作家でごはん!鍛練場
ドリーム

哀愁の旅人 

【一滴の水にも天地の恵みを感じ、一粒の米にも万民の労苦を思い、ありがたく頂きます】
  これは、お遍路さんが一食、或いは一杯のお茶を戴く時の感謝の言葉である。

 徳島の極楽寺を出た秋山浩太(五〇才)は、本来なら三番札所、金泉寺に向かうべきだが、せっかく四国に来たのだから鳴門の渦潮を見たくなり方向転換した。
 どうせ無職の身、急ぐ旅でもない。渦潮を見てから金泉寺に向かえば良い。
 流石にこのお遍路の格好では観光地を歩くのはおかしい。一旦羽織をバックに収め金剛棒は捨てては罰が当たると思い極楽寺に置いて来た。
 この極楽寺、鎌倉にもあるし、京都、奈良、広島にもある。きっと縁起の良い名前だからだろうか。電車で鳴戸駅に着き更にバスで向かった。
 渦潮を見る為の観光船にはタイミングある。何時でも渦潮が舞っている訳ではない。お遍路のご利益が効いたのか、壮大な渦潮を見る事が出来た。

 船を下りて渦潮を見渡せる公園があると聞き、鳴戸公園へ向かった。景色も鳴戸海峡が一望できる絶好の場所だ。
秋山は近くの売店でお茶とおにぎりを買って、人気の少ない海岸近くで腰を降ろした。秋山は今回のお遍路の旅を振り返っていた。自分に問いかける。
 もう中年に足を突っ込んでいるオッサンが一体何をしているのかと。数ヶ月前に馬鹿な事をやらかし会社を追い出される羽目に失業して妻にも見捨てられた馬鹿な男だ。
 だから身を清める為に巡礼の旅に出たのに。そんな事を思い浮かべ公園を漠然と眺めていた。
 誰も居ないと思ったら海岸付近に女性が海を見下ろしているのが見えた。周りには友人らしき人影も見当たらない。彼氏と一緒それとも夫と居るのかと、でも暫く観察していても誰も寄って来ない。女と一人旅か? 人の事は言えないが秋山も一人旅だ。
 
 秋山はペットボトルのお茶を口に運ぼうとしたが、どうも気になるあの女性、景色を眺めているようには見えない。
 そのうちに呆然と立ち上がり海岸の絶壁の方に向かった。
 秋山はお茶とおにぎりの入ったビニール袋を置いて、小走りに彼女を追った。
 「ちょっと! そっちは危ないですよ」
 女性はビクッして、急にしゃがみ込んだ。思った通りだ。飛びこもうとしていたようだ。
 近寄って見ると青ざめた顔をしている。覚悟を決めていたのだろう。
 女性は急に恐怖が蘇ったのか、小刻みに震え嗚咽を漏らし泣き出してしまった。
 とんでない場面に遭遇してしまったようだ。自分も懺悔の身。一滴の水にも天地の恵みなら、彼女の傷ついた心を癒してやらねばならない。彼女が落ち着くのを待って声を掛けた。
 秋山は巡礼の旅、古来より人間には八十八の煩悩があるといわれており空海が八十八ヵ所を周ったのが始まり、秋山はまだ三分の一も周っていないが多少なりにも仏に仕えた身、当然人助けも仏の心得? いや秋山の場合は単に女性と話をしたいだけかも知れない。つまりスケベ心があったからかも。
 嗚呼修行が足りぬ。どう思ったかは別として咄嗟に声をかけていたのだ。

 「いけませんよ。早まったマネは。何があったか知りませんが、僕が見かけた以上、ほって置けませんからね。ともかく此処を離れましょう。あの……持ち物はハンドバックだけですか」 
 彼女は何も言わずコクリと頷いた。秋山は強引に、さっきお茶を飲もうと座った場所に連れて行った。彼女は抵抗するでもなく着いて来た。
 「さぁ、このお茶を飲みなさい。少しは落ち着くでしょう」
 「…………」
 彼女は無言のまま下を向くだけだ。こうなれは無理に事情を聞く訳には行かない。
作戦変更だ。まず自己紹介がてら自分の事を話した。
 「まぁ良いでしょう。見ず知らずの他人に言える訳でもないですからね。僕は秋山と申します。訳があってお遍路の旅をしています。始まったばかりですがね。恥かしい話ですが、僕はある事情で会社を辞めざるを得なくなりました。身から出たサビって奴ですよ。まぁ罪を悔い改める旅ですかね」
 すると彼女は反応した。

 「罪を改めるって? どんな罪を犯したと言うのですか」
 「聞きます? 僕だって、これを言ったらみっともなくて、死にたくなりますがね。何も死にたいのは貴女だけじゃないのですよ。一生の不覚というんですかね。会社の宴会の席で酒が入り過ぎ、僕は気が大きくなり部下の女性に抱きついてしまって、その後は何も覚えていません。気が付いたらセクハラで訴えられ示談金を支払うハメになりまして。同僚には白い目で見られるし、こうなれば始末書で済む訳がない。解雇を言い渡される前に辞表出すしかありませんでした。それだけなら良いのですが妻からも三下り半を突きつけられましてね。酒の席での事では済まなくなって、まさに人生の破滅ですよ」
 「まぁ。お気の毒。魔が差したと言うより酒に溺れただけでしょう」
 「だけって? 僕は全てを失ったんですよ。だからお遍路になって身を清めようと」
 「ごめんなさい。でも私も大きな罪を犯しました。だから死ぬしかないと思ったのです」
 「なんですか、その罪って」
 「私も恥を忍んで言いますね。軽蔑するなり好きにして下さい。実は私は高校教師をしていました。止せばいいのに、教え子に『先生が好きです』と告白され燃え上がり恋に落ちてしまったのです。やがて学校や相手に両親の知る処となって、解雇同然に辞表出して逃げだしたの」
 「そうですか、私と似ていますね。貴女も魔が差したとしたのですかね」 
 「四十路を過ぎて焦ったのね。もう学校内だけじゃなく街中の噂になって二度と、その街に戻れなくなったの。だから鳴戸の渦潮の中に身を沈めようと思ったの」
 「なんか似た者同士ですね。でも過ちを犯しても、別に牢獄に閉じ込められた訳でもありません。再起は可能じゃないですか。相手が教え子と言え好かれる女性なのですから捨てたものじゃないですよ。どうですか僕と一緒に、お遍路の旅に出ませんか」
 「でも私は最悪です。二十才以上も年下の教え子に手を出すなんて、逃げ出すように旅に出たんです。それが此処、鳴門の渦潮に身を投げようと」
 「恋には年齢は関係ありませんよ。それに僕から見た貴女は綺麗だ。そんな美しい女性がこの世から消えるなんて勿体ないですよ」
 彼女は一瞬笑った。少しは吹っ切れたのだろうか。恥を忍んで互いに漏示した仲だ。互いに恥をさらけ出す事で気持ちが楽になった。
彼女は一緒に行くと着いて来た。荷物は駅のロッカーに預けてあるというので一緒に取りに行った。

 「処で貴女は今夜、何処に泊まるのですか」
 「秋山さんはどうなさるの」
 「僕はお寺に泊めて貰おうと考えています」
 「お寺ですか? 私がお金を出しますからホテルか旅館に泊まりましょうよ」
 「そんな贅沢はして居られません。そんな事をしていたら、すぐに金が底をつきますよ」
 「だって私は秋山さんの話をもっと聞きたい。でないとまた自殺するかも知れないもの」
 「えっ、吹っ切れたんじゃないですか……分りました。仕方がない旅館に泊まりましょう」
 このままサヨナラして本当に死なれては困る。仕方なく承諾した。二人は古い旅館に泊まることにした。
宿帳には自分の名前と彼女は妻と記載した。まぁ旅館は相手が誰だろうと、どんな関係だろうと一向に気にしない、客は客である。
 「あの~お金は割り勘にしませんか。貴女に出して貰う理由もないし」
 「ありますよ。私を思いと止まらせてくれたもの。節約するからと、同じ部屋にしたじゃないですか」
 「そっ、それは不味いですよ」
 すると彼女は睨むように言った。

 「何を言っているのですか。お互いに子供じゃないし。恥も出し合った仲でしょう」
 「そんなつもりで、恥を明かした訳ではありません」
 「あら? 私だって同じよ。裸を見られたようなものよ。こうなったら最後まで恥を晒しましょう」
 逃げる秋山に追い縋る女、部屋でドタバタの末、部屋の灯りが落ち、時おり呻き声が聞こえた。
 一滴の水にも天地の恵みを、仏の教えを忘れた訳ではないが据え膳は喰わねば失礼にあたる?
  昨日は一体なんだったのだろう。自殺しようとした女を助けただけなのに、これでは弘法大使に申し訳ない。仏の道に背く行為だ。
 だが男の性には勝てなかった。まだまだ修行が足りない秋山浩太であった。
 二日後、二人は白衣を羽織り、菅笠を身に着けた女性が松山浩太の隣を歩いていた。
ひょんな事から一夜を共にした二人、気が付けばまだ彼女の名前を聞いていなかった。
 「処でまだ貴女の名前を聞いていませんでした、宜しかったら教えてくれませんか」
 「あっそうでしたね。私は藤原優子と申します」
 「では優子さんとお呼びしても宜しいですか」
 「ええ、では私も浩太さんと呼んで宜しいですか」
 互いに下の名前で呼び合い親しみが増して行った。
  共に人に言えない傷を持つも者同士、お遍路参りは二人に明日への希望を見つけてくれるのだろうか。
彼女が立ち直ってくれれば、秋山にも光が見えてくるだろう。そして彼女は心の傷から解放されたら、再び飛び立って行くだろう。
 だが松山浩太は出口の見えない旅を続けるか、それとも、この四国で仕事を見つけようか。そなん旅を三日続けた。
もう二人は懺悔の旅も充分だろうと話し合った。
 しかし二人共、現在無職の身、更に明日の希望がある訳でもない。互い傷を舐め合っても慰めにしかならない。
二人は昨夜話し合った。それでも生きて行くと決めたからには助け合って働かなくてはならない。
「処で優子さん、これからどうするの。僕は気分一転沖縄に行こうかと思っているんだ」
「沖縄かいいわ。私もついて行くわ」
「そうか一緒に来てくれるか」
「私も全てを忘れ浩太さんに着いて行くわ」
一から出直そうと二人は新たな一歩として沖縄に渡った。
優子は教員の免許はあるがもう教壇には立ちたくないと言う。浩太もサラリーマンには嫌気がさしていた。また酒で失敗したくないと言う。

 「ねぇ優子さん、なんか商売始めようか」
 「えっなんの商売?」
 「うん前から考えていたんだけどラーメン屋はどう」
 「えっ経験はあるの」
 「それは大丈夫、なにせ実家はラーメン屋だからね。本当は親父に後を継げと言われたけど、その頃はサラリーマンに憧れていてね、いま思うとわがままで勝手だったけど親父も母も数年前亡くなったし罪滅ぼしにと考えていたんだ」
 「商売よ、お客に出すラーメン作れるの」
 「それは大丈夫、高校の頃から時々店の手伝いをしていたから問題ない」
 「それなら私も手伝うわ。もうこうなった一蓮托生、着いて行きますよ」
 「それは有難い、では決まりだね」
 「処で資金はあるの? 私少しならあるけど」
 「まぁそれは都内や大阪の繫華街なら厳しいけど那覇の繫華街じゃなければ、いい物件があると思うよ」
 「そうねぇ、なんだか楽しくなってきたわ」

  二人はなんとか借金しない程度の資金は持っていた。いくら失敗したとは言え人生経験も長いし、それなりの貯えもあった。但し失敗したら地獄が待っている。そもそも二人は地獄を見て来た。それだけに必死だった。
 沖縄のラーメンは本州のラーメンとは違い、麺はうどんみたいな物でソーキソバと言う。二人は東京ラーメンとして売り出した。因みに北海道、東北は濃い味を好むという。南に行くにつれ薄味になって行くそうだ。
開業には防火管理者の講習、食品衛生責任者を選び、保健所に届ける事で開業出来る。不思議な事に調理師免許が無くても開業出来るそうだ。勿論あるに越したことはない。すると優子が言った。
「あら私、調理師免許なら持っているわよ。教師になる時ついでに色んな免許を取得したの。いまじゃ宝の持ち腐れだけど」
「とんでもない飲食業には欠かせないものです。流石元教師、伊達じゃないですね」

 東京ラーメンは店にもよるがあっさり味が好まれる。勿論沖縄だって本州のラーメンはあるが秋山の作ったラーメンが受け入れられた。秋山も父に仕込まれた腕は本物だった。父に感謝しなくてはならない。人生に失敗し途方に暮れていた二人が水を得た魚となり商売は繁栄して行った。
それから十年の月日が流れ、二人の髪の毛も白い物が見えるようになった。店の二階は住まいとなっているが、これを機に店舗付きの一軒家を購入することした。息子も大きくなったし……と言うのも訳がある。今中学二年生の男の子がいるが二人の子供ではなく特別養子縁組して引き取ったのだ。なにせ商売を始めて子供が出来のではやっていけない。それに優子も年齢的に厳しいためもある。しかしながら子供が欲しかった。ラーメン屋を開業してから二年目のときだった。六才で引き取り、丁度小学校に入学の時期で学校に行っている間は仕事に影響はなかった。あれから八年にもなる。今では本当の親子に負けない愛情を注いでいる。そんなある日の事、息子の雄介が三日間の修学旅行に行く事になった。
「そうか雄太も修学旅行に行く年になったんだな。楽しみだな。じゃあ小遣いを持って行きなさい」
そう言って一万円を渡した。すると妻の優子が口を挟む。
「あらぁ貴方も少し甘いんじゃない。小学生にそんなに持たせたら駄目よ」
「そうだよ。お父さん先生に言われたけど五千円までだって」
「そんなものか。まぁ仕方がない気を付けて行くんだぞ」
「ありがとう、お父さんお母さんお土産買ってくるね」
 すると優子は目を細めて行った。
「雄太、優しいのね。お土産なんか良いから自分の記念になる物を買いなさい」

 雄太が旅行に行っている機会に二人は久し振りに店を休んで旅行する事に決めた。もちろん二人の出会いの場所、鳴門に決めた。いま思うと運命の出会いだろうか。浩太が差し出したお茶は優子にとって恵の一滴となった。
 【一滴の水にも天地の恵みを感じ、一粒の米にも万民の労苦を思い、ありがたく頂きます】

 了

 

哀愁の旅人 

執筆の狙い

作者 ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

人生に傷ついた二人の出会いを描きました。
 同じ境遇をもつ二人の出会い、人生に絶望するような出来事を経験した。
 そんな二人がどう歩んだのか。掌編で仕上げました。
 皆様方、本年も宜しくお願い致します。

コメント

青井水脈
om126254249214.33.openmobile.ne.jp

読ませていただきました。
今年もよろしくお願いします。
はじめに訂正箇所を。弘法大使→弘法大師


>本来なら三番札所、金泉寺に向かうべきだが、せっかく四国に来たのだから鳴門の渦潮を見たくなり方向転換した。

>もちろん二人の出会いの場所、鳴門に決めた。いま思うと運命の出会いだろうか。浩太が差し出したお茶は優子にとって恵の一滴となった。

ちょっとした行動が、後にそれぞれの運命を動かすことになりましたね。


【一滴の水にも天地の恵みを感じ、一粒の米にも万民の労苦を思い、ありがたく頂きます】

年明けにふさわしいハッピーエンドで。あと、上記の言葉を知りませんでしたし、読めてよかったと思いました。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

青井水脈さま

早速お読み頂きありがとうございます。

>弘法大使→弘法大師

言われて気づきました。まだまだ修行が足りませんね(笑)
この小説はリレー小説だっんですよ。
と言うのは数人で共同作成というか続きを書くものなのですが
これは非常に難しくて対外は挫折してしまいました。
結局は最後まで書ききれませんでした。それで自分なり作って見ました。

それでお遍路さんについて調べて見たら一滴の水・・・・・そんなのがありました。
ありがとうございました。今年も宜しくお願います。

大丘 忍
p0251258-vcngn.oska.nt.ngn.ppp.ocn.ne.jp

読みました。やはり男と女は一緒に暮らすのが幸いだと思いましたね。子供が生まれるとさらに良いのですが、貰い子でも子供はあったほうがいいですね。

夜の雨
ai195164.d.west.v6connect.net

「哀愁の旅人」読みました。

人生に傷ついた二人の出会いを描きました。 ← 二人とも、異性問題。主人公の秋山浩太(五〇才)は職場の宴会で部下の女性に抱き着いたとかのセクハラで会社を辞めざる得なくなった。妻があきれ果てて離婚。詳細が書かれていませんが、ふつうはここまで、ことは大きくはならないと思います。きっと、「職場や家庭で嫌われていた」のでしょうね。
ほかにも問題があったというような伏線があれば説得力があると思います。

藤原優子の場合は、高校教師で生徒から「好きです」と、言い寄られて、舞い上がってしまい、ことに及び、学校におられなくなった。
これは、しかたがないなぁ。

まあ、お二人ともわかりやすい不祥事でお辞めになった。

藤原優子が自殺しょうとしたところを止めて、そのあと二人で旅館に泊まり、関係ができてしまった。
まあ、流れからするとわからなくはないですが。
そうならないと話が進まないので。


三日の懺悔の旅のあと、沖縄にわたり、ラーメン屋を二人で営んだ。
このあたりは、伏線もあり二人が一緒に生活をする設定としては違和感はなかったです。

養子縁組の男の子を育てて、雄太は優しい子供に育った。
彼が修学旅行に行く間に二人も旅行に行くことにした、
二人が出会った鳴門へと。

>>浩太が差し出したお茶は優子にとって恵の一滴となった。
 【一滴の水にも天地の恵みを感じ、一粒の米にも万民の労苦を思い、ありがたく頂きます】<<

「一滴の水」から、人を救うことができたし、他人とつながることもできた。微量なものから、人生も広がる、というようなことですかね。

作品全体を通して、違和感なく読めました。
人と人の出会いを描いた作品で、「あるかもしれない」というようなところでしょうか。

まあ、インパクトが小さいので、面白みは少ないかもです。

御作を面白くするのなら、
基本的な構成は御作でよいと思います。
>自殺しょうとする女を止めて、話をしているうちに関係ができてしまった。
>それで二人で商売をすることになった。
>子供をもらい受けて、育ちもよくて平和な家庭をつくり、幸せに暮らした。
基本的な構成はよいので、登場人物やらの設定を変えて、わかりやすく言うとアレンジする。
たとえば「女」は高校教師ではなく「死神(女)」とか。
男もええ加減な性格が災いして現状(たとえば、やくざのような稼業)になっていて、将来性がない。

「死神」の女が自殺しょうとするところを男が止めた。
自殺の理由を尋ねると「ノルマが達成できない」とか。
人間が亡くなりそれらを、あの世に連れていくノルマ。
「同情するなら、死んでくれ!」と、美人の死神に言われて、男は死神と関係ができてしまったので、引くに引けない。なにぶんにもとんでもなく美人なので。
それで二人で「死人を出す旅へ」に出る。
こんな感じにすると、面白くなりませんかね。
年明け早々、とんでもねえなぁ(笑)。

お疲れ様です。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

大丘 忍さま

いつも大変お世話になっております。


>やはり男と女は一緒に暮らすのが幸いだと思いましたね。

やはり旅に出ると気持ちが大きくなるのでしょうか
旅にあった事はその場だけ、恥のかき捨ても出来ます。
それと金銭感覚が鈍くなりますね。
私が旅をしている金銭感覚が薄くななり使いすぎしまいます。
正月らしくハッピーエンドで終わらせました。

ありがとうございました。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

夜の雨さま

いつもお読み頂きありがとうございます。

>きっと、「職場や家庭で嫌われていた」のでしょうね。

どこにでも酒癖の悪い人は居ます。
多分、また始まった。もう知らんと見捨てられたのかですね。

>たとえば「女」は高校教師ではなく「死神(女)」とか。
>男もええ加減な性格が災いして現状(たとえば、やくざのような稼業)になっていて、将来性がない。

そうなって来ると、とんでもない組み合わせですね(笑)
これではハッピーエンドに仕上るのは無理ですね(笑)

面白いアィデアありがとうございました。

ウィリアム・カウパー
p3dd33448.hkidnt01.ap.so-net.ne.jp

ドリームさん、お久しぶりッス。ちょっと懐かしくなって見に来たらドリームさんの作品があったのでつい読んでしまいました。書き出し部分いい感じで、おっ作風変わったじゃん、とつい引き込まれてしまいましたが、絶壁に女が立っているあたりからいつものご都合主義、もといドリーム展開になってきて、変わってないんだなあとホッコリさせられました。ハッピーエンドはドリームさんの信条ですもんネ^^

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内