作家でごはん!鍛練場
みもざ。

鏡よ、鏡

金色の髪を美しく煌めかせ、それに見合った水色の合成なドレスとティアラを身につけた女が鏡に向かっていった。

「鏡よ、鏡。この世で一番美しいのは誰?」

「それは、あなたです」

女はため息をつく。それは何のため息だろうか。

他にも女は質問をした。

「この世で一番絵がうまいのは?」

「この世で一番料理がうまいのは?」

「この世で一番踊りがうまいのは?」

しかし鏡は一つの答えしか返さない。

女は再び鏡に向かってため息をついた。鏡に映る女の顔はひどく疲れ切っている。

「‥‥鏡よ、鏡。世界で一番、悲しいのは誰?」

「それは、あなたです」

「そう‥‥」

女は鏡が置いてある部屋の閉まっていたカーテンを開けた。

そこには車もいなければもちろん人などいない。元々人が住んでいたとは思えないほど酷い状態だった。

何故こんなことになってしまったのか。

女はある研究所の研究員でありこの鏡の発明者である。

自分の質問に対してすぐ答えてくれる不思議な鏡の。

しかし少し間違えてしまい、“真実を答える鏡”ではなく“相手の望む答えに世界をそろえる鏡”になってしまったのだ。

たとえば世界で最も醜い女が世界一美しくなりたいと思って鏡に

「世界で一番美しいのは?」

と聞くと、醜い女の理想を汲み取って自分より美しいものをこの世から消してしまう___彼女の目には映らなくなる___そういう鏡なのだ。

彼女は自分が何でもできる1番のものだと思って様々なことを聞いた。

その結果、彼女以外の者が彼女の目に映る世界から消えてしまったというわけだ。

この世界にまだ人がいたとしても彼女には見えない。

何故なら彼女が一番美しいのだから。

鏡よ、鏡

執筆の狙い

作者 みもざ。
M014009208065.v4.enabler.ne.jp

ふと思いついたので描いてみました。
誤字脱字などあるかと思いますがご評価お願いします。

コメント

夜の雨
ai195170.d.west.v6connect.net

「鏡よ、鏡」読みました。

これは面白い発想でした。
やりましたね「みもざ。」さん。
たしかシンデレラでしたね、「鏡よ、鏡」と王女がいうやつは。
御作は、王女の持っていた鏡とはまったく別次元の発想で主人公よりも上のレベルの者を消してしまう、という設定です。

これをやると、次々と人間は消えていきますよね。
最後には主人公一人になる。

>“真実を答える鏡”ではなく“相手の望む答えに世界をそろえる鏡”になってしまったのだ。<

今回のアイデアはよかった。

それでは頑張ってください。 


お疲れさまでした。

青井水脈
om126204255011.3.openmobile.ne.jp

「鏡よ、鏡」読ませていただきました。

>女はある研究所の研究員でありこの鏡の発明者である。 自分の質問に対してすぐ答えてくれる不思議な鏡の。 しかし少し間違えてしまい、“真実を答える鏡”ではなく“相手の望む答えに世界をそろえる鏡”になってしまったのだ。

こうしたアイディアもですが、大人向けの寓話みたいに書かれていますね。
はじめに「女が〜」とあって、「お妃様」じゃない? 読み進めると、女は研究員、とあるのでなるほどと思いました。結構うまくできているというのか。 


「白雪姫」 お妃様が「鏡よ、鏡。この世界で一番美しいのは誰?」と尋ねると鏡が白雪姫と答える。怒ったお妃様は義理の娘である白雪姫に、毒リンゴを食べさせようとーー。

「シンデレラ」 魔法によってドレスを着て舞踏会に行ったシンデレラが王子様に出会うも、12時で魔法は解ける。王子様は、シンデレラが落としていったガラスの靴を頼りに人探しをするーー。

「シンデレラ」は確か、映画の実写版がテレビで放送されていて観ました。元々は外国の童話ですし、名前は知っていても混同することありますよね。


>金色の髪を美しく煌めかせ、それに見合った水色の合成なドレスとティアラを身につけた女が鏡に向かっていった。

合成な→豪勢なドレス

夜の雨
ai224218.d.west.v6connect.net

青井水脈さん、「シンデレラ」と「白雪姫」のご指摘ありがとうございます。

怪しい部分はネット検索でチェックが必要ですね。

みもざ。
M014009208065.v4.enabler.ne.jp

夜の雨さん

ありがとうございます。
個人的に、童話をアレンジするのが楽しいかもしれないです。
童話中心に描いていこうかと思います。

みもざ。
M014009208065.v4.enabler.ne.jp

〈返信〉青井水脈さん

お読みいただきありがとうございます。
合成とミスっていました。
気付かなかったです。ご指摘ありがとうございます。
私もよく童話が混合して別の物語になってしまったりします。
お妃様が知ったのはシンデレラで、12時で魔法は解けてしまい‥‥あれ?とか(笑)
案外童話を混ぜてみるってアリですかね‥‥

りんごあめ
230.193.130.210.bf.2iij.net

こんにちは。りんごあめです。

「鏡よ、鏡」拝読させて頂きました。

設定も斬新で、童話を捻った感じで。面白かったです。
真実を答えるのではなく世界をそろえてしまう鏡とその発明者。
結局使っていくと自分以外は見えなくなる。

一つ質問ですが

そこには車もいなければもちろん人などいない。元々人が住んでいたとは思えないほど酷い状態だった。

とありますが彼女にそう見えているだけで他の人には違う光景が見えているんですかね?
少し気になったので教えていただけると嬉しいです。

長文失礼いたしました。
お疲れ様でした、これからも頑張ってください。

りんごあめ
230.193.130.210.bf.2iij.net

みもざ。 さん

そうですね。混ぜてみるのもいいですが長くなりすぎないように意識した方がいいと思います。
ちょっと内容が入ってこない作品もあったので。

みもざ。
M014009208065.v4.enabler.ne.jp

〈返信〉りんごあめさん


ええそうですよ。他の人には普通の光景が見えていますが彼女にはその光景が見えていません。
童話、混ぜるのもありですか〜。
ありがとうございます。
参考にさせていただこうと思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内