作家でごはん!鍛練場
優子

貴方は一体誰なのでしょう?

拝啓 私の愛しきセレーネへ。

この塔は間も無く燃え尽きるでしょう。業火に包まれながら、その長い歴史に終止符を打つでしょう。
全てが焼け尽くされ灰になれば、私たちのこの秘密は決して犯される事がなくなります。
セレーネ、私たちは共に長い道のりを歩みましたね。
悠久のなかではほんの僅かな、けれど確かに永遠を秘めていたであろう、私たちの幸福な時間です。温かくて優しい、人生の一幕がここに下ろされました。
さあ、セレーネ。
実の所を言うと私、未だにあなたが誰で何者なのか分からないんです。
それも実在する魔法のように、どうして私の目の前に現れたのか。
何者かがあなたという人物を宙に浮かせ、象だけをすっかりくり抜いてしまった様に、私はあなたのことを知らないのです。
あれ程、深い緑と鮮やかな薔薇に覆われていた「レアリアスの塔」は、いまや灰の残骸と化しています。
時折ひんやりした風が吹きつけ、私たちの思い出の地を洗ってゆきます。
愛してるわ、セレーネ。
だからどうか一つだけ許してくれないかしら。本当にささやかな願いです。
あなたのことを時々思い出しても良いかしら?
この記憶を守るのは、あなたが教えてくれた一つの鍵で十分です。それさえあれば、きっとこの幸福をきっと守り抜いて見せるでしょう。
今、私の目の前に広がる光景も、私が守らなくてはならないものです。全ては愛するものを守るために。銃を片手に暗い路地を駆け抜けながら、幾度なく朝と夜を繰り返しています。
でも、もう私は恐れたりしません。
卑屈になることも、もうやめにしましょう。
愛しています、セレーネ。
だから、最後に一つだけ言わせてください。

「貴方と出会えたこと、その全てが本当に幸福でした。私をたくさん慈しんでくれてありがとう」

さようなら。

漆黒の闇の中で、きらきらした丸いものが光りました。
ああ、これが思い出なのかしら、と思わず見惚れてしまいます。それは全ての始まりの日を写していました。
その金粉が舞うような煌めきに惹かれて、私は徐々に入り込んでいきました。


ー時を遡ること二年前の春。

酷く頭が痛んで、私はその気怠さから顔をしかめました。
ずっと、どこか冷たいところで横たわっていたような、とにかく長い眠りから覚めた時の心地でした。
どうやら、白く乾いた意識の淵で彷徨っていたようです。

「う……ん……」

重い瞼を持ち上げようと、鼻から息を吸い込みます。スッと鼻腔を通り抜ける、私の知らない甘い香り。
それから白い光が斜めに差し込んできます。

一体ここはどこなのでしょう。

瞼の裏では暖かい色が一面に広がっています。
不意に、誰かに耳元で囁かれた気がして、私の意識は水面へと引き上げられました。
そこは居間ほどの大きさをした、やや薄暗く静まり返った部屋でした。

白く綺麗な天井。
反対に、小さな花と緑があしらわれた壁紙は、長い年月によって古びていました。
何かを隠すかのように、天井だけが張り替えられているようです。
甘さを含んだ香りの正体は、すぐにこれだと見つけられました。
花です。
血潮のように赤い薔薇でした。
気怠く甘い匂い、と一言で表すのは余りに陳腐でしょうか。
とにかく、この部屋にはそぐわない新鮮さで、緑と雨の香りも混じっていました。
私が眠っていたベッドのすぐ横、そこには植物が所狭しと並んでおり、特に薔薇が多く生けられていました。
部屋の構造にも目をやります。
薄い日の光に透かされ、窓はドアと対局の場所に嵌め込まれていました。

「本棚もあるわね……。まるで誰かが暮らしているように妙な生活感があるのね。でも私の知らない部屋だわ」

恐る恐るベッドから身体を出して、裸足の指を床につけました。

「ゆりかごだ。どうしてここにあるんだろう。少し埃っぽいのが気になるけれど、人肌の触れた温かさが残ってる……。使われていたのかしら?私は……」

そこまで口にした所で、頭の片隅が酷く朧げなことに気がつきます。
自分の意識と記憶の間に、まるで白い紙を一枚挟んだかのようです。
下書きすらされていないキャンパスが、空白が、私自身にまつわる情報の全てでした。
再び、あの脳髄を焼けつけるような痛みが、頭全体を支配し始めます。
 
 これ以上思い出すな。その先を決して覗き込んではいけない。
もしその暗がりを伺えば――お前は――

貴方は一体誰なのでしょう?

執筆の狙い

作者 優子
softbank060077204067.bbtec.net

レアリアスの塔をめぐる、謎の少女セレーネと私の物語です。
ジャンルはファンタジーです。

コメント

優子
softbank060077204067.bbtec.net

感想、アドバイスくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

田毎の月。
n219100086103.nct9.ne.jp

これはね・・タイトルでまず入りにくい。表題が人を拒む。


なんのことわり(情報)もなく、のっけからいきなり『貴方は一体誰でしょう?』って、
普通そりゃ「これ開けてしまってる自分(ワタシ)」やん??


もっと普通に、

『レアリアスの塔』、
『レアリアスの塔とセレーネの物語』、
『レアリアスの塔をめぐる幾百の夜と朝』とかナントカ、

なんでもいいんで、「見る人を意識した(客観的な)タイトル付け」が、必要。




あと、各文の文末が「です。ます。」なのは、「語りかけ口調だからそうなっています」なんだとは思うんだけど、

《誰が、誰に向けてそう語ってんのか》が一切不明なまんま、
だらしなく始まってるから、、、


ついてゆけない。


ファンタジーとSFは、「設定をまず読者に受け入れてもらう(理解してもらう)」ように冒頭書くのが大事だと思ってる。


文章そのものは整ってる感じで、スムーズに読めそうな筆致だから・・
内容をもっと整理して《読み手のこと考えて、読みやすく整えれば》、
カンタンに読者増えて、感想つく・・ように思う。


(現状だと読んでないんで、レス要らないです)

優子
softbank060077204067.bbtec.net

タイトルか、、なるほど。「月に堕ちたセレーネ」とかにしてみますね!貴重なご意見ありがとうございます😭

えんがわ
KD106155001056.au-net.ne.jp

耽美的などこか退廃的なイメージがします。
甘美な夢の中にもいるような。
夢判断すると面白くなりそうな。

しょうじき、こういう文章は自分には書けず、一部の女の子にしか書けないんじゃないかとさえ思っているので、憧れると同時に物怖じしてしまいます。

時をさかのぼって今は朽ちた塔の内部の部屋に移ったのかなと思うのですけど、なんか途中で物語がぶつ切りに終っている気もします。

未完成と割り切ってしまうのは簡単ですが、これも突然覚めてしまった掴みどころのない甘い夢のような読後感に一役買っている気がするのです。

優子
softbank060077204067.bbtec.net

えんがわさん!感想ありがとうございます😭
そうですね、場面転換が少々荒くなってしまいました。ぜひアドバイスは参考にさせていただき、より詳しい説明から始めます!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内