作家でごはん!鍛練場
天坂

仕事ながらの修行法

 K君はたぶん辞めるだろう。K君と僕は同期で、去年一緒に正社員試験を受けたが、僕は受かってK君は落ちた。以来K君は僕とあからさまに距離を取るようになった。といっても、営業所の上司がひらいてくれた正社員試験の勉強会にK君はまったく参加しなかった。一方の僕は全日勉強会に参加して、帰りの電車の中や家でも勉強と面接の練習をたくさんした。だから僕が受かってK君が落ちるのは当然だった。そもそもK君は本気で正社員になろうとしていたわけではない。でも彼は正社員試験を受けた。これでもしK君が受かっていたら、僕のほうが彼をよく思えなくなっていたかもしれない。

 K君はとてもマジメに仕事をする。実際、K君が清掃したあとの現場は僕に負けじと綺麗で評判がいい。が、K君は素行が悪い。特に口が悪い。自分と同レベルに仕事ができない人たちをみんなの前で口汚く罵る。確かに、みんな同じ給料をもらっているのに、それぞれの仕事量が違いすぎることは問題だろう。会社として、それぞれの仕事内容なり、もっと仕組みを考え直す必要はある。といっても、どこの会社組織もマジメに仕事をする人間は全体の三割がせいぜいだろう。もっと大きくいえば、人類や世界のことについて本気で考えている芸術家や宗教家や哲学的な人間も、人類全体のせいぜい三割だろう。自分がその集団の「犠牲」になっていると考えるか、「礎」になっていると考えるかでは、事態はまったく同じでも、自分や周囲を取り巻く空気や環境は相当違ってくる。

 その日K君は、朝の朝礼の場で、とある人を、みんなに聞こえるくらい大きい声で罵った。「オメーは普段仕事しねーんだからそのくらいやれよ、バーカ!」と。みんなはいつものように顔をしかめて、その場にいる上司も「まあまあ」みたいに苦笑いをして流そうとした。僕はでも我慢できなかった。ていうか、風紀を乱しすぎだろ。上司の野郎どもにしても、なぜちゃんと然るべき対応を取ろうとしない?こんなガキにビビるな。そう、僕は「目には目を」のつもりで、K君を叩き潰すようにみんなの前でこう言った。「コラオメー、朝礼の場だぞ。自分が何いってるかわかってんのか?もっと慎めよ、このクソガキ。つーか、テメーもう口開くな。もうしゃべるな。わかった⁉」

 以来、K君は仕事を休んでいる。今月中に退職するかの判断をすると上司には言っているらしい。ていうか、もう辞めるしかないだろう。こんなに乱暴にやり返した僕を「よくやった!」とむしろ称賛するくらい、K君はみんなに嫌われている。僕はでも実は、二人で飲みに行っていたくらいK君とは仲がよかった。K君は40歳目前の独身一人暮らし。バイトのままだから手取り月収は去年までの僕と同じ13万。副業をしながらなんとか最低限の生活をしているらしいが、一般的に考えて未来はほぼ絶望的だろう。


 一方の僕は正社員になったし、家に帰れば家族(妻)もいる。そういう諸々への嫉妬もあって、K君が僕と距離を取ろうとしていたことを、僕は気に入らなかった。でも、諸々恵まれている僕のほうこそ我慢しないといけないと思った。少しずつK君の嫉妬心をほぐしていくつもりだった。が、自分勝手な怒りが先走ってしまった僕は、だからK君にあそこまで乱暴に言ってしまった。K君が悪かったにしても、僕はやり過ぎた。やっつけたいという自分の中の「敵意」を満たすためにK君の心をへし折ってしまった。


 ただ、結果として、転職や将来を考え直すいいきっかけにはなったと思う。もともと僕はK君に話すつもりだった。あと二年後、今の営業所の仕事は夜勤が中心になる。K君はどうしても夜勤ができないから、そうなると転職しなければならない。2年後の40歳になってから転職するより、40歳前の今転職したほうが良いに決まっている。芸術や何かに本気で打ち込んでいるとか親の介護的な家庭の事情があるわけでもないなら、収入が安定しない(正社員の見込みがない)会社にダラダラいても仕方ないだろう。

 とはいえ、どんな仕事も、どこの職場も組織も、所詮みんな同じだ。どの集団の個性や成功性も所詮は一過性。一見あるように見える個性や成功性も、限定的か有限で、無限ではない。さらにいえば、無職やニートだろうと、「人間の集団に関わる(属する)必要」は必ずあって、それこそが個人の辛苦の大本であると同時に、個人が生存し続ける条件でもある。

 人間関係の極意は、人間を愛することだ。人間とは、自分を含めた他者全員だ。「隣人を愛する心」「敵を許す心」のレベルに応じて、人間関係は勝手に上手くいく。人間関係のためにアレコレ周りに気を回すのは愚の骨頂。純粋に目の前の相手を愛し許すための努力をする。目の前の相手の孤独や喜びを如何に自己の内に投影し落とし込むことができるか?これがすべてだ。これ以上の真理はない。

 僕は今回、K君に対して、愛より敵意を優先してしまった。愛と許しの心が欠如してしまった。だからK君は僕から離れてしまった。悪いのは僕である。朝礼の場でK君が暴言をはいたのはまったく別の話だ。僕はそれを理由に、というか「待ってました!」とばかり、K君をやっつけて満足した。そう、僕はまだまだゴミ虫。いや、死ぬまで僕はゴミ虫のままかもしれない。まあでも、自分がゴミ虫なことをこうしてその都度キチンと分析して思い知れば、愛と許しの心はレベルアップしていくだろう。そう、これが社会活動(仕事)を通じての僕の修業の仕方だ。

仕事ながらの修行法

執筆の狙い

作者 天坂
133-32-176-151.west.xps.vectant.ne.jp

語彙の足らなさや文法の妙を意識しながら書くのは「うわさのベーコン」という小説の影響が大きいです。興味があれば読んでみてください。

コメント

京王J
sp49-97-106-174.msc.spmode.ne.jp

読みました。

うわさのベーコンって、統合失調症の人が書いた作品ですよね?

失礼ながら、作者様も統合失調症なのでしょうか?
普通の人が普通に書いた短い小説にしか見えませんでした。
一生懸命に「普通の人」から逸脱しようと頑張る姿はとってもキュートですが、今回はまったく逸脱できず、あっさり「普通の人」の枠にはまっているのが興味深いところでした。

文章は、作者様が持っている世の中へのステートメントを延々と聞かせているような心地がしました。
ご自身は書いていて気持ちよかったのかもしれませんが、それを見せられる他人はなかなか申し上げにくい気持ちになりました。

とはいえ、とても素晴らしい可能性を感じましたので、今後に期待しております。

上松煌
111.85.0.110.ap.yournet.ne.jp

天坂さん、こんばんは

 拝見しました。
一見した時、題名が少々「????」でしたが、読んでみて、まさにそのものズバリであったと納得しました。
素直に題名どおりの内容で、最近のごはんの作品の中では非常にマトモで好感が持てました。  
と、同時に、
   >>僕は今回、K君に対して、愛より敵意を優先してしまった。愛と許しの心が欠如してしまった。だからK君は僕から離れてしまった。悪いのは僕である<<
      ↑
との記述には、近頃、なんでも他人が悪いと認識する他罰的な輩が多い中、この主人公(作者)は生き辛いだろうなぁと心が痛みました。

 特にラストの
   >>そう、これが社会活動(仕事)を通じての僕の修業の仕方だ<<
      ↑
には、尊敬しかなかったですね。
おれもそうありたいと心から思いました。
ただ、世の中にはこうした善なる心を最初から馬鹿にし、甘く見て、利用してくるバカがいることも事実です。
これには気をつけないと精神を病む可能性大です。
おれは目つきを見て、相手を判断します。
整形なんかで本来の自分の顔を変えている連中も居ますが、目つきだけは変えられない。
ちょっとしたしぐさの中に現れる邪悪さを見破る眼力は、今のおれたちには必要不可欠と思いますね。

田毎の月。
n219100086103.nct9.ne.jp

>K君はたぶん辞めるだろう。K君と僕は同期で、去年一緒に正社員試験を受けたが、僕は受かってK君は落ちた。

↑ 分かりにくい。

「同期」「正社員」ってワードで『一緒に新卒採用されたんだな?』って思えば、
どうも非正規採用だったらしい・・ってことになって、

契約社員なんか、バイトなんか、派遣社員だったんか、書いてないから読者には分からない。

業種も会社規模も分からない。


そこでやめた。

そうげん
182-166-172-59f1.shg1.eonet.ne.jp

大前提として職場で一緒に働いてる人って、お金を稼ぐためにどんな理由にせよそこに所属しているだけの存在であって、一人一人、別に友達であるわけでもないし、上司部下の関係であろうと無制限に下が上に隷属しなければならない関係でもないというのが現代社会の受け止めだと思います。そこに異を唱えるのは会社は家族と同等の互助団体だと妄信している老害世代の思想の押し付けだとわたしは思ってます。

さて、朝礼の場でK君をののしった「僕」ですけれど、これに同調して他の同僚たちも口々になにかをいったならば、そこは仲良し組だけがはびこる異分子を認めない場でありましょうし、僕の発言を特に制止するでもなく、そのまま放置されていたとすれば、僕自身もある意味周りから白い目でみられていた可能性も微レ存なわけであります。本来であれば上司とか責任者にお伺いを立てて、その方から注意してもらう事項だと思います。結局、異分子を許せない僕自身、きわめて狭量な性格であることが作中で露呈していますし、他者の悪口。不平不満をあらためて、皆の場で失跡したあと、その罪悪感を拭うように《僕は今回、K君に対して、愛より敵意を優先してしまった。愛と許しの心が欠如してしまった。》といわれたところで、お叱りの言葉を受けたあとで、「わたしはあなたのことを思っていってるんだ。いってるこっちの心も痛いんだってことをおまえはわからないのか」といわれたときの、言葉をぶつけられた側の戸惑いみたいなもの感じられて、ああ、ないわーと思わせられたのでありました。でも、結局、老害世代の難癖に対しては、若い世代はスムーズにスルーするだろうし、むしろうまくあやつって操縦してくれるでしょうから、これは同期ということもあって、たんに気に食わない、気に入らないのつばぜり合いの鳴れの果てという印象も持ちました。他者を許す気持ちが真に持てているのであれば、辞めるなら早めにやめてしまった方がいいんだよ、みたいな結論にはならないと思うし、どうもこの小説で示される僕の考えには偏りがあるように感じられました。

しかし偏りがあるのが人として自然だから、社会を映しているという点では読むべきものはたしかにあったと感じました。

アン・カルネ
219-100-29-203.osa.wi-gate.net

なんとなく漱石の「こころ」を思い出してしまった…。

私としては「一方の僕は正社員になったし、家に帰れば家族(妻)もいる。そういう諸々への嫉妬もあって、K君が僕と距離を取ろうとしていたことを、僕は気に入らなかった。」
この「僕は気に入らなかった」の部分をもう少し掘り下げてみたいような、そんな気がしました。
なぜ気に入らなかったんでしょうね。
自分に対する嫉妬から、K君は離れていった。そう思うのであれば、そっとしておくのが人情ってもの。だけど「僕」はそれが出来なかった。なぜ出来なかったんでしょう。なぜ離れていく彼に「怒り」の感情をもったのでしょう。
K君が「僕」の傍にいる事で「僕」の“何”かが満たされていたのでしょうか。
であればその“何”かの正体を突き詰めてこそ、というのがこの作品では大事になって来るのでは? とそんな気がしてしまったんですよね。

あとは、私も「同期」ってところで新卒一括採用かな?って思い、でも正社員登用試験に主人公は合格、K君は落ちたってところでちょっと「?」と思ってしまいました。それと仕事の具体的な内容は書いてあった方が良いんじゃないかな? とも思いました。「K君はとてもマジメに仕事をする。実際、K君が清掃したあとの現場は僕に負けじと綺麗で評判がいい。」とあるので清掃業なのかな? とは思ったんですけど。
また「営業所の上司がひらいてくれた正社員試験の勉強会にK君はまったく参加しなかった。一方の僕は全日勉強会に参加して、帰りの電車の中や家でも勉強と面接の練習をたくさんした。」とあるので、折角だから、清掃業者の正社員登用のための試験には具体的にどんなものがあるのかっていうのも書いてあると良いんじゃないのかなあって思わされました。清掃と一口に言っても色々ありますからね。鉄道関連などでは社内資格を設けていたり、ビルクリーニング技能士の有無とかで職級も変わるなど色々あるみたいですし。そういうところも混ぜ合わせておくと、掴みとしてきらりと光るかなあ、と。そんな気がしました。まあ本筋とは無関係な事ですけど…。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内