作家でごはん!鍛練場
小次郎

友達ランク改稿

浩平編

 小学六年生のある真冬の時期。教室で、凍えるような寒さの中、担任教師が言った。

「友達は二種いる。遊び友達と本当の友達だよ。遊び友達はただ遊んで楽しむだけの友達。本当の友達は、本当に困っている時に助けてくれる友達だよ。それは、本当に困っている時。自力でなんとか出来る時に助けてくれる友達じゃなくて、自力ではどうしようも出来ない本当に困っている時に助けてくれる友達の事を指す。君達は三國志の劉備、関羽、張飛のように、桃園の誓いを交わせるような友達を作りなさい。でも、殺してはいけませんよ」

 桃園の誓いというのは、三國志の武将、劉備、関羽、張飛が交わしたとされる契りだ。でも、それは史実ではないらしい。そう、担任教師に教わった。担任教師は三國志の事が好きで、事ある毎に三國志の話しをした。俺も含め、クラスメートのほとんどの人間は三國志の世界にどっぷりと浸かり混んでいた。

 お前は裏切りばかりする呂布みたいな奴だなとか、劉備みたいに民を救おうとするような奴だなとか、そんな話しで、湯気が立つような熱気で俺もクラスメート達と会話をした。

 卒業式の日、運動場の校門の近くで、誠と桃園の誓いをアレンジして契る事にした。雪が降っていた。俺はかじかむ両手を擦り合わせた。俺達は言い合ったのだ。

「我ら二人、生まれし日は違えども兄弟の契りを結びしからは、心を同じくして助け合い、困窮する者たちを救わん。上は国家に報い、下は民を安んずることを誓う。同月同日に生まれることを得ずとも、同月同日に死せん事を願わん。皇天后土よ、実にこの心を鑑みよ。義に背き恩を忘るれば、天人共に戮(りく)すべし」

 誠は嬉しそうにしている。戮すという言葉は、罪ある者を殺すという意味である。殺しはしないが、叩き伏せてやろうと思った。誠を守ろう。俺には腕力がある。もしも、誠がいじめを受けていたら、守ってやろうと思った。担任教師も誠を守ってやれと言っていた。誠はいじめを受けていた事がある。その状況を一度ばかりか、何度も助けてやった事がある。腕力がある俺には容易かった。



 中学生になると、俺より運動神経や腕力がある奴がクラスメートになった。今まで、俺の言う事を聞いていたクラスメート達は、俺よりそいつの言う事を聞くようになった。気にくわなくて俺は一度、そいつに喧嘩を売って、ボロ雑巾のようにされた。歯が三本折れて、痛みでのたうち回った。俺より遥かに強く、一度も殴る事が出来なくて、悔しかった。

 中学二年生になって、そいつはいじめをし始めた。次々とターゲットを変えて。桃園の誓いまでした誠はいじめるなよと思った。もしも、誠をいじめたら、その時は身の保身の為に逃げようと思った。
誠編

 中学二年生のある夏の朝、下駄箱から僕の上履きがなくなっていた。

 僕の番なんだなと思った。

 困っていると、浩平が不思議そうにどうしたの? と、話しかけてきた。事情を話したら、浩平の顔が青ざめた。理由は察しがついた。清二を恐れているのだ。

「頑張れよ」

 浩平はそう言い残して去っていった。

 仕方なく僕は上履きを探す事にした。上履きがもう処分されているとは考えていなかった。清二は二日前クラスメートの三浦の上履きを教室の掃除用具入れの中に隠していた。

 その時、僕を含め多くのクラスメートがいた。

「三浦にはどこに隠したか言うなよ。これは、ゲーム。三浦に自力で探させるゲーム。でも、三浦にはゲームの内容は伝えておく。自力で探せってね。もしも、三浦に上履きの場所をばらしたら、殺すからな」

 三浦は結局の所、上履きを見つける事が出来ず親に新しい上履きを買ってもらった。

 清二のゲーム、つまり、僕へのいじめも負けるに違いないと思っていた。

 でも。

 それでも、僕はいろいろなとこを探して回り、上履きを探す事にした。

 その前に用をたすか。

 そう思って、トイレに入る。用をたしていると、義人が話しかけてきた。

「清二だけどな、誠の上履き体育館の跳び箱の中に隠してたぜ。よく、探してみろよ」

「どうして教えてくれるんだ?」

「友達だからだよ」

 浩平も友達だ。よく遊んでいる。それも、桃園の誓いをアレンジして契った友達だった。一体あの桃園の誓いは何だったんだろうか。僕もいじめから他のクラスメートを助けた事が一度もなかった。

 体育館に行き、跳び箱の中を一つ一つ開けていった。僕の上履きがあった。
義人編

 俺は友達の誠の為に、情報提供してやった。清二の奴から誠を守ろうと思ったのだ。ただし、守ると言っても自分を犠牲にしてまで守るつもりはない。俺がやるのは情報提供だけ。清二にはばれないだろう。

 教室に入った。

 清二とその取り巻き達は話しあっていた。

「誠の奴も、他の奴等と同じように親に上履きを買ってもらうだろうな」

 取り巻きの一人、三川が言った。

「「ははははは」」

 死ね、清二、その取り巻きの三川、井本、貞元と俺は思った。

 五分ぐらいして、誠が教室に入ってきた。上履きをしっかり、履いている。

 清二とその取り巻き達は、びっくりした表情をしていた。

「お前、その上履き見つけたのか」

 清二が激昂した声を出しながら言った。誠の方に、清二は歩いていく。清二が誠の胸倉を掴んだ。怯えた表情をする誠が可哀想に思えてきた。

「おい、誠。お前に次の試練が待っているぞ。というか、お前が折れるまで続けるからな」

 こいつ、この清二の野郎。くたばりやがれ。思ったが口には出さなかった。
清二編

 むかつく。

 誠の野郎上履きを見つけやがって。これじゃ、憂さが晴らせないじゃないか。まあ、いい。今度は誠の教科書を二階トイレの掃除用具入れの中に隠すか。

 俺は移動教室で、誠が出て行った隙に、三川、井本、貞元達と誠のバッグから数学の教科書を取り出した。

 トイレに行き、掃除用具入れを開いて数学の教科書を投げ入れてやった。

 誰かが誠に情報提供している可能性濃厚だが、そいつを見つけたら、ただではすまさない。俺はいつも、クラスメート達にいじめのターゲットに何をするか知らせていた。情報提供する奴がいたら、楽しいからだ。そういう奴を殴ってみたいのだ。誰かを守ろうとする奴は許せない。

 父は新しい技の考案と言っては、俺に暴力をふるう。父はプロレスラーで、俺の腕力では太刀打ち出来なかった。母は父を恐れているのか、一度も俺を守ってくれた事はない。

 クラスメート達をいじめるのは、この憂さ晴らしの為だ。
鈴江編

「転校生を紹介する。さ、自己紹介して」

「木田鈴江です。趣味は読書。よろしくお願いいたします」

「さ、一番後ろの席が空いている。座りなさい」

 私は担任教師に言われ、後ろの席に歩いていった。クラスの雰囲気というか、空気はどんよりしているように思えた。私は第六感が鋭くて、このクラスが抱えている問題がわかった。このクラスにはいじめがはびこっているのだ。

 席に着いたら、

「木田さん、よろしく。僕は誠と言います」

 と、男子が話しかけてきた。この子だなと思った。この子がいじめられている。でも、まだ心は折れていないようだ。友達運に恵まれていて、誰かがこの子を守っていた。でも、その守りの力は弱い。

「誠君ていじめられてるんじゃない?」

 誠君の耳元で、私は言った。彼の顔はひきつっていた。当たり前か、前のクラスでも同じ事をしたら、同じ反応をいじめられっ子はしていた。

「大丈夫、私が守ってあげるよ。私の金科玉条は人を守る事だから」

「金科玉条?」

「金科玉条というのはね、」

「そこ、私語を慎みなさい」

 私は黙った。

 朝の会を終えて、私は金科玉条の説明をする事にした。

「金科玉条というのはね、金や玉のようなこの上のない立派な法律という意味や転じて、自分の主義や主張、立場の絶対的な拠り所になる思想や信条の事よ。誰かを守りたいの、私は」

「守るって言ったって」

「まかせて」

 私はいじめの主犯各を探した。すぐにわかった。右側から、二列目、三番目の席のあの子だなと思った。

 私はその子の席に歩いていった。

「あなたね、家庭内で暴力が振るわれているからといって酷いじゃない。即刻いじめはやめなさい」

「どうして、お前そこまでわかる?」

「私、第六感が鋭いから」

「いじめはやめねーよ」

 彼はいじめを続けた。

 ある時、暴力を誠君がふるわれそうになった。身を挺して守りにいった。

 捨て身で彼を守り続けていたら、清二君は根負けしたのか、いじめをやらないようになった。

「実は私も親から虐待を受けていたのよ。もう、終わった事だけどね。私の誕生日、家に来なさい」

「わかった」
清二編 

 鈴江の誕生日、彼女の家に行った。鈴江の家族は本当に暖く、彼女に愛情を注いでいた。鈴江が虐待のせいで、自殺未遂をしてから彼女の両親は変わったという。俺も両親を変えられるかもしれないと思った。父や母と話し合おう。

 話し合いというか、いかに俺が新技の実験体にされるのが嫌なのかや、母が守ってくれない憤りを伝えたら、両親は優しくなった。

 馬鹿みたいだ。いじめなんてやらなくてよかったのだ。

友達ランク改稿

執筆の狙い

作者 小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

改稿いたしました。ご指導お願いいたします。

コメント

そうげん
182-166-172-59f1.shg1.eonet.ne.jp

読ませていただきました。骨子だけを抜き出された印象が残るのは、各視点人物のエピソードの要点だけが抽出されてあるような書き方だったからだと感じました。読み手に自然と作品世界のなかに没入させ、うまく流れをコントロールして、すべての展開が一筋の潮流になるように構成されれば、読者に感動を与えるものにまで昇華できるのではないかと感じました。

いじめの問題。子供は親の背を見て育つ。よくもわるくも。親が親であれば、子は子に留まるしかない。わたし自身、同性の集団がどうも苦手で、常に周囲に溶けこむこともできず、一人でいる幼少期でした。孤立感を強めることもありましたが、物語がよい友になってくれました。高学年の時にいじめにあった生徒の窮境に、いじめる集団のほうが悪いと断じて、いじめられている知人の側に立って、迫害・暴力・同調圧力にも抵抗しました。田舎ですので、いじめている側の子供たちの親がどういう人たちかもある程度分かっている。わたしがふだんそれほど苦労もせず、しかも放課後遊び歩いているのに誰よりもいい点を取っていることをねたんで、うちの親にその子の親のひとりは、家で勉強させるように仕向けているのね、うちの子はいやいややってるから成績あがらなくて、と僻みをぶつけていたそうです。学ぶことが好きだから、関心をもって授業を聴くだけで、9割くらいの理解はできるものなのに。その話を聴いたとき、いじめている子たちが、それぞれの家庭内で受けている圧力・ハラスメントの存在を子供ながらに感じとって、いいえぬ義憤にもかられました。子は親が作る。子が否定しようが、親の態度が子の人生のベースを形作ってしまいます。

いじめの問題を思うとき、世代から世代へ、自然と受け継がれてゆく病理のようなものを思ってしまいます。教師に相談しても、教師は対応が後手後手にまわって、頼りにならないことを痛感しました。そのときから、大人と言っても体が大きいだけで、自分の身をなげうって、血を流してでも不正にたいして対処しようとするような人は稀なんだということを実体験をもとに学びました。このときの体験・経験はわたしの現在の人生観にも大きく影響しています。集団に対しても、多対個であっても、戦う姿勢を除去しないという態度はこのときに友人を登校拒否に陥らせることなく小中のあいだ、一緒に時間をすごすことができた自信からくるものでもありました。

いじめが書かれた作品に対して、わたしは一種特別な感情を抱いて読むようになりました。
本当の友達。でも遊び友達も捨てがたい。なにげないときに一緒に居て、好きなことをして同じ時間を過ごす友人。そのなかに、特別な友達も一部含まれているという気がします。大人になってずいぶん経つと真の友人・友達なんて言える人はいるのかいないのか、どうなんだという気にもなってきますが、わたしは友達にランクをつけることなく、そのとき一緒にいたい、同じ時間を過ごしたいと思える人と一緒にいられたらそれだけでいいのではないかなんて思ってしまいました。

偏差値45
KD111239161188.au-net.ne.jp

うーん、情報伝達という意味で、これはあんまり良くないかな。
登場人物と思想を合致させることに負担がかかる。
それと苗字と名前、、、どちらかに統一した方が親切かもしれない。
〇〇編と工夫をしているようだけど……。
三人称で書いた方が伝わりやすいのではないか、と思いましたね。

京王J
p1165143-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

読みました。

小次郎様らしい作品で好きですね。

小次郎様なりに「いじめ」や「友達」というテーマについて、小次郎様なりに一生懸命に考えて書いています。

小次郎様としては切実なお話なのですが、それが他人にとっても切実なものになっているかと言えば、いつも通りそうはなっていないので小次郎様らしいです。

これからも小次郎様らしさを大切にしてください。

夜の雨
ai203176.d.west.v6connect.net

「友達ランク改稿」読みました。

改稿前の前作と比べて内容がよくなりました。
文章も、すらすらと頭に入ります。
構成がよくなったのとキャラクターのコミュニケーションがよい。
あとは、文章が無骨なので、描写等を入れるなどすれば雰囲気が整うのではありませんかね。

気が付いたところ。

 >それでも、僕はいろいろなとこを探して回り、上履きを探す事にした。<
「探して回り」「探す事にした」と、連続で「探す」があるので、どちらか一つにしたほうがよい。
 >それでも、僕はいろいろなとこで上履きを探した。< こんな感じです。

 A>父は新しい技の考案と言っては、俺に暴力をふるう。父はプロレスラーで、俺の腕力では太刀打ち出来なかった。母は父を恐れているのか、一度も俺を守ってくれた事はない。

 B>クラスメート達をいじめるのは、この憂さ晴らしの為だ。< 
この「B」がいらない。
「清二編」を読んでいると、清二がいじめっこという事は伝わってきます。
そこに来て、Aがあるので、清二が実質、父親に暴力的なことをされているのが読んでいてわかるので、Bを書かないでも清二がクラスメート達をいじめる原因は伝わってくるので、Bは、書きすぎではないかと思います。
まあ、Bがあると、よくわかりますが(笑)。

鈴江編
>私は第六感が鋭くて、<
「私は第六感が鋭くて」というような「神がかり的」な、表現よりも、現実的な表現のほうがよいのでは。
ここは「転校前のクラスと同じ匂いがする」。というような、現実的な表現にする。

>「木田さん、よろしく。僕は誠と言います」

 と、男子が話しかけてきた。この子だなと思った。この子がいじめられている。でも、まだ心は折れていないようだ。友達運に恵まれていて、誰かがこの子を守っていた。でも、その守りの力は弱い。<
ここも、具体的な表現を挿入して、読み手にイメージできるようにする。
 と、男子が話しかけてきたが、目が泳いでいる……。前のクラスのいじめられていた子と同じ目だ。この子がいじめられている。でも、まだ心は折れていないようだ。友達運に恵まれていて、誰かがこの子を守っていた。でも、その守りの力は弱い。<


 >私はいじめの主犯各を探した。すぐにわかった。右側から、二列目、三番目の席のあの子だなと思った。

 私はその子の席に歩いていった。<
ここも、話に説得力を持たす。
 視線を感じた、ひときわ鋭い視線を。このクラスに入ってきたときから感じている陰湿な視線の中でも、ひときわ鋭い視線が。だからすぐに主犯格がわかった。右側から、二列目、三番目の席のあの子だなと思った。

 私はその子の席に歩いていった。


>「どうして、お前そこまでわかる?」

「私、第六感が鋭いから」<
「第六感」というような言葉よりも、「私とあなたは同じ穴の狢」というような意味の言葉を放つ方が、説得力ある。
「どうして、お前そこまでわかる?」

「以前の私と、同じ目をしていたからよ!」

それでは、頑張ってください。

お疲れさまでした。

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

そうげん様。
お読みいただきありがとうございます。
要点ばかりで情報量が足りないのですね。没入感も乏しいと。難しいです。あまり想像力がなくて。
いじめられる側をそうげん様は助けに入られたのですね。勇気がいる事、素晴らしいです。
いじめ問題はいろいろありますよね、確かに。
親からのストレスでいじめする場合、あるあるですよ。
大人も一人の人間ですし、対処が後手後手に回るという事もありますよね。
友達はランクづけされないのですね。
私は好きの強弱どうしてもあります。同じようには見れません。

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

偏差値45様。
お読みいただきありがとうございます。
登場人物と思想の合致ですか。
なかなか難しいです。
苗字名前の統一のけんですが、人を呼ぶ時苗字で呼ぶ相手もいるし、名前で呼ぶ相手もいるし問題ないような気がいたします。
三人称の方がわかりやすいという事ですが、これは確かにそうかもしれません。でも、私は三人称嫌いで、あまり書かないですね。出来るだけ一人称で書くようにしています。

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

京王J様。
お読みいただきありがとうございます。
テーマは重いですが、実は切実さの事考えていませんでした。それよりも伝えたいという一心で書きました。伝えたい、これだけで書いています。
でも、学ぶ為に教えていただきたいです。
この物語を切実にする方法を。

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

夜の雨様。
お読みいただきありがとうございます。
文章無骨ってよく言われます。
難しいですね、文章。
同語反復はミスですね。
Bいらないんですね。わかりました。
確かに神がかり的なものより現実的な表現の方がいいですね。
書いていただいた事そのまま使いたいです。

月長石 -THE MOONSTONE-
n219100086103.nct9.ne.jp

冒頭から・・いかにもここのサイト! 全開なんですよ。。

「担任が、自分の受け持ちクラスの小6に話してる」設定で、
友情のたとえに、『三国志』で「桃園の誓い」は、、、絶対ナイとまでは言えないけど、適切ではない。

例に引く時は、「クラスみんなが知ってる(理解できる)ようなハナシ」を選んで話しますから。

『走れメロス』とか『銀河鉄道の夜』とかだな。


ここのサイトの人ら、子ども時代を忘れ果てて、「中高年の凝り固まった意識から、こじつけて書いてくる」から、

いつも無理無理で、違和感とアラの悪目立ちが最優先になってしまってる。


サイト内は「みんなそう」だから、あまり問題視されないんだけど、

ここから一歩出た世界の大人読者は、《自分の子供の学校時代も見てきている》から、
ここの男作者ほど小学校は忘却の彼方じゃないんですよ。


独身男が「小学生」を書く時は、そのへんに留意して、よくよく「子供時代をシミュレート」しないことには・・

まともに読めるものにはならんでしょう。

月長石 -THE MOONSTONE-
n219100086103.nct9.ne.jp

>担任教師は三國志の事が好きで、事ある毎に三國志の話しをした。俺も含め、クラスメートのほとんどの人間は三國志の世界にどっぷりと浸かり混んでいた。

↑ ってー「完全作者ご都合設定」からして、

『小6でか??』と、違和感MAX。


中学1年・2年ぐらいなら、その設定もアリなんだわ、
「国語で古典をやって、故事成語で中国も学ぶ」から。


友情のハナシから「裏切りとか、いじめのどろどろ問題に持ってく」みたいなんだけど、
その「枕」として適切なのは、「桃園の誓い」か??

『違う』って気しかしない。



根本的に、出発点からしておかしいハナシの場合、

場当たり的に修正修正・・で安易に小細工重ねると、どんどん面妖になるばっかだ。

京王J
p1165143-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

小次郎様、自信を持ってください。

「桃源の誓い」を冒頭に持ってきたことは、決して間違いではありません。
三國志を小学校の先生が教えることだって、不自然や違和感はありません。
私の通っていた小学校には、横光三國志の漫画が図書室にありましたよ。

問題は、三國志が好きで、三國志を子どもに楽しくそうに語る、先生のキャラクターをきちんと造形できていないことでしょう。
そういう先生もいるかもしれない、と読者に思わせるように書けばいいだけだと思います。

私は素晴らしい作品だと確信しています。

月長石 -THE MOONSTONE-
n219100086103.nct9.ne.jp

↑ 書き忘れたけど、

「レスはいらない」ので。


もらっても見ない・・ように思うし。



改稿する場合、『何に向けて(何のために)改稿するのか』も旗幟鮮明にした方がいいよ。

自己満足〜サイト内内輪限定での好評のための改稿と、

投稿目的での「それ」では、ハナシ(問題点)が全然まったく違ってくるから。。

上松 煌
111.85.0.110.ap.yournet.ne.jp

小次郎さん、こんばんは

 あなたの作品を読んで、以前、「たあ坊」というHNの人がやはりイジメについての作品を投稿したことを思い出しました。
主人公はいじめられっ子を助けようと連携し、サッカーによってイジメを克服するために練習に励み、好きな女の子にも助けられたりしながら、結局、試合には負けてしまうのですが、それによって友情を育み、家庭に問題のあったいじめっ子ともある程度、心を通わせられるようになる、といった内容だったと思います。
長編の力作でしたが、サッカーのルールその他に無駄で煩雑でわかりにくい部分があるのが難でした。

 あなたの作品は冒頭近くから小6の意識レベルではありません。

   >>我ら二人、生まれし日は違えども兄弟の契りを結びしから~以下<<
      ↑
 を、主人公が友達の誠に言ったことになっていますが、これはちょっと不自然でしょう。
子供たちになじみのない古文調ですし、長いですからね。
丸暗記していたとしても、その暗記に精を出すシーンがないと読者は「え? ウッソだろ」と白けます。
それでいて中2でやってるイジメは上履きを隠す、なんですから乖離しすぎww


 おれは他人様をイジメたことも、イジメられたこともなく、家庭に問題があり、その不満で人様をイジメるという心理がわからないので、そんなクズガキはさっさと鉄拳制裁でもして社会の厳しさを肌身で感じさせろ、というタイプなので、いじめ問題については門外漢です。
イジメに言及することは避けますが、おれにはあなたが「たあ坊」さんに感じられてなりません。
あなたはひょっとして……??

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

月長石 -THE MOONSTONE-様。
お読みいただきありがとうございます。
ここは、京王J様の言うように、教師の書き方が不十分なんだと思いますね。
改稿したのは、物語のレベルアップを図る為です。と、いってもまだまだ不十分ですね。
もっと、頑張りたいと思います。
あと、私も違和感ありますね、月長石 -THE MOONSTONE-に対して。
独身かどうかわからないでしょう?

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

京王J様。
再訪問ありがとうございます。
自信持ちます。
ただ、まだまだレベルが低いです。
頑張りたいです。

小次郎
121-81-194-144f1.hyg1.eonet.ne.jp

上松煌様。
お読みいただきありがとうございます。
確かに、暗記に精を出すシーン追加しないといけないですね。
たあ坊という方と私は別人ですよ。
私の場合最高でも百九頁しか書けていないですし。
長編は技術的に難しく書けません。

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

怖かったです……。
お邪魔致しました。

小次郎
121-83-98-78f1.hyg1.eonet.ne.jp

久方ゆずる様。
お読みいただきありがとうございます。
怖かったですか。
怖さを演出しようと思っていたわけではありませんでした。
でも、感情を感じていただけた事は嬉しいですね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内