作家でごはん!鍛練場
飼い猫ちゃりりん

ごき太と佳代ちゃんの旅

 この作品を佐野洋子氏に捧げる。

 第一章 ごき太の旅

 あるとき、ごき太は大きな家の中で迷子になりました。泣きながら母を探していると、長い木の廊下の隅に、家の形をした紙箱がありました。
 中をのぞくと、誰かが眠っていました。そばに駆け寄って、「お母さん?」と声をかけたそのとき、「ごき太ー! どこにいるのー!」と母の声が聞こえました。
 ごき太が箱から出ようとすると、ノリが足にからみつきました。懸命に脚を動かすと、ノリは顔や体にもからみつき、ごき太は息もできなくなりました。
「お母さん。助けて……」
 ごき太は死にました。

 あるとき、ごき太は若い女性の部屋にいました。
 彼女が掃除を始めれば、ごき太も菓子くずをひろい集めました。
 彼女は草花の香りの香水が好きだったから、部屋はいつも草花の香りに満ちていました。
 ある日、ごき太は、「僕にも香水をつけてください」と彼女に頼みました。すると彼女は白い缶を持ってきて、シューっとふりかけてくれました。
「すごく気持ち良い……」
 ごき太は死にました。

 あるとき、ごき太は小さな定食屋の調理場にいました。
 ごき太が皿の上の青菜の陰で休んでいると、おじさんは、ごき太をのせたまま皿を客に出しました。
 ごき太が、「いらっしゃいませ!」と挨拶をすると、その客は、「こんなもん食えるか!」と怒鳴りました。
 おじさんは急いで皿を下げると、ごき太を皿から叩き落とし、「この野郎!」と怒鳴って踏みつけました。
「おじさん。ごめんなさい……」
 ごき太は死にました。

 ごき太は百万回も生まれ、死にました。

 あるとき、ごき太は四人家族のテーブルのそばにいました。テーブルには美味しそうな料理が沢山のっていて、真ん中には丸いケーキが置いてありました。
 家族がお祈りをすると、ごき太もお祈りをしました。
 すると兄が、「ゴキブリがいる!」と声を上げ、母も、「早く殺して!」と叫んだのです。
 でも、佳代ちゃんは目に涙を浮かべて言いました。
「虫さんが可哀想……」
「どこが可哀想なんだよ! 馬鹿じゃね。だからお前はクラスでいじめられるんだ」
「佳代子。害虫は殺しても良いんだよ。理科の時間に習っただろ」
「ゴキブリは不潔だから駆除しなきゃいけないの。わかった?」
 三人はごき太を追いかけ回し、ごき太は命からがら外に逃げました。降り積もった雪はふわふわで気持ちよくて、ごき太は深い眠りにつきました……

 誰かがごき太に、「メリークリスマス!」と声を掛けました。
 ごき太が目を覚ますと、サンタクロースが、ごき太の顔をのぞき込んでいました。
「プレゼントは何が良いかな?」
「えっ! 僕がもらえるの?」
「もちろんだ」
「ありがとう! でも、なんで僕がもらえるの?」
「神様に愛されているからだ」
「なら、なぜみんな僕を殺すの?」
「さあなぁ。わしにはわからないが。彼らはそれを神様に答えねばなるまい。さあプレゼントは何が良いのだ?」
「なにもいらない。ただ……」
「ただなんだ?」
「僕、お母さんにあいたい」
「では乗りなさい。つれていってあげよう」
 ごき太が降る雪の中をひらひらと舞い、トナカイの鼻にとまると、そりはごき太を母の元に運びました。

 第二章 ごき太と神様の会話

 そりが天国に到着すると、ごき太はトナカイの鼻から飛び立ち、百合の咲く谷間を飛びました。すると、「ごき太ー!」と声が聞こえたのです。ごき太が振り向くと、懸命に羽ばたく母の姿が見えました。
 ごき太は母の胸に飛び込んでひとしきり泣くと、懐かしくも悲しい思い出を語りました。それは、残酷な神が、二人をゴキブリに変えてしまう前のことです。
「母さん、覚えてる? あのイブの日のことを。あの日、母さんはゴミ処理場の仕事が終わると、保育園まで迎えに来てくれたよね。
 母さんが着いたときは、まだ園長先生が絵本を読んでいた。
 その日はすごく寒くて、粉雪が舞っていた。でも部屋の中は暖かくて窓ガラスが曇っていた。母さんは、ガラスの向こうから僕を見ていたよね。
 母さんが部屋の中に入らなかったわけを知っているよ。汚れた作業服で、僕に恥ずかしい思いをさせたくなかったんだ。
 園長先生が、最後にみんなで歌いましょうと言うと、僕は一生懸命歌ったよ。こんな風に。
(ごき太は母の前で賛美歌を歌いました)
 母さんは笑っていたよね。寒さに震えながら。
 園長先生が、みんなさんさようならって言うと、僕は駆けて行って母さんに抱きついた。すると母さんは、『ごめんね。可哀想な女の子にケーキをあげちゃったの』って僕に謝ったんだ」

 そのとき、シャンシャンという鈴の音が響き、サンタクロースが雲の中から現れました。
「おーい! 話中悪いが、神様が君と話したいそうだ」

 ごき太が神様の御前に立つと、神様は言われました。
「いかなる生物が死に絶えても、お前達は生き延びる」
「どうしてですか?」
「お前達は最高傑作だ」
「なら、人はなぜ僕らを殺すのですか?」
「奴らは、己を知らない愚かな畜生どもだ。その知恵を操っているのは、憎しみという名の不治の病なのだ。
 遠い昔、プロメテウスが奴らに火を与えた。すると奴らは、その火で私が愛でる者達に暴虐の限りを尽くしおった。
 奴らは、もうすぐその火で殺し合いを始める。最後の一人になるまでその殺戮は終わらない」
「なぜ殺し合いが始まるのですか?」
「私がそう仕向けるからだ。奴らの憎しみに火をつけてやれば、奴らの知恵などなんの役にも立たない」
「お願いします。人を許してあげてください」
「奴らが憎くないのか?」
「憎くなどありません」
「けがれなき者よ。望みを言うが良い」
「お母さんと一緒にケーキが食べたいのです」
 すると、どこからか母の声が聞こえました。
「いつまで寝ているの? お母さんが全部食べちゃうわよ」
 ごき太が雪の上で目を覚ますと、赤い莓がのったケーキの横で、母が微笑んでいました。

 聖夜雪 玻璃窓の影身を隠し 母は幼き我を見守る
 せいやゆき はりまどのかげみをかくし はははおさなきわれをみまもる
 『慕尼黑歌集』より

 第三章 ごき太を慰めた佳代ちゃん

 あるとき、ごき太は四人家族のテーブルのそばにいました。テーブルには美味しそうな料理が沢山のっていて、真ん中には丸いケーキが置いてありました。
 家族がお祈りをすると、ごき太もお祈りをしました。
 すると兄が、「ゴキブリがいる!」と声を上げ、母も、「早く殺して!」と叫んだのです。
 でも、佳代ちゃんは目に涙を浮かべて言いました。
「虫さんが可哀想……」
「どこが可哀想なんだよ! 馬鹿じゃね。だからお前はクラスでいじめられるんだ」
「佳代子。害虫は殺しても良いんだよ。理科の時間に習っただろ」
「ゴキブリは不潔だから駆除しなきゃいけないの。わかった?」
 三人はごき太を追いかけ回し、ごき太は命からがら外に逃げました。降り積もった雪はふわふわで気持ちよくて、ごき太は安らかな眠りにつきました……
 
 その夜、佳代ちゃんは自分のベッドで泣きました。降る雪を見つめながら、哀れな虫のことを想い泣きました。
 すると、誰かが佳代ちゃんに声を掛けたのです。
「プレゼントは何が良いかな?」
「サンタさん!」
「神様は、君の優しい心を喜ばれ、どんな願いも叶えると言われた。だから欲しいものを言いなさい」
「なんでも良いのですか?」
「もちろんだ。永遠の命でも良いと神様は言われた。さあ何が欲しいのだ?」
「赤い苺がのったケーキをください」

 佳代ちゃんが夢から覚めると、枕元に赤い莓がのったケーキが置いてありました。
 佳代ちゃんはケーキを持って庭に出ました。雪は止んでいて、夜空には星が輝いていました。
 佳代ちゃんは星の光を頼りに、ごき太を探しました。やがて夜空が白み始め、一面の銀世界が広がりました。
 ごき太は、降り積もった雪の上で眠っていました。
 佳代ちゃんは、ごき太の横にケーキを置くと、「ごめんなさい……」と言って嗚咽を漏らし、震える声で讃美歌を歌いました。
 神様はその敬虔な心を祝福し、佳代ちゃんに絶世の美貌を与えました。

 最終章 佳代ちゃんの旅

 絶世の美貌を与えられた佳代ちゃんは、あるとき、大富豪の御曹子からプロポーズされました。
 彼は佳代ちゃんに、金のネックレスやダイヤの指輪を沢山プレゼントしました。
「欲しい物は何でも買ってあげるからね」
「私は何もいりません」
 あるとき、佳代ちゃんは車にひかれて死にました。ひいたのは、彼と婚約していた女性でした。

 あるとき、佳代ちゃんは中国の踊り子でした。
 ある日、佳代ちゃんは宮廷に招かれて、皇帝の前で踊りました。すると皇帝は、佳代ちゃんを、お嫁さんにしたくなりました。
「お前に広大な土地を与えよう」
「私は何もいりません」
 あるとき、佳代ちゃんは兵隊に捕まりました。
 佳代ちゃんは両腕と両脚をちょん切られ、さらしものにされて死にました。
 佳代ちゃんを殺したのは、皇帝の正妻でした。

 あるとき、佳代ちゃんはオリンポスの森に暮らすニンフでした。
 神々の王ゼウスは佳代ちゃんを溺愛し、黄金の御座のヘラは、佳代ちゃんに嫉妬しました。
 あるとき、ヘラは佳代ちゃんに言いました。
「お前に良いものを与えよう。それは、お前を永遠の至福へと導くだろう」
「女神様。私は何もいりません」
 ヘラは佳代ちゃんの姿をゴキブリに変えました。
 ゴキブリにされた佳代ちゃんは、百万回も殺される運命を、百万回も繰り返すことになりました。

 空蟬(うつせみ)の世を彷徨う佳代ちゃんは、あるときスリッパで叩かれて、紙にくるまれて棄てられました。
 無惨に身を砕かれた佳代ちゃんが、精一杯の力をふりしぼって紙から這い出ると、そこは雪の降り積もるゴミ処理場でした。
 雪が傷の痛みを和らげると、佳代ちゃんは深い眠りにつきました。

 しばらくすると、佳代ちゃんは雪を踏む足音に気づきました。それが止むと、「可哀想に……」と嘆く女性の声が聞こえたのです。
 佳代ちゃんが目を開けると、作業服を着た女性が佳代ちゃんに話しかけました。
「なぜこんな所にいるのですか?」
「私はゴミなのです」
「神に誓って言います。あなたはゴミではありません」
「優しい人……」
 佳代ちゃんは呪われた自分の運命を話しました。すると女性は涙を流し、神様にお願いをしました。
「神様。どうか、この子を安らかに眠らせてあげて下さい」
 すると灰色の空から声が聞こえました。
「お前が代わりに罰を受けるなら、その願いを叶えてやろう」
「ああ神様。私がつぐなえば良いのですね。あなたの罪を……」
「ああ、なんてことを……」
 佳代ちゃんは涙をこぼし、わずかに前脚をふって別れの挨拶をしました。佳代ちゃんが息絶えると、女性はその亡骸をハンカチに包み、小さなケーキと一緒に雪に葬りました。

 おわり

ごき太と佳代ちゃんの旅

執筆の狙い

作者 飼い猫ちゃりりん
123-48-120-67.area1b.commufa.jp

 童話を書いてみました。四つの物語が織りなす絵巻物です。
 約4000字(1000字×4話)
 永劫回帰、罪と罰、神などのテーマを扱いますが、所詮は童話ですから気楽に読んで下さい。
 
(もし良ければ、子供にも読んであげて下さい)

コメント

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

こんにちは。
この作品とは何度目かの邂逅となると思います。

感想が難しい……。

基本的に、キャラクター方は好きです。
でも、何か……しっくりこないものがあるのです……。

何かなぁ、と思いまして、ついに感想を書かせて頂く事を結構致しました!

基本的に、ごき太様は幸せなのでしょうか?
佳代様は何故、何回も死を迎えられたのか。しかも、かなり過酷な殺され方で……。

欲を持たない事がいけない事なのでしょうか? それとも、死こそ、最良の結末なのでしょうか?

あ、誰かに愛される……それが、彼女を永遠のループから救った……って事!?

自分でも何を書いているのか、訳が分からなくなって来ました……。
佐野洋子様の作品は……。あの作品へのアンチテーゼなのでしょうか? それとも、別の意図が……。

面倒くさかったら、返信して下さらなくって結構なくらいです。
『あなたの罪』かぁ。

アデュー。

追伸:童話って、性善説に戻るよねー。その、アンチテーゼか!? 神。

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

×ついに感想を書かせて頂く事を結構致しました!

○ついに感想を書かせて頂く事を決行致しました!

飼い猫ちゃりりん
123-48-120-67.area1b.commufa.jp

久方ゆずる様
読んで頂きありがとうございます。
モヤモヤしますよね。
神を理解しようとすると、永遠にモヤモヤです。
おそらく、神は人類にとって最大の謎です。
でも純真な者そーね例えば猫にとっては全然謎じゃないと思います。
純真な者にとって神は全く自然なものなのでしょう。
とにかく毎度悩ませてすみません。

森嶋
om126156151187.26.openmobile.ne.jp

ブラックユーモアにしたいのか、そうじゃないのかはっきりして欲しかったです。
ユーモアを目指して書かれた作品ではないんでしょうけど。
全体的にダークな話ですね。

ラストはほろりと泣けるような展開で良かったんですが。

飼い猫ちゃりりん
sp1-75-238-47.msb.spmode.ne.jp

森島様
 読んで頂きありがとうございます。
 ブラックユーモアにする意図は微塵もありません。
 真剣に書いたつもりです。でなきゃ佐野洋子氏に捧げるなんて決して言いません。
 おそらくこの作品は有神論者に向けた作品だと思われます。宗教的な意味での神ではなく、自然としての神です。

ぷーでる
45.92.32.2

これを読んで、何故か手塚治虫の火の鳥を思い出しました。
人が死ぬ時、火の鳥が現れて死んだらあなたは虫になるのですと。
そして、永遠に虫に転生を続ける事を告げるんですよね。

ごき太は、ゴキブリなのに人間みたいな心があるので一層、奇妙に感じるんだと思います。
単純に、食う寝るだけの神経だったら、この様な神経は働かない様な気がするので。

飼い猫ちゃりりん
123-48-73-201.area1b.commufa.jp

ぷーでる様
 偉大な芸術家の名をあげて頂き、嬉しくもあり、恥ずかしくもあります。たかが猫など足元にも及ばないことは重々承知ですが。
 
 ゴキブリに人間の様な心は無いか? まあ無いと思います。根拠はありませんが。
 でも、ゴキブリにはゴキブリの心があるのか? と問われたら、猫はあるかもしれないと答えます。これも根拠はありません。

 人間とは理性が発達した分、感性が退化した動物と思われます。
 哲学者ヘラクレイトスは嘆くしかなかった。なぜならこの宇宙の一生さえ、彼には炎の一瞬の揺めきに思えたからです。
 永劫回帰とはヘラクレイトスの様な感性を持った者にしか理解できない概念かも知れません。
 ニーチェや佐野洋子氏や手塚治虫氏の様な人達も、その壮大な循環を感じていたのかもしれませんが。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内