作家でごはん!鍛練場
南の風

明かりなんていらねえ

 今から百年前、スリランカ南部のボガラ鉱山の朝は真っ黒い男たちで賑わっていた。
 ボガラ鉱山は黒鉛を産出している。黒鉛は鉛筆の芯になるあの真っ黒い物質だ。
 男たちの顔は目だけが異様に白い。
「今日もしっかり頼むぞ!」
 まとめ役の男が声をかけながら、鉱山の中で灯すランプを渡している。
 このランプは水牛の乳から作るバターが燃えているだけで、強い明かりではない。
 このランプはふたりに一個。
 ゴビがランプを受け取る。ゴビと組むのはダル。ふたりとも三十歳くらいだ。
 ゴビは背が高く、豹のように肩甲骨が盛り上がっている。
 ダルは猪。ずんぐりとしているが力強い。
 ふたりとも、黒く汚れているがところどころ青色が残る腰巻を巻いている。
 上半身は裸だ。
 ゴビは肩にツルハシを載せ、右手にはランプを下げて歩く。
 ダルはスコップを入れた車を押している。車の車輪は木製で、ゴトゴトと音が響く。
 鉱脈は横に伸びている。幸い坑道の傾斜はゆるやかだ。
 入り口から二百メートルまでは坑道の壁にランプがかけてあるが、それから先はゴビが持っているランプの明かりが頼りだ。
 指示された奥の切り場に到着すると、ゴビは持ってきたランプを邪魔にならない場所に置いた。
 ランプの明かりがまあるく辺りを照らす。
 ゴビとダルは最低でも一日に十回、鉱石を切り場から集石場まで運ばなければならない
 切り場から集石場までは三百メートルはある。
 この距離を石を満杯にした車を押さなければならない。
 十回運ばなければ、歩合が下がる。つまりもらう金が少ないのだ。
 早速、ゴビがツルハシを振り下ろす。
 一撃で黒光しながら石が転がる。
 二、三回、ゴビがツルハシで壁を撃ち砕いた後、ダルがそれをスコップですくって車の中に落とす。
 一呼吸おいて、ゴビがまたツルハシを振りかぶり、打ち下ろす。
 転がった石をダルがすくう。
 これを何回か繰り返すと車に石が溢れる。
「行ってくるわ」
「頼む」
 車についている小さなランプを取って、切り場を照らしているランプから火をもらう
 ダルが車を押し出す。しかし、重くて動かない。ゴビといっしょになって押す。
 ようやく動き出す。
 ダルは右手を上げてゴビに礼を示し、車を押しはじめた。
 車の先だけがぼんやり明るい。
 集石場まではひとりで押すのは簡単ではない。坑道の路面はでこぼこだ。平らな場所を選びながら押す。
 背中から汗が玉になって吹き出す。
 腰巻の中に汗が入る。
 ようやく集石場に着いた。
「ダルか、今日は遅いな。他の組はもう一回目は終わってるぞ。それに石の量が少ないぞ」
 一回、一回の石の量も検査される。
「二回目は多めにしろな。少ないと差っ引くぞ」
 量と回数で受け取る金が違うのだ。どの組も必死だ。
 ダルは黙ったまま、車を一回転させた。
 切り場に帰るとダルは
「さあ、頑張ろうぜ」
 と元気に声を出す。
 黒くなった布で顔の汗を拭いていたゴビが、ツルハシに力を込めて振り下ろす。
 長い間ふたりでやっている仕事だ。息はぴったり合っている。
 それからダルは四回運んだ。
 ふとランプを見る。
 やわらかい明かりを見ながら、深呼吸すると心が落ち着く。
「そろそろ、昼にしようぜ」
 ダルがゴビに声をかける。
 昼には地上に出ることもできるが、歩合でもらう金が決まるこの仕事、時間をかけてまで外に出る者は少ない。
 多くの鉱夫が弁当を持ってきている。
 竹で作った筒状の弁当箱を開ける。
 中には炊いた米にカレーがかけてあり、ピクルスが添えてある。
 ランプのやわらかい明かりに照らされた切り場に、カレーの香りが漂う。
 スリランカの人たちが幸せを感じる香りだ。
 竹の水筒から水を注いで右手を洗う。
 その右手を竹の弁当に突っ込み、素手で器用にすくい、親指で口に押し込む。
「いつもながら有り難いことだよな。お前のところは母親、これはうちの奴が作ってくれたんだ」
 ダルが弁当を食べながら話しかける。
「そうだよな。感謝しなくちゃな。ところで、奥さんはどうだ?」
 ゴビはピクルスをつまんで口に入れながらダルに尋ねた。
 ダルの妻は体調が良くない。疲れやすく寝込むことも多い。
 生水が原因の肝炎だ。
 肝炎になると目や爪が黄色くなる。
 体がだるくなり、弱って寝込むようになる。
「よくなるといいが……」
 ダルの言葉に力がない。
「ラクシミーは元気なんだろ。もう十歳?」
「うん、もう十歳になったよ」 
 ダルは結婚が早かったので十歳になる娘がいる。
「本当はこの弁当はラクシミーが作ったんだ。うちの奴、朝、起きれねえからな」
 それからふたりは黙ってしまった。
 ランプがふたりをやわらかく照らしている。
「あのランプ……」
 しばらくしてダルがゴビに語りかける。 
「ランプがどうした?」
「あのランプが消えたら、俺たちの命はないんだよな」
「どうして?」
「だってよ、ランプっていうのは空気がなくなると消えるんだよ。だからよー。ランプが消えたら空気がないってことだ。そうしたら死ぬよな」
 ダルが珍しく感傷的になっている。
 奥さんの状態が良くないのだろう。
 坑道には送風管がめぐらされていて、地上から送風機で空気を送っている。
「じゃ、試してみるか。ランプが消えたら俺たちは死ぬかどうか」
 ゴビはランプのところに行って、炎を吹き消そうとする。
「やめろー」
「ランプが消えても死にゃしねえよ。お前、この中に入って何年だ。もう五年はやっている。五年もこの穴の中で仕事をすれば、送風管の音を聞いていれば空気が来ているか来てないかくらいはわかるだろう。ランプなんていらないんだよ」
「だけど、明かりがなくちゃ……」
「俺はな、明かりなんかなくたって地上まで走っていけるぜ」
「じゃ、ランプはいらないってことか」 
「そうじゃない。ランプに頼るな。明かりに頼るなってことだ」
「そんなもんに頼ってるから、感覚が鈍るんだよ」
「そうかもしれんな……」
「さあ、仕事だ!」
 ゴビがツルハシを手に取って立ち上がる。
 ダルも腰を上げる。
 ふたりは午後も五回運び、今日一日の量はこなした。
 
 坑道を出ると満点の星空だった。
 ラクシミーが迎えに来ている。
「お父さん、今日はお母さんが元気になって、美味しいご飯を作って待っているよ。早く帰ろうよ」
 と言いながら、ダルの真っ黒な手を引く。
 ダルはラクシミーが持ってきた小さなランプを、口をすぼめて吹き消した。
「ゴビ、お前の言う通り、明かりなんていらねえや」
  

明かりなんていらねえ

執筆の狙い

作者 南の風
softbank060091003055.bbtec.net

2700文字の短い物語です。長い作品ではないので描ききれていない箇所があると思います。
舞台はスリランカの鉱山。短いですから最後まで読んでみてくださいね。
次の点のご感想をよろしくお願いします。

1)テーマの選び方、2)登場人物、環境の描き方、3)構成、4)まとめ方

コメント

偏差値45
KD111239161165.au-net.ne.jp

>1)テーマの選び方、
マニアック。

>2)登場人物、環境の描き方、
登場人物は良いとしても、魅力的かと言えば、違うかな。

世界観としては悪くはない。
バターランプは、ストーリー上のアイテムとしてはいいですね。

>車の車輪は木製で、ゴトゴトと音が響く。
ちょっと時代背景が分からないですね。

>3)構成 >4)まとめ方

うーん、どうだろう。分からない。

>明かりなんていらねえ

そんなに重要ではない、程度の主張なんだろうとは思いましたね。
最悪でも脱出はできるよ。心配するな、そんな感じですかね。

現代ではLEDライトがあってとても明るいです。
しかも省エネです。
とはいえ、それが絶対必要か? と言えば、そうではない。
スマホだってライトの代わりには、なりますからね。
なんとかなるものです。

中小路昌宏
124-241-080-155.pool.fctv.ne.jp

1)テーマの選び方、2)登場人物、環境の描き方、3)構成、

 これらについては、良いと思います。

4)まとめ方 明かりがいらない、というのは理解できません。真っ暗闇の中では仕事に  ならないと思います。いや、そうではない、と主張されるなら、納得できる説明が必要だと思います。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

偏差値45様、コメント有り難うございます。

>テーマの設定がマニアック

とのご意見に「なるほどなあ」と思いました。舞台設定やテーマが現代の日本とはまったく異なるし、そもそも日本のことじゃないし、時代も100年前のことなので、想像もつかないでしょうが、まあ、当時はこういう現場であっただろうと思い書いてみました。

『明かりなんていらねえ』というタイトルですが、作品の中にも書いてありますが、明かりがまったくいらないわけではなく、明かりに頼りすぎるなってことが言いたかったのです。現代人は周りが明るいのは当然で、暗くなると不安になりますが、たとえ闇でも五感を研ぎ澄ませば、心のともしびはあるものなのです。そのことが書きたかったのですが、言葉足らずでした。

コメントをいただき有難うございました。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

中小路昌宏様、お読みただき有難うございます。

この作品は鉱山の中の物語なので、明かりは必要です。しかし、明かりがなくなると死んでしまう……ということではないなあと思いました。作品中にも書きましたが、明かりがまったく必要ないというのではなく、頼りすぎて五感を鈍らせたらいけないという意味でした。

まとめの部分に力点を置きすぎて、自分の主張を強く出してしまう傾向があります。もっと丁寧な説明が必要ですね。反省点です。気づかせていただきました。有難うございました。

コウ
p3004-ipngnfx01kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp

淡々としたこの文体は、好きです。世界観もいい。
しかし、作者はこの物語で何を書きたかったのか見えて見ませんでした。
そして最後まで読んでも、モヤモヤとしたものが残る。

スリランカの炭鉱にした意味はあるのか。佐渡の金山や足尾銅山ではだめなのか。
その国の政情や貧困、時代背景や宗教観。
おそらくそこには、南の風さんなりの意図があったのでしょう。それならそこを書いて欲しかった。
せっかく物語を紡ぐなら、もっと大胆に自分の思いを語ることも必要だと思います。

お上手な方なので、次回作を期待しています。

青井水脈
om126236129186.32.openmobile.ne.jp

読ませていただきました。

1)テーマの選び方
明かりに頼るな、(だから)感覚が鈍るという、坑道でのゴビのセリフで、伝えたいことはわかりましたが……。

>ボガラ鉱山は黒鉛を産出している。黒鉛は鉛筆の芯になるあの真っ黒い物質だ。

ボガラ鉱山でググってみると、「一本の鉛筆の向こうに」という、国語の教科書に載っていたお話が見つかりました。普段何気なく使う鉛筆が作られるまで、遠い国の鉱山での重労働をはじめ、多くの人が関わっている。こちらならテーマというのか、読み手に伝えたいことわかりやすいです。

2)登場人物、環境の描き方
病気の家族がいるなど、ありがちといえばありがちかもしれませんね。

3)構成 4)まとめ方
ラストはほのぼのした感じもありますし、私もお上手と思います。それだけになんか惜しいですね。


「そうじゃない。ランプに頼るな。明かりに頼るなってことだ」
「そんなもんに頼ってるから、感覚が鈍るんだよ」


セリフが分けられていますが、2つともゴビのセリフですよね?

夜の雨
ai224161.d.west.v6connect.net

「明かりなんていらねえ」読みました。

これって、名作そのまま。というような出来ですね。
詳しくは、下記に書きます。

1)テーマの選び方、
鉱山での仕事と家族。
というところでしょうか。
鉱山で黒鉛を産出するので、結構きついし、危ない仕事になります。
御作はそこで、仲間であるゴビとダルの息が合った仕事ぶりを描きました。
また黒鉛を炭鉱の中で車に積んで出口まで運ぶ等のイメージもある程度は描かれていました。

御作のテーマで大事なところの「何のために仕事をしているのか」というところの、家族、妻と娘が描かれているのですが、そのあたりの描き方が「ばっちりでした」。病気気味の妻と母親の代わりに弁当を作る頑張り屋の娘。10歳というところに、インパクトがある。

2)登場人物、環境の描き方、
上にも書きましたが、仕事仲間であるゴビとダルの息が合っていました。
まあ、ふつうはダルと一緒にゴビは車を押すだろうと思いますが。
このあたりは、一考ありです。
能率を考えるのなら、ダルが車で黒鉛を運んでいる間にゴビはツルハシで採掘していると思います。車が戻ってくると、黒鉛をスコップで積み込むと能率がよい。採掘等は交代制にすればよい。

「環境の描き方」ですが、鉱山の内部とかをもっと描写すればよい。
この手の作品は、臨場感次第で(緊迫感)盛り上がると思う。
何しろ、危険と隣り合わせなので。

3)構成、
起承転結のバランスはよかったです。

4)まとめ方
構成(起承転結)とも関係しますが、テーマを的確に「まとめた」のではないかと。
この内容でこの枚数は出来がよかった。無駄がない、良作。
これ以上よくするのなら、起承転結のエピソード事態を増やして「掌編」から短編とかまでに膨らましたらいかがですか。


御作はこれで、よくできていると思います。
名作を読んだあとのような心地よさでした。

それでは、頑張ってください。


お疲れさまでした。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

コウ様、お読みいただき有り難うございます。

>作者はこの物語で何を書きたかったのか見えて見ませんでした。
このサイトでは短いものの方が読まれる。長いと読まれないし、誤解されやすいという思いもあり、10枚以内の作品としました。時代背景や場所の選定の理由などについてはあえて書きませんでした。これから先も世界を舞台にした短編を書いていこうと思います。必要な時は詳細も書いてみます。

>佐渡の金山や足尾銅山ではだめなのか。
実は日本の鉱山でも同じようなテーマの作品があります。スリランカの鉱山にしたのは、いろいろとネットで探している時に目にした有名な鉱山だったからです。南の国の物語を書きたかったのです。

これからも読者のみなさんが、思いも掛けないような場面設定で書いていこうと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

青井水脈様、コメント、有り難うございます。

>それだけになんか惜しいですね。
いつも思うのですが、やはり頭で考えたテーマ、設定なのですね。現場感が少ない……これがもやもや感の原因だろうと思います。しっかりとメリハリを付けた書き方をしていきたいと思います。

それにしてもテーマ設定、構成、まとめ……さらには、具体的な書き込みまで必要なのでしょう。しかし、あまり型にはまった書き方でも新鮮味がありませんし、難しいところです。

これからも外国を舞台にした短い作品をアップしていきます。
よろしくお願いします。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

夜の雨様、コメント、有難うございます。

お褒めの言葉をいただき恐縮です。画面で見ることが多いこのサイトではあまり長いものは好まれないと思い、10枚程度にしました。詳細を書き込めばまだまだ書けると思います。

今回は描写に矛盾がないかを考えてみました。矛盾があるとイメージが浮かびにくいですから。しかし、これが簡単ではないです。

オチは最初から決めていたものです。実はテーマとこの部分から出発した作品でした。

これからも世界を舞台にした物語を書いてみたいです。
どうぞ、よろしくお願いします。

ひでぶ! アベ死!
softbank126243026066.bbtec.net

心地よくまとまった作品だと思います。悪くないんじゃないでしょうか。どうして外国なのかは少し疑問です。それが悪いとは思いませんが。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

ひでぶ! アベ死!様、お読みいただき有難うございました。
実は私の物語はほとんどが外国が舞台なのです。しかもできれば南の国のことを書こうと思っています。中村地平という小説家がいます。太宰治と同時期の作家ですが、この人は「南方文学」というテーマで小説を書き続けました。私もできたら南の国を舞台にした物語を書いてみたいのです。海外にはまだまだ知らないことがたくさんあります。その題材を探すだけでも面白いのです。ご指摘のように「別に外国が舞台でなくても、日本の鉱山でもよいのでは」というご意見はまったくそうです。今、書いているのはアフリカのジンバブエが舞台です。この国でいったいどんなことが起こり、人はどう反応したのか、興味は尽きません。ぜひまたご一読ください。

ネッコ・フィリックス
p2954005-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

 読ませていただきました。

 異国情緒溢れる内容で、いい刺激になりました。深読みかもしれませんが、貧困層の悲哀に満ちた生活に、少し胸を痛める部分もあり、こういった異国の人々の労働によって、日本で綺麗に加工された鉛筆だとかが作られているんだよなあ、と思いました。以前、チョコレートの原料である、カカオを採取している子供のTVを観たのですが、カカオ自体が苦いものなので、加工製品であるチョコレートが甘いことすら知らないというものがあり、これまた胸を痛めたものです。
 けれど、当の本人たちにしてみれば、日常であり、泣いたり笑ったり、本質的には日本人の労働とたいした違いはないのかもしれないですね、こちらが勝手に胸を痛めるのは、お門違いで失礼かもしれません。

 明かりはいらねえ、というのはささやかながら日常において、刺激を求める行為であり、自分たちの仕事にたいする誇りのようなものの一端だったのかもしれないと思いました。

 個人的には、トロッコに類するものが出てくるように思えましたので、芥川龍之介さんのトロッコに通じるなにかがあったような気がしました。子供をトロッコに乗せて喜ばせるだけ喜ばして、無責任に勝手に帰れという大人に重なりました。きっとこういう、職人気質の大人だったんだろう、と。

 よく話がまとまっていて、良かったです。次回作期待しています。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

ネッコ・フィリックス様、お読みいただき有り難うございます。

現代の小説は日常のちまちました題材が多く、さもなければファンタジー……。もちろんこれを否定はしませんが、世界に目を向けると不思議なことがたくさんあります。今の常識とはまったく異なる結末になることも多いのです。ですから私はできるだけ世界に目を向けて、人類の真の姿を描いてみたいと思うのです。

今書いているのは中央アフリカのジンバブエの物語ですが、今、正義を振りかざしているイギリス人がわずか百年、百五十年前に世界中でどんなことをしたのか、ネットを調べるとそんなこともわかります。小説を書くことは情報を探すことでもあります。それはとても興味があることです。

今後ともよろしくお願いします。

通りすがり
119-173-139-201.rev.home.ne.jp

「宝石の国」というイメージしかありませんでしたが、
鉛筆の黒鉛も!
知らないことがたくさんあり、勉強になりました。
生涯このままという自嘲があるのと、働くならここがいいという
人気の鉱山、儲かってるところでは、そこで働く人の意識も
違ってくるかなと。仕事で疲れても、いい家族に恵まれ
「おかえり、おつかれ~」と言われて感じる、安堵や
充足感、上手いですね。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

通りすがり様、お読みいただき有り難うございます。

他の方のコメントにも書きましたが、私は外国を舞台にした物語を書いてみたいのです。今はネットで調べれば情報はいくらでもあります。私たちが知らないことばかりです。その中から物語を創作すれば面白い物語が書けるのではないかと思うのです。このサイトは二週間に一回の投稿ですが、次回は中央アフリカのジンバブエの物語を予定しています。ご期待ください。

このサイトのみなさんはそうでしょうが、物語を紡ぐのはとても楽しいものです。ぜひ投稿をご検討ください。

えんがわ
KD106155003095.au-net.ne.jp

昔のスリランカという設定はけっこー好きです。

ただでさえ、狭い鉱山が、暑いんだろうなぁとか想像したり、最後の夜の星は綺麗なんだろうなぁとか浮かんだり。


「ランタンの明かり」は人の文明のようなものの象徴なのかと思いました。
そういう文明があるから、過酷な労働をしないといけない主人公のような人もいるし、だからそこから解き放たれて最後の家族へと帰るのは少し哀愁がある救いのような感じもしました。


きっと家まで走って駆けて行くのかな。

雰囲気のある小説だと思いますよ。抒情的というか。
もっと取材してディティールを凝れば、かなり面白くなる気がします。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

えんがわ様、コメント、有り難うございます。
海外には私たちが知らない出来事がたくさんあります。それを掘り起こして自分なりの物語を作る作業はとっても楽しいです。次作は中央アフリカのジンバブエの物語です。ご期待ください。有難うございました。

跳ね鳥
p2712061-omed01.osaka.ocn.ne.jp

拝読しました。鍛錬場の一面をざっと読んでいたのですが、この作品のテイストが一番好きでした。舞台背景がしっかりしていて、書ききられていて好感のある作品でした。応援しております。

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

跳ね鳥様、お読みいただき有り難うございます。
私はできるだけ海外が舞台にした物語を書くようにしています。海外にはまだ知られていない出来事がたくさんあります。そこから物語を創造することはとても楽しいです。今後も二週間に一回アップしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内