作家でごはん!鍛練場
えんがわ

ペンギンカフェ

 僕は一人、ぽつり、ペンギンを見ていた。
 スカイツリーの麓の、すみだ水族館で。

 ぷかぷかと水面を漂い、時に水中に潜り、ミサイルのようにその中を飛んで、やがてふわりと浮かんでいく。
 プールのように広い水槽は清掃が行き届き、水は澄み、微妙な青い電気の光を通す。ヒーリング音楽は環境音のように耳の周りを水のように流れ、ガラス一枚を隔てて、何十ものマゼランペンギンが、あるものは浮かび、あるものは泳いでいる。
 ペンギンは頭も背中も、翼のようなヒレのような手も、くちばしも黒い。ただ首周りから目にかけて白い線が浮かんでいて、胴の中央にもラインが走っている。お腹は真っ白。
 水槽を見上げてペンギンを見つめることが多い為に、その白の印象が濃く残り、光によって出来た水のような波紋を映すそれは、綺麗だ。
 ペンギンは岩山を模した陸上にいる時は間の抜けたように見え、水面をぷかぷかとゆったりと漂っているのは可愛らしく、そして水中を泳ぐ姿は美しい。
 ペンギンは放たれた矢のように、前へ進みながら潜行し、一定の深さまで至ると、プールの床に沿ってすーっと直線的に滑るように泳ぐ。
 水面でゆったりとしているペンギンが多い中、時折、思い出したかのように、滑り始めるペンギンは、その希少さも手伝って、選ばれた者がカーペットを行くような、そんな優雅さを思わせた。

 そして、彼らペンギンをその水槽の前で、二時間、三時間、四時間、日もとっくに落ちて、ビルの灯かりが輝きだしてとうに経つまで、ぼうっとし続けている、そんな自分は選ばれない者だろう。実際に、僕はパートナーとしてあり続けることを、真樹に選ばれなかったのだから。

 浅草を観光して、浮かれる中国人をはじめとした外国人をよそに、ただ弾まない会話をしていた二人。あの時の、ぎこちなく照れてしまうような初々しい頃のそれとは違い、飽きてしまったような、疲れてしまったような、そんな空気の中に僕らはいた。
 おみくじで中吉だった真樹はそれをなんとなく報告して、それからスマホでSNSにアップして、凶をひいた僕をなぐさめるわけでもなく、そのままスマホに目を戻していた。

 任天堂のゲームをモチーフにしたカフェ。ピンク色の丸っこいカービィと言うキャラ。そのカービィカフェで記念写真を撮って、それからちょっとだけ待って。丸型のキャラクターを模したプレート一杯のピザを僕が、お昼寝オムライスだっけな、ふわふわオム卵を布団に見立ててその中にケチャップライスで型どった丸っこいキャラが眠っている、そんなのを真樹が食べて。それから大げんかをした。最初は声がちょっとうるさいよって言って、それから周りに迷惑だから外に出ようと言って、なのに彼女はどんどんと爆発するように不満を口にして、僕もカッとなって。周りの空気がすっと引いて、怒りというよりも冷たくなったのを感じつつ、二十分。ファンシーな食いしん坊らしい、可愛らしい女の子が好きそうなキャラクターをモチーフに、オシャレとカワイイを詰め込んだカフェ。ウッディな内装に洗練された服装の店員にお客さんたち。それだけに涙の混じる修羅場が、場違いに苦しかった。

 一匹のペンギンと目が合った。一匹一匹それぞれのペンギンには特徴があるようで、エンタメ的な展示でもあった餌やりの時間には、飼育員は一匹一匹見分けて偏りが無いように餌をやっていた。しかし、自分は数時間見つめていてもそのような個体の違い、個性はわからない。いや、見つめていたのか。ただ、ぼうっとしていたんだ。
 とにかくそんな見分けのつかない一匹のペンギンがこっちを見つめているような気がして、思わず顔をうつむけると、それはすっと水中に沈むように潜り、ぐぐっとこちらに突撃するように近づき、通り過ぎた。
 からかわれているようで、励まされているような気持になる。ペンギンの方は無数にやって来る水族館の人間の群れから、僕という一人を見分けることが出来るのだろうか。それは分からないが、なんとなく、自分に向けて泳いでくれた気がした。しただけだけど。

 真樹と別れた理由、そんなのをペンギンの前でずっと探していた。本当はもっと前から探さないといけなくて、なんとか変わらなきゃいけなかったのかもしれない。
 答えなんて月並みで、自分は真樹のことを気遣って大切にしているつもりで、真樹に映る自分の姿ばかり気にしていたんじゃないかな。とか。他に恥ずかしくて人に言えない理由を思いついたりもした。

 ペンギンの水槽の前には、ペンギンカフェという喫茶店のような軽食屋がある。ペンギンの形を模した氷の入ったオシャレなドリンクがあって、それを注文しようと思っていたが、前にいるカップルがそれを頼んで、なにか気恥ずかしく、止めた。
 代わりにペンギンを型どったおにぎりを購入した。ペンギンの姿に切られた海苔のついた焼きおにぎりだ。おにぎりは白米の方がペンギンらしいと思うのだが、そうはしないところがカフェ流のオシャレなのだろう。

 そんな気休めのおにぎりを食べながら、セットのコーンスープを飲みながら、ペンギンを見つめ続ける。食べ終わって、空になった後、どんな味だったか思い出せないくらいに、ぼうっとただおにぎりを口に詰めていたことに気づいたりした。

 結局のところ、真樹とはどうやっても続かなかったのだろう。ただ一人、けんかの後、どうにかしようとするもがきのメールも入れずに、スマホすらも見ずに、ただ、水槽のペンギンを見つめ続ける自分。東京が好きで、オシャレが好きで、人の中で笑うのが好きな真樹。一緒の空間には居れない二人だったんだ。今思えば、合わせようと僕はだいぶ無理をしていたし、真樹も頑張って無理をして合わせようと、あるいはその光のある方へ僕を引っ張っていこうとしていた。
 だけど、残念だけど、空と水の中は違っていて。僕たちはペンギンのように二つの空間を漂ったり、潜ったり、行き来しきれない。

 そんな、こんな水中にいる自分と同じところで呼吸できるような、ずっと見続けてくれるような人と出会えれば、それは幸せなのだろうか。けれど、それは叶わないだろう。
 ペンギンのドリンクを飲み終えたカップルは、ペンギンの水槽を離れ、水族館を後に、ビル街へと帰っていく。
 自分もまた、そうしないといけない。だけど、だけど、あと少しだけペンギンと一緒に居ようと思う。

ペンギンカフェ

執筆の狙い

作者 えんがわ
KD106155001068.au-net.ne.jp

以前、投稿したものをリマスターしてみました。
今は観光どころじゃないと思うのですけど、またここのペンギンと会える日が来ると良いな。彼女はもう来ないけど。

よろしくお願いします。

コメント

アン・カルネ
219-100-29-111.osa.wi-gate.net

ちょっとせつない話。
あとはそれをどれだけ印象深く読ませるかってところなんでしょうね。

折角、カップルが登場するのだから、そのカップルの様子が、主人公と真樹ちゃんと対照的になっていたら、良かったのでは? と思ったりしました。
主人公と真樹ちゃんとの心のすれ違いは回想で描かれているので、現在、目の前にいるカップルはどういう様子でいるのか、ということでしょうかね。以心伝心、連理の枝のような2人なのか、こちらもまたいずれ別れることになるだろうという様子が見え隠れしている男女なのか、どちらでも良いんですけどね。そういう彼らの姿を通して、主人公と真樹ちゃんはどうだったのか、それをちょっと投影してみると、ラストの「ペンギンのドリンクを飲み終えたカップルは、ペンギンの水槽を離れ、水族館を後に、ビル街へと帰っていく。」に含みを持たせることが出来そうな。
あと「自分もまた、そうしないといけない。だけど、だけど、あと少しだけペンギンと一緒に居ようと思う。」というのより、狙いの「またここのペンギンと会える日が来ると良いな。彼女はもう来ないけど。」こちらの一文の方がラストに使いたい文章だなあって思いました。
あと「けれど、それは叶わないだろう。」も無い方が良いんじゃないのかなあ、と思いました。

夜の雨
ai194149.d.west.v6connect.net

「ペンギンカフェ」読みました。

以前のスカイツリーの麓の水族館で、ペンギンが泳いでいる作品読んだ記憶があります。
たしか、映像でも観たような。

御作についてですが。
その「水族館でのペンギンのお話」と「真樹という彼女との別れ」が描かれていました。
うまく別れ話に、ペンギンの動きをからめていいると思います。
なので、深刻になる内容を、ペンギンによってホットする話にしました。
それにしても「スカイツリーの麓の、すみだ水族館」は癒しですけれど、浅草の観光はやばいですね。浮かれる中国人や外国人は風景と化しているところが、第三者の感想人(私ども)からすると、演出がなかなかじゃないかと思わせるところです。
これが、「浮かれる幼稚園児や修学旅行中の小中学生」となると、浅草の観光風景が全然違ってきます。
すなわちこの時点で、「スカイツリーの麓の、すみだ水族館」のペンギンの風景は威力を半減してしまう。
ということで、演出は大事です(笑)。

 >>ペンギンの水槽の前には、ペンギンカフェという喫茶店のような軽食屋がある。ペンギンの形を模した氷の入ったオシャレなドリンクがあって、それを注文しようと思っていたが、前にいるカップルがそれを頼んで、なにか気恥ずかしく、止めた。<<
これって、主人公の年齢が若くないという事ですかね?

あと少しだけペンギンと一緒に居ようと思う。  ← ラストは、納得です。

真樹との別れに関連して、ペンギンでの演出で、主人公の心の動きで伝わりました。

お疲れさまでした。

虎口脱险迅雷
ONI-180-200-250-136.oninet.ne.jp

 読ませていただきました。
 個人的に気になった場所を列記、その後不躾ながら一言二言を。
 最後に作品に対する感想を書かせていだきました。

(列記)
 真樹
→ゲイかトランスジェンダーの話かと思いました。個人的な経験による早とちりで、○樹という名前は男であると空目しました。

 浅草を観光して、浮かれる中国人をはじめとした外国人をよそに、ただ弾まない会話をしていた二人。
→浮かれる中国人をはじめとした外国人、がどうしても使いたいのならば、この一文を二文なりに分けるほうが読みやすく思います。

[感想]
 ストーリーとして動きがなく、一言で言えば「失恋に浸るナルシスト男の独白」でいいんですかね。
 このコンセプト面白いですか? 恩も義理もない奴の「なんで俺フラれたんだろう」と言う話は聞きたくないですけど。しかも、大人しく聞いていればなんの変哲もない話。
 フラれた僕ちゃん可哀想だよねって共感求められても、マキちゃんだか、ペンギンだか? 知らんし、説明すんのかと思ったら、話す内容はペンギンペンギンで、酔っ払った大学生みたいなことグダグダ言ってるし、ペンギンとマキちゃんは関係性ないみたいだし、こんな話されても「は? 何、お前、俺の時間なんだと思ってんの?」と態度には出しませんが、内心思いますよ^_^
 ディテールにこだわっただけの習作だったのかと思うくらい何も残らない話でした。
 語りの男が自己陶酔人間だと言うことだけは伝わってきましたよ。
 正直、ペンギンと失恋の関係性がないままですよね。これじゃただ失恋して自失してるときにたまたまふらふら水族館に寄ったってだけのクソブログと同じだと思いますよ。
 ご健筆を。

青井水脈
om126254164093.33.openmobile.ne.jp

「ペンギンカフェ」読ませていただきました。
確かに今回はせつないというか、少しチクッとして。でもそれを、やっぱりペンギンに癒やされて。
リンク先の動画も観させていただきました、スイスイ泳ぐところ、青紫色みたいな光加減がキレイで。落ち着く空間ですよね、水族館って。ありがとうございました。

>だけど、残念だけど、空と水の中は違っていて。僕たちはペンギンのように二つの空間を漂ったり、潜ったり、行き来しきれない。

今回は、こちらが印象的でした。
二人の住む世界が違うということが、如実に表れていて。

えんがわ
KD106155001068.au-net.ne.jp

>アン・カルネさん

足跡を残して頂き、ありがとうございます。

>ちょっとせつない話。
>あとはそれをどれだけ印象深く読ませるかってところなんでしょうね。

うん。味気が足りないのかな、旨みが足りないのかなと思います。

>現在、目の前にいるカップルはどういう様子でいるのか

ここはもう、主人公にそこまで見る余裕がないというか、そこを作者の自分がどこまでカバーできるか、とかそういう問題なのかな。力不足でした。
そうだよね。視野が狭いよね。僕とペンギンと彼女で閉じてしまっていて。他の人にぜんぜん視点が向かない。
振られた直後の男の心理としてはアリかなと思ってたんですけど、うじうじしちゃっていて、ねー。もっと頑張れるよね。


>「またここのペンギンと会える日が来ると良いな。彼女はもう来ないけど。」こちらの一文の方がラストに使いたい文章だなあって思いました。
>あと「けれど、それは叶わないだろう。」も無い方が良いんじゃないのかなあ、と思いました。

はい、ネガティブで終わるよりも、もうちょっと明るく書けたらな―って思いました。
でも、ねー、根が暗いから、こうなっちゃうんだよなー。
楽しく生きて、楽しく書けるようになりたいな。

アンさん、丁寧に読んでいただいて、ありがとうございます。

「ちょっと切ない」の言葉が凄く嬉しいです。

えんがわ
KD106154142023.au-net.ne.jp

>夜の雨さん

>うまく別れ話に、ペンギンの動きをからめていいると思います。
>なので、深刻になる内容を、ペンギンによってホットする話にしました。
>それにしても「スカイツリーの麓の、すみだ水族館」は癒しですけれど、浅草の観光はやばいですね。

ありがとうございます。
水族館に癒しを感じていただいて嬉しいです。彼の痛みは決して癒えきれたわけじゃないけど。
少しだけ心を整理させて落ち着かせたというか。
そういうものを書きたかったのです。

コロナ前夜に行ったのですが、浅草の観光、やばかったです。ここは日本の伝統ある浅草寺なのかって、ほんと、アジアン、白人さんを含め外国人が多かったなー。


 >>ペンギンの水槽の前には、ペンギンカフェという喫茶店のような軽食屋がある。ペンギンの形を模した氷の入ったオシャレなドリンクがあって、それを注文しようと思っていたが、前にいるカップルがそれを頼んで、なにか気恥ずかしく、止めた。<<

なんででしょーねー。ここら辺の解釈は読者頼みになっちゃいます。自分の解釈では、主人公が少し劣等感があって「君らとは違うんだ」と思って止めた、とか。ここらへん本文では書きたくないし、正解は無いと思います。こういうの逃げって言われちゃうかもですが。


>あと少しだけペンギンと一緒に居ようと思う。  ← ラストは、納得です。
>真樹との別れに関連して、ペンギンでの演出で、主人公の心の動きで伝わりました。

嬉しい言葉、ありがとうございます。
あと、青井さんがふれてくれたのですけど、動画は作者のリンク先から行けると思います。

えんがわ
KD106154142023.au-net.ne.jp

>虎口脱险迅雷さん

何て読めばいいんでしょう。でも、今はコピーペースト出来るから便利な世の中になったなー。

おっしゃることは、良くわかります。

>「失恋に浸るナルシスト男の独白」

そうだと思います。

>「は? 何、お前、俺の時間なんだと思ってんの?」と態度には出しませんが、内心思いますよ^_^

そうですね。そういうことでお互い時間を割きたくないので、ここで終わりにします。
バババーイ。

えんがわ
KD106154142023.au-net.ne.jp

>青井水脈さん

わー。青井さんだー。嬉しい。また来てくれたー。(なんだこのハイテンション)

動画、見てくれましたかー。
可愛くて、綺麗でしょー。ペンギンさん。

こういうのをどうにかして文章の形にしたいんですけど、出来ないのねー。
筆力不足をほんと実感するわーん (ToT)
世の中は美しいものや素晴らしいものに満ち溢れているのに、それを書けない自分、いや受け止めきる事すらできない自分。切ないなー、マイライフ。



>だけど、残念だけど、空と水の中は違っていて。僕たちはペンギンのように二つの空間を漂ったり、潜ったり、行き来しきれない。

>今回は、こちらが印象的でした。
>二人の住む世界が違うということが、如実に表れていて。

お見事です。ここは一番、気を使ったところで、テーマとして強調したかった一文でした。
そこをズバット引用しちゃうんだから、青井さんの、読みは凄いっす。
それとも自分の書く力がまだまだってことなのかな。ははは。
でも伝えたかったことが、伝わったのなら、嬉しいよねー。

ありがとでしたー。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内