作家でごはん!鍛練場

月の雫~こぼれ桜

2022.09.04

今宵の上弦を
君も観ているだろうか

あんなに輝いて見えるのは
秋が訪れたせいなのだろう

こうなることは覚悟していたこと。
紫陽花が綺麗に咲いていたあの時、君が全てを打ち明けてくれたあの日から。

こころを決められなかったのは、この夏を乗り切りたかっただけなんだ。
君に話せていなかった10年前の夏、妻と娘を失った悪夢のようなあの夏に、自分なりの終止符を打っておきたかった。
君への決意を、盤石なものにするために。


すまない
これは言い訳だね……


* * * *

メールが出来ずにすみませんでした

主人の転勤が決まりました
凄く遠いところです
一緒に行きます

どうか思い出を下さい

あなたとの

最後の夜の

* * * *


今まで君は、愛を忘れてしまったぼくに、代償を払ってまでも寄り添ってくれていた。

……我が儘にはなりたくないと思いながら、わがままでいたいなんて矛盾を抱えているの……

知らずと君の
あの日の言葉がこころに響く

あぁ わかっている

いくら後悔しても

今更叶わぬことは


最後に
ふたりだけの思い出をつくろう

・・・



2022.09.10


『一生忘れないよ』

嬉しそうに君が微笑むものだから、喜ばせようとしたぼくの方がなんだか嬉しくなった。

月に照らされた頬をさくら色に染めて、宇宙《そら》を見上げる君には、この時間も全て無かったかのように、夜に呑み込まれると分かっているのだろうか。


想いに想いを重ねることができるのだから
ぼくは人間って素敵だねと思うのだけれど
それは捉え方次第で
憎しみに憎しみを重ねることもできるから
人間は醜いなとも思う

一生忘れないよ……に、厳しい顔を重ねられていたらきっと、悲しくなってしまったんだろうな。


『風が止んだね。ほら見て、海に映るお月さまがあんなに綺麗』

揺れる髪を押さえていた手を離し、指さすその先には、中秋の名月が水面にゆらゆらと浮かんでいた。

『掬えたら、いいのにね……』

真っ直ぐ伸ばした君の手が、虚しく喘《あえ》ぐ。

「一緒にやってみようか」

『ごめんね』

精いっぱい差し出した君の手のひらに、ぼくの掌をそっと添える。
掬える筈もない揺蕩う月が、やけに遠くに感じた。

『ごめんなさいね……』

繰り返し君が言う。

『なかったことにしては、いけないから』

押さえきれない感情が
大粒の涙となって君の頬を伝った

悪いのはぼくの方なのに……


「ありがとう」

辛うじてぼくはこぼれ落ちてしまう前に
指先で掬うことができた

その雫は
桜の花弁のように儚く、可憐だった。


「話したいことは山ほどあるんだ。……が、何から話してよいか」

『いいのよ』

「なかなかことばに出来なくてね」

『あいにきてくれただけで……』

「毎日でも会いたかった」

『わかってた。……ありがとう』

はらはらと舞う君の欠片たちが
ぼくの指から
すり抜けるようにおちていく


「本当はもう、君を繋ぎとめる言葉が見つからないんだ」

『いいの、わたしではあなたをみたせないもの』

貌を無くしてしまいそうなそれを
ぼくは
美しいなと想う


君を前に言葉が出ないのは

君に届かないと分かっているから





『さようなら』

満月の夜

散りゆく桜のように君が笑った。



・・・

「Lament」
https://youtu.be/nJJmCuf1Wsk

月の雫~こぼれ桜

執筆の狙い

作者
fj168.net112140023.thn.ne.jp

「恋文~君に綴る想い~」
(ステキブンゲイ様に掲載)
という詩集の最終部分を編集したものです。

コメント

夕凪
203.78.237.141

すごいしか言葉が出ません!
本当にすごい作品でした!

fj168.net112140023.thn.ne.jp

夕凪様へ
お読み頂き感謝申し上げます。
このような感想をいただいたのは、ごはんでは初めてです。
ありがとうございます。
是非お立ち寄り頂き、全文をお読みくだされば幸いに存じます。

青井水脈
om126204254008.3.openmobile.ne.jp

「月の雫〜こぼれ桜〜」読ませていただきました。

>揺れる髪を押さえていた手を離し、指さすその先には、中秋の名月が水面にゆらゆらと浮かんでいた。 『掬えたら、いいのにね……』 中略
>掬える筈もない揺蕩う月が、やけに遠くに感じた。

感想をどう書けばいいか頭を悩ませるより、感覚的に、ですね。こちらのシーンがロマンチックと思いました。もちろん掬えるはずないとわかっていても、眼前に浮かんでいるのが不思議で。
読めてよかったです。

sp1-72-3-150.msc.spmode.ne.jp

青井水脈様へ
いつも感想をありがとうございます。
何度となく改稿を重ね、ようやく完結しました。
デリヘルの件は、無かったことにしてください(笑)

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内