作家でごはん!鍛練場
あのん

伯爵邸の奇妙な客人たち

炎天の空に、誰かの叫ぶ声が聞こえた。

1932年 午後一時半のことである。
浜辺に数人の水死体が発見された。
どれも、湿った昆布や海藻をドレスのように纏い、肩には大きな爪痕を刻まれていた。
この死体は随分と昔のものであるらしく、身元は確認されていない。
一体、彼らはどこからやって来たのか。
暗い海の底から、昔の亡霊の手が現れて、再びあの悪夢を甦らせる――。

同じく1932年、初夏。
伯爵家が所有する海辺の別荘。
私が海岸に佇んでいると、羽根が真っ黒い、大きな鳥の群れがバサバサと飛び去っていった。
なだらかな曲線を描いた海岸に波が当たっては砕けていく。
水の透き通ったところが白く泡立てられる。
海辺一体は、まるで一面に雪を降り積もらせたようだった。
領地のトレードマークになりつつある真っ白い砂は、地元の人々によって瓶詰めにされ、近くの売店で旅行客へのお土産として売られている。

(本当に来ちゃったんだ)

遠くで小さな影となった船が揺れている。
暖かさに瞼が重くなっていく。
 
まだこんなにも日差しがきつくなかった頃。
私は長らく学校に行けておらず、母はクリニックやカウンセラーを探しては次々に訪ね回っていた。
何に疲れていたのか、自分でも分からないまま、心と身体が朽ちていった。
人の繋がりの濃さには驚くばかりだが――私の祖母は、この海辺を治めている伯爵夫人と親しい間柄にあったらしい。
そんな私たちを見ていた彼女は、せっかくの長期休暇に入ったことだし、リフレッシュも兼ねて海を眺めてきなさい、と申し出てくれた。
そして今、ここにいて、柔らかい波の響きを静かに聞いている。
『海なんていつ以来かしら』と母は久しぶりに微笑みを見せ、申し訳なさが胸の中で渦巻くのをどうしようもなかった。
すうっ、と息を吸いこんで深々と吐き出す。
田舎の、爽やかな混じり気のなさは、一陣の風となると体中を吹き抜けていった。
心地よさに思わず頬が緩む。
とにかくこの夏は、時間に囚われないゆったりとした時を過ごして、早く元気になれるよう努めよう――。
私の未来は、時を永遠に止めてしまった美しい絵画の中で、少しずつ、何かが変わり始めている気がした。
 そう心に誓ったはずが、まさかこの、海と砂とお城だけが見える穏やかな場所で、あんなことが起こるとは思いもしなかったのだ。

エピソードI

「ラン!ドアの鍵を閉めるのを忘れずにね――!それからあまり遠くへ行き過ぎないこと!」

扉の向こうから、母の声が響いてくる。
私はまさに出かけるところだった。
母の言いつけに軽く相槌を打ちながらも、これからする遊びの計画について思いを巡らしていた。
心がふわふわと空を舞っている気がして、思わず微笑みが漏れた。
底の見えない鞄から、なんとか鍵リングを探し出し、あたふたとしながらドアの戸締まりをする。
私たちが伯爵夫人から借りている別荘だが、15ヘクタールは軽く超えており、広大という言葉がとても相応しく、部屋は30個備え付けられていた。
ひたすらに長い廊下を歩く。
歩き、突き当たりに出た所で、バドラーやメイド達のための裏口階段を見つける。螺旋階段を降りる。ひたすら降りる――。
裏の玄関から、身を投げ出すように外へ出た。

「やった!自由だ……。これで、ベッドでごろごろしてるお母さんに、いちいち物を運ばなくても済む!あの部屋、とっても可愛いけれど、どこか窮屈なのよね……」

この数日間、母は私にあれこれ指図していた。

伯爵邸の奇妙な客人たち

執筆の狙い

作者 あのん
softbank060087080035.bbtec.net

夏のミステリーを書きたかったからです。 なるべく良い作品に仕上げたいのでアドバイスよろしくお願いします!

コメント

南の風
softbank060091003055.bbtec.net

読ませていただきました。
>炎天の空に、誰かの叫ぶ声が聞こえた。1932年 午後一時半のことである。
短いので最後まで読みましたが、ごめんなさい、冒頭がこの文章では、多くの人はこれ以上読まないと思います。「あいまい」で具体性がないですね。情報も、せいぜい年代くらいしかつかめません。それにその後の展開でもこの1932年(昭和7年は五・一五事件の年)に何の意味があるのか、わかりませんでした。

>肩には大きな爪痕を刻まれていた。
助詞の使い方が間違っています。Google Documentの自動文法チェックでもしっかりと下線が入っていて、文法的に間違っているとのことでした。

とりあえず……

通りすがり
119-173-139-201.rev.home.ne.jp

ムードがあって、素敵な書き出しですね。
ただ、1932年という設定では、
トレードマーク、クリニック、カウンセラーは
どうかなと思いました。
実際の歴史とちょっとそれたパラレルな
1932年のお話なら、問題ないのかも。
重箱の隅をつつくようで申し訳ございません。

あのん
pw126205081192.3.panda-world.ne.jp

お二方ありがとうございます😭
書き出しですか、たしかに退屈ですね。

なのでありがたく直させていただきました。

炎天の空に、誰かの叫ぶ声が聞こえた。

世にも奇妙な、数人の死体が浜辺に打ち上げられた。
死体は、衣服を纏っていなかった。
代わりに、濃い海の香りを漂わせ、昆布と海藻を体に巻きつけていた。一番目を疑うのが、肩に大きな傷跡が刻まれていたことだ。
大きな爪痕にも見え、とうてい人が付けたとは考えられない。
全て、同じ場所にざっくりと裂けた箇所が見つけられ、原因はまだ解明されていない。
この死体は随分と昔のものであるらしく、身元も確認されていない。
一体、彼らはどこからやって来たのか。
暗い海の底から、昔の亡霊の手が現れて、再びあの悪夢を甦らせる――。

 
伯爵家が所有する海辺の別荘。
私が海岸に佇んでいると、羽根が真っ黒い、大きな鳥の群れがバサバサと飛び去っていった。

夜の雨
ai224051.d.west.v6connect.net

「伯爵邸の奇妙な客人たち」読みました。

ラストまで書いた方がいいですね。
現状の御作は途中までの作品でしょう。
だから構成やほかの登場人物などがわかりません。
作品の一部しか描かれていない、からです。
作品の一部だと、評価もできないし、アドバイスもしにくい。
作品の中身に対してのアドバイスという意味です。
ラストまで書かれていれば、「全容がわかるので」、作品の中身までアドバイスができます。

今回のような作品は、外枠(器)のアドバイス程度になります。

起承転結 ←ドラマの基本構成。

起、承1、承2、承3、承4、承5、承6、承7、承8、転1、転2、結  ← 一般のドラマの構成。
起 ← 導入部です。物語の始まりで、読み手に興味があるような始まり方で、先を読ませるようにする。
承 ←の早い段階で、主要登場人物などが出てくる。ドラマの題材に関係するようなエピソードも早い段階で振っておく。

承1、承2、承3、承4、承5、承6、承7、承8 ←承が進むにつれて、題材を盛っていく。
転 ← 承のエピソードの積み重ねの結果、物語が大きく動く。ふつうならこのまま「結」になりますが、意外性を持たす場合は「転2」という具合に展開が2回続く。ミステリーでいうところの警察の犯人逮捕と思わせておいて、実は刑事が犯人で容疑者を射殺して、事件をうやむにゃにしょうとする。
結 ← 何もかも解決。「転2」からの「結」上の場合だと、刑事が容疑者を射殺して事件の真相を闇に葬ろうとしたところ、主人公が「すべての謎を証拠をもって説明し、刑事が犯人だと告げる」

というような感じです、一般的なミステリー系のドラマは。

御作の場合は構成でいうところの「起、承1」程度しか描かれていません。なので、物語が、このあと、どう動くのかなど、さっぱりわかりません。
とりあえず、物語を最後まで書いて「鍛練場」に投稿することをお勧めします。
そうすると、投稿作品を読んで問題点を指摘してくれる方があらわれるかもしれません。

それでは頑張ってください。


お疲れさまでした。

通りすがり
119-173-139-201.rev.home.ne.jp

更新、お疲れさまです。
また最初から読ませていただきました。
面白そうなお話だなと思いました。
母娘で避暑に来ていて、これからどうなるのか
楽しみです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内