作家でごはん!鍛練場
すももりんご

加スターネットの女

 空が晴れて青空が広がり、暑くもなく寒くもない休日に商店街の狭い道をぶらぶらと散策をしている男がいた。その男は小柄な女が奇妙な物を首にかけて、ゆっくりと向かってくるのに気がついた。道は人で混雑している。大勢の人がいても、その女だけ気になり、いずれ直ぐ側を擦れ違うと思った。女は美人とか、特別に容姿が目立つわけでない。理由が分からないが男の直感で急に意識した女だ。男は休日に商店街で偶然の出会いのために一人で歩くわけでない。何かを求めることや仲間と一緒に遊ぶこともなく、ただ一人で街中を歩きまわるのが癖だった。一人では自由に動けて気楽だが目障りな団体に出くわしたら煩わしく通る場所がなくなる。団体を避けながら進んだら女が視線から消えた。この道は有名店がたくさんある。昼の時間には店先に行列ができて混雑している。どこかのお店に入ったのだろうか?と思ったのだろう。何故、この女のことが気になるのか分からない。以前、会ったこと、ありそうだが思い出せない。男は気にしても仕方がないと歩き出した。いつものようにこの道は店の看板がじゃまになるようだ。看板を避けようとした時に店から人がどっと出てきた。男は女を見失ったが団体を無事に避けて歩くことができた。そこに消えた女が急に現れてぶつかってしまった。
「ごめん。看板を避けることに気を取られていたので、体が当たったようです。大丈夫ですか?」男は立ち止まり、転んだ女に手を差し出した。
女は男の手を無視して立ち上がる。
お互いの顔は正面に向き合い目と目が合う。女は無言だ。男は気まずくなり目線を胸の辺りに移した。よく見ると木本ペンダントのような物を二つぶら下げている。男はこの女を気にした要因が本当かどうか分からないままに、これだと決めつけた。
何か理由がなければバツが悪いので「首が重くないか?」と聞いてみた。
返事はないが独り言のように何かを呟いている。「重くても軽くてもあんたに関係ないだろう」一言目は何を言っているのか、よく聞こえない。二言目で、ようやく聞き取れた。右の方にぶら下がっている木本に言っている。
「人害はなさそうだ。警告音が鳴らない」
木本をよく見たら子供の手のひらより小さめで生きが悪くなる寸前のホッキ貝のように、だらしなく口が開いている。女はもう一つ、首から左にぶら下がっている木本を手に取ってパチパチと音を鳴らし始めていた。
「害亊ゼロパーセント。このおじさん、無害で大丈夫だな」男の口調で、ぶっきら棒に言った。
男は老けて見えるがまだ若い。おじさんと言われて少し腹を立て、「何だ、女みたいな男か?」
女は「男と思えば男と言えばよいのにね。おじさんと呼ばれて腹いせに余計なことを言った」首の右にぶら下がっている木本が一度だけ口を閉じるとカスターネットのような音がした。更に「一度きりしか鳴らないだけなら、この男は人害があるほどの者じゃない。相手の事を考えないで言ってしまう癖があるようだ」右手で左の木本をパチパチと鳴らす。無駄口事(むだこうじ)、百パーセントとでた。女は観察するように顔を上げて、まん丸いような目で男をみた。男は直ぐに反応する。
「これらは楽器か?楽器を叩き、弾いて歌うのか?」
「いや、違います。これは悪人を見つける魔除けです」もう一度、女が叩いてみた。変化がない。「やはり、おじさんは単なる人だ。悪人じゃない」独り言のように言った」もう一つは大人の手のひらぐらいの長方形の物だ。びっしりと丸い球をつけている。
おじさんと言われてムカつきながら「そろばんみたいだ。そろばんだったら珠数が少ない。これじゃ、そろばんとして計算できないじゃないか?」
今度は、はっきりした口調で「できますよ。これは善悪の確率を計算するものです」
「先ほどは善人、悪人を計算したのだな」
「いや、違います。善事、悪事。ようするに人じゃなく、事、を計算するものです。善事であっても犠牲になる他の善事を引くとその善事の大小が分かるのですよ。悪事も同じですよ」会話らしい会話になってきたが意味は分からない。
「それでは正義を判断できるか?」男は明快な言葉であるのに答えるのが実に難しい質問をしてきた。
「できません」
「何故か?」
「正義の明確な反対語がないからです」
「反対の言葉はあるだろう。不義だ」
「一般的に正義の反対語は不義であります。しかし正義は道理、道徳など抽象的な道の解釈である。それを権力者は都合主義で軽い調子で言葉を使う。反対語の不義はその道から外れることで主に男女間のことなど正義の反対語にふさわしくなく、しっくりこない。故に計算できない」
「最もらしいが詭弁だな」
「それでは聞き返します。世の中の権力者は正義のために、とよく言うけど、正義のため国を守り戦争を戦い抜くことが正しい道ですか?犠牲者の多くは本当の事を何も知らせられていない弱い立場の人々ですよ。戦争をすることが正義のためなら命より国の方が大切だというので説明ができない。古く伝統的な知識で固まっている人には理解できないと思いますよ。あえて反対語を作るならば不義でなく負義の方があっている。勝てば正義で負ければ負義(不義)です。そもそも、どこの人も戦争が悪いことだと知っている。それなのに戦争をする時、必ず正義のためだという。おかしくありませんか?」
「変な女だな。名前は?」
「計娘です」
「やはり女。計娘か。不思議だ。どうしても前にどこかで会ったような気がする。思い出せない」男は何事もなく去って行った。男の名は畠鎚茄雄(はたけつちなすお)という。
過去に、この二人は会うべくして会って無言でゲームをしていた。その時、当人たちは真剣だった。戦争のように勝てば正義、負けると不義だ。他人に分からない蟠る心が支配する。国と国の指導者もそうかも知れない。
女の名前は算術計娘(さんじつけいこ)という。小学生の頃から祖母の勧めで、そろばんを習っていた。そろばんや算数が好きだった訳でもない。そろばんを習っていると祖母の機嫌が頗る良く、ちょっとした計算をすると褒めてくれる。そろばんの乾燥した木のパチパチと数字を刻むリズムが面白い。その音はタンゴを奏でるカスターネットのように体の動きを誘いだそうとする。音を聞く対象者が悪なら弾かれるが、善なら誘われ、シューズタップの音を想像して共に喜びながら体に入ってくる。やがて体中に広がり顔色に表われて数字が空中に舞い上がり音符にかわる。

加スターネットの女

執筆の狙い

作者 すももりんご
27-140-92-154.rev.home.ne.jp

四万字くらいの長編の一部です。今は三万字くらいのところを書いています。小説は難しいですね。

コメント

neo
203.78.230.242

neoです。読ませていただきました。
話的にはいいと思います。面白い。
あと、1行ぐらいは開けたほうが読みやすいと思います。
それと、カスタネット、ではないんですか?

すももりんご
27-140-92-154.rev.home.ne.jp

neo様 おはようございます。読んでくれて、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

夜の雨
ai195069.d.west.v6connect.net

「加スターネットの女」読みました。

投稿されている部分が短いので読めましたが、これが「四万字」となると、読めませんね。
御作の世界観は面白い要素があるので、それをわかりやすく読み手に伝えるような文章で書く必要があると思います。

御作の流れ。
ある晴れた日、男が商店街を歩いていると、前から首に木本ペンダントのような物を二つぶら下げている女が歩いてきた。
男がその女を気になったのは、首からぶら下げている木本ペンダントに違和感があったからだ。
女が、集団にまぎれて次に見えたときに、男は、ペンダントの女とぶつかっていた。
こけた女に手を貸そうとしたが無視された。
そこで男はきっかけを作るべく、ペンダントが重くないかと尋ねるが。
「木本ペンダント」が男は害がないと、しゃべりだす。
それがわかると、女も男に対応しだした。
女がつけているペンダントは「正義か非か」を判断するもので、確率までも出すものであった。
男が去った後に、説明が入るが、それは男とこの女が以前「ゲーム」で知り合っていたという事。
それと、女は小学生のころから「そろばん」を祖母の勧めでやっており、そろばんをはじく音がタンゴを奏でるカスターネットのように体の動きを誘い、音を聞く対象者が悪なら弾き、善なら誘う。その音が「喜びながら体に入ってくる」ので、表情が変わり数字が舞って音符にかわる。

女の名前は算術計娘(さんじつけいこ)
男の名は畠鎚茄雄(はたけつちなすお)という。

というようなお話でした。

話の内容は面白そうなので、その面白さの表現を一番高くする文体で御作を書く必要があると思います。
御作は、そのようにはなっていません。

キャラクターを練りこむ必要があると思います。
男も女も外見から。
どんな服装をしているのかとか、容姿とか、具体的に。
そうすると、読み手が登場人物をイメージすることができる。
人物のなかみも、どんな個性を持っているのかを書くと、そこから、話が広がっていく。
商店街とか風景もできるだけ具体的に書いて、御作の世界観のイメージを読み手に伝える。
ヒットしているアニメなどを見てもわかりますが、背景も手を抜かずに描いている。

「木本ペンダント」がしゃべりだすところなども、用心がなさすぎのように思います。
男の目の前で「木本ペンダント」の秘密をしゃべってもよいというあたりが女の意識の中にしっかりと入る必要があります。
たとえば男の印象は外見からは悪くても、女とペンダントには無害を超えたところにあることが、ペンダントを通じて女が知るとか。
そのあたりの情報を読み手にわかるように書く。
そうでなくては、女は男に対してペンダントの秘密部分を話すわけもないと思いますが。

男の方は、女から秘密を聞いても、マジック(腹話術)かなにかと思い、信用しない。
男がへたくそな腹話術で対抗するとかで、笑いを取るとか。
それで「あばよ」という感じで去っていく。

ということでキャラクターをしっかりと練りこむ。
ペンダントの秘密が「胆」なので、ここの設定と女と男のやり取りを違和感がないようにする。

上にも書きましたが、御作の世界観は面白い要素がありますので、それをわかりやすく読み手に伝えるような文章で書く必要がある。
というようなところです。

● 「加スターネットの女」  ← タイトルは「カスターネットの女」では、ありませんか?


それでは、頑張ってください。


お疲れさまでした。

すももりんご
27-140-92-154.rev.home.ne.jp

夜の雨様 お読みになっていただき、ありがとうございました。貴重なご意見や表現方法とてもありがたいです。
加スターネットの女は⇒人間未来のきっかけとなる意味を込めて入り口になる⇨ネットカフ加星(火星)のことです。
人間を守るべきアイテムが正と不を知ることになり世界を支配する。カフェは仮想空間のいりぐちで人間達のデターを全て吸い取る。そして支配する。という内容です。原始的なアイテムが進化して知能と計算能力があるコンピューターに進化する。人間の過ちを利用してコンピューターが全てことを判断する怖い世界です。本当に勉強になりました。ありがとうございました。

瀬尾辰治
sp49-98-50-10.mse.spmode.ne.jp

すももりんごさん。コメントを読むと、面白そうなストーリーですね。
それにはまず、日本語の文法を覚えないことには、何も始まらないと思います。

 『空が』晴れて『青/空が』広がり、~。←大雑把に分けたけど、まずは主語の見分けかたですね。
1文節と、2文節以上。←市販の小説の文章を細かく区切ってじっくり読んでいると、主語や、形容詞文の書き方、動詞文、述語、その他(改行)のことまで分かってくると思います。
しかし、空が晴れて←ですか?
普通やったら、雨、霧、雲、雪などに関わることなんじゃないですかね。

その男は←ですか? 続きが主観ぽくて、助詞も変ですよ。
普通やったら、『彼は』←1文節にしたほうが、分かりよく書けると思います。
小柄な女の個所ですが、連用修飾語ってやつを市販の小説で調べていると、そのうち分かってくると思います。
松本清張の小説からやと、労働者、彼、←年齢は不明やけど、分かりよく、彼と労働者を使い分けていますよ。


まあ、日本語の文法は小説を読んで検索して調べたら分かるけど、小説の決まり事っていうのが面倒くさいです。
読点もそのひとつですよ。
りんごさんは必要な個所に読点を打っていないけど、小説を読まないことには分からないと思います。

たまーに、読点に関する変なことを書く人がサイトにおりますね。
読点は強調で息継ぎ。←こんなことですよ。
例えば、こんな文章があったとします。

柔らかいうんこはクサく、←この読点で強調するので、息を吸いこめってことですかね? サイトにおる爺さまとか子どもたちは、それこそひっくり返ってしまいますね。

まあ、他の文法とか決まり事は、自分自身に説明できるように覚えるといいと思います。
ではこれで。

瀬尾辰治
sp49-98-50-10.mse.spmode.ne.jp

ちょっと抜かっていました。主語は述語からでも分かりますよ。

瀬尾辰治
sp49-98-50-10.mse.spmode.ne.jp

ちょっと分かりにくいですね。
市販の小説の文章に書いてある、連用修飾語の個所です。わかるまで読んでみることです。

すももりんご
27-140-92-154.rev.home.ne.jp

瀬尾辰治様 おはようございます。えーと、出来の悪い私の家庭教師ですね!勉強は嫌いですが優しい先生らしいので頑張ります。ありがとうございます。その日暮らしで報酬は払えませんがよろしくお願いします。💛
書き出しを少し直しています。
 季節の変わり目で強い風が吹き、空は雲が流れて青く澄み渡る。遠い北の大地の桜の花も散りだした。梅雨の季節に入るまでは風が止むと暑くもなく寒くもない日が続く。外で体を動かす人々の姿が目立つ大きな公園のある平和な大都会。その一角にある観光地で海外まで知れ渡っている下町の商店街。その狭い道をぶらぶらと散策をしている男がいた。その男は白いハット、シューズと黒の革で半袖ジャケット、ズボンを装って、背中側に縦に赤と金と銀の三本の細い線が伸びている。よく見るとズボンからシューズのかかとに鞘が描かれている。ジャケットには刃物が描かれて白いハットまで鋭い刃先が伸びている。サングラスのようにデザインされた金縁のメガネかけていた。下町には不似合いで無縁の人見える。時々高校生くらいの若い人に尊敬の眼差しで見られる。メタバースのリアル仮想空間に入り歴史ゲームで名をあげた勇者だけに送られてくる服装だ。描かれてある三本の剣は国の王から送られた神刀だ。その男は海外から六年ぶりに自国の街に戻ってきた。最初は何も変わったことがなとおもわれた。いつものように街を歩くと前の方から小柄な女が奇妙な物を首にかけて、ゆっくりと向かってくるのに気がついた。道は人で混雑している。大勢の人がいても、その女だけ気になり、いずれ直ぐ側を擦れ違うと思った。女は特別に容姿が目立つわけでない。理由が分からないが男の直感で急に意識した女だ。
やばいしごとに行かなくちゃ。また店長にガミガミ。失礼します。

瀬尾辰治
sp49-98-50-10.mse.spmode.ne.jp

すももりんごさん。
私はいろいろ覚えている最中ですよ。
まだ、文法とか作法を知らないとき、三連ちゃんで一次も通らなかったです。
次に、日本語の文法を覚えたつもりになって送ったけど、完璧に覚えないことにはダメでしたね。

りんごさんは、書き直してコメント欄に書いていますが、ちょっと変な書き方だと思いますよ。
これは、三年ちょっと前に当時このサイトにおった方に教えてもらったことなんですが、『三人称は作者が全て見て書く』←大正解でしたね。

三人称は、作者が全て見て書きますが、作者は人物が関わっていない場面では、形容詞は感じないと思います。

覚え始めた頃には、市販の小説に書いてある、『~見えた。』←こんなんは、主観やんか。と思っていたけど、作者のたんなる動詞の書き方やねって考えると、納得ですけどね。

形容詞のことに戻ると、
作者は形容詞は感じないから、形容動詞を使って書いていますよ。しかし、間違ってたらいけないので、市販の小説で調べるといいと思います。(本文には形容動詞も使って書いてあるけどね)
(しかし、視点ごとに改行してなくて、長過ぎて頭に入りにくいです)

結果、視点ごとに改行して書いたあとは、また改行して、例えば、
~狭い道を歩く足もとに、~桜の花びらが散ってきた。(と、形容詞とか、登場人物の何かを介入させてから)
 改行して、男の正体を書くといいんじゃないですか? 

公園、商店街、男の格好、女を含む現在の状態って、そんなに詰めて一度に詳しく書きます? 読者はちょっと面倒くさいと思いませんかね。視点に応じて改行は必要ですよ。
主観は書き直すといいと思います。
しかし、三人称では主観みたいなのがたくさんあるから、市販の小説で調べるといいと思います。

「を」~「に」。「に」~「を」順序を間違えると変ですよ。しかし、順序とか、他の助詞も含めて、そのうち分かってくると思います。
三人称やのに、どうして名前を登場させて書かないんですか。仮想空間では、登場人物の男は一人なんですかね。

小説って、がんじがらめでほんまに面倒くさいですね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内