作家でごはん!鍛練場
日常莉来

平凡な私のバラ色生活 第一話 いつも通りの、平凡な日々

 夏のひんやりとした早朝、私はベッドの上で寝返りを打った。
 重い瞼を開け、時計を確認すると、六時だった。
 まだ起きたばかりの働かない頭を持ち上げ、一階に向かう。
 親は共働きで、二人とも、早い時間に家を出る。妹も、今日も友達と出かけるらしい。
 私は電気をつけ、しん、とした空気を破ろうとテレビをつけ、冷蔵庫から、親が用意してくれていたご飯と味噌汁を取り出し、レンジに入れてボタンを押した。
 ぼうっとテレビを見ていると、数分後にピー、ピー、と温め終了の合図が響いたので、レンジから取り出し、テレビの前にあるテーブルに置くと、私も座り、「いただきます」と呟いて箸を取った。
 ご飯と味噌汁を口に放り込むと、身支度をする。
 親からは、「もう高校生なんだから、おしゃれぐらいすれば良いのに」とか言われるが、おしゃれには興味ないので、私の身支度は最低限の洗顔、ドライヤー、歯磨き、着替えだけ。
 いつも通り、私は図書カードと返す本をカバンに入れ、ドアを開けた。
 そこには、異世界が広がっていたーーーー訳ではなく、いつも通りの緑一色の山に青い空、ミーン、ミーン、と鳴くうるさい蝉の声、一瞬で汗だくになるような、ジリジリと照りつける太陽の下の世界だった。
「あっっつい……」
 私は思わず呟き、自転車にまたがった。
 ペダルに足をかけ、一気にこぎ始める。
 真夏の暑い日に、涼しい風が気持ちいい。
 自転車を約三十分走らせると、図書館についた。
 カバンを自転車の前カゴから取り出し、図書館に入館する。
 入館して最初に目に入る貸し出しカウンターには、暇そうな司書が二〜三人、椅子に座っていた。
 図書館には、いつもの事だが人は少なく、いても十人未満、といったところだ。
 もともと図書館が小さいため、そんなに人の少なさは目立ちはしないが、図書館特有の緊張感が滲み出ている静けさはあまりなく、普通の、人がいない時の静けさがあり、少人数を好む人が来そうな場所だった。
 いつものようにファンタジー小説コーナーに行き、棚を覗き込む。
 もちろん、いつも新しい本が入荷されるわけもないので、何回も読んでいる本を選ぶ。
 貸し出しカウンターに返す本、借りる本と図書カードを出し、本を借りる。
 本をカバンに入れ、図書館を出る。
 再び自転車にまたがり、こぎだした。

平凡な私のバラ色生活 第一話 いつも通りの、平凡な日々

執筆の狙い

作者 日常莉来
203.78.230.245

初めまして。日常莉来です。
日常莉来のところを押していただくと、短くまとめた自己紹介に繋がると思います。
初めて小説を書かせていただきます。
平凡がいい、という時もある。
そう思わせるような作品にしていきたいと思っています。
ご意見・ご指摘があれば、どんどん送ってください。よろしくお願いします。

コメント

偏差値45
KD106154138140.au-net.ne.jp

ストーリーとしては「これから」なので何とも言えないですね。
もしもこれで終わりならば、「つまらない」という結果にはなります。
内容としては、とりあえず、伝わっているので良いとしても、
気になる点は、時間の経過です。
何となく内容と時刻の不一致を感じますね。

>重い瞼を開け、時計を確認すると、「六時だった。」
もっと眠っていれば良い時間だと感じます。

>ご飯と味噌汁を口に放り込むと、身支度をする。
>私の身支度は最低限の洗顔、ドライヤー、歯磨き、着替えだけ。
上記の二行で一時間と想像。

>自転車を「約三十分」走らせると、図書館についた。

図書館の営業時間は?
施設によって違うでしょうけど、ちょっと早く到着してしまうんです。

さらに、
>ジリジリと照りつける太陽の下の世界だった。
「あっっつい……」
 私は思わず呟き、自転車にまたがった。

この表現では、個人的な感覚で言えば、十時以降でしょうか。
つまり、文章の内容と経験則で感じる時間に差があるので、違和感がありますね。

また、……。
>いつも通り、私は図書カードと返す本をカバンに入れ、ドアを開けた。
>自転車を「約三十分」走らせると、図書館についた。
>いつも通りの緑一色の山に青い空、ミーン、ミーン、と鳴くうるさい蝉の声、一瞬で汗だくになるような、ジリジリと照りつける太陽の下の世界だった。

この内容から想像すると、夏休みに毎日、すごく遠い(10キロ程かな)図書館に
通っている。しかも借りて来て返すわけですから、物凄い読書量になりますね。
ちょっとした修行のように思えるかな。

日乃万里永
KD106160080156.ppp-bb.dion.ne.jp

拝読いたしました。

先日は、拙作に御感想を下さいまして、ありがとうございました。

小説を書く時、意識しなければならないのは、常に読み手側に回り、自分だったらこの内容の書物を読みたいと思うだろうかと意識し続けることだと思います。

推理小説など、いきなり事件から入りますが、読み手は、なぜこのような事件が起きたのか、理由は……と思いながら読み進みます。

私も時々独りよがりになってしまうことがありますが、読まれる作品でなければ、書いていてもいみがないのだと心がけるようにしています。

御作は、とても情景が浮かびますし、読みやすかったです。

後は、冒頭のインパクト、読者をどこまで引きずり込むかだと思います。


読ませていただきまして、ありがとうございました。

日常莉来
203.78.230.242

偏差値45様
ご指摘、ありがとうございます。
自分も時間までは気にしていなかったので、新しい発見になりました。
参考にさせていただきます。
本当に、ありがとうございました。

日常莉来
203.78.230.243

日乃万里永様
ご感想、ありがとうございます。
読み手側に回る、という意識は、自分もしっかり持って書こうと改めて思いました。
すごく参考になりました。
本当に、ありがとうございました。

夜の雨
ai226055.d.west.v6connect.net

「平凡な私のバラ色生活 第一話 いつも通りの、平凡な日々」読みましたが。

>執筆の狙い<
初めて小説を書かせていただきます。
>平凡がいい、という時もある。
そう思わせるような作品にしていきたいと思っています。<

ふ~ん……。
「平凡」を書くには、非日常を書き、対比させればよいと思いますが。
非日常に主人公が遭遇してこそ、「平凡」が良いと思うのではありませんかね。

何も起こらないだけの「平凡」な日常を書くのなら、その平凡が「いかによいのか」を「具体的に書く必要がある」と思います。
たとえば、図書館に自転車で行くすがら、土手の花がきれいだとか、散歩しているおじさんの犬が、駄々をこねているとか。
赤ちゃんを抱いて散歩中の女性が幸せそうだとか。
そういった周囲(世間の平和)の風景を絡めて描く必要があると思います。

それをするには「一人称」ではなくて「三人称」とか、「神視点」とかで「客観的に物語を描くべき」だと思いますがね。
一人称で、「対比も意見(こう思った、等など)も書かずに」リアル「家庭内だけの平凡な日常が良い」というようなエピソードを書いてしまうと、「主人公が、意識して自分だけの”平凡”な日常を描くことになる」ので、「第三者からみると、あんた、『自分の世界』の、平凡を意識しすぎだよ」という事になるのでは、ありませんかね。

「平凡な私のバラ色生活 第一話 いつも通りの、平凡な日々」  ←要するに、自己中の平凡な私生活という事になります。

「三人称」とか、「神視点」で描くと、主人公は、そのほかの一人にすぎないので、客観的に主人公や世間の平凡な世界を描くことができます。
だから「主人公よりの三人称視点」で平凡な物語を描けばよい。
それと、自分の平凡な日常だけを描くのではなくて「世間様の平凡な日常も描く」と、良いのでは。

こんな感じで、どうですか。

お疲れ様です。

日常莉来
203.78.230.252

夜の雨様
ご意見、ありがとうございます。
「自分の世界の"平凡"ですね……。
自分もそれは思いませんでした。
頑張って意識して書こうと思います。
参考になります。
本当に、ありがとうございました。

ひなこ
KD106128122253.au-net.ne.jp

こんにちはコメント失礼します。
平凡ですね。鬱屈もせず事件も起こらず楽しいでもなくただ、ただ、平凡。よくあるねーっていう日常でした。そういうのが気づかない幸せなんだろうけど現実は。でも小説なら平凡をさらに際立たせるような書き方が求められると思うんです。贅沢かな?
退屈を退屈なまま小説にしてしまうと読み物に刺激を求める私みたいなやからは素通りしてしまいます。怪人がでる、不幸な人がいる、異世界へいく、等やっぱり刺激が欲しかったです。その中で、平凡な主人公が際立つような描き方を希望します。

でも、こういう日常は、良いですね!ありがとうございました

前略
nat6.kkm.ne.jp

こんにちは。

小説の書き方はいろいろ未熟ですが、文学・社会学として非常に興味をそそる作品だと思います。これがもしあなたのリアルに近いなら身につまされる思いです。
まあ、タイトルをみるとこれからエンタメ展開とは思いますが。

毎日、家族と一緒に朝食が食べられないことを普通なこととしていけ入れる小学生。悲しきも、諦めも、義務感も、希望や欲望もないフラットな精神状態が他者に対しても興味を示さないでいる。自分ではこれらの自覚もないように感じます。違う世界に行きたいのか? 否定する常識もあるようです。

さて、どのようなアドバイスを差し上げるべきか悩むところです。今はまだ心の深淵を覗くような小説にはしないほうが良いのではと思います。


アドバイスとしては、形式段落や意味段落を形成すること。
説明している対象ごとの区切り、時間の区切りを意識して、前の事柄との関連性を意識して繋ぐ書き出し。しいてはストーリー全体の構成を考えることではないでしょうか。
風景より、時間の流れを感じさせる動きを意識すること。
※一人称なら風景描写はくそくらえぐらいでよいと最近は思う。(一人称は主観的、三人称は客観的)

人称、視点等の小説の書き方について分からないことがあれば、我流になりますがお答えますので質問してください。

頑張ってください。

日常莉来
203.78.230.246

ひなこ様
刺激ですね……。
まだ話は続く予定なので、次はそれも意識して書こうと思います。
ありがとうございました。

日常莉来
203.78.230.238

前略様
アドバイス、ありがとうございます。
自分も、短い文ですぐ次の段階に移ってしまう事があるので、気をつけようと思いました。
質問なんですが、自分はあまり推敲の仕方というか、どこに気をつけて推敲を行うかのポイントがわかりません。教えていただけるとありがたいです。
本当に、ありがとうございました。

前略
nat6.kkm.ne.jp

推敲のポイント(自己流ですが)
◎時間を空けて推敲すること
書きあがった直後は「私って天才」と、どうしても思ってしまい客観的に見ることができないのです。次の日に推敲したり、ネットに投稿等で、修正できる場合は一週間、一か月と嘆く間隔を空けてから複数回の推敲を推奨します。
◎読み上げソフトを利用する。
黙読だと誤字があっても脳内で自分勝手に変換してしまいます。テキスト読み上げソフトを活用すれば、同音異義語以外なら発見しやすいと思います。
〇音読する(重要なところ)
息継ぎや文章の滑らかさ、テンポよさを確認しながら音読し感性・感覚で判断する。
◎読点の間隔が短いとプチプチきれて滑らかさがなくなる、長すぎると息継ぎができない。等間隔を基本にするが、この単語はどれにかかっているかを考えながら読点を打つ。
ぎなた読み等ひらがながの区切りが分かりづらい場合は読点を打ちます。
〇できるだけ簡単で分かりやすい文章にする。
エンタメでは情報を伝えることが重要なので5W1Hを意識します。ラノベも流行っていますので難しい漢字は使わないほうが良いと思います。
・好きな作家の文章をまねる。
まったくのコピーでは困りますが、好きな作家の書き方を研究しまねたほうが上達は速いかもしれません。(ラノベ以外)
〇単調にしない。同じ言葉ばかりを使わない。
文末は基本「~た。」です。行動の描写の進行形の場合は、たまに「~る。」を使いますが使い過ぎはやはり変。体言止めも活用。
一行改行が多いと目立つ。セリフに「言った」については仕方ないと割り切った方が良いと思います。(セリフ間で地の文を書けない人が多いから)
・指示語、擬音は最小限にとどめる。
なんでしょう。これは感覚的なことでしょうか。使いすぎると軽くなる・スマートでなくなる気がします。
・風景、空間、登場人物の位置関係を頭の中でイメージする
できる人とできない人がいるかもですが、できるならカメラ(視線)のなめらかな動きやズームアップイメージして、提示する情報の順番や支店のブレかどうかを考える。(始点のブレは下で説明)

段落について
>>夏のひんやりとした早朝、私はベッドの上で寝返りを打った。
>>重い瞼を開け、時計を確認すると、六時だった。
>>まだ起きたばかりの働かない頭を持ち上げ、一階に向かう。
この3行の主語は「私」である。なので形式段落とすることが基本。(主語の省略)
ただし、ベッドから降りる工程が省略され、時間の間隔があるので改行しても良いと思います。(ベッドから降りる仕草の描写はあった方が親切かもしれない)

 夏のひんやりとした早朝、私はベッドの上で寝返りを打った。重い瞼を開け時計を確認すると六時だった。
 まだ起きたばかりの働かない頭を持ち上げ一階に向かう。

視点について(余談)
>>夏のひんやりとした早朝、私はベッドの上で寝返りを打った。
難しいかもですが、これは「視点のブレ」とみなされます。一人称の場合は主人公が知らない情報は基本書けません。寝返りをうっても主人公は寝ているので分からないはずです。たまに出るのであれば問題になりませんが、執筆者に自覚がなく何でもかんでも書いてしまうと、小説がご都合主義になってしまいます。

ただし、物語は過去に起きたことを語るので、語り手の主人公はストーリー上の年齢よりは上になります。つまりストーリーの結末を語り手は知っているので、あえてそれを話さないということともあるということです。
また、例えば一人称の主人公が小学一年生なら小学一年生の喋り方(地の文、語彙)になりますが、冒頭で過去の話をするよと宣言すれば、大人の喋り口で問題ないです。ただし、心情描写の直接表現(独白)は小学一年生の言葉になります。この場合の独白のを表現方法はセリフと同じように改行して(カッコ)で囲んだ方が読者には伝わりやすいです。
※主人公大人、語り手大人ならあいまいに表現することも可能だが、ストーリー上の時とストーリー完了時は必ず主人公の考え方が変わっている(心が成長している)ので、思いが違う場合があること注意。

頑張ってください。

PS
自己紹介を見ましたが、ちょっと信じられないです。ですので回答が難しかったらごめんなさい。

前略
nat6.kkm.ne.jp

追加

>>ベッドの上で寝返りを打って私は目覚めた。吹き込んだ早朝のひんやりとした空気が窓のカーテンを揺らす。夏の日。

これなら、視点のブレはギリギリセーフかも。(;^ω^)

日常莉来
203.78.230.235

前略様
教えていただき、ありがとうございます。
視点についても、とても勉強になりました。
ありがとうございました。

信じられないとは何が信じられないんですか?

前略
nat6.kkm.ne.jp

信じられないと書いたことですが、それは「年齢」です。個人情報でもあるので、ここに詳しく書かないように「信じられない」という言葉を使って、びっくりされたようでごめんなさい。

あなたの作品は大人が書いたといっても不思議ではないレベルだと思います。言葉も「身支度」「司書」「入館」などの普段は使わない言葉があり、たくさんの本を読んでいらっしゃることがうかがえます。
視点については様々な考え方があり大人でも難しい内容ですが、すんなり理解されたことに驚いています。
感想を書いた他の方も大人が書いた作品だと勘違いされたらしく、感想は厳しめになったのだと思います。

作品の地の文は、前に説明した語り手の話し方が「中学生」より大人びていると感じました。三人称の客観的な地の文に近い雰囲気があります。これも「年齢」とのギャップです。そういう小説も多く読んでいらっしゃるのだろうと思います。
なので、あえて前の感想で「普通なこととしていけ入れる小学生」と書いた次第です。この作品は「あなた」を表現していると感じました。

プロフィールを読んだ他の感想としては、これから、小説以外の違う分野に興味を持って勉強されたらと感じました。最近の作品は、リアルの専門的な分野のテーマが結構あるように思います。「狼と香辛料」は経済ですし、「異世界食堂」(読んでいませんが)も洋食のコラボですし。アニメの世界でも漫画家をテーマとした作品も多いと思います。

文豪さんのたまごさん、頑張ってください。応援します。

前略
nat6.kkm.ne.jp

誤字報告
普通なこととしていけ入れる小学生 ×
普通なこととして受け入れる小学生 〇

陽炎のようね
p0396554-vcngn.hkid.nt.adsl.ppp.ocn.ne.jp

なんでもいいが、ここはIP丸出しという、セキュリティ思考が15年前で止まっているアングラサイトなので
プロフをリンクしたり、こどもでーす! とかはしゃいで言いまくってはいけない。
即刻消し去るべき。

噓でもリアルでも、そういうことを言うと、頭のおかしなド変態がIPで住所を検索してあなたに会えると思い込み
行ってしまうかもしれない。このご時世なので、0.1%でもそんな確率を上げる行動は慎むべきだ。
別に消防アピールなんぞする必要はないのだからな。

日常莉来
203.78.230.241

陽炎のようね様
アドバイスありがとうございます。
自分はこのまま、自分の事に興味がわいた人が自由に見られるようにしておくつもりですが、コメントを書くときなどには注意して書こうと思います。
ありがとうございました。

日常莉来
203.78.230.236

前略様
そう言っていただけると嬉しいです。
ありがとうございます。
これからも頑張りますので、是非コメントよろしくお願いします。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内