作家でごはん!鍛練場
とんがり

胃の中の蛙

 海を見に来た。
 判で押したような毎日の中で、ここだけが俺の気持ちを楽にしてくれる。
 子供の頃からずっと大人には
「絶対に海には近づくな」
と、飽きる程に言われ続けていた。
 そして高校生の頃に、よくある大人への単純な反抗心に支配されて近づいた海は聞いていた通りに酸に満ちていた。
 でもそれがどこか美しくて、不思議と吸い寄せられるようだった。
 何もかもを溶かし尽くしそうな海を見ていると、自分の存在や反抗心なんてなんてちっぽけなものに感じてしまって、その時からつまらない反抗もやめるようになった。





 砂浜に着くと、いつものようにリルがいた。
「アシド、今日も大学サボったの?」
「あんなつまらない所に行くのなんて最低限でいいんだ」
 リルのお決まりの問いかけに、そう答える。
「リルこそ、今日もずっとここにいたのかよ」

 



 リルと出会ったのは初めて海を見た時。
 砂浜に腰かけながら、俺を魅了した海を時間を忘れてずっと見ていた。
 そんな時だった。
「あなた、こんな所で何をしているの?」
「分かるだろ。海を見てるんだ」
「もしかして、海には近づくなって言われてるの知らないの?」
「キミみたいな高校生がこんな所にいたら、危ないよ」
「お前、何なんだよ」
 背後から聞こえた声に、また自分を叱りつけるような下らない大人に、何か言い返してやろうと思って弾みをつけて振り返った。
 でもそこにいたのは、人形と見間違う程に美しい|女性《ヒト》だった。
 俺よりも少し低い背丈で、絹のようになめらかな青いロングヘアーを携えて俺を見つめていた。
 どこか、人間離れしたその雰囲気に圧倒された。
「あのさ、そんなに私のこと見つめてどうしたの?」
「もしかして私に一目惚れしちゃったりとかして?」
「そ、そんなわけないだろ」
 意地の悪い笑みを浮かべる彼女に、俺はなんとかそんなぎこちない返答を返すことしかできなかった。
「人に海は危ないとか言うけど、お前はどうなんだ? なんで海にいるんだよ」
「お前じゃなくて、リル」
「は?」
「リル、私の名前。あなたは?」
「アシド。そんなことより、結局どうしてここにいるんだ」
 彼女はゆっくりと目を閉じて、しばらく黙っていた。
 漂う気まずい雰囲気に耐えられなくて、何か言おうと口を開こうとしたその時だった。
「わたしね、海に憧れてるの。小さな頃に読んだ絵本に描いていた、青い海が忘れられなくて」
 少しうつむいて、恥ずかしそうに微笑みながら彼女はそう言った。
「全然青くもないこんな海だけど、見つめていたらいつか青い海になるんじゃないかって。降る雨も、あんな酸の雨じゃなくなるんじゃないかなって期待してるんだ」
「高校生にもなってこんなこと考えてるのは子供っぽい、ってよく笑われるんだけどね」
 正直な所、結構驚いた。
 まず彼女が自分と同じ高校生だということにも、そしてこんなことを口にしたことにも。
 大人っぽい彼女とは真逆の言葉だったから。
「そんなことないさ。俺だって――」
 俺だって、小さな頃は同じように憧れていた。
 青い空に。
 でも小学生、中学生、そして高校生と、大人へと近づくにつれて、そんなことは頭の中から消えていって、忘れ去ってしまっていた。
 いや、むしろ自分で自分に蓋をして、そんなことを考えているほど俺はもう子供じゃないんだと意地を張ろうとしていたのかもしれない。
「俺だって、青い空に憧れてるよ」
 彼女のどこまでも素直な目に見つめられて、自然とそう言った。
「あなたも、意外と子供っぽいのね」
 そう言って彼女はくしゃりと笑って、それがなんだか気恥ずかしくて、俺も笑った。
 ポツリ、ポツリと酸の雨が降り始めた。
 雨が降ったときには外に出てはいけない、そう言い聞かせられて育った俺には初めて見る本当の雨だった。
「傘、持ってるよね? 差さなきゃ、危ないよ」
「持ってない。なんなら、外で雨を見るのも初めてだ」
「傘がないのに海に来たの? 自殺願望なんかでもある人じゃなきゃ、そんなことしないよ。わたしの傘大きいから、入れてあげる」
 そう言って彼女は俺の隣に立った。
 しばらく、雨でジュージューと周りの物が溶けるのを見ていた。
 初めて見た雨は、理不尽に全てを溶かしていて、まるで最初からこの世界になかったものにされるような気がして、リルの傘がなければ自分もこうなっていたと思うと恐怖すら感じた。
「この世界って、何なんだろう」
「まるで人間って存在をなかったことにしようとしてるみたいなこの雨と海。神様はどうしてこんな残酷な世界を作ったんだろうね」
 彼女の横顔は、どこか寂しそうだった。




 
「ねえ、聞いてるの?」
「うおっ、そんなに顔近づけて喋らないでくれよ。お前、顔だけはとてつもなく良いんだから。びっくりするだろ」
「はぁ? 顔も、性格も、でしょ?」
「そんなことより、私の話も聞かずに上の空でなに考えてたの?」
 素直に言うのも何だか気恥ずかしくて、少しおどけることにした。
「リルと初めてここで会った時のことだよ。今と比べると、すごく静かだった頃のね」
「アシドだって、今よりかっこつけだったじゃない」
「お互いに、面の皮が剥がれたみたいだな」
「そりゃそうよ。だってもう何年も一緒にいるんだもの」
「たしかに、そうかもな」

――ズバーン
 沖の方で、大きな水柱が上がったのが見えた。
「アシド、何あれ」
「わからないけど、あんなのは今までに見たこともない」
 水柱は衰えることなく、むしろ大きくなり続けて俺たちの方へ近づいてくる。
「リル、逃げろ! 巻き込まれちまう!」
 リルの右手を引いて必死に水柱から逃げる。
 大学生になってしばらく運動もしていなかった体は突然の酷使に悲鳴を上げているだろうが、そんなことを気にする暇もなく走り続ける。
 それでも水柱との距離は縮まるばかりで。
 水柱はとんでもない速度で背後から無情に迫って来て、とうとう俺たちはそれに飲み込まれてしまった。
「リル!」
「アシド!」
 喉が枯れるほどの大声で互いの名前を叫ぶ。
 掴んでいたはずの手はいつの間にか離れてしまっていて、どんなに手を伸ばしてももう届かない。
 俺は、こんな所で終わってしまうんだろうか。
 そんなことを思いながら水柱の勢いと共に打ち上げられ続けて、自分と言う存在が全て溶けてしまうような今までにない痛みを全身に感じながら、ついに俺は意識を手放した。

胃の中の蛙

執筆の狙い

作者 とんがり
p2184169-ipngn8502sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp

高校生という若輩者ですが初めて小説を書きます。
20万字くらいの長編を描きたいと思っていて、これはそのプロローグとして書いたものです。
すごく大まかにいうと、ファンタジーな冒険物語にしていくつもりです。
そのプロローグとして、読む人を惹き付けるような文章が書けているか教えていただきたいです。
何か質問があれば聞いてください。
評価よろしくお願いします。

コメント

夜の雨
ai226160.d.west.v6connect.net

「胃の中の蛙」読みました。

文章はうまいですね、違和感がある文章はなかったです、誤字等もなかったのでは。

内容についてですが。
タイトルが「胃の中の蛙」で「胃」は「酸」がありますが、まさかと思いますが体内の話を書いているのではないでしょうね。
御作の海は酸の液体らしいので。雨も酸。
つまり体内を冒険するというようなSF的なファンタージのお話とか。
あまり面白くなさそうな展開を考えてしまうので。
まあ、体内を冒険する話は「ミクロの決死圏」とか、ほかにもありますが。

ということでタイトルに「胃の中の蛙」は、あまりファンタジーにしたら夢がなさそうだなと思いましたが。

登場人物のキャラクターですが。
これも違和感なく描かれていました。
作品全体がスムーズといったところです。

しかしこれは裏を返せば、面白く成る予感ではなくて、安定した作品という具合にとらえてしまいます。

今回の御作は導入部ということで、20万字、詰めて書くと原稿用紙500枚になります。
なので、ふつうに書くと、600枚ぐらいかな原稿用紙に直すと。
ということは、長編小説1本分の分量です。

なので、「今回投稿された分量と内容」では、判断(評価)ができませんね。
これが、素直な気持ちです。

たとえば、酸の海が目の前に広がっているわけですが、このあたりを「酸の海」がどうして存在しているのかとか、生き物とかは海にいるのかとか。魚が食えない。
主人公たち人間(?)はどんな暮らしをしているのかとか。
世界観は描く必要はあると思います。
評価が必要なら。

ちなみに酸の雨が降るので、傘が必要とかという話ですが、実際の雨でもわかるように、傘をさしていても、足元は濡れます。したがって、御作の設定なら脚が解けて無くなるのでは。
だから、酸性雨といっても、周囲の物質が解けるような強烈なものではなくて、弱い感じにしておいたほうがよい。
長い時間「酸」と接していれば、害があるとか。
むかしの「公害」みたいに。それを少し強い目にすればよい。
まあ、御作の設定とか背景とかがわからないので、この程度しかアドバイスできませんが。

それでは、頑張ってください。


お疲れさまでした。

とんがり
p2184169-ipngn8502sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp

夜の雨さん
評価ありがとうございます。
酸の雨についての描写、たしかになぁと思いました。
中核に関わってくるので書くことを控えていたのですが、詳しい評価を頂きたいので、詳しい設定を書こうと思います。
主人公が人生を送ってきたのはお察しの通りある動物の体内で、その動物というのが鯨です。
実際には鯨ではないすごく巨大で動く島のような創作動物なのですが、ほぼ鯨のようなものです。
そこで、最後の文章の水柱、というのは鯨の潮吹きのことになります。
このあと二人は鯨の体外に出たところで目を覚まし、冒険して行く中で世界の真実。つまり自分達は今までこの大きな生物の中で暮らしていたということを知ります。
なぜ体内で暮らしていたのかはここに書くと長すぎるので省略させてください。
そしてラストは体内にあった世界が丸ごと体外に...という感じの予定です。
長文になってしまいましたがこの設定についても評価を頂けると嬉しいです。

夜の雨
ai226160.d.west.v6connect.net

返信ありがとうございます。
読んで納得しました。
つまり生き物の体内から出て、外の世界を冒険というようなお話になるのですよね。
それなら、面白くできると思います。

導入部を読む限り、生き物の中で冒険をするのかと思いました。
それなら、世界が限られているので、あまり面白みはないかなぁと思ったのですが。
生き物の中から外の世界へ。
ということなら面白くできます。
二重の世界になっていても(笑)。
それで、作者さんの文体を見ていて思ったのですが、描写が必要だと思います。
それも個性的な描写による文体。
現状の御作の文体は、わかりやすく、すらすらと内容は理解できるのですが、描写がほとんどないので情景が見えてきません。
ファンタジーなら特に、その世界観を表現するうえでも、描写を取り入れるとよいと思います。
ファンタジー映画や童話の本をイメージして描写すれば書けると思いますが。
図書館等で童話の本をチェックするとよいかも。

それでは頑張ってください。

とんがり
p2184169-ipngn8502sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp

夜の雨さん
確かに読み返してみると人物の描写ばかりで、周りの風景やどういう場所にいるのかがわからない文章になってしまっていると思いました。もう少し風景についての描写も取り入れてみたいと思います。
とても参考になりました。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

『胃の中の蛙』を読ませていただきました。

文章はわかりやすく、誤解のない書き方だと思いました。
>判で押したような毎日
ただ、冒頭からこの表現はあまりにも「考えてないな」という印象を与えると思います。冒頭部分は読者が「これ以上読む、読まない」の決定をするもっとも重要な場所なので、そこでもうすべてが決まってしまいます。

多くの小説を読むと、もうひとひねり、ふたりひねりしてあることが多くて、その魅力が読者をドライブしていく要素だと思います。言葉選び、表現力です。難しいところで、私自身なかなか身につかないですが、私は「おろそかにしない」という気持ちでやっていきたいと思っています。

面白いお話だと思います。今後を楽しみにしています。
それにしても20万字とは……私にはできません。

とんがり
p2184169-ipngn8502sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp

南の風さん
自分の中でもなんとなく引っかかっていた表現でした。
もう少し自分なりの言葉で言い換えてみようと思います。
コメントありがとうございました。

通りすがり
119-173-139-201.rev.home.ne.jp

こんばんは。
海が酸の海で、好きだけど、怖い、
近寄れない感じ、上手だと思いました。

巨匠・楳図かずおの「14歳」という漫画、
絵は好き嫌いがあると思いますが、
できたら、ぜひご一読を。

長いものにするなら、漢字をもう少し
ひらがなにして、読みやすくすると
よろしいかと思いました。
初めて小説らしきものに挑戦しだした頃は、
漢字にできるものは何から何までそうしないと
低レベルに思われるんじゃないかと不安にかられて
いたのを思い出しました。

長い物にするなら、漢字をもう少し
平仮名にして、読み易くすると
宜しいかと思いました。

↑ 字面だけで、けっこう印象が変わります。

故・栗本薫「レダ」という近未来SF、
冒頭だけでもおすすめいたします。
すすめておきながら、自分は全体としては
好きにはなれない作品だったのですが、
冒頭の未来都市を遠くから眺めるシーンは
素敵でした。
「ダーリン・イン・ザ・フランキス」という
アニメ、たまたまAmazonで無料の時に観て、
かなりツボったのですが、あの第1話の冒頭も素敵でした。

自然描写がうまいのは武器ですね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内