作家でごはん!鍛練場

「武蔵野」~中秋の名月に添えて~

《 序 》


めぐりあはむ

空行く月のゆく末も

まだはるかなる武蔵野の原

……藤原定家「新千載和歌集」より/1356年 (延文元年)……

武蔵野……
その範囲についての明確な定義はないが、国木田独歩の随筆「武蔵野」(明治31年)では、埼玉県川越以南から東京の府中までの間に広がる武蔵野台地を指すと言われる。また広義には、武蔵国全部(現在の東京都と埼玉県及び神奈川県の川崎市、横浜市にあたる)とされ、万葉集を始め、古来様々な文芸作品に登場してきたが、描かれる姿はどれも雄大な大自然である。


行くすゑは

空もひとつの武蔵野に

草の原より出づる月影

……九条良経……

草原から昇る月は、広大なる原野「武蔵野」ならではの風情がある。




《 中秋の名月に添えて 》


武蔵野も最近では、ずいぶんと賑やかになってまいりました。
ええ、武蔵野村は昭和三年に武蔵野町となり、この頃から大小様々な会社が集まりはじめ、昭和五年には、大手電機製作所などもこの地に移り活気を呈して。
その翌年、満州事変を皮切りに、日本が戦争へと向かって行く中で、武器をつくる産業が盛んになりましてね。武蔵野にも、広い土地がたくさんございましょ。いつの間にやら工場地帯になってしまって……
今に、本土での戦になるのでしょうか。
それだけが気がかりでなりませぬ。

ふふっ、そうでございますね。
賑やかになって来たと言えども、この辺りだけは、昔と変わらず自然が豊かでございます。
原生の自然を残すこの土地は、武蔵国(むさしのくに)と呼ばれた時代より、日本屈指の「月の名所」と言われております。
まことに、良き土地でございます。

日本では、春は花、秋は月を愛で、季節を楽しんでまいりました。十五夜のお月見は平安時代に中国から伝わり、江戸時代より、中秋の名月を鑑賞する、伝統的な行事となりました。
澄み渡る、秋の夜空を昇る月に、人々は収穫の感謝を込めて祈り、来年の豊作を願いました。
私(わたくし)どもにとりましても、まさに……そう、正にこの日は、年に一度の収穫を祝う夜なのでございます。
今宵の名月は、黄金色に輝く望月は、我が一族には赤く見えるのです。
薔薇の鮮烈な光沢の中に、暗く妄りがましい黄赤を混ぜ込むような、或いは、洋灯にかざした、深みのある赭褐色の封蝋にも似た、どす黒い血の色をしているのです。
狼煙のごときその赤が、一夜限りの、狩猟の合図なのでございます。

そろそろ、日が落ちてまいりました。あなた様はお帰りになったほうが良い。
間も無く、年に一度の名月が出(いず)る時分には、私は、今の姿を留めておくことが出来ないのです。この意識も半分は、闇の彼方に飛んで行ってしまうのです。……こんな話をするのは、あなた様を、只々お慕いしていればこそ。毛むくじゃらの醜悪な姿を、あなた様の前に晒しとうはございません。

さあ、行きやりょれ。

えっ、なぜ行かぬ、恥を忍んで申したものを。

さあ行かぬか……、早よう!

何を、んっ……覚悟がおありか?

そうなのですか。
何もかも、お見通しだったのでごさいますね。私が、大口真神(おおぐちのまがみ)(※1)より血を分けた、人を喰らう人狼なのだということを。
神の道より外れた魔狼だと……


えっ、帝国陸軍の……密偵……
戸山町……陸軍軍医学校防疫部、防疫研究室(※2)……

生体……実験……?
私に近付いたのは、そういうことだったのですか……

生物兵器……
端(はな)からそれが目的で。

では、私を捕えるか?
或いは、退治なさるか……

密命なのでこざいましょ。




……それは…………いけませぬ。

そんなことをしてしまったら、もう二度と、今の世界には戻れないのですよ。

いいえ、……駄目です。
獣と化した私が、あなた様の心情を、果たして覚えていられるかわかりかねまする。
血肉だけを喰らうやも知れません。

えっ、……それでも良いと仰るか。そんなお方は、初めてでございます。
覚悟を決めて参られたのですね。

それほどまでに、私のことを……

あぁ、この鬼歯が顎の先まで伸び、その鋭いきっ先で、あなた様の喉元を貫く。どくどくと絶え間なく脈打つ大動脈の鮮血をすすり、碧白く輝く頸静脈に、我が一族の証たる聖血を注ぎ込む。
それは、私にのみ与えられた古(いにしえ)よりの理(ことわり)、存続の本能。

仲間になると……その身を犠牲にしてまでも、来世を一緒に歩んで行きたいと……
軍部の手から、私を守りたいが為に。

愛しているからと……倫理も道徳も、全てをかなぐり捨て、暗黒の中で、究極の愛に生きると……

私と共に、永遠に。


人狼族の姫として、身を潜めながらの千と五百年。あぁ、生きた甲斐がございまする。
私は、これ程まで愛し、愛されたのはあなた様が初めて。
嬉しゅうございます。



そろそろ、時がまいります。

どうか、あちらを向いていてくださいまし。
変わり果てる刹那の、あの醜い姿だけは、あなた様には見せられませぬ。

後生ですから、どうか……

ぐあぁぁぁぁ………………

ど……、どうか……

ぐあっ……ぁぁぁあっ……


あちらを……



・・・



…令和XX年 十五夜…


一昨年は八十六名、昨年に至っては百名を超えております……
十年来の流行り病で、仲間はとうに死に絶えもうした。魔法の薬を打ったとて、我々には効かぬようでございますね。

まさか、あなた様までもかかってしまうとは。永遠の命と言ったは情けない……

砂上の楼閣の如く、いとも簡単に。

たぶん、あなた様にとっては、今宵が最期の刻になりましょう。
変身する際のあの、膨大なる衝撃に、もはやその身では……耐えられませぬ。

……この、私(わたくし)とても。


後悔してはいぬと。
なんと……有り難きお言葉。


ええ、楽しゅうございましたとも。
あなた様と出逢えてからのこの百年は、それまでの私の、ながい人生の全てをもってしても、比べものにならぬ程……

幸せで、ございました。

私は今でも、月夜を見上げる度に、出逢った頃を思い出しまする。

黄昏色に染まる高尾山の梺、細く長い坂道。
つづら折りの曲がり角に、浴衣姿の私はひとり、遠くを見つめ佇んでおりました。
藍染めの江戸小紋に、半幅博多帯を締め、黒いレース地の日傘を斜(しゃ)にさして。
眼下を流るる城山川は、キラキラと輝いておりましたっけ。
あの時あなた様は、ハイキング客を装っていたのでございましたね。そんなことも露知らず、足を挫いたと言うあなた様を、私の別宅までお連れして。肩を貸した私に、体重を乗せてくるもので、それは随分と骨をおりました。
家につく頃にはどっぷりと日が落ちて、西の空には宵の明星が瞬いて……
刹那、あなた様は、顔を出したばかりの上弦の月を見つめながら一言、こう言ったのでございます。

「月が、綺麗だ」……と。

あぁその時のお美しい横顔に、私もまた、見惚れておりました。

軍部の手から逃れ、戦後のあの、激動の時代を生き抜くことが出来たのは、あなた様が居てくれたから……、あなた様の覚悟が、あったからこそ。

感謝のしようもございませぬ。


広い東京恋ゆえせまい、
いきな浅草忍び逢い。
シネマ見ましょうか、
お茶のみましょうか 、
いっそ小田急で逃げましょうか。
変る新宿あの武蔵野の
月もデパートの屋根に出る ……(※3)


この地もすっかり、様変わりしたものでございます。
あの高層ビル群に月の光が遮られ、いわんや、街の灯りによって、届く光も細うなりました。

すべては、懐かしい思い出でございます。




えっ……

ふふっ、随分と頑張ったこと……

この男女二体の、AIと申すからくり人形に、私たちの記憶が詰まっていると。
へぇ、そうなのでございますか……

……いいえ、私にはわかりかねまする。

どんな仕掛けかなどとは、あなた様の専門でごさいましょ。

私たちの命が尽きた頃に、この人形らが起動する手筈なのでございますか……

しかしまぁ、綺麗につくってくだすった。
私はこの娘人形のように、美しくはございませぬものを。
あら、この胸も、お尻もマシマシでございますよ。

えっ、そんなに笑わなくても……

ふふっ、私だって近頃の言葉は知ってございます。
あなた様も随分とイケメンにされて。自身の理想を全て、かたちにしたようで。

ハハッ、ハハハハッ…………
なんだかお互いに、照れてしまいますね。

線で繋がれたこの床(とこ)に、横になっていれば良いのですか。



さあ……
いよいよでございます。


来世でも、

一緒でございますね。



「武蔵野の坂の上、歩いたふたり。武蔵野の川の向こう、乾いた土。俺達は、確かに生きている」(※4)


それは……?


「どれだけ時代が変わろうと、武蔵野の月とあなたの、美しさだけは変わらぬ。僕は、あなたを愛せて幸せでした」


あぁ……


なんと…………


・・・


武蔵野は

月の入るべき山もなし

草より出でて草にこそ入れ

……詠み人知らず……

武蔵野の原野の記憶は遠く忘れられて久しいが、「武蔵野」という言葉は、大自然を慈しむ美称として、未来永劫にわたり形容され続けることだろう。

……了



※1
大口真神とは、日本神話に登場する聖なる神の一柱。真神(まかみ)とも呼ばれ、ニホンオオカミが神格化したものである。

※2
陸軍軍医学校防疫研究室は、旧大日本帝国陸軍の医学科系機関。1932年(昭和7年)に開設され、1933年には近衛騎兵連隊の敷地(現在の東京都新宿区戸山)を譲り受け、研究施設が完成した。また、日本の勢力下にあった満州への研究施設、関東軍防疫給水部本部(後の731部隊 : 細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関)を設置し、それを統括した。

※3
「東京行進曲」より一部引用
西條八十作詞・中山晋平作曲/1929年(昭和4年)
参考音源「東京行進曲」
https://youtu.be/JdMCwRXKJeQ

※4
「武蔵野」より一部引用
エレファントカシマシ
宮本浩次作詞・宮本浩次作曲/2000年(平成12年)
参考音源「武蔵野」
https://youtu.be/wjsrWNJe6h0

「武蔵野」~中秋の名月に添えて~

執筆の狙い

作者
fj168.net112140023.thn.ne.jp

約4000文字の文章になります。
会話文に「」を使用しない形式の、語り文になっております。
カテゴリー/現代ファンタジー

参考音源あり(YouTube動画を貼り付)

コメント

中小路昌宏
softbank060105241032.bbtec.net

読みました。

 武蔵野には土地感は無いのですが、言葉のイメージから想像していた通りの描写で納得しました。

 小説というのでもなく、詩でもなく、抽象画を鑑賞するような感覚で読ませて頂きました。
 現代ファンタジーというのですか?不思議な作品ですね。

 東京行進曲というのも、久しぶりに、懐かしく聞かせて頂きました。
 
 コメントになっていないかも知れませんが、ごめんなさい。

夜の雨
ai202121.d.west.v6connect.net

『「武蔵野」~中秋の名月に添えて~』読みました。

古典的な雰囲気で入りましたが、読み進めると武蔵野の原野からニホンオオカミの、それも人喰い系の話になり、面白くなってきました。
さらに読み進めると、帝国日本軍の研究がどうたらという話が出てきて、主人公の人喰い狼と男の恋愛物がとんでもない方向へと。
しかし読ませるものになっているのは、ほとんどの文章が「ヒロインの人喰い狼」から語られている話だから、読みやすさというものがあると思います。
人体実験ならぬ人喰い狼を兵器として使う目的で男は近づいたのかもしれませんが、戦後になり、やがて現代のIAの時代で、二体の人形が主の死を待っている。
というような流れでした。

ラストで相手の男の会話文があり、
「どれだけ時代が変わろうと、武蔵野の月とあなたの、美しさだけは変わらぬ。僕は、あなたを愛せて幸せでした」
という締め。

御作はヒロインである人喰い狼が語り部になっていたので、話としては伝わりました。
導入部が古典的な文章から始まっていたので、安っぽくなくてよかった。
やはり文章力があると奇抜なお話でも面白く読めますね。

これはこれで読めます。
もし、御作を面白いエンタメとして膨らますのなら、やはり戦争中の兵器の研究として人喰い狼を実験に使うというあたりのエピソードを展開させるというところでしょうかね。
映画等でありそうな話かもしれませんが。

「YouTube動画」観ました。
「東京行進曲」は、よかったですね、動画を観てなつかしさがありましたが。
この時代は経験していないのですが、昭和は時代の流れが現代ほど早くはないので、古い映像なども記憶に残るのだろうと思います。

「武蔵野」エレファントカシマシ、宮本浩次。
こちらは、もう一つ合いませんでした。
宮本浩次が髪を振り乱して昭和歌謡を唄っているのを聴いたことはありますが、あれはよかったですが。

それでは頑張ってください。


お疲れさまでした。

fj168.net112140023.thn.ne.jp

中小路様、お読み頂き感謝申し上げます。

>>小説というのでもなく、詩でもなく、抽象画を鑑賞するような感覚で読ませて頂きました。

会話文でありながら、片方の語りのみで構成した物語。初めての試みでした。
出来るだけ読者様に、文章の中に浪漫の漂いを感じて貰えれば良いと思い、書き進めていたので、「抽象画を鑑賞」という感想は嬉しい限り。
ありがとうございます。

fj168.net112140023.thn.ne.jp

夜の雨様、お読み頂き感謝申し上げます。

>>御作はヒロインである人喰い狼が語り部になっていたので、話としては伝わりました。

片方の会話文のみで構成した物語の為、読者様にどれ程行間を読み解いて頂くかがある種の賭けでした。

>>ラストで相手の男の会話文があり、
「どれだけ時代が変わろうと、武蔵野の月とあなたの、美しさだけは変わらぬ。僕は、あなたを愛せて幸せでした」
という締め。

会話文でありながら、片方の語りのみで構成してのは初めての試みで、全ては締めである男の言葉を光らせる為の演出でした。

>>もし、御作を面白いエンタメとして膨らますのなら、やはり戦争中の兵器の研究として人喰い狼を実験に使うというあたりのエピソードを展開させるというところでしょうかね。

関東軍防疫給水部本部、731部隊…人体実験とその残忍性を折り込みながら、また、逃亡中の二人のエピソードを加筆していけば面白くなりそうですね。

ありがとうございます!

凡人
sp49-96-242-212.msd.spmode.ne.jp

 読ませて頂きました。拙作に早々コメント頂いていながら遅くなって申し訳有りません。

 仰るだけあって、文章の上手さ雰囲気の作り方には感服しました。古典から現代的なテーマまで幅広い教養をお持ちなことも察せられます。

 著者名も本の題名も忘れてしまったんですが、二百年毎に命の再生を繰り返しながら闇の一族の手を逃れ歴史に関わって行く此花一族の長の女性を通して小説の形で通史を描いた長編の作品を思い出しました。

 御作の印象はと言うと、文章の上手さ雰囲気の作り方の上手さに関心すると共に、この長さにしては内容を欲張りすぎていて、大河の予告編のような感じを受けてしまいました。実験的なのかとは思いますが、特に最初の部分の「」無しの会話は、正直読みにくいと思いました。

 私は絵で言えば、水彩の写生画しか書けないタイプなので、こんな風に書ける方が羨ましいとも思います。
 

fj168.net112140023.thn.ne.jp

凡人様、お読み頂き感謝申し上げます。

>>大河の予告編のような

確かに内容を詰めすぎた感がありますね(笑)

感想をありがとうございます。

凡人
sp49-97-12-104.msc.spmode.ne.jp

蛇足ですが、引用した書籍は下記でした。

       記

卑弥呼の時代から第二次大戦までを描いた小説

本書は、卑弥呼の時代から第二次大戦までを描いた全8巻の第3巻です。
日本史の教科書にある定説を軸に、「木ノ花一族」と「冥府一族」の対立というフィクションを絡めた小説で、所々に見える邦光史観を楽しみながら読めます。

fj168.net112140023.thn.ne.jp

凡人さま、ご丁寧にありがとうございます。早速調べてみます。
ペコリ<(_ _)>(笑)

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内