミネーションが綺麗なんだって、ほら、たまにはわたしのデートコースだって」なんて言って、連れだしたんだよね。だけど、そんなに嫌な表情が出るのを我慢しているのが丸わかりな嫌な顔をしないでよ。隠そうとしているのが辛いよ。あくびをしてくれた方がずっとさ。わたしだって釣られてあくびをして「ははは」って笑うからさ。

 あなたはぽつりぽつりと朝の電車でツイッターで漁った、日常のちょっと変なニュースをあれこれ話して、場を繋ごうとする。
 それで、とうとう、スマホを出して、「このネコのお昼寝動画がさ」なんて言い出して、わたしがさっと見て「あー、うーん、かわいーね」なんて言って、それでとうとう、あなたはスマホを出しっぱなしにして、あれこれ指でつっつき出した。その横にはフラミンゴがのんびりと片足立ちで毛づくろいをしていて、それがなんとも可笑しいのに、あなたは画面に夢中。わたしもわざわざそこから引き離せるようなカワイイ声は出せないし、わたしのフラミンゴを楽しむ表情に彼を引き付けるカワイサが伝わらないことを知っている。
 あなたはまた動物を見始めたけど、アルパカの赤ちゃんも、毛づくろいをするお猿のペアも、妙にこぶをプヨプヨさせるラクダもその眼に映ってないみたいな、なんとなく通り一遍の感想をつぶやく。

「わー、あの、ラクダ、こぶがプヨンプヨンしてるね。なんかこれじゃ砂漠を乗って旅なんて出来っこないねー」
「うん、ちょっとな、写真じゃ伝わらないから、動画でも撮っとくか? でも地味だから、そんなにウケないかな。いや、意外と、こういうのも」
「なんかさー、柔らかいのかな、食べると意外と美味だったりして」
「こういうのもいいのかもな。こういうのも」

 あなたは上の空で、わたしのことよりも、ツイッターを覗く不特定多数の「イイね!」ばかり気にしている。

   *

 あなたは動物園から離れ、園内にある遊園地なアトラクション、VR体験コーナーやジェットコースターで生き返る。楽しそうに、笑いかける。わたしは笑い返して、「ああ、アルパカを見る時に、あなたもこんな気持ちだったのかな」とちょっと思う。そう思うこと自体に申し訳なさを感じ、懸命に同じように楽しもうと頑張ってみる。でも、その肩に力が入った感じが、胸を張った感じが、わたしには辛い。それはちょっと苦手な友人との修学旅行での金閣寺のような、そんなコリを感じてしまう。感じたくないともがくと、余計に深く、入っていってしまう。

   *

 東武動物公園は秋から冬にかけて、この時期、夜間にイルミネーションを行う。公園の一部の庭園のような敷地に、池の水面だったり、桜だったり、花畑だったりを模した、電飾が輝き始める。少し冷たい蛍の強い輝きのような、赤、青、緑、黄。パッと電飾がつくと、あなたの顔もじわんと。スマホで写真を撮りながら、キリンのオブジェやハートのオブジェ、エレキトリカルに光る「とことこコースター」、子供が乗るようなライドだけど、を巡っていくあなたの顔は暗闇で見えない。だけど声に、弾みが減っていくのは、わたしにはわかる。ただ、なんか、有名人がプロデュースしたらしいゲートみたいなのを見た時は「おお!」と少し大げさに色のついた声だったり。
 でも、最後は。
「うん、思ったよりも良いんじゃないのかな。たまには良いよね。こういうのって長崎のハウステンボスが本場なんだってね。いつか行けるといいな。きみとね。今日はどうする? 遅くなっちゃったけど。泊ってく?」
 丁寧に笑いながら、きっと冷たい奴だと思われたに違いないけど構わない、断ってぼちぼちと電車で東京に帰る。
 あなたはスマホの中の動物園でのイルミネーションの画像で、友達とか良くわかんないけど、リアルの友人とか、ネットの知人とか、不特定多数の人とわしゃわしゃとコメント合戦をしているみたい。あなたが、今日、一番、楽しそうな瞬間だった。

 こう、思いたくない。わたしのはじめてのキスの相手だったのに、身体を許した相手だったのに、心ごと許そうと思っていたあなただったのに。

   *

 家に帰って、ただ一人。わたしもスマホを取り出して、惰性になった深夜の交換日記みたいなメールをあなたに出して、今日の思い出をスマホで振り返る。たまに動画があったけど、主に写真だったりするけど、そこにある空気は実にぎこちなく。あなたがぎこちなく合わせてくれたのも、わたしがぎこちなく合わせてそれを必死に隠そうとして隠し切れなかっただろうことも、あのカピバラやアルパカやお猿さんやホワイトタイガーを一緒に見ていた時よりも、鮮明に浮かんでくる。ああ、今日ももう思い出になってしまったんだと思いつつ、それは予想していたような一生の思い出に残るようなものではなく、忘れ去っていって、思わなくなる、思い出だと、ただそれを。
 いくつかの写真の後に、ふと出くわしたラクダの動画。身の丈よりも大きな、熊よりも大きなラクダがのっそりのっそりと。ぷるんぷるんとゼリーみたいにこぶを揺らしている。たまに折れそうなくらいにこぶが横に傾く。ちょっと笑ってしまいそうだったが、あなたの声はない。あなたはラクダに何も言わない。わたしもラクダに何も言えなかった。わたしはディズニーランドのシンデレラ城のキラキラに七色に輝く闇夜のプロジェクトマッピングも要らないし、長崎旅行とかちゃんぽんとかハウステンボスも要らない。ただ、あのラクダと、あなたと、あの空間で。

 わたしは泣かない。泣けるほどにセンチメンタルになれない。ただ、メールに、「わたしたち、なんというか、言いにくいんだけど、きっと、たぶん」なんて迷いながら、それでも迷わずに別れを決意していく。

あなたと東武動物公園で

執筆の狙い

作者 えんがわ
KD106155005138.au-net.ne.jp

東武動物公園 探訪記 engawa
https://www.youtube.com/watch?v=Ta8YrFk3tFg

コメント

中小路昌宏
softbank060105252146.bbtec.net

読みました。

 切ないですね。冷めてしまったあなたの心を取り戻すことは出来ない。未練は残るが、ここはきっぱりとあきらめて、新しい出会いを探そう……

 そういう乙女心が良く描かれていて同情を誘う作品だと思います。

 パチパチパチ

えんがわ
KD106154140110.au-net.ne.jp

>中小路昌宏さん

距離感みたいなのは意識しました。

>冷めてしまったあなたの心を取り戻すことは出来ない

こうコメントいただいて、きちんと伝わったのかな、きちんと読んでくれたんだなぁ。と感じ、ジーンとしました。じぃんと。

優しいお言葉ありがとです。

コロナが落ち着いたら、動物園や水族館に行きたいな。独りで。

のべたん。
114-142-50-202.ppp.bbiq.jp

読ませていただきました。

前に投稿されてた、水族館の話もよかったですが、今回の動物園のはなしも、いいですね!

ラストは切ないですね、わたしには彼氏とふたりでラクダに乗って、夜の砂漠を歩いている光景が浮かびました。


お疲れさまでした。

えんがわ
KD106154140110.au-net.ne.jp

>のべたん。さん

こんばんわん! わんわんわん!
水族館の話、読んでくれていてありがとうございます。ペンギンに浅草寺にカービィカフェ。人がいっぱい夢いっぱい。あの時はコロナが無くてなんて幸せだったんだろう。またいつか近場で閑散としたところで良いから、観光したいな。

>ラストは切ないですね、わたしには彼氏とふたりでラクダに乗って、夜の砂漠を歩いている光景が浮かびました。

夜の砂漠で、月と星が綺麗な中、寒さに二人寄り添って、おしゃべりし合う。
そういうのが理想の二人なんだろうな。
そんな空想で物語を閉じられるほど、自分は繊細ではないのだけど、そこを描かれたら泣けてしまうかもしれない。

ありがとです。
自分は元気です。のべたん。さんもお元気で。

アン・カルネ
219-100-30-118.osa.wi-gate.net

これもすごーく好き。
特にラストが良かったわ(笑)。
私が彼女の友人だったら、別れて正解よーって言うもん。
私の友人にもディズニーランド、苦手だなあって言ってたのがいるわ。あのやたら健全さのこれでもかアピールが逆にもの哀しさを語ってくれてるよね、と。例えるなら整形美女のような、と。虚構だものね。それでも10代の終わりにネズミの耳を頭にくっつけてみんなではしゃいで写真を撮って、それはそれで良いのよね。年相応の遊びをそれにふさわしい年頃の時に経験しておくことはやっぱり大事。大人になって、なんであんなもん、好きだったんだろうね、と捨ててゆく事が出来る思い出を持っている事は成長する中では大事な事だから。得られないと得られなかった事に執着するからね。だからちゃんと得て、ちゃんと捨てられる、って大事なこと。
主人公、きっと味わい深い大人になってゆくと思うわ。(とはいえ、雰囲気的には20代半ばから後半なのかなあ?って気はしてしまったけど(笑)。
ふたりの感性のすれ違いがよーく描けてたと思います。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

拝読いたしました。

私も東武動物公園に二度ばかり行きました。
私のは場合は武蔵野線で乗り換え行きました。確か白い虎が居たように記憶があります。

彼女の1人語りで終始していますね。
こういう技法もいいですね。
彼はスマホに夢中で、他には関心が薄いようで。
彼女としては楽しみや喜びを共有して欲しかった筈。

冷めた男といつまで無理て付き合う事はない。
最後は別れる事を決めた。少し切ない物語ですが、
ハッピーエンドより心に残る作品だと思います。

お疲れ様でした。

夜の雨
ai200213.d.west.v6connect.net

「あなたと東武動物公園で」読みました。

すでに別れる予感がある彼と動物園でデートするヒロイン、といったところでしょうか。

導入部のAなどは主人公であるヒロインが「あなた」(彼)と一緒に「歩く」という行為で共通の時間と空間を持ちたかったのでしょうね。
歩く速さとかが遅いほど、愛情が染み出てくるように感じますが。
A>駅前でのバスに乗らないで、思ったより長い動物園への道のりを歩いたのは、お金がもったいないからじゃなくて、あなたと一緒に歩きたかったからだよ。<

しかし「東武動物公園」内では、動物たちが共通の話をするきっかけを作ってくれているにもかかわらず「あなた」と主人公のヒロインは共通の話題が得られない。

御作はそういったエピソードが具体的にありましたので、話に説得力がありました。

ラストのメールで「わたしたち、なんというか、言いにくいんだけど、きっと、たぶん」なんて迷いながら、それでも迷わずに別れを決意していく。
こうやって、恋人たちのひとつの時間が、それぞれの時間になっていくのでしょう。

今回の御作はまだ別れたくなかった主人公であるヒロインが、動物園というアイテムを駆使しても、彼という「あなた」と別れ往く時間の流れのなかのエピソードが描かれていました。


お疲れさまでした。

えんがわ
KD106154143211.au-net.ne.jp

>アン・カルネさん

>特にラストが良かったわ(笑)。
>私が彼女の友人だったら、別れて正解よーって言うもん。

そうですよね! 普通の女性だったら、別れますよね! ほんとに!
はやく他の男みつけて恋を咲かせろと!

>それでも10代の終わりにネズミの耳を頭にくっつけてみんなではしゃいで写真を撮って、それはそれで良いのよね。年相応の遊びをそれにふさわしい年頃の時に経験しておくことはやっぱり大事。

そうなんだよねー。若い時には若い時にしかできない遊びというか、楽しみがあるんですよー。
年をとって、なにやってんだ最近のワコウドは! とか思ったりしても、それは余りに酷いのを除き、否定しない方が良いんだろうね。精一杯、今のうちに楽しんで! って感じで。

>だからちゃんと得て、ちゃんと捨てられる、って大事なこと。

そうちゃんと捨てないと!(しかし呪われていて、外すことが出来ない)

>ふたりの感性のすれ違いがよーく描けてたと思います。

ありがとうございます。
お互いの顔を見なくなるのも恋の終わりかもしれないけど、同じ景色を見ることもできなくなるってのは末期なのかもしれない。そして同じ景色を見て違うことを語り合えるコミュニケーションもとれなくなるのが、ジエンドって感じで。

えんがわ
KD106154143211.au-net.ne.jp

>ドリームさん

>確か白い虎が居たように記憶があります。

はい。ホワイトタイガーさんですね。そういえば、そやつの誕生日会に行ったんですよ。(動画にあります)
ラーメン頼んだら、タイガーが印刷された海苔がついてました。


>彼女の1人語りで終始していますね。
>こういう技法もいいですね。
>彼はスマホに夢中で、他には関心が薄いようで。
>彼女としては楽しみや喜びを共有して欲しかった筈。

会話のやり取りは余り入れませんでした。これで心が通じ合っていない感が出たら嬉しいのですが。
一緒に笑ってくれる方は大切ですね。大事にしたいです。


>冷めた男といつまで無理て付き合う事はない。
>最後は別れる事を決めた。少し切ない物語ですが、
>ハッピーエンドより心に残る作品だと思います。

何かが終わるということは、何かが始まること。
そこらへんをもっと描いても良かったのかもしれない。
でも、別れを決意した時に、何かしらの出会いが始まることは、きっと多くの人が知っているはず…!は!ず!

えんがわ
KD106154143211.au-net.ne.jp

>しかし「東武動物公園」内では、動物たちが共通の話をするきっかけを作ってくれているにもかかわらず「あなた」と主人公のヒロインは共通の話題が得られない。

>御作はそういったエピソードが具体的にありましたので、話に説得力がありました。

ありがとです。
今回の方が前回よりもエピソードを濃く展開できた気がします。

>今回の御作はまだ別れたくなかった主人公であるヒロインが、動物園というアイテムを駆使しても、彼という「あなた」と別れ往く時間の流れのなかのエピソードが描かれていました。

そうですね。彼女にとって「東武動物園」は最終兵器で、最後の手段だったんでしょうね。
一番、好きだったんだろう。
だからそれが通じないのが余計に悲しい。
(そんな感じで後付け~)

u
opt-211-132-65-253.client.pikara.ne.jp

久しぶりに感想書きます
本作は作者さんの個性感性如実にでている佳作であります
過去にも似たようなニュアンスの作がありましたが
あたしは好きですねwww

この(軽い)タッチ
でも内容は重い(深い)
いいです!!!

えんがわ
KD106155000184.au-net.ne.jp

>uさん
おひさしぶりー、お元気でしたかー?

好きと言っていただいて、ありがとです。
この文章は以前も投稿したことがあったので、そこでお読みになったのかも―。

飲み口は軽く、でもコクがあり、ほのかに余韻が残る。
そういうの書きたいです。
書きたいだけなら、何でも言えるのだー。はは。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内