作家でごはん!鍛練場
アヲハタ€

オオカミ少女を拾ってしまった

「あなた、どうしたの? 大丈夫!?」

私は、その言葉がうっすらと聞こえて、そのまま目を閉じた。


次に目が覚めた時は知らない天井、知らない布団だった。

「ここは...?」

周りをきょろきょろしていると、

「あー!目が覚めたのね!旦那様達を呼んできますね!!」

と、ドタドタとメイドさんらしき女の子が元気よく去っていった。

しばらくしたらゾロゾロと人が入ってきた。

「やぁ、目が覚めたかい?カレンが君を連れ帰ってきた時はびっくりしたよ。すぐに医者を呼んで手当てはしたけど、まだ痛むところはあるかい?」

そう旦那様?らしい人が質問してきた。

「いえ、その、大丈夫、です...」

「そうか、なら良かった!」

私が喋ったことでみんながひと安心したように見えた。

(なんなんだ、この人たち。いや、助けてくれたり、気を使ってくれたりでいい人たちなんだろうけど...)

そう思っていると、

「あなた、名前はなんとお呼びしたらいいのかしら?」

見るからに、theお嬢様って感じの女の子が聞いてきた。

「コハク...コハクっていいます。」

「そう、コハクというのね。私はカレン。カレン・アヴェンタドールよ。」

「!?」

その名を聞いて、びっくりしてしまった。

(え!?アヴェンタドール!?イシュタニア国で王都に次ぐ大きい領地の公爵家の!?)

私はまた、気を失いそうになった。

なぜ自分がここにいるのかすらあまり記憶にないのだ。

(じゃあ、さっきの旦那様って...ヨハン・アヴェンタドール公爵様!?)

大貴族を前に萎縮してしまっていると、

「あははは、大丈夫。そう畏まらなくてもいいよ。
その反応を見ると君は、この国の国民なのかな?どちらにせよ、怪我をしている女の子をどうこうしよって私は思ってないよ。」

旦那様は笑って話しかけてくれた、が、やはり体がこわばってしまう。

「あなた〜、あなたが言ってもちょっと怖いわよ〜。
カレンちゃんが家まで連れて帰って来た時は私もびっくりしちゃったけど、コハクちゃんは人狼族なのかな?」

このおっとりした口調で美人さんは質問してきた。

(カレン様が助けてくれたの?なんでだろ、思い当たる節がないな。けど助かったし、)

など、考え込んで少し黙ってしまった。

「聞いちゃいけなかったかしら〜?」

美人さんがおろおろしている。

「い、いえ!!私は人狼族です!
あ、あの!カレン様!助けていただきありがとうございました!」

目が覚めてから少ししか口を開いていなかったため、ボリュームを間違えてしまった。

「わ、びっくりした。いいのよ。私が好きでしたことだし。」

カレン様はそう言うと、ちょっと顔が赤いように見えた。

「...コハク。君はどうして、この家の裏の北の森に居たのか教えくれるかい?」

旦那様は真面目な表情に変わっていた。

(そういえば、なんでそんな所にいたんだろ...)

そう思い、私は少し記憶を遡ってみた。

コハクこと私は、東大陸にあるイシュタニアという国

のある人狼族の村で育った

家族は、父、母、祖母、私の4人だった

普通に家族からは可愛がられ、愛情も注がれて育て

られたと思う

そして、人狼族の村の掟の【14歳になると

2年間の修行の旅に出る】によって、旅に出た

ちなみに、アヴェンタドール公爵領は3つ隣の領地だっ

たし、領主が有能ってことは国中で噂にはなっていた

話は変わるが、私は修行の旅に出てから自分の中の

世界が広がった

村の近くの森では見たことない景色

初めての野宿や宿泊施設での食事

全てが新鮮で楽しく旅が出来そう!そう思ってた

しかし、旅には危険が付き物であった

「魔物」そう呼ばれる生き物が住んでいる森を進んで

いたのだから、遭遇しない訳では無い

そういうことも想定して村ではちゃんと修練はやって

いたので、難なく遭遇しても大丈夫であった

村を出て2ヶ月くらい経ったある日、今日野宿をする

場所を探して森を進んでいくと、洞窟を発見した

(この洞窟なら雨風凌げるし最高じゃない!)

そう思った私はその洞窟を拠点にしようかと考えて

何もいないか確認をしにいった

それが間違いだったのかもしれない

奥に進むと熊型の魔物がいたのだ、しかも3匹

いくら修練を詰んだとはいえ、熊型(3mくらい)など

女の子がどうこう出来る相手ではない

私は戦うことよりも逃げることを考え見つけた瞬間に

猛ダッシュで逃げた

けれど、熊型の魔物もこちらに気が付き、走ってきた

(やだやだ、着いてこないでよ〜、早く帰れよ〜)

と、情けなく弱音を吐いているが、魔物の方が速い

雄叫びが聞こえた瞬間、背中がとても熱くなった

熱さの後に段々と痛みが襲ってきた

(まずい、このままだとここで死んじゃう...まだおばあ

ちゃんにもお母さんにもお別れなんてしてないのに...)

痛みを我慢して立ち上がる

(やるしかない...)

私は震える腕を抑えて、手持ちのナイフで応戦した

幸いにも追いかけてきた魔物は1匹だけだった

(1匹ならどうにかなるのかな...)

内心少しだけ余裕ができたところで、魔物が襲いかか

ってきた

魔物だけあって、知能的な攻撃はしてこずに大振りで

爪で攻撃してくるだけだ

それを躱して、村で習った倒し方「喉元狙えばなんと

かなる」戦法で魔物の喉元を狙った

私はナイフに手応えを感じた

振り返ってみると魔物は倒れている

(やった!!!なんとか倒せた!!!けどなんだか疲れ

たし、次の拠点を探さなきゃ...)

私は背中に負った怪我を気にする間もなく歩き出した

どれくらい歩いただろうか、喉も乾き、お腹もすき、

頭がボーッとしてきた

(も、もうダメ...だ...)

そう思って、少し横になった

「あなた、どうしたの? 大丈夫!?」

(ん?何か聞こえたような気がした...幻聴??なんでも

いいけど、少しだけ休ませ...て...)

私はその辺から記憶がない

結構覚えてるね、やるじゃん私

オオカミ少女を拾ってしまった

執筆の狙い

作者 アヲハタ€
zaqb4dd23cb.zaq.ne.jp

初めて執筆させていただきました。
表現したいことは少女と人狼の少女が
ゆるい日常を描けたらと思います。
また、全然話が完結していないので読んで
いただいて「?」で終わるかもしれませんがご容赦ください。

コメント

softbank060137241141.bbtec.net

熊の懐に飛び込んで喉を切れるわけないでしょwwあと、ナイフ程度で勝てるなら全然危険じゃないよね。

アヲハタ€
zaqb4dd23cb.zaq.ne.jp

炭さん
的確なアドバイスありがとうございます、
確かにそうですね。笑

偏差値45
KD106154138199.au-net.ne.jp

ストーリーとしては「これから」ですね。
人狼、、、狼男ではなくて、狼少女、ということかな。
今後はオオカミに化けて活躍するような予感がしますね。
で、ツカミとしてはどうか? と言えば、、、もう少し考えても良いかな。
狼少女ならではのエピソードが欲しいところですね。

アヲハタ€
dw49-106-192-125.m-zone.jp

偏差値45さん
アドバイスありがとうございます。
そうですね。まだ物語の冒頭部分しか書けてないです。
狼少女ならではのエピソードもう少し考えてみます!

滝田洋一
sp49-96-239-212.msc.spmode.ne.jp

 空行か気になったけれど、ラノベってみんなこうだから仕方ないですね。
 正直、始めて書いたとは思えないんですが(上手いと言う意味で言っているのでは有りません。慣れていないかと思ったのです)
 物語を組み立てるセンスはお持ちのようですね。炭さんのご指摘もご尤もなんですが、元々有り得ないことを書いてる訳ですよね。人狼も魔物も架空なんだから、そこだけにリアリティーを求めると言うのもね。
 いい味有ると私は思います。

アヲハタ€
zaqb4dd23cb.zaq.ne.jp

滝田洋一さん
アドバイスありがとうございます。
ぶっ飛びすぎてなければいいかな?レベルで考えてたんでそういった指摘は助かります!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内