作家でごはん!鍛練場
浅野浩二

小児科医

岡田由美子さんの父親は、大阪市内で、内科医院を開業している。
彼女は、江戸時代から、代々、続いている、医者の家系である。
岡田さんは、物心ついた時から、岡田医院に来る患者を診て、そして白衣姿で、患者を診療する父親を見て、育った。
「由美子は、将来、何になりたい?」
と、小学校に入った時、父親に、聞かれたが、由美子は、即座に、
「私。お父さんと、同じ、お医者さん、になりたい」
と、苺ケーキを、頬張りながら答えた。
由美子は、性格が素直、で、優しかった。
そして、優しく、医者の仕事に、熱心な父親を尊敬していた。
なので、由美子が、そう思うのは、無理もないことだった。
小学校の時の、国語の授業で、「将来の夢」、と、題する作文を、書かされた時も、由美子は、「私は、将来、父と同じように、医者になりたいです」と、書いた。
由美子の父親も、将来は、由美子に、医者になって、岡田医院を継いで欲しいと思っていたので、父親にとっても、嬉しかった。
子供の時の、由美子の目には、医者、以外の、歌手とか、女優とか、スチュワーデスとか、は、全く、関心がなかった。
優しい父親で、親身に、病人を診療している、父親の姿を、身近に見れば、医者とは、素晴らしい仕事、と思うのは、無理もないかもしれない。
優しい、温かい、両親に、見守られて、由美子は、すくすくと、育っていった。
親に勧められて、塾にも通った。
医学部は偏差値が高く、医学部に入るには、しっかり、勉強しなれば、入れない。
なので、由美子は、真面目な性格から、精一杯、勉強した。
由美子は、記憶力が、並外れた、超秀才、というわけではなかったが、性格が真面目だったので、親に言われずとも、勉強し、成績は、クラスの中でも、上位だった。
しかし。
由美子は、ガリ便なだけではなく、明るく、友達も多く、友達とも、よく遊んだ。
こうして、由美子は、すくすくと、健全に育っていった。
由美子には、反抗期というものが、起こらなかった。
父親が、趣味で、テニスをしていたので、由美子も、幼い時から、父親と同じ、テニススクールに入って、テニスを、やった。
休日には、テニススクールの、コートを借りて、父親と、テニスをした。
学校でも、部活では、テニス部に入った。
県の大会でも、シングルスで、上位に入った。
母親と、ヨーロッパに海外旅行にも行った。
由美子は、ドイツの伝統的な家並みの美しさ、や、地中海の、美しさが、一目で、好きになった。
そうして、由美子は、小学校、中学校、と、上位の成績で、過ごした。
高校は、北野高校に入った。
北野高校は、関西では、進学校で、偏差値が高い。
由美子は、そこでも、成績優秀だった。
高校も、三年になると、由美子も、大学受験を意識して、本格的に、受験勉強に打ち込んだ。
駿台予備校の模擬試験の成績から、由美子は、十分、国立の医学部に、入れる偏差値に入っていた。
由美子は、大阪大学医学部を、第一志望として、頑張って勉強した。
由美子の父親が大阪大学医学部出だったからである。
由美子の父親も、由美子が、阪大医学部に入ってくれることを、希望していた。
父親は娘に、それを直接に言ったわけではないが、由美子は、父の希望を、感じとっていた。
大阪大学の医学部なら、家から、通うことも出来る。
それで、夜遅くまで、一生懸命に勉強した。
一日、13時間、は勉強した。
そして、由美子は、大学受験で、大阪大学医学部を受験した。
由美子は、両親が、好きだったので、自分のプライドの、ため、というより、父親の喜ぶ顔を見たいため、大阪大学の医学部、を受験したのである。
手ごたえはあった。
しかし、残念なことに、合格者の掲示板に、由美子の受験番号は、なかった。
駿台予備校の模擬試験での成績も、大阪大学医学部は、ギリギリ、合格の可能性アリ、の判定だった。
賭けだった。
それで、仕方なく、第二志望で、合格した、奈良県立医科大学に入学した。
そもそも、受験生は、浪人して、もう一度、第一志望の大学を受験したからといって、入学できる保証は、ないのである。
大体、受験勉強というものは、現役の時に、学力が、ピークに達して、もう一年間、浪人して、勉強したからといって、学力は、ほとんど、上がらないのである。
ましてや、由美子は、真面目なので、阪大医学部に入るため、毎日、夜遅くまで、精一杯、頑張って、勉強した、ので、自分の、学力の限界を感じていた。
奈良県立医科大学は、阪大医学部に比べると、偏差値的に、楽勝だった。
そもそも、日本の国立医学部では、東大医学部、京大医学部、阪大医学部、の順で、日本で、三番目の難関校である。
奈良県立医科大学は、公立大学である。
公立の医学部というのは、県の税金で、運営されているので、国立とは、ちょっと違う所がある。
大学としては、卒業したら、当然、奈良県内にある、大学の関連病院で、働いて欲しいと思っている。
大学の関連病院は、何も、奈良県の中だけに、あるのではなく、近畿地方、や、中国地方にもある。
これは、公立医学部に限らず、どこの大学医学部でも、そうであり、自分の大学医学部の、縄張り、というか、テリトリー、というか、勢力を広げたい、と思っているのである。
なので、公立医学部は、入試においても、住所が奈良県だと、住所が別の県の受験生より、有利であると、本にも、書かれてあり、医者同士の会話でも、そういう会話がなされていて、これは、半ば常識のように、思われている。
大学としては、そういう差は、決して、つけてはいない、とは、言っているものの、はたして、実際のところは、どうなのかは、わからない。
奈良県立医科大学の入試は、センター試験と、二次試験の、二つの、合計点で、決める。
面接や小論文は無い。
なので、得点が、ほとんど、同じ受験生なら、やはり、大学としては、住所が奈良県の受験生の方を、合格させたい、という感情が、働きかねないだろう。
誰しも、地元、故郷愛というものは、あるものであり、卒業したら、地元で、働きたい、という思いはあるものである。
公立大学医学部は、県の税金で成り立っているので、大学としては、その県に住所のある受験生が、有利と言われている。
そのため、どうしても、ある公立大学医学部に入りたい、と思っている受験生は、受験前に、住所をその県に移して、受験する人も、いるのである。
そして、その県に住所を移して、受験したら、合格した、という、ケースもあるのである。
しかし、由美子は、大阪大学医学部に、入れるほどの、学力があったので、奈良県立医科大学は、余裕で合格できた。
大学としては、優秀な人材が欲しいから、圧倒的に、学力の差が上であれば、住所が何処、などということは、意味がないのである。
ともかく、奈良県立医科大学に合格できたので、お祝い、というか、残念会、というかで、親子三人で、高級フランス・レストランに行った。
「由美子。阪大医学部に入れなくて残念だったな」
と、父親が言った。
「お父さん。ごめんなさい。阪大医学部に入れなくて」
と、由美子が言った。
「いや。試験は、水物だからな。オレだって、余裕で、阪大医学部に入れたわけじゃないんだ」
と、父親が言った。
「奈良県立医科大学を卒業したら、阪大医学部の医局に、入れば、いいじゃないの」
と、母親が言った。
「はい。そうしようと思います」
と、由美子は、小さく言った。
大学を卒業したら、その大学医学部の、医局に入らなくてはならない、という義務はないのである。
別の大学医学部の医局に入局することは、本人の自由なのである。
出身校と、医局が違う医者は、結構、いるものなのである。
出身校が、ダメと、引きとどめる権限はないし、入局を希望している、大学の医局、や教授が、認めれば、医局は、別の大学医学部に入っても構わないのである。
母校でない、別の大学医学部の医局に、入局を申し込んでも、まず、入れる。
断る理由がない。
どの科でも、入局者が、少なかったら、医局としても、困るので、他の大学からの、入局希望者は、大歓迎なのである。
「ともかく、阪大医学部に入れなかったから、といって、くさっちゃ駄目だぞ」
と、父親が言った。
「はい」
と、由美子は、返事したが、これは、不要な忠告だった。
由美子は、真面目で、どんな集団に入っても、一生懸命、精一杯、努力する性格だったからである。
こうして、由美子は、奈良県立医科大学のある近くにある、橿原市内の、マンションに引っ越すことになった。
家賃5万の、わりと広いマンションだった。
親と離れて、一人暮らし出来る、という点は、さびしくもあったが、初めて経験する一人暮らしの喜びもあった。
由美子は、今まで、一度も、一人暮らし、を、したことがなかった。
しかし、アパートの窓から、外を見ても、田んぼ、ばかりで、大阪のような、賑やかさはなく、少しさびしかった。
奈良県立医科大学は、終戦の昭和20年の4月に、軍医速成のために、奈良医専として設立された。
大学は、略して、奈良医大と呼ばれる。
近鉄八木駅を最寄駅とし、奈良盆地の南東部に位置し、畝傍山・天香具山・耳成山の大和三山に囲まれていて、藤原氏、蘇我氏、聖徳太子、などの活躍した、古の飛鳥時代の歴史の町である。
しかし、歴史の散策のため、観光として行くのなら、いいが、盆地特有の内陸性の気候であり、夏は暑く、冬は寒い。
ともかく、さびしい所である。
由美子は、入学式の前に、大学に行ってみた。
単科大学であるために、キャンパスもなく、大学の建物も、隣接する、附属病院も、大阪大学に比べると、規模が小さく、旧くて、さびしそうだった。
入学式の日になった。
父親も母親も、仕事が忙しく、入学式には、来なかった。
由美子は、初めて、グレーのスーツを着て、出席した。
今まで、学校の制服で、スーツなんて、着たことがなかったので、何だか、急に、大人になった、ような気がした。
講堂で、国歌を斉唱し、新入生の名前が、一人ずつ、読み上げられ、学長による式辞が行われ、あらかじめ配られたパンフレットを見ながら、校歌を斉唱した。
新入生は、100人で、女子は、30人だった。
その後、新入生は、二台のバスに乗って、石舞台古墳と、飛鳥寺を見てから、大きな広間で、昼食となった。
昼食の時、一人ずつ、名前が呼ばれて、簡単な自己紹介をした。
由美子は、
「岡田由美子と言います。北野高校から来ました」
とだけ、挨拶した。
大体、みんな、名前と、出身校を言うくらいだった。
奈良県の進学校である、東大寺学園とか、畝傍高校出身の生徒が多かった。
あとは、大阪の、進学校出身者が多かった。
北野高校出身は、由美子一人だけだった。
昼食と、自己紹介が終わると、また、バスに乗って、大学にもどった。
そして、学生・職員食堂に、一列に並んで、座らされた。
食堂には、100人くらい、上級生たちが、ズラリと並んでいた。
目の前には、食べ放題の、御馳走が並んでいた。
現役は、18歳だから、まだ、酒は、法的に、飲めないはずなのに、酒も用意されていた。
ここでも、また、一人一人、皆の前で、自己紹介をさせられた。
ただ、司会の上級生の、「入りたい部活を言って下さい」、というのが、つけ加わった。
昼間の時の、自己紹介と、同じように、みな、名前と、出身高校と、そして、入りたい部活、を述べた。
「入りたい部活」を、述べると、先輩たちが、「おおー」と、大きな声を出した。
要するに、部活への、勧誘だった。
由美子は、
「部活は、何に入るかは、まだ決めていません」
と、穏当な発言をした。
由美子の前に、そういう発言をする生徒も、少なからず、いたからである。
「高校の時はテニス部でした」、などと、安易に、言ってしまうと、その後、テニス部の、先輩たちから、モルモン教への入信勧誘、以上の、しつこさで、勧誘される、というか、つきまとわれる、からである。
まあ、しかし、それも無理はない、といえば無理はない。
大学は、総合大学ではなく、単科大学で、医学部しかなく、一クラス、100人である。
その割には、クラブの数が多い。
体育会系では。
野球部。サッカー部。ラグビー部。硬式テニス部。軟式テニス部。スキー部。水泳部。相撲部。バスケットボール部。バレーボール部。卓球部。柔道部。剣道部。弓道部。空手部。合気道部。自動車部。バトミントン部。ヨット部。陸上部。ゴルフ部。二輪部。ハンドボール部。
文科系のクラブでは。
軽音楽部。アンサンブル部。ギター部。写真部。社会医学研究部。茶道部。聖書研究会。文学部。
である。
大学の部活の予算は限られている。
部員が少ないと、人数の少ない部活の、予算配分も、少なくなる。
たとえば、野球部で、部員が、一人になってしまったら、たった、一人の部員のために、ユニフォーム、から、グローブ、ボール、バット、まで、用意するわけには、いかない。
そもそも、一人では、野球の練習も試合も、出来ない。
部内で、試合をするためには、最低18人は、いてくれなくてはならない。
剣道部だったら、剣道の、面から、防具、袴、竹刀、を、用意しなければならない。
しかし、剣道は、部員が、二人いれば、二人で、練習も、試合も、出来る。
そこが、野球部と、違う所である。
ともかく、部活の入部者が、一人もいなくなったら、当然のこちながら、廃部となってしまう。
なので、部活の勧誘は、部活の死活問題なのである。
そういうことを、総合的に判断して、限られた予算が配分されるのである。
なので、ともかく、どの、クラブも、部員の獲得に必死なのである。
新入生は、受験勉強で、頭を酷使しつづけてきているので、そうなると、体を動かしたくなるのである。
また、医学部の勉強は、膨大な医学の知識の、詰め込み勉強なので、上級生も、やはり、体を動かしたくなり、体育会系の、クラブの方が、人数的に、圧倒的に多いのである。
部員が一人もいなくなってしまったら、廃部となってしまう運命となる。
そんなことで、上級生の、部活の勧誘は、すさまじいのである。
由美子は、いささか、騒々しさに、ついていけず、途中で、退席して、アパートに帰った。
そんなことで、入学式の一日は、終わった。
由美子は、いささか、疲れて、ベッドに、ゴロンと横になった。
教養課程の、授業が始まった。
大きな教室の中で、当然のごとく、男は、男で、まとまり、女は、女で、まとまって座った。
教養課程の、1年の授業は。
哲学。統計学。物理学。化学。生物学。数学。英語。ドイツ語。体育。人類学。美学。法学。心理学。歴史学。
だった。
大学の授業は、高校の授業と違って、アカデミッシェ・フィアテル、と言って、教授、や、講師、は、時間通りには、来なくても、よく、始業時間より、15分、遅れて来てもいいのらしい。
このことの、何が、アカデミック、なのか、由美子は、さっぱり、わからなかったが、日本は、明治維新で、ドイツから、文化、を、そっくり、そのまま、輸入して、真似したので、単に、ドイツの大学が、そうしていた、というだけのことである。
医学部の、一学年は、大体、100人で、教室は、100人、入れる、大きな教室だった。
日本人は、シャイなので、ほっておくと、男子は、男子同士、女子は、女子同士、と、まとまった。
大学は、高校と違って、自分の席というのが無い。
どこへ、座っても、いいのである。
しかし、教授から、質問されるのを、おそれてか、あるいは、内職をするためにか、あるいは、友達とお喋りするためか、で、生徒は、あまり、前には、座りたがらない。
しかし、英語、の授業、では、あいうえお順に、教室の、左前から、指定の席に、座らされた。
なぜか、大学は、英語に力を入れていて、あいうえお順に、4人が、1グループとなって、英語の、リーダーを、翻訳してきて、発表する、という、授業形態をとっていた。
しかし、大学生は、中学校3年間、と、高校3年間、合計、6年間、英語を勉強してきているので、英語の授業は、新鮮なものでは、なかった。
それに、大学の、英語の、リーダー、は、大学受験の、英文解釈の英文と、くらべて、より難解な文、というわけでは、全くなかった。
なので、退屈な授業だった。
どこの医学部でも、最初の、2年間の教養課程は、医学と関係の無い、学問である。
医師として、医学知識だけではなく、幅広い教養を身につけて、人間性を涵養する、という建て前、では、あるが、そもそも、多くの、科目の授業は、教授、や、講師、が、早口で、まくしたてるだけで、つまらないもの、が多かった。
4人の、英語の授業の、グループ、で、岡田由美子は、岡本恵子、という、女生徒と一緒になった。
彼女は、由美子に、聞いてきた。
「ねえ。岡田由美子さん。あなたは、どのクラブに入るの?」
「まだ、決まっていません」
「ふーん。そうなの。でも、どこかの部活には、入っておいた方が、絶対、いいわよ」
「それは、どうしてですか?」
「大学の試験なんて、教授は、毎年、同じ問題しか、出さないからよ。過去問題と、その答え、が、ないと、どんなに、勉強しても、授業にちゃんと出ても、単位は、取れないわよ。クラブに入っておけば、先輩から、過去問題を、もらえるし、進級に関する、色々な情報が、聞けるから、すごく、有利なのよ」
「そうなんですか」
「ええ。そうよ。私。テニス部に入ったの。あなたも、よかったら、入らない?」
由美子は、瞬時に、この人は、上級生から、頼まれて、部活の勧誘をしているのだと、思った。
その日の、放課後、由美子は、岡本恵子に誘われて、テニス部の部室に行った。
テニス部員は、男10人、女10人、くらいだった。
「こんにちはー」
由美子が、挨拶した。
「君。テニス部に入ってくれるの?」
上級生の部員が聞いた。
「い、いえ。まだ、決めていなくて」
由美子は、言葉を濁した。
「なんだ。岡田由美子じゃないか。何を迷う必要がある?」
一人が、言った。
彼は、二年生で、今宮高校卒で、五十嵐健二、といい、高校時代、県の高校のテニス対抗試合で、北野高校のテニス部で活躍していた、岡田由美子の試合を、何回か、見て、知っていた。
彼は、二年生だが、テニス部の主将だった。
もちろん、五十嵐健二、も、今宮高校の、テニス部員で、相当な腕前だった。
「由美子は、県の、高校テニス大会で、優勝したこともあるよ」
と、五十嵐健二、が言った。
「ええー。そうなの?」
みなが、驚いた。
「じゃあ、ちょっと、打ち合い、してみない?一度、君とテニスをしてみたかったんだ」
と、五十嵐健二、が誘った。
由美子は、「嫌です」、とは、言えず、仕方なく、コートに行った。
「じゃあ、いくよー」
と、言って、五十嵐健二、は、由美子と、ラリーを始めた。
初めは、ゆっくり、遊びの感覚だったが、由美子は、フォームが、きれいで、基本が、しっかり出来ているので、五十嵐健二の打つボールは、すべて、返した。
五十嵐健二は、だんだん、本気になっていって、全力で、速い、ショットを打つように、なっていった。
しかし、由美子は、それを、全て、返した。
由美子も、だんだん、本気になっていって、全力で、速い、ショットを打つように、なっていった。
五十嵐健二も、由美子も、強いドライブ回転が、かかっているので、ボールが、ワンバウンドした後、グーン、と、伸びるのである。
由美子は、両手打ち、の、バックハンド、だったが、五十嵐健二は、片手打ちの、バックハンドだった。
五十嵐健二と、由美子の、テニスの実力は、ほとんど、同じくらいだった。
ともに、上級者のレベルだった。
「由美子さん。すごーい。上手いね」
と、みなが、驚いた。
「い、いえ・・・」
とは、言いつつも、由美子は、褒められて、恥ずかしがっていた。
「西医体の時は、由美子に出てもらおう。今年は、結構、優勝できるかもしれない」
と、テニス部主将の五十嵐健二、が言った。
西医体、とは、医学部だけの、リーグ戦で、西日本の、医学部の運動部の部活、が、リーグ戦で、戦う、試合である。
関東では、東医体、と言って、東日本の、医学部の、部活、が、リーグ戦で、戦う、試合である。
由美子としては、テニスが、好きだったので、大学に入っても、テニスをしようとは、思っていた。
しかし、由美子は、色々と、拘束のある、大学のテニス部、ではなく、テニススクールに入って、やりたい、と、思っていたのである。
しかし、ともかく、こうなってしまった以上、由美子は、テニス部に、入らざるを得なくなってしまった。
その日、テニス部員、が、ファミリーレストラン、で、由美子の、入部歓迎会を行った。
歓迎会が終わって、帰りは、五十嵐健二が、車で、由美子を、家まで、送った。
「テニス部、に、強引に誘ってしまって、ゴメンね」
と、五十嵐健二が謝った。
「い、いえ」
と、由美子は、手を振った。
五十嵐健二は、ちゃんと、由美子の気持ち、を、わかっている、思いやりのある人だと、思った。
そんな、五十嵐健二に、由美子は、好感を持った。
「由美子さん。よろしかったら、つきあって頂けないでしょうか?」
五十嵐健二、は、真剣な口調で言った。
「ええ」
由美子は、頬を赤くして、答えた。
そういうわけで、五十嵐健二、と、由美子は、単に、同じ、テニス部の、部員、というだけでなく、時々、一緒に、喫茶店で、話したり、食事を一緒にするように、なった。
3回目の、デートの時。
「由美子さん。もしも、よろしかったら、将来、僕と結婚していただけないでしょうか?」
と、五十嵐健二、は、由美子に、告白した。
「え、ええ。でも、私たち、まだ、学生ですし、卒業して、医者になってから、にしませんか?」
と、由美子は、言った。
実を言うと、由美子も、将来は、五十嵐健二、との、結婚を考えていたのである。
「ええ。構いませんよ」
と、五十嵐健二、は、言った。
「では、それまでは、恋人、ということで、時たま、会ってくれませんか?」
と、五十嵐健二、は、言った。
「ええ」
それ依頼、二人は、セックスレスの、清潔な、付き合い、を、学業に、差し障り、が、ない程度に、ほどほどに、した。
教養課程の授業は、概して、つまらなかった。
英語なんて、大学受験のために、勉強した、原仙作の、「英標」より、レベルが低かった。
1年で学ぶ科目は。
哲学。統計学。物理学。化学。生物学。数学。英語。ドイツ語。体育。人類学。美学。法学。心理学。歴史学。
である。
物理学。化学。数学。人類学。法学。統計学、などは、短い二年間で、大学というアカデミズムの権威の、もったいづけ、のために、レベルが高く、難解で、しかも、講師が、学生の理解など、どこ吹く風と、早口でまくしたてるだけで、さっぱり、わからなかった。
しかし、部活の友達から聞いた、過去問題の解答を、わからないまま、そのまま、書けばいいとのことなので、そうすることにした。
物理学。化学。数学、は、高校の、それの延長ではなかった。
高校の勉強は、中学の勉強の延長であり、中学の勉強は、小学校の勉強の延長である。
しかし、大学は、いやしくも、「学問」、なので、高校の勉強の延長ではなく、レベルが高かった。
わかって、面白いものといえば、ドイツ語、と、哲学、くらいだった。
中学生から、英語しか外国語を学んでいないので、新しく学ぶ、第二外国語は面白かった。
哲学は、カントとか、ヘーゲルとかの、いわゆる、西洋の、難解な、体系的哲学ではなく、奈良医大の哲学教授の書いた、「医の哲学」、という、本が教科書で、医学、医療に関する、様々な、考察であって、読んで、かなり、わかるもので、面白かった。
医学に対して真面目な、由美子にとっては、とても勉強になった。
初めの頃は、授業に出ていた、学生たちも、過去問題を丸暗記すれば、通って、単位が取れる、と、わかると、どんどん、授業に出なくなっていった。
授業に出席する人数は、最初は、100人だったのが、50人、から、20人、そして、ついに10人へと、どんどん、減っていった。
そこは、一般の大学と同じで、大学生は、授業に出ないで、アルバイトや部活の友達とのお喋りに励み、単位は、友達から借りたノートと、過去問題の、一夜漬けの勉強で、通る、という構造が、医学部でも、教養課程では、同じだった。
そして、みんな、自動車教習所に通って、運転免許を取得していった。
由美子は、本当に授業に出なくても、大丈夫なのだろうかと、思って、五十嵐健二、に聞いてみたが、五十嵐健二、は、「ははは」、と笑って、
「教授の心理を考えてみなよ。教授としては、生徒に、絶対に、理解しておいて欲しい、要点というものが、あるから、結局、それしか、出さないのさ。重要でない、枝葉末節な、ことを、試験問題として、出題する気にはなれないものさ」
と、軽くいなされた。
由美子は、そんなものか、と、思うと同時に、「なるほど」、とも、思った。
しかし、由美子は、真面目だったので、全ての授業に出た。
そして、由美子は、優しかったので、出席する生徒が、数人しかいなくて、教室が、ガランとしていると、講義している講師が、可哀想に思えて、そういう理由でも、出席した。
教養課程で一番、重要な科目は、生物学で、これを落としたら、基礎医学の三年に進級できない、らしかった。
医学部で、生物学が重要なのは、言われずとも、わかる。
あと、レベルは、低くて、つまらなかったが、英語も、学校側では、重要と考えているらしかった。
そういう、重要な科目や、出席を厳しくとる科目では、全員が出席した。
一年生から二年生へは、どんなに成績が悪くても、全員、進級できる。
一年の夏休みが、終わった後の、中間試験と、冬の期末試験は、あるが、一年の時、単位を落としても、二年の、中間試験と、冬の期末試験で、追試験をやるので、その時、単位を取れれば、三年には進級できるのである。
一年の時の、生物学の、中間試験は、TCA回路を、完璧に書いて説明する、というのが、教授が毎年、出している、問題で、今年もやはり、その通りの問題が出た。
「TCA回路について説明せよ」
という、問題だった。
なので、由美子は、過去問題の解答をそのまま、書いた。
数日後に、生物学の、成績が教室に貼り出された。
由美子は、100点だった。
なので、由美子は、テストは、過去問題と、その解答を、覚えれば、単位は取れる、ということを確信した。
教授が、定年退官して、別の教授に変われば、新しい教授は、自分の問題を作るから、過去問題では、通用しなくなる。
しかし、過去問題は、その科目の、重要な要点、の問題であることには、変わりはないので、過去問題を持っていると、何かと有利なのである。
いきなり、分厚い、医学書を、最初のページから、読んで、全部、覚えようとすると、大変な労力がかかってしまう。
そういう点、過去問題は、重要な要点なので、過去問題は、教授が、代わっても、持っていた方がいいのである。
由美子は、入学した時から、女子の中で、友達が出来ず、一人ぼっちでいる生徒を、前から気にかけていた。
彼女は、授業には、出ているけれど、クラブには、入っていない生徒だった。
いつも、教室で、ポツンと、人と離れて座っている、おとなしい生徒だった。
彼女は、生物学、や、その他の科目の単位を落としていた。
「こんにちは。私。岡田由美子っていうの。よろしくね」
「あっ。よろしく。私は、黒田輝子っていいます」
「地元は、どこですか?」
「和歌山県です」
「兄弟はいますか?」
「いえ。一人っ子です」
「お父さんは、お医者さんですか?」
「いえ。サラリーマンです」
「サラリーマンですか。どうして、医学部に入ろうと思ったのですか。よろしかったら、その理由を、教えて貰えないでしょうか?」
「はい。私は、本当は、医学部は、気乗りしなかったんです。私。性格が、おとなし過ぎて。医者って、精神的にも、肉体的にも、元気満々の人でないと、勤まらないと思うんです。でも、奈良医大に、入る学力があったもので、高校の進路指導の先生にも、また、両親にも強く勧められて、受験したんです」
「人の勧めを、断れないというのも、おとなしそうな性格の、あなたらしいですね」
「え、ええ」
「では、あなたは、本当は、どんな、学部に入りたかったんですか?」
「文学部です」
「そうですか。何となく、あなたらしいですね」
「文学部志望というと、文学書を読むのが好きなんですね?」
「ええ。クライですよね」
「そんなこと、ありませんわ。すごく、知的な人という感じがします」
「あのー。あんまり、立ち入ったことを聞くのは、失礼になるのじゃないかと、思うんですが、趣味は、どんなことでしょうか?」
「読書です。それと、少し、小説も書きます」
「小説を書くのですか。すごいですね。私にとっては、小説って、読む物であって、自分が、書こうなどと思ったことは、今までに、一度もありません」
「あっ。このことは、人には、言わないで下さいね。たいした小説じゃないので・・・」
「ええ。言いません。じゃあ、黒田輝子さんは、将来は、小説家志望なんですか?」
「小説家って、そんなに、簡単になれるものじゃないので。でも、出来たら、小説家になりたいと思っています。夢ですけれど・・・」
「では、どうして、文学部ではなく、医学部に入ったのですか?」
「それは。文学部を卒業したからって、小説家になれるわけではないし。その点、ともかく、医学部を卒業して、医師免許を取っておけば、収入には、困らないからって、言われたからなんです。私も、それには、同感しているんです。だから、医学部を受験しました」
「黒田輝子さん。よかったら、私と、お友達になってくれない?あなたとなら、相性が合いそうな気がするの」
「嬉しいわ。私も、岡田さんと、お友達になりたいわ」
「私なんか、親が医者だから、子供の頃から、自分が医者になって、父の後を継ぐ、ことが、私の人生だと、それ以外のことは、考えたことがないの。だから、あなたのように、夢を持って、自分で、考えて、生きている人って、すごく魅力的に見えるわ。自分にない、ものを持っている人だから、だと思うの。色々と、教えてね」
「ところで、あなた。クラブは?」
「入っていません」
「どうしてですか?」
「文芸部に入りたかったんですが、部員が一人もいなくなってしまって、廃部になってしまったので・・・・」
「クラブには、入っておいた方が、絶対、いいわよ。クラブに入っていないと、過去問題が手に入らないから、単位、取れないわよ」
「そうなんですか?」
「そうよ。あなた。よかったら、テニス部に入らない?」
「入れていただけるのですか?」
「もちろんよ」
「でも、私。運動、苦手だから・・・」
「部活なんて、全然、疲れないわよ。名目で、部活に入っているだけで、いいのよ。部活なんて、部活の活動なんて、しないで、お喋りしているだけの人も、いるわよ。よかったら、私が、テニスを教えてあげるわ」
「じゃあ、入れていただけますか?」
「ええ。大歓迎よ」
こうして、黒田輝子は、テニス部に入ることとなった。
由美子は、面倒見がいいのである。
二年になった。
二年の一学期は、生物学、化学、物理学、の実習、が、あった。
当然、実習には、全員が出席した。
化学や、物理学の実習は、はたして、これが、医学に、関係があるのか、と疑問を持つような、ものであったが、生物学の実習は、違った。
生物学の実習では、フナ(魚類)、カエル(両生類)、ネズミ(哺乳類)、の、解剖をした。
麻酔をかけて、それらを、解剖する。
そして、内臓を剖出する。
そして、それを、スケッチして提出する、というものだった。
医学生は、全員で、100人だったが、医学部の勉強というのは、実習が多く、すべて、名前の、あいうえお順に、並ばされ、4人、か、5人づつ、一つの班になって、勉強することになる。
なので、実習は、大学というより、ほとんど、小学校の、授業みたいなものである。
岡田さんの、前と、後ろ、は、男だった。
なので、これからの、実習は、すべて、彼らと、一緒にすることになる。
岡田さんの前後の男子生徒が、
「うわー。これから、卒業まで、クラス一の美女の、岡田由美子さんと、一緒に勉強、出来るなんて、最高に幸せだな」
と、言った。
後ろの、男も、
「オレもだよ」
と言った。
由美子は、照れて、顔を赤くした。
恥ずかしかったが、由美子は、そんなに、気にもしなかった。
しかし。
「由美子さん。ポーズをとってくれませんか?写真を撮りたいので」
と言われた時は、さすがに、恥ずかしかった。
「あんまり見ないでね」
と言って、由美子は、彼らの要求に応じて、ポーズをとって、被写体となった。
しかし、実習で、一緒の、机で、勉強するので、前後の生徒は、一生の友達になることもある。
こうして、由美子は、2年の単位を、追試を、一度も受けることなく、全部、取った。
由美子は、3年に進級した。
3年からは、教養課程の校舎から、少し離れた、基礎医学の校舎に移った。
3年は、解剖学と、生化学と、生理学、の、三つの授業だった。
生化学と、生理学は、講義だけだったが、解剖学は、講義と、実習があった。
いよいよ、本格的に、医学の勉強、となった。
生化学は、人間の体は、一時たりとも、休むことなく、化学反応を起こしていて、その学問だが、それ以外にも、遺伝子やら、何やらで、量が多かった。
生理学は、生理学Ⅰと、生理学Ⅱ、の二つがあって、生理学Ⅰは、神経生理学で、生理学Ⅱは、赤血球は、どうだの、呼吸の原理は、どうだの、と、いう学問だった。
生理学Ⅱは、ともかく、やたら、覚える量が多かった。
解剖学は、系統解剖学と、部分解剖学と、に、別れていて、系統解剖学は、骨、血管、神経、などの、学問で、部分解剖学は、内臓の臓器、の学問だった。
それと、解剖学の中に、組織学、というのが、あって、これは、人体の各臓器を、1mm以下の薄さに、切り取って、染色して、プレパラートに固定されているものだった。
人体のほとんどの、臓器は、HE染色、といって、ピンク色に染められている。細胞の、核だけが、紫色に染まる。神経細胞は、鍍銀染色といって、特殊な染色液を使うのだが、ほとんどは、HE染色である。
実習は、まず、組織学と、骨学、から始まった。
組織学では、人体の、臓器のプレパラート、を顕微鏡で、見ながら、スケッチした。
骨学では、死んだ人の、骨を、見て、これを、全部、スケッチするものだった。
骨の、色々な名称は、ラテン語で、書いて覚えなくてはならなかった。
日本語の名称もあって、日本語の名称を書いても、いいのだが、ラテン語での、名称も書かなければ、ならない、ところが、アカデミックな感じだった。
骨学では、何と、人間の体が、無駄なく、合理的に、出来ているものだと、由美子は、感心させられた。
三年の二学期からは、解剖実習が始まった。
午前中は、基礎医学の講義だが、午後は、全て、解剖実習だった。
解剖実習の手引書、があって、それに従って、解剖していった。
人体の全ての、神経、血管、筋肉、内臓の臓器を、半年かけて、剖出していく。
由美子の班の、遺体は、おばあさんで、幸いなことに、痩せていて、神経や、血管が、出しやすかった。
太っている遺体だと、脂肪をとるのに、一苦労なのである。
ある班の遺体は、内臓逆転症の遺体だった。
「症」といっても、病気ではない。
内臓が、全て、正反対になっている人である。
1000人に一人もいない。
つまり、完全な、鏡面構造で、心臓が右にあり、肝臓が、左にあり、内臓が全て逆転しているのである。
教授は、
「極めて珍しい症例だ」
と言って、喜んでいたが、生徒にとっては、迷惑な話である。
通常の人体の構造と、逆なのだから。
解剖実習というと、死体を解剖するのだから、怖い、と、一般の人は、思っているのかも、しれないが、ホルマリン漬けにされて、カラカラに乾いていて、死んだ直後の人間とは、全く違う。
ミイラのような、感じなので、全然、怖さなどはない。
ただ、解剖実習は、結構、疲れた。
どこの班でも、頭のいい、ブレーンの生徒がいて、その生徒が、一人で、テキパキと、やってくれるので、残りの、生徒は、見学的な学習となる。
由美子の班の、ブレーンは、もちろん、由美子だった。
「いやー。岡田さんが、いるから助かるよ」
と、由美子の班の、男子生徒は言った。
由美子としては、解剖学は、しっかり、勉強しておけ、と、父親に言われていたので、また、由美子も、解剖学は、大切だと思っていたので、解剖実習の手引書を、前の日に、しっかり読んでいた。
腕、足、内臓、と、剖出していって、人体の、ほとんどの、主要な、血管、神経、筋肉、臓器、などを、剖出していった。
最期に、頭蓋骨を開けた。
脳は、硬い頭蓋骨に覆われているので、内臓と違って、非常に、きれいな、形をとどめていた。
その、脳の中も、詳しく、解剖していった。
こうして、半年の、解剖実習も、無事、終わった。
三年では、組織学、骨学、血管、生理学Ⅰ、生理学Ⅱ、生化学の、単位の試験があったが、岡田さんは、追試を受けることなく、最初の試験で、みな、通った。
「いいなあ。岡田さんは、頭よくて」
と、何度も追試を受けても、通らない、生徒たちから、うらやましがられた。
4年になった。
3年も、忙しかったが、4年は、もっと、忙しくなった。
4年では、基礎医学、で、さらに、病理学、細菌学、薬理学、免疫学、寄生虫学、公衆衛生学、などの講義が加わり、それらの実習も、加わった。
3年では、人体の構造を学ぶ、といっても、人体の正常な構造を学んだが、4年では、異常、つまり、病気の原理を学ぶこととなった。
また、生化学や、生理学の、実習も、やらなくては、ならなかった。
病理学では、講義と並行して、病理組織を顕微鏡で見て、それをスケッチした。
薬理学では、実験用の犬を仰向けに固定して、頸静脈から、色々な薬物を入れて、血圧の変動を観察したりした。
実験に使われた犬は、実験が終わった後は、殺されて、心優しい岡田さんは、犬を可哀想に思った。
細菌学では、アイスクリームや、市販の生の肉、などの、大腸菌を調べたりした。
生理学の実習も、忙しく、脳波を調べたり、神経の伝導速度を調べたり、人間の感覚、触覚、や、嗅覚、などの、実習をした。
実習は、しっぱなしで、いいものではなく、当然、実習のレポートを書かされた。
4年では、講義を聞いて、理解して、覚える勉強と、実習での、レポートの提出とで、ものすごく忙しかった。
しかし、岡田さんは、四年の、期末試験でも、単位を全部、無事にとった。
こうして、岡田さんは、5年に進級した。
5年からは、臨床医学である。
教室も、臨床の教室に変わった。
臨床医学とは、まさに、病気の患者の診断、や、治療を学ぶ学問だった。
由美子は、やっと、病人を診る医学を勉強できるようになった、ことを実感した。
医学部に入ってから、教養課程、基礎医学、と、長い四年間だったと、感じた。
臨床医学は、医学の、全科目を学ぶ。
内科学第一(心臓・腎臓)。内科学第二(呼吸器)。内科学第三(内分泌疾患・代謝性疾患)。神経内科学。外科学第一(消化器)。外科学第二(脳外科)。外科学第三(心臓)、整形外科学。産婦人科学。眼科学。小児科学。精神医学。皮膚科学。泌尿器科学。耳鼻咽頭科学。放射線医学。麻酔科学。病態検査学。口腔外科学。腫瘍放射線学。救急医学。
である。
それと、法医学、である。
科目は、多いが、臨床医学は、勉強しやすかった。
それは、基礎医学では、分厚い医学書を、買って、それを教科書として、勉強しなければならなかったが、臨床医学では、卒業前に、医師国家試験があり、医師国家試験のための、教科書や、問題集で、勉強できたからだ。
医師国家試験は、大きく、内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生、が、主要科目と呼ばれていて、あとの、整形外科学。眼科学。精神科学。皮膚科学。泌尿器科学。耳鼻咽頭科学。口腔外科学、などは、マイナー科目、と、呼ばれていた。
内科と、外科は、イヤーノート、という、一冊の、分厚いが、小さく、持ち運びできる、コンパクトな、教科書で、勉強する、ということを、由美子は、先輩から聞いていた。
別に、イヤーノート、以外の教科書で、勉強してもよく、イヤーノート、で、勉強しなければならない義務は、ないのだが、イヤーノート、が、一番、よく、まとまっており、医学生は、全員、イヤーノート、で、臨床医学を勉強した。
ただ、イヤーノートだけ、読んでいても、理解できるものではなく、医師国家試験の、過去問題集を、解きながら、白血病なら、イヤーノートの、白血病、の項目を見て、イヤーノートに、印をつけていく、というのが、医師国家試験の勉強方法だった。
イヤーノートは、いわば、内科、外科、の、要点を、まとめた、ものだった。
由美子は、5年になるなり、すぐに、イヤーノートを教科書にして、医師国家試験の過去問題をやり、医師国家試験対策の勉強を始めた。
5年の1学期は、臨床医学の講義を聞くだけの授業で、割と楽だった。
5年からは、臨床医学の勉強だが、医学部の教授が、教える臨床医学は、医師国家試験の勉強とは、違うのである。
医学部の教授は、たとえば、眼科学なら、眼科学の、最先端の事を教える。
そして、教授の、教えたい事を教える。
しかし、医師国家試験の勉強は、イヤーノート、という教科書を使って、過去問題を解く、というものであり、医学の基本、を理解する、という勉強なのである。
なので、大学で、臨床医学の講義を聞いて、勉強していても、医師国家試験には、通らない。
医師国家試験に通るには、医師国家試験対策の勉強をしなくては、ならない。
なので、大学の、臨床医学の講義を、サボって、医師国家試験の勉強をする生徒も出てくる。
それは、ちょうど、法学部に入れば、法学というものを、学んで、法学を理解していくが、それだけでは、決して、司法試験には、通れない、のと同じである。
司法試験に、通るには、司法試験対策の勉強をしなくては、通れない。
それと、同じようなものである。
5年の1学期が、終わって、2学期になった。
2学期から、大学病院での、臨床実習が始まった。
臨床実習は、ポリクリ、とも、言われている。
あいうえお順、に、5人ずつ、1グループとなって、内科、外科、産婦人科、など、全ての、診療科を、大学病院で勉強するのである。
一つの科を、二週間やる。
二週間、つづけて、やる科もあるが、一週間やって、のちに、もう、一度、一週間、やって、合計で、2週間やる、という科もある。
これを、6年の、2学期まで、1年間、やるのである。
臨床実習で、やる勉強は。
入院患者、と、外来患者の、教授回診の見学。
手術見学。
ミニレクチャー。
そして、大体、どの科も、入院患者の一人、を、あてがわれて、その患者の、レポートを書いて、提出するのである。
これを、朝9時から、午後5時までやる。
その後は、皆、医師国家試験の勉強、である。
5人1グループなので、グループの中に、女生徒がいると、男子生徒は、喜んだ。
しかも、その女生徒が、可愛ければ、なおさら、である。
女生徒がいなくて、男だけの、グループは、さびしいものである。
しかし、グループの中に、女生徒が、2人、いると、少し、困るのである。
なぜかと言うと、1つのグループに、女生徒が、2人、いると、2人は、女同士で、くっついてしまうからである。
1つのグループに、女生徒が、一人の、紅一点、だと、女生徒は、嫌でも、グループの、の男子生徒と、話さなくてはならない、からである。
臨床実習では、大学病院は、個人クリニックでは、対応できない、難治性疾患を、クリニックの院長が、大学病院に紹介するため、個人医院では、医者が一生、お目にかかれないような、1万人の一人、の、難治性疾患が、多く入院していた。
大体、みな、臨床実習を半年くらい、やった頃に、自分が、何科の医者になるか、を、決めるようになる。
岡田さんは、小児科医に、なろうと思った。
彼女は、一人っ子で、弟が欲しい、と、子供の頃から、思っていたからである。
なので、小児科を回った時、可愛い子供たちの、患者を、見て、即、小児科医になろうと、決めたのである。
子供が可愛い、という、単純な理由で、小児科を選ぶ、女子医学生は、結構、多いのである。
だが、内科系の科は、診断が、難しく、勉強が好きで、なければ、ならない。
それに対して、外科系の科は、内科系の科と、比べて、診断は、そう難しくない。
頭を使うより、手術を、たくさん、こなして、手術の腕を上げることの方が、重要なのである。
しかし、岡田さんは、勉強が好きだったので、小児科を選ぶ、ことに、何の抵抗も感じなかった。
しかし、男の医者よりも、女医の方が、メリットもあるのである。
というのは、小児科、特に、幼い、まだ、言葉を話せない幼児は、大人の患者のように、患者から、症状を聞くことが出来ない。
なので、言葉が話せない、幼児の場合、母親から、子供の症状を聞くことになる。
小児科では、子供の体を診察し、母親から病状を聞いて、診断しなければ、ならない。
幼児は、痛い注射は、もちろん、体を、色々、調べられる、病院という所や、大人の医者の診察を、こわがって、泣く子供も多い。
この時。
男は、武骨なので、子供を、あやすことが、苦手だが、女は、子供と一体になって、子供と遊ぶことが出来るので、子供に、優しい言葉をかけて、子供をあやしながら、診察することが出来るのである。
子供にしても、不愛想な男の医者より、女の医者の方が、良いだろう。
やがて、6年も、秋になって、1年間の、臨床実習も、終わった。
あとは、医師国家試験の勉強だけである。
岡田さんは、医師国家試験の模擬試験の結果から、十分、ゆとりで、合格の判定が、出ていた。
なので、医師国家試験に、おびえることは、なかった。
それでも、一日、13時間は、医師国家試験の勉強をした。
やがて、冬になり、期末試験が、行われた。
岡田さんは、全科目で、上位の成績で、最初のテストで、全科目、通った。
追試を、受けることは、なかった。
やがて、年が明けた。
皆、医師国家試験の勉強の、ラストスパートをかけていた。
やがて、2月となり、医師国家試験が、行われた。
医師国家試験は、二日がかりで、試験会場は、近畿大学だった。
岡田さんは、近畿大学に、近いホテルに、泊まった。
医師国家試験は、A問題(100問)、B問題(100問)、C問題(25問)、D問題(50問)、E問題(50問)、の五つである。
一日目、が、A問題、B問題、C問題、で、A問題、と、B問題、は、一般問題で、C問題は、臨床問題、である。
二日目は、D問題、E問題、で、ともに、臨床問題である。
岡田さんは、二日の試験が終わった時、十分、手ごたえを、感じた。
ので、試験が終わったら、もう、合格した感覚だった。
試験が、終わった帰り道で、国家試験予備校の人が、試験の解答を配っていた。
岡田さんも、それを、受け取り、自己採点してみた。
岡田さんは、8割、以上、正解で、もう、合格は、間違いなかった。
やがて、3月になり、卒業式が行われた。
女子医学生の皆が、そうであるように、岡田さんも、振袖を着て、卒業式に出た。
そして、学長から、卒業証書を受け取った。
そして、卒業式の後、クラス全員、と教授たちが、大阪の、ミナミに、繰り出して、大きなホテル、で、食べ放題の、立食パーティーの謝恩会が行われた。
その数日後、医師国家試験の合否判定が発表された。
もちろん、岡田さんは、合格だった。
試験は、十分、合格できる、自信はあったが、やはり、はっきりと、「合格」、の、事実を知ると、肩の荷が降りて、ほっとした。
もちろん、医者は、一生、勉強の人生だが、それは、自発的な努力の勉強であって、国家試験のように、振るい落とされる、ということは、もう、無いのである。
医師国家試験、と、卒業式、が、終わって、4月からの、研修開始までの、一カ月が、医者にとって、唯一、休める時だった。
岡田さんは、黒田輝子と一緒に、ヨーロッパ旅行に行った。
黒田輝子は、眼科に入局が決まっていた。
岡田さんは、奈良県立医科大学を卒業したら、大阪大学医学部の医局に、入学当初は、入ろうと思っていたが、奈良県立医科大学で、6年間、勉強しているうちに、奈良県立医科大学の、小児科の医局に入ることにした。
6年間の医学部生活で、親しい友達も、たくさん、出来たし、居心地もいい。
小児科の教授も、やさしい。
医学生は、卒業すると、8割、は、母校の、どこかの科の医局に入る。
2割くらい、の生徒は、特別な理由があって、他の大学医学部の医局に行く。
理由は、人によるが、どうしても、他大学の、ある科で、学びたい、という理由、たとえば、九州大学医学部は、心療内科が、日本一で、どうしても、心療内科を専攻したい、と思っている生徒は、九州大学医学部の心療内科に、入局する。
あるいは、地元の医学部に入りたかったのだが、入れず、第二志望で、地方の医学部に、入った人は、やはり、地元に戻りたい、という、願望が強い人が、非常に多いから、大学卒業と、同時に、Uターンして、第一志望で、入りたかった、医学部の医局に、入る、ということも、よくあることである。
しかし、岡田さんの、地元は、大阪で、奈良は、隣の県で近いので、Uターンという思いもない。
ともかく、こうして、岡田さんは、奈良県立医科大学の小児科に、入局した。
朝、の、カンファレンス、午前中の、外来診療、午後の入院患者の診療、受け持ち患者の疾患の、論文検索、など、それなりに、忙しい、研修生活が、始まった。
しかし、研修医は、まだ、診断、も、治療、も、出来ない。
医師国家試験は、やはり、ペーパーテスト、であり、医師国家試験に通ったからといって、即、実地の医療が、出来るわけではない。
第一、静脈注射が出来ない。
静脈注射、というより、皮下静脈に、針を入れる、ルート確保である。
これが、出来ないと、話にならない。
気管挿管も出来ない。
傷口を縫う、縫合も出来ない。
なので、研修医は、指導医のもとで、実地の医療を学ぶのである。
研修医と指導医の関係は、徒弟制度的なのである。
特に、外科は、その傾向が、強い。
脳外科、や、心臓外科、で、一人前になるには、指導医に、手取り足取り、教えてもらわなければ、一人前には、ならない。
それは、外科だけでなく、内科、でも、そうなのである。
岡田さん、の指導医は、五十嵐健二だった。
「いやー。岡田さんの、指導医になれて、嬉しいよ」
五十嵐健二は、照れることなく、本心を言った。
「私も、五十嵐さんに、指導してもらえるなんて、嬉しいです」
と、由美子も、本心を言った。
岡田さんは、指導医である、五十嵐健二、の指導のもとで毎日、採血、点滴、注射、患者の病状把握、薬の選択、カルテへの患者の病状記載、患者、や、家族への、病状の説明の仕方、ナースへの指示の仕方、など実地の医療をおぼえていった。
研修医と指導医の関係は、徒弟制度的なのである。
なので、研修医は、すべての事を、指導医の、真似をして、実地の医療を覚えるのである。
指導医の研修医を指導する気持ちといったら。
研修医を育てることは、楽しいのである。
指導医は、自分は、一人前で、何でも知っている。
研修医は、医者の卵であり、実地の医療は、まだ知らない。
なので、研修医は、すべて、指導医の、言う事を真剣になって、聞き、指導医の真似をする。
指導医の喜びは、幼い雛鳥を、一人前の、成鳥に、育て上げる喜び、と同じであり、自分が、一人の医者の卵を、一人前の、医者に育て上げた、という、満足感の喜びなのである。
岡田さん、は、五十嵐健二の指導で、どんどん、小児科医としての、実力を身につけていった。
二人は、指導医と研修医、という関係だけではなく、仕事が終わった後でも、二人で、喫茶店に寄って、話をした。
「いやー。由美子さんは、真面目だから、教えがいがあるよ」
五十嵐健二が言った。
「いえ。五十嵐先生の指導のおかげです」
と由美子は、言った。
「今度の、日曜、若草山に、ドライブに行かない?」
五十嵐健二が聞いた。
「ええ。行きます」
と、由美子は答えた。
「あの。由美子さん」
五十嵐健二は、あらたまった口調で、真剣な顔になった。
「はい。何でしょうか?」
「僕と、結婚してもらえないでしょうか?」
初めて、五十嵐健二は、正式に、由美子に、プロポーズした。
医学部に入った最初の頃にも、五十嵐健二、は、由美子に、プロポーズしたことがあって、由美子も、それを、受け入れたが、その時は、まだ、ずっと先の事という感覚だったので、今回が、正式のプロポーズだった。
「はい。喜んで」
由美子も、即、承諾の返事を返した。
「由美子さん、の、御両親に、会いに行かなくてはなりませんね。いつにしましょうか?」
五十嵐健二が、聞いた。
由美子は、学生時代中に、五十嵐健二、を、数回、家に招いたことがあった。
「五十嵐さんの、ことは、以前から、両親に話してあります。両親は、五十嵐さんを、私の、またとない、結婚相手、と、気に入ってくれています。ですから、いつでも、構いません」
と、由美子が言った。
「それを聞いて安心しました」
五十嵐健二の顔が、ほころんだ。
「では。結婚式は、いつにしましょうか?」
五十嵐健二が聞いた。
「そうですね。私としては、小児科医として、もっと、実力を身につけて、一人前になってから、結婚したいと思っています」
と、由美子が言った。
「そうですか。それでは、いつ、結婚するかは、由美子さんが、決めて下さい。そして、由美子さんの方から言って下さい。僕も、別に焦っているわけでは、ありませんから。今は、勉強を優先したい、というのなら、僕は、それを、尊重します」
「有難うございます
こうして、二人は、その週の日曜日に、若草山に、五十嵐の運転で、ドライブに行った。
小児科、には、色々な、疾患の子が入院してくる。
先天性心疾患、とか、口唇裂、とか、先天性内翻足、とか、外科手術をするために、入院してくる子は、先天性心疾患、なら、心臓外科、が、手術し、口唇裂、なら、口腔外科、が、手術し、先天性内翻足、なら、整形外科が手術する。
つまり、手術の目的で、入って来る子は、その疾患の外科で、手術する。
小児科の病棟は、術前、術後の、患者の管理である。
小児科医が、治療するのは、白血病とか、若年性関節リウマチ、とか、SLE(全身性エリテマトーデス)、とかの、服薬治療、や、放射線治療、で、治療する、内科的疾患の患者である。
外科手術目的で入院する子は、手術が済むと、大体、治って、退院していく。
しかし。
内科的疾患では、治っていく子もいれば、なかなか、治らない子もいる。
自己免疫疾患の患者の場合は、ステロイド、の内服の治療なのだが、ステロイドは、副作用が、強く、顔も、ステロイド顔貌に、変わってしまい、骨も、脆くなり、視力も低下する。
しかし、ステロイドを使わないと、腎不全を起こして、死んでしまうので、ステロイドの副作用が、どんなに強くても、ステロイド治療をするしか、ないのである。
そんな子を、見ていると、岡田さんは、どうにも、やりきれない気持ちになった。
「この子は、どうして、苦しい人生を送らなくてはならないんだろう?」
という、根本的な疑問である。
岡田さん、は、きれいで、優しいので、子供の入院患者には、人気があった。
岡田さん、は、病気の治療だけでなく、受け持ち患者の、子供と、トランプをしたり、絵本を読み聞かせてやったりした。
そうすると、子供は、喜んでくれる。
笑顔も見せてくれる。
しかし、病気の子供の、本当の気持ちまでは、わからなかった。
子供が、本当の自分の本心を打ち明けられるのは、やはり、親だけである。
嬉しい感情、は、本心を医者に見せることは出来るが、つらい事、弱音、泣き言、を、遠慮なく言えるのは、やはり、親(特に、母親)、にだけである。
岡田さんは、勉強熱心であり、半年もすると、かなり、自分で、診療することが出来るように、なった。
ある日の、仕事が終わった後、五十嵐健二、、と、岡田由美子は、いつもの喫茶店に入った。
「あの。五十嵐健二、さん。私も、小児科医として、自信がついてきました。これも、すべて、五十嵐さんの、おかげです」
「いやー。そんなことは、ないよ。岡田さんが、真面目で、勉強熱心だから、習得が早いだけだよ」
「ところで、五十嵐さん」
「はい」
「よろしかったら、今週の日曜日、私の家に来て、両親に会ってもらえないでしょうか?結婚式の日にち、を決めたいので」
「やっと、決断してくれましたね。有難うございます。喜んで行きます」
「父も母も、五十嵐さんに、会いたくて、以前から、来るのを、待っています」
「そう聞くと、嬉しいです」
その週の日曜日、五十嵐、は、岡田由美子の家に行った。
「いらっしゃいませ」
由美子の両親は、温かく、五十嵐健二、を迎えた。
五十嵐健二、は、ソファーに座って、由美子の両親と対面した。
母親が、紅茶を出した。
「お父様。お母様。どうか、由美子さんを、下さい」
と、五十嵐、は、昔ながらの、古風なセリフを言った。
両親は、一も二もなく、
「ええ。喜んで」
と、言って、五十嵐の、申し出を快諾した。
結婚式は、一カ月後にすることに、決まった。
そんな、ある日のことである。
町の、内科医院から、一人の子供が、大学病院に、紹介されて、送られてきた。
医局長に、言われて、担当は、岡田さん、になった。
紹介状から、その子は、腎芽腫(ウイルムス腫瘍)、で、発見が、遅れて、両側の肺にも転移していて、余命、半年、と、診断されていた。
治る見込みが、無いので、大学病院の方針として、放射線治療は、行わず、飲み薬、アクチノマイシンD、の抗がん剤の、治療をするだけに、とどめることになった。
岡田さんは、「はあ」、と、ため息をついて回診に行った。
「はじめまして。山野哲也くん。私が、担当になった、岡田由美子、と言います」
「こんにちは」
と、山野哲也は、挨拶した。
山野哲也は、岡田先生、と、すぐに、仲良くなった。
岡田先生は、山野哲也と、トランプをしたり、児童書を読み聞かせてやったりした。
山野哲也も、岡田さんに、笑顔で接するようになった。
そんな、ある時。
「先生。僕、もうすぐ、死ぬんでしょ?」
と、山野哲也が聞いてきた。
岡田先生は、顔が、真っ青になった。
「そんなこと誰から聞いたの?」
咄嗟に、大声で反応的に、言ってしまった。
言って、岡田さんは、後悔した。
その発言自体が、答えを、示しているからだ。
「それは、誰も言ってくれないよ。でも、ある時、僕、お父さん、と、お母さん、が、話しているのを、聞いてしまったんだ。僕の病気は、腎臓のガンで、肺にも、転移している、って。放射線治療など、積極的な治療をしても、治療の副作用の、つらさ、の方が、大きいだけだから、積極的な治療は、しない、って」
「・・・・・」
岡田先生は、何も言えなかった。
人間の、「死」、に対しては、どう、なぐさめることも、出来なかった。
「哲也くん。何か、私に出来ることがある?」
岡田先生が、憔悴した顔で聞いた。
「個室に入りたい。お父さんも、お母さん、も、きっと許可してくれると思う」
「わかったわ」
哲也の両親は、哲也を個室に移すことに、賛成した。
こうして、哲也は、個室に移された。
岡田さんは、特に、哲也に、入れ込むように、なった。
まだ、小学6年生の子供なのに、余命、半年、なんて、可哀想すぎる。
仏教聖典に、「仏は、どんな子供でも平等に愛するが、その中に、病気の子供がいると、仏の心は、ひときわ、その子にひかれていく」、という言葉が、あるが、岡田さんも、その例外では、なかった。
岡田さんの心にも、仏性が宿っていた。
山野哲也は、明るく振る舞っているが、哲也の笑顔を見る度に、岡田さんは、「この子は、何で、死ななくてはならないのだろう」、という思いが起こってきて、余計、やりきれなくなった。
ある日の、回診の時である。
岡田さんは、山野哲也の、個室に入った。
「先生。この前、MRI撮ったでしょ」
「え、ええ」
「転移はあったの?」
「は、肺に二ヵ所・・・」
「僕。あと、どのくらい、生きられるの?」
「半年くらいです」
「そう。あと半年か」
哲也は、ため息をついた。
「死んだら、どうなるの?」
哲也が聞いた。
「もちろん。哲也君は、天国に行くわよ」
「どうして、そんな事がわかるの?」
「そ、それは・・・・」
岡田さんは、答えられなかった。
「天国って、どういう所なの?」
「そ、それは・・・・」
由美子は、答えられなかった。
軽はずみに、きれい事を言ってしまったが、由美子は、人間は、死んだら、精神は無くなると思っていた。
子供の頃は、親の教えによって、死んだ後は、天国、か、地獄、の、どっちかに行くものと思っている子供もいる。
由美子も、小学生の時は、そう思っていた。
しかし、高校生くらいになる頃に、人間は、死んだら、土に還る、と思うように、なった。
天国とか地獄とかは、人間の想像力が、産み出した、ウソだと確信するようになった。
「哲也くん。何が欲しい。欲しい物を言って。何でも、買ってあげるわ」
「じゃあ。百億円、欲しい」
「そんな大金、何に使うの?」
「世界の、貧しい子供たちに寄付したいの。だって、生きている間に、何か良い事したいよ」
「・・・」
由美子は、答えられなかった。
「ははは。先生。冗談だよ。自分の力で、働き出した、お金なら、そういう慈善事業もいいだろうけど、人にタダで貰った、お金で、そんなことしたって、意味ないもんね」
と、言って哲也は、笑った。
「それに、研修医である、先生の、給料じゃあ、年収300万円くらいでしょ」
由美子は、黙っていた。
「じゃあ、別のお願い、聞いてくれる?」
哲也が言った。
「何。何でも聞くわ」
「先生の裸、見たい」
突然の発言に由美子は、驚いた。
「僕。本物の女の人の、裸、見たこと。一度も無いんだ。写真でしか、女の人の裸、見たことが無いんだ。だから、一度、本物の女の人の、裸、見てみたいんだ」
「わ、わかったわ」
そう言って、由美子は、部屋のカギをロックした。
そして、山野哲也の前に立った。
由美子は、白衣を脱いだ。
白衣の下は、ブラウス、と、スカートだった。
由美子は、ブラウスと、スカートを脱いだ。
由美子は、白いブラジャーと、白いパンティーだけの姿になった。
豊満な乳房を納めている、ブラジャー、と、大きな尻と恥肉を、納めて、モッコリ、盛り上がっている、パンティー、が、露わになった。
「うわー。セクシーだ。こんな、きれいな、女の人の、下着姿、初めて見た」
哲也は、感動した口調で言った。
「私の体なんか、そんな、たいしたものじゃないわよ。モデルさんの体のプロポーションの方が、すごく奇麗よ」
と、由美子は、謙遜したが、由美子は、テニスで鍛えた、引き締まった、理想的な、プロポーションだった。
「先生。もっと、近くに来て、くれない?」
哲也が言った。
「ええ」
由美子は、哲也のベッドに膝か触れるほど、近づいた。
哲也の目と鼻の先に、由美子の、モッコリ盛り上がった、パンティーがあった。
「先生。触ってもいい?」
哲也が聞いた。
「いいわよ」
由美子が言った。
哲也は、自分の顔の前にある、由美子の、パンティーを触った。
「ああっ。すごく良い感触だ」
そう言って、哲也は、由美子のパンティーの上から、恥肉をつまんだ。
由美子は、恥ずかしさも、ためらいも、無かった。
なぜなら、目の前の、この子は、余命半年なのだから。
由美子は、出来る限り、この子の、喜ぶことを、してやることにのみ、意識が行っていた。
「哲也君。お尻も、触る?」
由美子が聞いた。
「うん」
哲也は、二つ返事で、答えた。
由美子は、クルリと、体の向きを変えた。
パンティーに納められた、大きな尻が、哲也の前に現れた。
「うわー。すごく、大きな、お尻。先生。触ってもいい?」
哲也が聞いた。
「いいわよ。思う存分、触って」
由美子が言った。
哲也は、パンティーで覆われた、由美子の、大きな尻を、思う存分、触った。
「幸せだ。こんな、きれいな、女の人の、お尻を触れるなんて。生まれて初めてだ」
哲也が、興奮しながら言った。
「哲也君。でも、私を触った、ということは、言わないでね。本当は、こういうことは、してはならないことなの」
由美子が諭すように言った。
「わかっているよ。この事は秘密にするよ。だって、こんなことが、病院の人や、僕の両親に知られたら、先生と、プライベートな付き合いが、出来なくなっちゃうもん」
と、哲也は言った。
「哲也君。よくわかっているのね」
由美子は、哲也に尻を触られながら、言った。
「先生。先生の、大きな胸も触りたいなあ」
哲也が言った。
「いいわよ」
そう言って、由美子は、また、クルリと、体を反転させ、哲也の方を向いた。
そして、膝を床につけて、膝立ちして、胸が、哲也の目の前に来るようにした。
「うわあ。大きな、胸だ」
哲也は、手で、由美子のブラジャーの上から、由美子の、胸を触った。
子供の哲也には、それは、刺激が強すぎた。
山野哲也は、ハアハア息を荒くしながら、由美子のブラジャーの上から、由美子の、乳房を揉んだ。
「うわあ。柔らかい。温かい。最高の感触だ」
哲也は、歓喜の声を上げた。
由美子は、哲也に、触られるがままに、身を任せた。
「ねえ。哲也君」
「なあに。先生?」
「よかったら、私、哲也君のベッドに乗ってもいい?そうした方が、哲也君も、触りやすいでしょ」
由美子が聞いた。
「ええ。いいですよ」
哲也が答えた。
「それじゃあ、失礼するわ」
そう言って、由美子は、ブラジャーとパンティーという、下着姿のままで、哲也のベッドに、仰向けに、横たわった。
由美子は、人形のように、手足をダランと脱力した。
それは、自分が、生きた人形になって、哲也に、自分を弄ばせるためだった。
「うわあ。幸せだ」
そう言って、哲也は、由美子の体の、あちこちを触った。
哲也は、ブラジャーで、覆われた、由美子の、乳房を、ブラジャーの上から、触った。
「わあ。柔らかい。温かい。最高の感触だ」
哲也は、感動をあらわして、由美子の、大きな胸を揉んだ。
「先生。先生の、おっぱい、吸いたいです。ダメですか?」
哲也が聞いた。
「いいわよ。全然」
そう言って、由美子は、ブラジャーのフロントホックを外した。
ブラジャーの中に、収まっていた、由美子の、大きな、乳房が、プルンと弾け出た。
「うわあ。すごい」
哲也が嬌声をあげた。
由美子の、大きな、乳房の真ん中には、二つの、乳首が、尖って立っていた。
哲也は、由美子の片方の乳首に顔を近づけて、チュッと吸った。
それは、大人の男が、ペッティングで、女の乳首を、巧みに、舌で転がして、女を興奮させようとするのとは、違って、赤ん坊が、母親の、母乳を、一心に吸おうとする行為だった。
「あはっ。くすぐったいわ。哲也君」
由美子は、微笑して、言った。
「ねえ。先生。おっぱい、は、出ないの?」
哲也が聞いた。
「出ないわ。女は、子供を産むと、母乳が出るようになるけれど、子供を産まないと、母乳は出ないの」
由美子は、そんな説明をした。
「ふーん。そうなんだ。知らなかった」
哲也は、感心したように言った。
「先生。おちんちん、が、硬くなってきちゃいました」
哲也が言った。
「じゃあ、いいこと、してあげるわ」
そう言って、由美子は、寝ていた体を起こした。
「哲也君。パジャマを脱いで。そして、パンツも脱いで」
由美子が言った。
「えっ?」
と、哲也は、とまどった。
「どうして、ですか?恥ずかしいです」
哲也が聞いた。
哲也は、まだ、セックスというものを、知らない。
子供は、セックスというものを、知る前から、女に対して、性欲は、起こるが、それは、男が、女の裸を見ることなのである。
「あのね。哲也君。人間は、大人になって、恋人になったり、結婚したりすると、女の裸を、見るだけじゃなくて、男も女も、裸になって、抱き合う行為をするの。それを、セックスというの」
由美子は、そう説明をした。
「ふーん。そうなんですか。じゃあ、恥ずかしいですけど、脱ぎます」
そう言って、哲也は、パジャマを脱ぎ、パンツも脱いだ。
「は、恥ずかしいです」
哲也が言った。
「さあ。哲也君。今度は、哲也君が、仰向けに寝て」
由美子が言った。
「はい」
言われて、哲也は、ベッドの上で、仰向けになった。
下半身が裸なので、哲也は、恥ずかしそうに、両手で、おちんちん、を、隠している。
由美子は、哲也の股間の前に、座った。
「さあ。哲也君。おちんちんを、隠している手をどけて」
由美子が言った。
「えっ。恥ずかしいです。何をするんですか?」
哲也が顔を赤くして聞いた。
「気持ちいいことよ」
そう言って、由美子は、哲也の手をどけた。
哲也は、さからおうとしなかった。
しかし、女に、おちんちん、を、見られていることに、羞恥心を感じて、顔を赤くしていた。
由美子は、そっと、哲也の、おちんちん、を、口に含んだ。
「あっ」
と、山野哲也は、声をあげた。
「せ、先生。何をするんですか?」
哲也は、あせって聞いた。
「これは、フェラチオっていうの。男の人の、おちんちん、を、女が、舐めるのよ。大人の仲のいい男女は、みんな、これをしているのよ」
由美子は、そう説明をした。
哲也は、まだ、包茎だった。
由美子は、山野哲也の、おちんちん、を、丁寧に舐めた。
「ああっ。先生。恥ずかしいですけど、何だか、気持ちよくなってきました」
哲也は、喘ぎながら言った。
「哲也君は、まだオナニーして精液、を出したことがないでしょ?」
由美子が聞いた。
「精液って、何ですか?」
山野哲也が聞いた。
「子供を産む時に、男の人が出す物なの」
由美子は、そう説明をした。
「哲也君の年齢なら、そろそろ、精液が出るはずよ。出してあげるわ」
由美子が言った。
「出すと、どうなるんですか?」
哲也が聞いた。
「別に、どうも、ならないわ。だけど、精液を出す時、すごく、気持ちよくなるの」
由美子は、哲也に、射精の快感を、感じさせてあげようと思った。
由美子は、哲也の、おちんちん、を、口から離した。
哲也の、おちんちん、は、激しく勃起していた。
由美子は、哲也の、おちんちん、を、ゆっくりと、しごき出した。
「あっ。先生。何をするんですか?」
「哲也君を気持ちよくさせてあげるわ」
そう言って、由美子は、哲也の、おちんちん、を、激しく、しごき続けた。
「あっ。せ、先生。何だか、おちんちん、から、何かが、出そうです」
山野哲也が言った。
「頑張って。気持ちよくなるから」
そう言って、由美子は、哲也の、おちんちん、を、しごく速度を速めた。
クチャクチャと、山野哲也の、おちんちん、が音をたて出した。
「ああー。先生。何かが出そうです」
哲也は、悲鳴に近い口調で言った。
「頑張って。気持ちよくなるから」
そう言って、由美子は、哲也の、おちんちん、を、しごく速度を速めた。
「ああー。出るー」
哲也が叫んだ。
哲也の亀頭の先から、精液が、ほとばしり出た。
「ああー」
哲也は、生まれて初めて、射精した。
射精した後、しばし、哲也は、放心状態になった。
由美子は、ティッシュペーパーで、哲也の、精液をふいた。
「どう。哲也君。気持ちよかった?」
由美子が聞いた。
「はい。すごく、気持ちよかったです。でも、先生が、僕の、おちんちん、を、舐めたりして、先生が、可哀想です。こんな、汚いものを舐めるなんて・・・」
哲也は、申し訳なさそうに言った。
「そんなこと、ないのよ。大人の男女は、みんな、こういうことを、しているの」
由美子は、そう説明した。
「そうなんですか。信じられません」
哲也が言った。
由美子は、山野哲也に、フェラチオしてあげようか、どうしようか、迷った。
あまり、子供から見れば、汚いことを、して、大人というものを幻滅させたくなかった。
しかし、それとは、反対に、子供のまま、何も知らないで、死んでいくのは、あまりにも、可哀想に思った。
由美子は、また、ベッドに仰向けに寝た。
そして、哲也を自分の体の上に倒した。
由美子は、山野哲也を、ギュッ、と、抱きしめた。
山野哲也の、おちんちん、は、また、すぐに、勃起し出した。
なにせ、子供で、性欲、旺盛な年頃である。
「先生。好きです。愛しています」
哲也が言った。
「私も山野哲也くんを、愛しているわ」
由美子が言った。
「先生。僕と、結婚してくれますか?」
「いいわよ」
「哲也くん。男と女が、結婚すると、何をするか、知っている?」
「よく、わかりません」
「男と女が、結婚すると、毎晩、寝る時に、裸になって、抱き合うの。そして、色々なことをするの。女の、マンコに、男の、おちんちん、を入れるの」
「ふーん。そんなこと、するんですか?」
ベッドに仰向けに寝ている由美子は、パンティーを脱いだ。
そして、股を大きく開いた。
哲也は、女のマンコの実物を生まれて初めて見て、ドギマギと驚いていた。
「哲也くん」
「はい」
「哲也くんの、おちんちん、を、私の、マンコに、入れて」
「はい」
「さあ。ここよ」
そう言って、由美子は、哲也の、片手をつかんで、哲也の指を、自分のマンコ、の、穴に、くっつけた。
「先生。マンコが濡れています」
「女は、興奮すると、マンコが、濡れてくるの。男の、おちんちん、を迎えやすいようにするために」
そう、由美子は、説明した。
哲也は、初めて、触る、女の、マンコの感触に、驚いていた。
「さあ。指を入れて」
言われて、哲也は、由美子の、マンコの穴に、指を入れた。
それは、スポッ、と、入った。
「濡れています。先生」
哲也が言った。
「マンコの穴の場所が、わかったでしょ。今度は、哲也くんの、おちんちん、を、私の、マンコに入れて」
由美子が言った。
「はい」
そう言って、哲也は、自分の、おちんちん、を、由美子の、マンコの穴、に、くっつけた。
「さあ。哲也くんの、おちんちん、を、私の、マンコに入れて」
由美子に、言われて、哲也は、おちんちん、を、由美子の、マンコの穴に、入れようとした。
京子も、腰を動かして、哲也が、おちんちん、を、マンコに入れるのを手伝った。
哲也の、おちんちん、は、スポッ、と、由美子の、マンコに、入った。
「どう。おちんちん、を、マンコに入れた感じは?」
由美子が聞いた。
「マンコが、おちんちん、を、しめつけています」
哲也が言った。
「それは、男のおちんちん、を、放さないために、そうなるのよ」
由美子が説明した。
哲也にとっては、すべてが、生まれて、初めての事ばかり、だった。
「ふふふ。これで、私の体と、哲也くんの、体が、合体したわね」
由美子が言った。
由美子は、山野哲也の、脇腹や、脇の下、などの体を、コチョコチョと、くすぐった。
「ああっ。くすぐったいです。先生」
「我慢して。くすぐったさ、が、気持ちよくなるから」
そう言って、由美子は、哲也の、尻の割れ目、を、指先で、スー、と、なぞった。
「ああー。くすぐったいです」
「我慢して。くすぐったさ、が、気持ちよくなるから」
そう言って、由美子は、哲也の、尻の割れ目、を、指先で、スー、と、なぞったり、脇腹や、脇の下、などの体のあちこちを、コチョコチョと、くすぐった。
しばしして。
「あっ。先生。また、おちんちん、から、何かが、出そうです」
山野哲也が言った。
「それは、哲也くんの、金玉に溜まっている、精液よ。哲也くんの、精子と、私の卵子、が、くっついて、子供が出来るの」
そう、由美子は、説明した。
「ああー。出るー」
そう、叫んで、哲也は、由美子の体内に、精液を射精した。
「ふふ。哲也くん。気持ち良かった?」
「はい」
「それは、よかったわね。これで、私と、哲也くん、は、結婚して、夫婦になったのよ」
と、由美子が言った。
由美子は、マンコから、哲也の、おちんちん、を、抜いた。
そして、ティッシュペーパー、で、濡れた哲也の、おちんちん、を、ふいた。
由美子は、再び、ベッドに、仰向けに寝て、哲也の体を、自分の体の上に倒して、自分と、重ね合わせ、ギュッ、と、抱きしめた。
「哲也くん。キスして」
「はい」
哲也は、由美子の唇に、そっと、自分の唇を重ねた。
由美子は、哲也の口の中に、舌を入れた。
哲也は、驚いている。
「哲也くん。大人のキスって、唇と唇を、くっつけるだけじゃないの。舌を、絡め合わせて、お互いの唾液を吸い合うの。さあ、哲也くん。私の舌と哲也くんの舌を絡め合いましょう」
由美子が言った。
哲也は、おそるおそる、自分の舌を、伸ばして、由美子の舌にくっつけた。
哲也は、興奮してきて、粘っこい唾液が出始めた。
由美子は、哲也の、唾液を吸った。
「さあ。今度は、哲也くんが、私の唾液を吸って」
由美子に言われて、哲也は、由美子の、唾液を吸った。
由美子は、哲也を、ギュッ、と、抱きしめた。
かなりの時間、二人は、抱き合って、キスした。
「もう、今日は、このくらいにしておきましょう」
由美子が言った。
「はい」
由美子は、起き上がって、哲也に、パンツを履かせ、パジャマを着せた。
そして、自分も、パンティーを履き、ブラジャーを着け、スカートを履いて、ブラウスを着た。
そして、白衣を着た。
「どう。気持ち良かった?」
「うん。とても気持ち良かったです。先生。ありがとう」
「また、明日も、私を、うんと、好きなように、触って」
「ありがとう。先生」
そう言って、由美子は、去って行った。
由美子は、自分が、山野哲也に、してやれる、治療は、これしかない、と思った。
その日、以来、由美子は、山野哲也の部屋に、回診に行くと、哲也と、エッチな事をするようになった。
しかし、山野哲也の病状は、日に日に、悪化していった。
セックスのような、激しいことを、する体力も無くなっていった。
激しい運動をすると、体に悪い。
なので、哲也は、由美子と、手をつなぐ、ことくらいになった。
元々、哲也は、性欲の対象として、岡田さん、を見ていたわけではなく、岡田由美子という、優しい女性に、対する、「愛」、という思いだったので、別に、セックスが出来なくなっても、哲也は、不満では、なかった。
むしろ、山野哲也が、由美子と、セックスしたのは、「何も知らないで死んでしまう山野哲也」、が、可哀想で、由美子が、大人の男女の関係を、体験させて、やりたい、という理由で、したのである。
ある日の仕事の帰り。
五十嵐健二、と、岡田由美子、は、いつもの喫茶店に寄った。
「あの。五十嵐さん」
「はい。何ですか?」
「小児科の仕事、って、つらいですね」
「どんな所がですか?」
「病気が治らない子を診ていると、つらくなってしまうんです」
五十嵐健二、は、何も言わなかったので、由美子は、続けて言った。
「私。どうして、この子は、病気に生まれついたのか、って、悩んでしまうんです。この子に罪があるわけでは無いのに・・・」
そう言って、由美子は、ため息をついた。
「五十嵐さんは、どう思いますか?」
「そうだねー。そんな事、考えたことは無いよ。そんな、根本的なこと。僕は、仕事と、割り切っているからね。誰でも、初めの頃は、そういう悩みを持つものだよ。でも、慣れてくるうちに、だんだん、仕事慣れしてくるよ。医者は、人の死に対して、不感症になっていくものだよ」
「そうですか。私も、そうなるのでしょうか?」
「それは、わからないな。でも、中には、医者の仕事に慣れても、デリケートな人で、人の死に対して、不感症にならない人もいるよ」
「そうですか」
由美子は、自分は、どっちの医者なのだろうか?と思った。
「あのね。聖書に、書いてあるんだけど。病人は、どうして、病気を持って生まれついたか、という、理由が書いてあるんだ」
「それには、何と書いてあるんですか?」
京子は、目を見開いて聞いた。
「それは、神の御業が実現するため、なんだそうだ」
由美子は、一瞬、まさか、それって、私のこと?、と思った。
しかし、キリストは、実際、数多くの、死人を蘇らせたり、不治の病の患者を、治したりしている。
しかし自分には、そんな奇跡など起こせない。
自分が、死人を蘇らせたり、不治の病の病人を、癒したりすることなど、出来っこない。
自分は、現代の最先端の治療を、するだけである。
でも、精一杯、誠心誠意、患者に尽くそうと、あらためて思った。
「あの。五十嵐さん」
「はい。何でしょうか?」
「結婚式は、もう少し、待ってくれませんか?」
由美子が言った。
「構いません。でも、その理由は何ですか?」
「それは、ちょっと・・・」
と、言って、由美子は、言いためらった。
「何か、言いたくない事情があれば、構いませんよ」
五十嵐が言った。
由美子は、心の中で思った。
私は、山野哲也くんと、結婚したんだ。
遊び、なんかじゃない。
哲也くんは、本気だし、私も、本気で、山野哲也くんの、プロポーズを快諾した。
夫婦の契りも結んだ。
それを、「子供との、遊び」、なんて思って、いい加減にして、陰で、他の人と、結婚するなんて、哲也くんが、可哀想だ。
子供だって、「一人の人間」、であって、「大人の一人の人間」、と、何ら変わりはない。
何が違う、というのだろうか?
由美子は、哲也と、夫婦の契り、を、結んだ時は、意識していなかったが、「これは、遊びであり、本気ではない」、と、軽い気持ちがあったことを、今、気がついた。
そして、自分を欺いていたことを、心から後悔した。
「医者として、そして、人間として、真剣に生きねば」
由美子は、そう思った。
ある土曜日のことである。
その日も、由美子は、山野哲也の個室に、回診に行った。
山野哲也は、抗がん剤の副作用で、吐き気が、起こるので、口から食事が摂れず、点滴で、栄養補給を行うように、なっていた。
体重も落ち、げっそり、やつれていた。
由美子は、黙って、山野哲也の手を握った。
それしか、出来ることがなかった。
哲也も、由美子の手を、握った。
しかし、哲也の握力は、弱かった。
由美子は、心の中で、「神様。どうか、この子を救って下さい」、と祈った。
勤務時間が終わったので、由美子は、大阪の実家へ帰った。
その日は、天気予報で、昼頃から、大型の激しい台風が、日本列島に、接近してきて、豪雨と、強風が激しくなっていた。
台風による、大きな被害が出たら、自分も、両親と一緒に居て、防災を手伝いたかったからである。
出来ることなら、一日中、山野哲也の傍に居て、手を握っていたかったのだが、他の患者の治療もあるし、患者が、いつ、危篤状態になるかは、わからないのである。
当直の医者を信用することも、大切である。
大阪の実家へ帰っても、由美子は、哲也の事が、気が気でなかった。
台風は、強風をともなった、暴風雨となり、電車も、車も、運転を、見合わせた。
その夜のことである。
大学病院から、由美子の、携帯に、連絡が来た。
「岡田由美子先生。先生の、受け持ち患者の、山野哲也くん、が、危篤です。血圧が、下がってきました。不整脈も、起こり出して、きました。昇圧薬、と、抗不整脈薬、で、対応しています」
と当直医が言った。
「宜しくお願い致します。また、何か変化が起こったら、すぐに連絡して下さい」
と、由美子は言った。
由美子は、出来ることとなら、今すぐ、大学病院に行きたかった。
しかし、暴風雨で、交通機関が動かないので、病院に行くことが、出来ない。
由美子は、心の中で、「神様。どうか、山野くんを救って下さい」、と祈った。
その数時間後。
また、大学病院から、由美子の、携帯に、連絡が来た。
「由美子先生。山野哲也くんの、SpO2が、下がってきました。気管挿管しました。血圧も上がりません。心電図でも、心室細動が、出てきました。心臓マッサージを開始しました。電気ショックによる除細動も開始しました」
と当直医が言った。
「よ、よろしくお願い致します」
由美子は、それ以上、何も言うことが出来なかった。
ただ、「神様。神様」、と、祈るだけだった。
その、数時間後、病院から、山野哲也が、死んだ、知らせ、が、大学病院から来た。
由美子は、号泣した。
由美子は、山野哲也の臨終だけは、絶対に、自分が看取りたいと思っていたのである。
翌日。
台風は、速度が、速かったので、近畿地方を、抜けて、東北へ移っていた。
幸い、交通機関に、大きな被害は、出なかったので、電車は、昼頃から動き出した。
由美子は、すぐに、近鉄大阪線で、橿原市へ向かった。
由美子は、近鉄八木駅で降りて、タクシーに乗って、大学病院に向かった。
そして、小児科病棟へ行った。
山野哲也は、死体安置所に移されていた。
微動だにしない、山野哲也が、安置されていた。
由美子が、人間の死、を見るのは、これが、初めてだった。
「この子は、もう、この世の中にいないのだ。もう、言葉を話すこともなければ、体を動かすことも、永遠に、ないのだ」
由美子は、それを、実感した。
由美子は、死後硬直の始まった、山野哲也の前で、茫然と、立ちつくしていた。
「先生。山野哲也くんの、ベッドの下に、封筒が、ありました。先生宛の手紙です」
そう言って、医師は、封筒を、由美子に渡した。
封筒には、「岡田由美子先生へ」、と、書かれてあった。
由美子は、おそるおそる、封筒を開けてみた。
中には、山野哲也の書いた、手紙があった。
それには、こう、書かれてあった。
「由美子先生。無茶なお願いしちゃって、ごめんなさい。由美子先生が、僕の頼みを聞いてくれるかどうか、すごく関心が起こっちゃって。試してみたかったんです。聖書には、人を試してはいけない、と書いてありますよね。きっと僕は悪い子なんですね。でも、女の友達が一人も出来ないで、死ぬのって、すごくさびしかったんです。僕はしょせん、先生の受け持つ、たくさんの患者の一人に過ぎないと思うと・・・。先生が、きれいで、優しいだけ、余計、つらくて、さびしかったんです。死んだらどうなるのかな。僕、きっと、地獄に落ちるよね。だって、働いてなくて、世の中のために何もしてないもん。これから真っ暗闇の世界になるんだね。こわい。こわい。でも、そういう辛い時、先生のことを、思い出します。そうすれば、きっと、真っ暗闇の世界でも、地獄でも、耐えられそうな気がします。先生にとっては、僕は、一人の受け持ち患者でも、僕にとっては、たとえ真似事であっても、一生の愛を誓い合った、妻だもの。生きている間に、最愛の先生と結婚できて、僕は幸せです。でも、先生。本当は、僕は嫉妬していました。先生が将来、結婚するであろう素敵な男の人に。僕は、悪い子ですね。でも、あれは、冗談で遊びです。ですから、先生は素敵な人と結婚して幸せになって下さい。楽しい思い出をありがとう。僕、生まれてきてよかったよ。だって、先生と出会えたんだもの。山野哲也」
由美子の目から、涙が、ポロポロ流れた。
「うわーん」
由美子は、号泣し続けた。
いつまで、経っても、涙が流れつづけた。

小児科医

執筆の狙い

作者 浅野浩二
flh3-125-197-239-101.tky.mesh.ad.jp

「能力を気にする必要はないんだ。ダン。人間は人格が全てで僕はそれで君を選んだんだ」
(ブルース・リー)

コメント

自分らしく
FL1-218-227-170-234.szo.mesh.ad.jp

済みません。
読点が多過ぎて、最後まで読む気がしませんでした。

敢えて、読点を多く打っていらっしゃるのでしょうか……
私にはとても読み辛く、最初の数行で読むのを断念しました。

人は本を読む時、黙読であっても無意識に息継ぎをしながら読んでいます。
それの助けとなるのが『読点』だと、わたしは思っています。
読者の方に、特に印象付けたい言葉であるとか文章であるとか、表現であるとか……
そういう『意図』がない限り、わたしは細かく読点を打ちません。
読み易く、息継ぎし易く、自分自身で読み直しながら読点を打ち直します。

最後まで読み切ることなく、コメントを入れたことは申し訳ありません。

では・・・

大丘 忍
p4183129-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

医学部に入ってからの詳細なる記述、私は読みましたが一般の人が退屈しなくて読めるのだろうかと思いました。
小児科の女医さんが、入院中の子供と病室でセックスするなんて、ちとやりすぎでは?

浅野浩二
sp110-163-11-194.msb.spmode.ne.jp

自分らしく様、大丘忍様
コメントありがとうございます。
参考になりました。

小児科医(掌編の)
flh3-49-129-240-138.tky.mesh.ad.jp

本当は、こっちの方の、短い「小児科医」の方が、小説っぽくて、いいと自分では思っています。
女の研修医と難病の男の子の患者の話という点は共通しています。
浅野浩二

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内