作家でごはん!鍛練場
新人A

カタコトの躊躇

僕はまた躊躇し始めた。あの哀れな男を少しでも貶める事は、彼を弄んでいる事になると気付かされたからだ。おそらく、彼が一番、仲間に押し掛けられて囲まれたい時なのに、こんな風に彼を避けているのだ。僕は彼が自分の孤独なスタジオに座っている場面を思い描いた。連れとではなく、苦い思いと一緒に。そして、その憐憫の情が僕にこんなヤル気をもたらして、真っ直ぐ、タクシーに跳び乗った。それから、その運転手にあのスタジオに全速力で行ってくれと言った。

僕は駆けつけた。そこに、私は居た。イーゼルの前で丸まって。一心不乱に描いていた。モデルの王座にシビアな表情の中年女性が赤ちゃんを抱きながら座っている間ずっと。

こういう時、自分はこういう行動に移る。

「ええと、あー!」僕は言い、ドアーを出ようとした。

私が肩越しに僕を見た。

カタコトの躊躇

執筆の狙い

作者 新人A
sp49-105-84-214.tck01.spmode.ne.jp

「一人称複数」を読んで、書いてみたいと思い挑戦があります。

コメント

あだちただし
123-98-231-63.jcomnet.j-cnet.jp

すいません。
これだけでは雰囲気すら掴み取りことができません。
それにしても文字数を書くのを面倒くさがる輩多すぎ。

通りすがり
119-173-139-201.rev.home.ne.jp

ドッペルゲンガー? 多重人格? すべて空想?
不思議感は出ていますね。

スタジオに向かう僕、お連れさん、
スタジオで絵を描いている彼、
モデルの女性と赤ちゃん、
全員が別々の人であるかもしれないし、
誰かか全員が、僕か彼か私かもしれない。
赤ちゃんの妄想だったらすごいな~という
感じですね。
スタジオではなくアトリエでは?
でも「情熱大陸」みたいな番組からお呼びがかかって、
収録中に突撃訪問なのでしょうか。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内