作家でごはん!鍛練場
ドリーム

夢か……現実か

 二千十六年の元旦の朝を迎えた。俺は甘い呼びかけで目覚めた。
「あなたぁ明けましておめでとう。朝食の用意が出来たわ。起きてください」
俺はベッドでその声を聞いた。カーテンの向こうから朝日が部屋に差し込んで来るのが分かる。しまった確か夜明け前に起きて初日の出を見に行くと約束していたはずだ。それなのに朝食の用意が出来たという。数年ぶりだろうか大雪だった。それで諦めたのか覚えていない。昨夜から降った雪が積もり太陽の光に反射して眩しい。ああ、とても気持ちの良い朝だ。外は真っ白な銀世界だ。
 そうか、今日は元旦なのだ。夕べは飲みすぎて妻の膝で眠ったような気がする。
 結婚して初めての大晦日だった。俺はガウンのままベッドから降りた。
 隣のリビングから雑煮の美味しそうな匂いがして来た。
 それと餅を焼いているのだろうか、香ばしい匂いがして来る。

 嗚呼、幸せだ。生まれて最高の正月を迎えようとしている。
 まだ酒が残っているのか頭が朦朧としている。
 でも心地良い、いつまでもこんな日が続くように俺は祈った。
 俺は寝室にあるオーデォのスイッチを入れる。
 ♪過ぎ去り日の夢 希望に満ちていた あの頃 永遠の愛を夢見て~~~
 あの美声で知られる女性アーティストの歌だった。なんと素晴らしいメロディーと美声だろう。
 俺は寝室を出てリビングのドアを開けた。
 あの妻の美しい笑顔と、美味しい料理が俺を待っている……筈だ。
 だがリビングがあるはずの部屋は消え、周りは原っぱだった。雪さえも消えている。
 原っぱの向こうに見えるのは川、その川に朝日が反射して眩しく光る。
 勿論、妻も居なければ振り返った寝室は、青いビニールハウスであった。
 そしてガウンを着て居た姿は消え、三ヶ月も同じ物を着ている俺のこんな哀れな姿。
 やはり夢だったのか……

 夢と変わらないのは、元旦の朝の日差しだけである。
 その夢は一年前に遡り昨年の自分の姿だった。仕事を追われ無職となった。それから働く気力さえ失せ、愛想をつかした妻は去って行った。たった一年で俺はすべてを失い、住まいもご覧の通り河川敷で暮らしている。
 夢破れて、まさに歌詞と同じ事を歩む俺がいた。
 でも、俺は這い上がる。今年こそきっと這い上がり夢を掴んでやる。
 一月七日鏡開きも終り、世間はまだいつもと同じよう動き出す。俺の仕事初めは、まず
今日の食料を探し事から始まる。なんと情けない人生だ。その日に喰う物を確保する為だけの人生なんて真に情けない。 いつものようにゴミ箱を漁っていると、なにやら硬い包み紙があった。なんと札束がひとつ、その中身は百万円だった。神様が俺に与えてくれた最後のチャンスなのだろうか? いや落とし主がいるはずだ。交番に届けるか。いや今の俺には此処から這い上がる為に必要な金だ。心の葛藤はあったが俺は心を鬼にして自分の物にした。この金を元に儲けたら、いつかは返そう。そう心に決め勝負に出た。這い上がるか今のままの人生を歩むのか俺は自分の運を掛けた。十万円だけ競馬に注ぎ込んだ。今の俺なら十万あれば三ヶ月暮らせる。そんな貴重な金を己の運と人世に賭けたのだ。

 一発勝負の大穴を狙ってだ。これが当たらぬなら、あとは慎ましく生きようと決めた。
 だが的中した。やはり最後の賭けに俺は勝った。その金額は一千万円と膨れ上り俺はそれを元手に小さな商売を始めた。またそれも当たり俺は更に商売を拡大した。あれから一年、そうたった一年で俺は夢のような世界を手にした。百万円を拾って一年、俺はあの固い包み紙を取ってあった物に再び百万を入れて交番に届けた。巡査はキョトンとしていたが規定の用紙に書き込み帰って来た。心の中で一年遅れて申し訳ないと謝った。もし落とし主が現れず自分の物になろうと受け取らず寄付しようと思っている。
 
 そして翌々年二千十八年の元旦の朝を迎えた。今年も外は銀世界に覆われている。
 俺はまた甘い声で目覚めた。
 「あなたぁ~~ご飯ですよ~起きてくださぁい」
あの時とまったく同じ状況だ。まさか一昨年の悪夢が甦るのか? だとすればあの雪が怪しい、あれは雪でなく雪の妖精? そして甘い夢からまた覚めるのか?
 俺は寝室にあるオーデォのスイッチを入れようとして、ハッとなった。
 嫌だ! また夢破れての歌詞が現実となるのは、俺はスイッチを入れるのを止めた。
 俺はガウンのまま、リンビングのドアを開けようとしたが。ふっと躊躇う。

 ♪過ぎ去り日 夢 希望に満ちていた あの頃 永遠の愛を夢見て~~~
 なんと! またあのメロディーが聴こえて来るではないか、しかも俺はオーディオの
スイッチを入れた覚えはない? 何故だ、何故聴こえる? また夢が覚めるのか……
 いやその音は紛れもなく、リビングに備えてあるオーディオから聴こえた。
 「あなたぁ、どうなさったの? さぁお食事の時間ですよ。席に着いて」
 確かに妻の声だ。夢ではないのか? もし夢なら冷めないでくれ。
 また青いビニールハウスなんて嫌だ。ふっと数カ月前の事が頭を過る。俺は儲けた金で家を買った。運とは続くもので得意先の女性と意気投合し一ヶ月前に結婚していた。間違いない夢ではないきっと。夢と現実の狭間で目覚めた。昨日は酒も飲んでいない? いや自信がない。
 爽やかなメロディーと珈琲の匂い。そして香ばしいパンの焼けた匂い。
俺は恐れと期待が交差する中でドアをゆっくり開けた。其処には優しく微笑む妻の姿に「おはよう、いやおめでとう」そう応えて妻を抱き寄せた。
「貴方どうしたの? 汗でビッショリよ。ハハァまた怖い夢を見たのね。また夜中に少し飲んだでしょう。だから言ったでしょう。お酒は控えめにと」
「俺そんな夢にうなされているのかい」
「そうよ、余程怖い思いをしたの」
「そうだね。酒は美味いけど目覚めの良い朝を迎えたいよ」
「そうなさい。私も心配しなくて済むし」
それから酒はピタリとやめた。それ以来、悪夢を見る事はなかった。

 了

夢か……現実か

執筆の狙い

作者 ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

2400字の掌編です。
皆さん怖い夢を見た時の気分はどうですか。
その辺を題材にした話です。

尚私のハンドルネームをクリックすると別にサイトに移動しますが
{お探しのページは見つかりませんでした*と出ますが
右上のワークスペースをクリックすると表示されます。

コメント

月長石 -THE MOONSTONE-
n219100086103.nct9.ne.jp

申し訳ないけど、あんまり酷すぎて、
「世の読者から反発される(猛烈反感を買う)ために書いてる駄文」としか思えない。


>二千十六年の元旦の朝を迎えた。俺は甘い呼びかけで目覚めた。
>「あなたぁ明けましておめでとう。朝食の用意が出来たわ。起きてください」

↑ 大概の人はまあここで捨てる。
不愉快なのと、トンチキだから。


まず年号の漢字表記は、普通「そうは書かない」。読み難いから。
のっけのセリフが、不自然極まりないし、いかにも「バカっぽい」し、古臭い。非現実的。
『作者の願望はこうなのだろう』で、その願望は「感じが悪い」んです。



たった2行でほとほとうんざりしたし、不快感しかないので、以下「読まない」訳なんだけど、
画面あけて目に入った一行が、




>一月七日鏡開きも終り、

↑ 世の9割9分がここで溜息とともに思うこと・・『違うと思うよ??』

浅慮で下手な人が、「いかにもバカっぽく、頭の軽い女を描いてる」せいで、
馬鹿丸出しになる。

月長石 -THE MOONSTONE-
n219100086103.nct9.ne.jp

中学生の作文の方が、文章しっかりしてるし、

「考えて書いている」んで、、


いくらなんでももうちょっと「考えて書く」ようにした方がいい。

「ネットに晒してる」訳だから。



初心思い出してみて?

はじめてネットに上げた時には、

いまのように「無神経に垂れ流し」では なかった筈。

京王J
p1165143-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

読みました。

この作品はこのサイトの読者に向けて書いたものでしょう。それならそれでいいと思います。

この作品を書くことでサイトの読者と交流できれば良いのですから、どんなふうに書いてもいいのです。

私は素晴らしい作品だと思いました。

偏差値45
KD111239161188.au-net.ne.jp

>皆さん怖い夢を見た時の気分はどうですか。
その辺を題材にした話です。

怖い夢? 見ないですね。
エロい夢は時々、見ますね。

さて感想です。

>青いビニールハウス
テントとは違うのかな。

>その中身は百万円だった。

実際、体験してみないと分からないですね。
今の自分ならば警察に届けるでしょうけど。
「貧すれば鈍する」 ですからね。
「心の余裕はお金の余裕」でもあります。

>夢か……現実か
確かに夢のようなお話でしたね。

夜の雨
ai193056.d.west.v6connect.net

「夢か……現実か」読みました。

ラストまで読んでみて、それまでの内容がまさに『夢か……現実か』わからない、というタイトル通りの作品でした。
というのは、現在が二〇一八年で、導入部は二〇一六年ですよね。
そこで幸せな夢から目覚めてショックを受けた後、「捨てる神あれば拾う神あり」で、ゴミ箱から100万円の包みを拾い、それを1000万円にして、商売で儲けて、家を建てたり、妻をもらったりと。
元手の拾った100万円は警察に届け出て。
ラストは現在で、その妻にお酒のことでたしなめられている会話で終わっています。
ということは、『ゴミ箱から100万円の包みを拾い、そこから1000万円にして、商売で儲けて、家を建てたり、妻をもらったりと。』この部分は、現実という事ですかね。
なんか、不思議なお話でした。
まさに『夢か……現実か』というようなお話で「そこのアイデア部分は、うまい」です。
御作を盛り上げるのは、「100万円の包みを拾い、それを1000万円にして」この部分で、元手の100万をバクチで無くす際まで追い込んでから、逆転して大儲けする構成にすればよいと思います。

それでは、頑張ってください。

お疲れさまでした。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

京王Jさま

お読みいただきありがとうございます。

>私は素晴らしい作品だと思いました。

ありがとうございます。人により好みは千差万別ですから。
当然評価が変わってくるのは当然です。

お褒め頂くと励みになのます。
ありがとうございました。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

偏差値45さま

お読みいただきありがとうございます。

>青いビニールハウス
テントとは違うのかな。

迷ったのですが彼等は屋根だけはビニールですが
他はその辺から集めて来て立派な住まいになってました。
直接見たわけではないのですが、遠くからでもチラッと見ました。

>「心の余裕はお金の余裕」でもあります。

上手い事をいいますね。
確かにそれは言えます(笑)

ありがとうございました。

ながあきら
p2719100-ipbf2702sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp

元旦の意味、しっかりおさえてください。元旦の朝ときて、がくっと来ました。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

夜の雨さま

いつもありがとうございます。

掌編なのもので進行が早すぎました。
地獄から天国へたった二年で味わった体験。

人世には一生に3度の別れれ道があると言われますが
スタート地点を何処に定めるかは別として単純に言えば
東大に入れた人、二流大学から這い上がる人 
どんな仕事に就いたか、そしてどんな女性と結婚出来たかこれも一つの別れ道。
右に行くか左に行くか。人の運命って面白いですね。

私ですか? 70点の人世でしょうか(笑)
悔やむのは子供たちから親孝行して貰ったことが無い事ですかね。
私のお夢は「親父これで旅行にでも行って来てくれ」
正に夢のような話ですが(笑)

ありがとうございました。

えんがわ
KD106155001025.au-net.ne.jp

好みのタッチでした。
100万円を拾う。←ありえねー、競馬で大儲け。←ありえねー、事業で成功する。←ありえねー、

とどんどんと夢物語が展開しつつ、それがやはり夢だったのかと主人公が苦しみのに、こちらも痛い気持ちがよぎるのは。

主人公が律儀に100万円を落とし主に返そうとした、少し優しい人だったからです。

こういう人間臭い中に一粒の優しさを混ぜた主人公のキャラは、好きです。

願わくば、読んでいる自分としてはどうしても危うさが残る作中のハッピーエンドでも、文字通り主人公が愛するものに囲まれた人生を送っていますように。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

えんがわ様

返信が遅れて申し訳ありません。

>100万円を拾う。←ありえねー、競馬で大儲け。←ありえねー、事業で成功する。←ありえねー、

ハッハハその通りです。小説ならではの面白さと醍醐味だと思います。
何せ掌編ですから展開が早くどうやって事業に成功したか嫁さんと付き合う場面も省いてしまいしまた。
これを中編小説程度にしたら別な意味で厚みが出たと思いますが、余力のない私はこの程度です(笑)

ありがとうございました。

秋田寒男
133.106.146.88

わたしもホームレスをしていた時期がありますが、ホームレスにはいろんなタイプがいます。ブルーシートで家を作る派、ダンボールで家を作る派、最低限の荷物で町を徘徊する派、そして旅しながら全国を徘徊する派。この物語は私の人生とダブりました。私の場合百万円は拾わなかったですが、スクラッチで百万円が当たったくじを捨ててしまった事です。あのとき捨てずにいれば、と悔やまれます。私は橋の下で涙とともに雨宿りしたことが心に残っています。人生は涙とともにパンを食べなければ人生は分からない、という格言がありますが、なるほどと思います。

自分語りが過ぎましたが、哲学のお家芸はメタファーだと聞いたことがあります。ターゲットの思考を読み切ってターゲットの脳みそにガツンとくる言葉を選ぶには哲学が必要なんですね。悪用するとターゲットを精神的にぶっ壊す事もできますが、、、文章を書く人は読む相手の思考を読み切って感情を揺さぶる単語を連ねる必要があるかと、私は思います。

私には癒やしある作品だと感じました。
希望がある。
パンドラの箱には色んな災厄が詰まっていたが、箱には希望だけが残っていた、、、
そんな印象を受けました。
読んで良かったです。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

秋田寒男さま

お読みいただきありがとうございます。


>わたしもホームレスをしていた時期がありますが、ホームレスにはいろんなタイプがいます。

またまた本当ですか(笑) だとしても現在は立派な社会人、小説を書いたり読んだり
余裕のある生活を営んでいるでょう。


>私の場合百万円は拾わなかったですが、スクラッチで百万円が当たったくじを捨ててしまった事です。

なんかこの小説類似するところがありますね。
勿体ない事をしますしたね。しかしそれがあったから現在の生活があるではないでしょう。


>人生は涙とともにパンを食べなければ人生は分からない、という格言がありますが

なるほど分かるような気がします。いい格言です。
ほろ苦い味だからこそ人生の苦楽が分かるですね。

>私には癒やしある作品だと感じました。

有難いです。私には最高の誉め言葉です。
ありがとうございました。

マルコ吉馴・ムヤ
softbank126243042228.bbtec.net

特定の日の一日だけが描かれているという構成に期待するものがありました。
落ちで何か酷い目に遭うのかなと思っていたら、そうではなさそうでした。
そういう落ちも有り得るのかなと思いました。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

マルコ吉馴・ムヤ様

お読みいただきありがとうございます。

>落ちで何か酷い目に遭うのかなと思っていたら、そうではなさそうでした。
そういう落ちも有り得るのかなと思いました。

本来ならもうひと乱入れても良かったのですがね最初から掌編と決めてしましたので(笑)
スンナリ終わらせてしまいしまた。
期待を裏切って申し訳ありません。
出来ればマルコ吉馴・ムヤ様はどうオチに持って行くか教えて欲しいですね。
参考にしますのでお願いします(笑)

ありがとうございました。

エロイナンナ
M014009196000.v4.enabler.ne.jp

図書館ロシアの声恋愛について絶対位置自由

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内