作家でごはん!鍛練場
えんがわ

支那そば屋 こうや

 新宿から中央線で一駅の四谷。
 大都会のビル群の中に「しんみち通り」はある。
 名前の印象のように、しんみりとした昔が匂う通りに、飲食店が高密度で連なっている。
 そのラインアップは、ラーメン、蕎麦、天丼と言った庶民的な店に、メキシコやタイと言った国際色豊かな店が混じっている。一見、ごちゃごちゃとした取り合わせなのに、街全体はサラリーマン的な商店街のような一つのテイストを作っているから不思議だ。
 店の入れ替わりは激しく、夢見がちだなと思っていた新規店は次々と消え、雑誌でも特集されていた有名ラーメン屋も別の飲食店になり代わっていた。そうかと思えば、通りの入り口の「かつれつたけだ」(旧エリーゼ)には相変わらず行列が並び、潰れそうな感じのグリーンカレーの店が10年以上も老舗の雰囲気を出しながら続いている。
 賑わいつつも、観光地化せずに、ビジネスマンがランチを求め、行き交う。脈動するように息づく少し古臭いそんな通りにいると、高層ビル群を見上げるよりも東京に来たなって感じがする。
 そのちょっと先に、「支那そば屋こうや」はある。

   *

 ラーメンの昔の呼び名「支那そば」。差別的なニュアンスもあると言われている中国をさす支那の文字。その名は多分、わざとつけたんじゃなくて、昔から変えていないだけな気がする。1961年の屋台から始まった歴史ある店なのだ。チェーン展開はしていないが、のれん分けをしていて、「こうや系」というジャンルを作っている。
 隠れた食通タレント、タモリが通うことでも有名だ。そう言えば給仕のおばさんがお客と話していて、「ナカイくん」という言葉が聞こえてきた。「ちょっとナカイは苦手でね」とお客が応えていた。SMAPの中居くんのことだろうか。にもかかわらず、店内の目立つところに芸能人のサインが貼られているような、その、野暮ったく自己主張する色紙群は、見つからなかった。
 店内は木目を感じさせて、スペースは飛びきり広く、それでもカウンターと厨房が一体となり、仕事をしているのが良く見える。昭和よりも新しく、平成よりもちょっと古い、すっと入っていける雰囲気だ。実際、OLっぽい女性が一人、さっと入って来たりもした。
 厨房できびきびと働く若いお兄さんは、中国語かベトナム語か、アジアな言葉でハゲ頭の店主に話しかけていた。店主は自然に、でも簡潔に、それに返事をしていた。
 海外へのこうや系進出も、近い将来あるのかもしれない。

   *

 ワンタンメン。
 お値段1000円。
 それまでの交通費を考えれば安い額なのだが、それでも躊躇ってしまう。ラーメンには1000円の壁と言うものがあるらしい。そのぎりぎりの境目。
 カップヌードルも昔は200円以上はあり得ないと思っていた。それが今ではコンビニでも、お高く売られている。壁は超えれる気がする。
 しかし、券売機型の店は1000円札を1枚入れても買えなかったら、やっぱり抵抗感がある。
 でも、パスタのように本格的な店は1000円台でもアリ的な、そうしたリッチなものが受け入れられたら、その先にラーメンのジャンルの拡大、豊富な食材によるラーメンの自由が、味の可能性が生まれる気もする。
 こうやのワンタンメンは1000円でも、800円のスタンダードラーメンを抜いて、店では一番人気のメニュー。

 いただくことにする。

 メンを茹でている時に、こう、メンを1個1個分けて入れる網のようなもので仕切るのではなくて、ゆだった大鍋にそのままメンを入れる。それから平ザルでメンを掬い取り、パッパッと振って湯切りをした。この昔ながらのスタイルに、味がどうこうよりも、気分的なものでわくわくとそそられる。
 スープは醤油なのだろうけど、色合いは塩に近い。
 具は素晴らしく、大ぶりの肉の詰まった手作りワンタンが5個、チャーシューが2つ、青ネギがパラパラっと多めに入っている。ワンタンは熱々のスープと肉にくとした豚肉が、口の中でほろほろと散っていく。
 チャーシューとワンタンを噛みながらメンをすする。メンだけではなく、常に具と一緒に食べられ続けれる、肉を中心としたそのボリュームに、なんだか贅沢な気分になって来る。ちょっと飽きが来ると、青ネギをスープと一緒に含むと、程よく舌がリセットされる。
 スープは軽く塩気を残すあっさり系。なのだが、飲み終えるとほろりと舌にコクのようなものが残る。絶妙に具の肉とマッチしていて、ワンタンがそのスープをじわんと吸収する。
 熱々からちょっとずつ冷めるワンタンとスープの中で、舌の状態に合わせて、スープ、青ネギ、ワンタン、チャーシュー、それにメンマ、どれを選ぶか、どれを組み合わせるか、楽しく迷いながら食は進む。具が一杯なのもあって、満腹感がある。女の子は少なめにして貰ってもいいかもしれない。給仕のおばさんが、残しても良いよとも言っていた気がする。どんぶりが空になった。他のラーメン屋も巡ろうと思っていたが、満足してしまった。

 会計の後、店主に「おいしかったです」とぼそっと言って、店を出る。
 ビル街の隙間風が心地いい。
 帰りの電車でゴトゴト、舌の奥にはまだスープの塩気が、中心にほんのりとコクのようなものが残っている。
 埼玉への帰り道、この気持ちをどう書こうか考えている。

支那そば屋 こうや

執筆の狙い

作者 えんがわ
KD106154145100.au-net.ne.jp

美味しいものを伝えようと思いました。

動画もあります。ちょっと長いけど。

My Best Ramen in Tokyo こうや(kouya) by engawa
https://www.youtube.com/watch?v=-e0zf4sJDDM

コメント

中小路昌宏
om126205223139.34.openmobile.ne.jp

楽しく読ませていただきました。近くの店だったら私も行きたくなったでしょう。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

読ませていただきました。またYouTubeも見ました。書いてある通りの映像でした。美味しいものを伝えようとする気持ちが伝わってきました。文章で表現することは簡単ではないです。よく表現できていると思います。肩肘を張らずこのような作品もいいですね。勉強になりました。有難うございました。

偏差値45
KD111239161199.au-net.ne.jp

食レポのような感じですね。
お気に入りのお店でしょうか。

文章としては(思っていることを)無駄なく伝えることに
専念している気がしますね。

店のヤボったい感じ。常連客との会話。老舗のこだわりの味。

>ワンタンメン。
お値段1000円。

エースコックのワンタンメンでも充分美味しいと感じる僕としては、、、
一度は挑戦してみたいですね。
やはり比較対象は、大手チェーン、幸楽苑かな。
とはいえ、比較するには、あまりにも店のコンセプトが違い過ぎる気がしますね。

夜の雨
ai227045.d.west.v6connect.net

「支那そば屋 こうや」読みました。

動画も見ましたが、雰囲気はありますね。
ちょい遠慮気味に撮影しているようですが(笑)。
居酒屋巡りみたいなのをしている動画はよく見ているので、つい比較してしまいます。
さすがにチャンネル登録者数10万とか以上のYouTuberと比べると作りが甘いという事になりますが。

今回は小説ではなくて「支那そば屋 こうや」の紹介というところでしょうか。

>1961年の屋台から始まった歴史ある店なのだ。<
と書いていますが、店舗の看板には「創業1983年」とありました。
ところでラーメンを打っていた男の人、顔の堀が深かったですね。
外国の方かなぁと思いましたが、やはりでしたか。
給仕のおばさんも日本と違うような雰囲気がありました。
動画のほうではラーメンが運ばれてきて食べ始めたら、終わってしまいました。
それでほかの登録者数100万とか以上のYouTuberの動画を観て、ラーメンをすするのを確認しました。
さすがに1000円のラーメンは具がたっぷりですごいボリュウムです。
御作の文面は作者さんの動画よりはよくできていました。

それにしても「店の入れ替わりは激しく、夢見がちだなと思っていた新規店は次々と消え、雑誌でも特集されていた有名ラーメン屋も別の飲食店になり代わっていた。」というあたりは、なかなか厳しいものがありますね。コロナ禍前の話でそうなのですから、現在なら、なおさら熾烈です。

それでは、また、小説の方を読ませてください。

お疲れさまでした。

えんがわ
KD106155003095.au-net.ne.jp

>中小路昌宏

ありがとうです。
「実際に食べたくなる」はこれ以上は無い嬉しい言葉です。

やったーい!

えんがわ
KD106155003095.au-net.ne.jp

中小路昌宏さん。

敬称が抜けてしまいました。
呼び捨てなんて、なんてことを。ごめんなさい。

えんがわ
KD106155003095.au-net.ne.jp

>南の風さん

youtubeの方も観ていていただいて、ありがとです。
そですね。
気楽に軽い感じで読んでいただいて、嬉しいです。
基本的に、美味しいものを美味しいと言っているだけな感じもします。

えんがわ
KD106155003095.au-net.ne.jp

>偏差値45さん

はい、カレーの店、神保町の「エチオピア」と共に、古くからのお気に入りの店です。

ラーメンに1000円以上出すというのは、比較的最近になってからですよね。
前はもっと安かった気もします。
それに東京価格もあるんでしょうね。東京は物価が高い! 久しく行ってませんが。

幸楽苑は安くて利用しやすいチェーン店ですよね。前はチャーハンを食べたな。なかなか美味しかった。

インスタントなら、マルちゃんのカップワンタンが美味ですよ。とんこつ味がオススメです。

そして食レポという感じになっちゃいましたか。うん……

えんがわ
KD106155003095.au-net.ne.jp

>夜の雨さん

うん。
動画は、まー、デジカメが手振れしたり、画質が悪いのと、声や顔を出すのを躊躇って、画面のメリハリが薄いのとか。
色々あって。
あー、人気youtuberにはなれませんね。自分。
ほんと、良く顔とか出せるな、凄いなとか思うんです。自分は。
自分の場合つまらない性格だからつまらないことしかやれないと思うんですけど、こういう人気の人は面白いことを言って、面白いリアクションをして。ほんと芸能人顔負けで凄いなとか思います。真似したいとは思わないけど。

今回の動画は、食は土地に根差したものだという信念に基づいて(?)、駅から店までの道や街並みを重点的に撮りました。

>動画のほうではラーメンが運ばれてきて食べ始めたら、終わってしまいました。

そのため、ここは肩透かしさせてしまいました。食べるシーン(顔)を映したくない、映せない事情もあったのですけど。


>コロナ禍前の話でそうなのですから、現在なら、なおさら熾烈です。

そうですね。都心は、ほんとに店の入れ替わりが早いです。ラーメン屋も出来ては潰れたりしますなん。
その分、この「こうや」が老舗として残っているのが感慨深いのですけど。


>1961年の屋台から始まった歴史ある店なのだ。<
と書いていますが、店舗の看板には「創業1983年」とありました。

と、あれ? ミスっちゃいました? はは……
注意不足でした。デマはいかんです。すいません。


>御作の文面は作者さんの動画よりはよくできていました。

これは褒められているかどうか、微妙ですね。動画は確かにアマチュア臭がし過ぎるものだから。ハードルが低い。
でも、楽観的に、よかったよかったということにします。


>今回は小説ではなくて「支那そば屋 こうや」の紹介というところでしょうか。
>それでは、また、小説の方を読ませてください。

はい。今度はなんとか読める形の小説を書きたいです。ほんと、こんな畑違いの文章、すいません。
でも丁寧に動画まで観ていただいて、嬉しかったです。ありがとさんです。

青井水脈
om126253197091.31.openmobile.ne.jp

えんがわさん、読ませていただきました♪
私も動画見させていただいて、文章だけでイメージした風景と重なるところもありました。

>賑わいつつも、観光地化せずに、ビジネスマンがランチを求め、行き交う。脈動するように息づく少し古臭いそんな通りにいると、高層ビル群を見上げるよりも東京に来たなって感じがする。

コロナもあるけど、人も車通りも多いですね。しんみち通りは名前を初めて聞きましたが、独特の活気というのか、これも東京ですか。いやいや、なるほど。
肝心のラーメンは……。

>メンだけではなく、常に具と一緒に食べられ続けれる、肉を中心としたそのボリュームに、なんだか贅沢な気分になって来る。

原材料費が高騰していることを考えたら、千円でかなりのボリュームじゃないですか。今回は、スープの後味の残る読後感で(笑)

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

拝読させていただきました。

支那そば昭和を思い出せるラーメンですね。
支那そばと言えばラーメンの元祖。

なんか孤独のグルメ見たいです。
YouTubeと併せてれば楽しめますね。
さぞかしこの店もお客さん増えたことでしょう

楽しませていただきました。

アン・カルネ
219-100-30-102.osa.wi-gate.net

この間は歌の紹介、ありがとー! ものすごーく良かったわ。良い歌。歌詞と曲と、どちらも凄く良い感じ。でも流れる文字がいただけないわー(笑)。

で、今回は食レポ? 
動画は音楽が良かったです。えんがわさん、音楽のセンスありなんですね。

今回の話を読んでいて、ふと思い出すのは某元官僚さんの事。まだ独身だった頃、国費でアメリカに留学中、夜、独り部屋で食べたのはお湯を注いで食べるソース焼きそばだったそう。「今の人達はそんなものって思うだろうけど、本当に美味かったんだよ」と。実際の味は、たぶん、「そんなもの」程度なんだと私は思っています(笑)。でもね、その方が「本当に美味かったんだよ」としみじみと心の底から語った味も本当なんだと思っているんです。なぜなら、それは彼にとっては思い出の味だから。今はもう80に近いおじいちゃんですけど、その昔、若かりし頃、彼はド田舎もド田舎から東京に出て来て赤門をくぐって某省に入省した人。学生時代に司法試験にも合格してたから優秀な方なんですよね。
若い頃、青雲の志をもって、汽車を乗り継いで都会へ出来た青年、それでも当時はまだまだ自分が大学でいっぱしにやれるか、ましてや将来、官僚になるなんて思いもよらなかった事でしょう。なにしろ田舎にいた時は田んぼ道でカエルを捕まえたりしていた少年だったそうですから。そんな坊主が大人になってアメリカ留学まで果たした。いつかこの手は山をも動かす、そう密かに胸の内に誓ったかもしれません。でもそれを誓う場所は異国の大学の寮の部屋。発音を陰で笑う青い目の学生たちやあからさまな差別もきっとあったでしょう。まだ真珠湾のことを忘れてない人達だって多かったろうと思います。期待と不安と自分の内なる力と展望と、色んな想いの中で食べる焼きそばは、時には涙の味であり、今に見ていろの味であり、郷愁の味でもあったでしょう。
それからの人生が、その時の思い出のスパイスになって、今では特別な想いの詰まった格別な味になったんだと思います。

厨房できびきびと働く若いお兄さん。彼もまた異国のこの日本で働いて覚えたラーメンの味が苦いものにならないと良いなって思います。いつか故郷に帰ってラーメン店を開く事になるのか、それともこの地で可愛らしい相方を見つけて骨を埋めるのか、それは分からないけれど、でも彼もいつか、きっとその手で山をも動かす。そしてその時はここで覚えたラーメンの味を「本当にものすごく美味かったんだよ」、そう若い人達に語れるような、そんな人になっていてくれたら嬉しいですよね。

えんがわ
KD106155004092.au-net.ne.jp

>青井水脈さん

動画の投稿時間を確認したら、2019年末あたりのようです……
3年も前でした。
あれからコロナがあり、ワンタンメンも1100円に値上げしており、時期的に古くなっちゃいましたね。
時の流れが早い東京だから、今取材して書こうとしたら、全く別のものが出来あがる気もします。

青井さんが楽しそうに読んでいただいたようで何よりです♪

えんがわ
KD106155004092.au-net.ne.jp

>ドリームさん

孤独のグルメは好きです。
庶民的な店とかが舞台になっているのがね……

お客さんが少しでも増えて、店が長く続いてくれれば良きですなー

えんがわ
KD106155004092.au-net.ne.jp

>アン・カルネさん

あの動画は確か「みんなのうた」のものだったなーん。
温かさと少し寂しさが残る、アニメーションと歌のミックスは沁みますね。特におーなり由子さんの絵が。

音楽は……オンチです。

官僚さんのエピソード楽しく拝見しました。何かこう言う人って会食とかで、たっかい料亭でどえらいのを食べたりするんだろうなーと思うのですが、インスタント焼きそばを切に語るとか、なんかグッと来ます。きっとパンばっかだったんだろうな。独りっきりで食べたあの味は、やはり体験していない自分には想像できない懐かしさがあったのかなって。

自分の人生に残ってるのは、埼玉の大宮の今は潰れてしまったデパートのチャーハンでした。予備校通いで片道一時間を超える道を自転車で全力で駆けて、構文やら文節やらを詰め込んで、切羽詰まってた頃に食べた、お高めのチャーハン。

もちろん味として素晴らしかったんでしょうが、やっぱり苦労してた頃の方が印象に残る食と出会いますね。駅の立ち食いソバのちくわ入り蕎麦とか。


こうやの外人さん、今も頑張ってるんだろうか。コロナがあったから、どうなんだろう。
ラーメン屋になれなくても、あの時のことを楽しい想い出として、日本を楽しい想い出として残して欲しいですよね。

それは海外とかのくくりじゃなくて、もっと広い社会一般にも言えることかもしれないし、この作家でごはんでの経験も広い意味ではそうなのかもしれないような。

んー、いろいろ頑張りたいし。
何か書くにしても、奥行きというかバックボーンが滲むものを書いてみたいなって思いました。


ではでは。
ありがとでしたー。

通りすがり
119-173-139-201.rev.home.ne.jp

こんばんは

食レポなのか、小説なのか、どっちともいえる、
いや、やっぱ小説なんだなと思えるのは、
店内の働く人たちの事情、動作、会話も
生き生きと描かれてるからですね。

夏に食べるのと、冬に食べるのとで違うと思うし、
いいことがあった日、へこんでる日でも、
また違うかな。

中居さん……実在の人についての同人誌は、生モノと
いうそうですが、そういうの出してる人で、
今は知りませんが、中居さんの大ファンで、
親戚がやってるお店に突撃した勇者がいました。
そういう行為は「やらかし」というそうです。
このお店の事を知ってたら、盛大にやらかして
いたでしょうね。

冒頭が、よくある感じでちょっと惜しかったかなと
思います。上手なだけに、割り箸を割るところ、
帰り道に(今度は何にしよう)とか、
起承転結に遊びがあっても、読者にわからせる
筆力がおありだと思いました。

東京→四谷→しんみち通り→お店、
さらに、行く→頼む→食べる→支払う→出る→帰る
これらを順不同でシャッフルして、謎解き要素を入れるとか。
ラーメン食べたくなりました。

えんがわ
KD106154143018.au-net.ne.jp

>通りすがりさん。

本当にこれ以外にも沢山の作品に感想を書いていて、こんなにも前の投稿にも目を配っていただいて頭が下がります。
ほんとうにありがとう!

雰囲気が伝わったようで嬉しいです。

この文に限れば、ラーメン食べたくさせることができたら、その時点で自分がドヤ顔でニヒヒしているのを想像していただければ。(変態な自分)


やはり小説の腕の見せ所は、構成ですよね。ミステリ風にしたり。回想風にしたり。色々できると思いました。

これはストレートに書き過ぎてしまいました?
やっぱりちぢれ麺の方が良かったのだろうか……

それともっと余裕があれば、確かに遊びというか創意工夫を盛り込めたかなと。オリジナルの具材とか入れたいよねぇ。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内