作家でごはん!鍛練場
けい

恋する人

私は朝早くから教室に来て勉強をしていた
連立方程式などという訳の分からない問に
対応する為であった、自分は人より劣っていると感じる事が多々有った為、人よりかなり早く来ている、
まだ少し薄暗い曇り空の下で湿度も高く、妙に気分が乗らず勉強はあまり捗らなかった。

私はよく人から来るのが早過ぎるとよく言われる、それによって苦痛を感じないのかと聞かれたこともあったが、此の生活習慣が深く根付いている為、周りの価値観がよく分からなかった。

薄暗かった空がほんの少しでは有るが、明るくなってきた頃、クラスメイトの人々が少しずつやってきた

「おはよう」

「おう、おはよう」
お互い寝て起きて時間が経っていないのか、気の抜けた挨拶になってしまったが、こういうのも友人にも結構大事だよな、と会話の間に考える

「あ、そうだこの宿題やった?」

「待って、これもしかして宿題!?」

「そうだよ、終わってないの?」

「ヤバい!こんな宿題あった事知らなかった!谷川にボコボコに殺される!死んじまうう!!」

少しバタついて朝から疲れてしまったがいつもと特に変わらない挨拶と会話が少し続いた後、朝のホームルームが始まった。

日直が号令をして、目線を何処かへと向けて、何かを話していた。

正直この習慣は不必要だと私は思う、
何故なら、まともに聞いている人が殆どいないからである、本を読む者、絵を描く者など
まあしかし私もこんな事を考えながらペンを動かし、独自の世界を築き上げていた

出席確認が終わり、少しの休憩が始まった
軽く次の授業の準備をし、隣のクラスの友人を尋ねた、

「お〜い!P!手押し相撲しよ!」

「お前弱いから一瞬で死ぬぞ?いいのか?」

「いいんだよ!下克上だ下克上!!」

上っ面では遊びに来ただけだが、それは建前である、何故なら私には想い人が居るからだ、隣のクラスに在籍しており、名前はHという、いつから彼女を想うようになったのかは忘れてしまったが、きっかけは覚えている。

「k〜!やっぱ社会好きなの?」
「まぁ..好きだけど....そんな得意かって言われたらなぁ〜....」
「へぇ!じゃぁ私が教えたげるよ!」

1年生の梅雨明けごろ、被服室にて家庭科の授業があった、私は縫う事は母に教わっていたため、早めに終わらしてしまっていた。

そんな時間を使い、テストの勉強をしていた、集中が切れ、視線が右往左往していると、
ちょうど前の席のHと目が合った、どうやら彼女も課題が終わったようだ。

「どうしたの〜?」

「もう刺繍終わっちゃってさ、暇なんだよね」

「そうなんだ、あ そうだ!kってさ〜
テスト〇〇点取らないと部活辞められないんでしょ!」

「うん、でも結構目標高めだから、行けるか不安なんだよね」

「じゃあ私が教えてあげようか?」

「まじ?ありがとう!」

私の部活はとても厳しい部だった、それに、顧問の先生も滅茶苦茶に恐ろしい人物であったので、辞めたいという旨を震えながら伝えると、テストで〇〇点取ったら辞めていいぞという条件を提示された、なんて厳しい条件だと私は嘆いた、しかしやらない事には何も現状を変えることができないので、すぐに行動に移していたのを今でも鮮明に覚えていた。


私が別クラスのドアで寄り掛かって、友人と冗談を交えた談笑をし、満足した所で、戻ろうとすると、Hが話しかけてきた

「あ、K、どう?最近」

「まぁ、ボチボチかな、そんなに楽しくはないけどね...」

「そっか!頑張ってね!」

ちょっとした話もせず、挨拶は終わりを告げ、お互いの視線は、何処かへと飛んでいき、会話の対象も変わっていっていった。

最近私は、人との会話が長く続けられない、好きな女性である事からなのか、それともただ単純に私が適当に話を切り上げてしまっているのか、それは何気ないことではあるが、それ故に悩んでしまっているのも事実だ、どうにかこの現状を変えられまいかと動こうにも、緊張して言葉が出てこなくなる、これはもしやコミュニケーション障害、俗に言う「コミュ障」を発症したのではないかと疑う、そんな事は無いはずだ!ある訳ない!と自分に言い聞かせて心を奮い立たせて、次は絶対話を続けるぞ、と覚悟を決めた。

恋する人

執筆の狙い

作者 けい
softbank060125056071.bbtec.net

初作品、何かを残してみたい所存

高望みしてる主人公を描いていきたい
(何作か続けて書いてみようと思う)
よろしくお願いいたします

コメント

柔らかい月
n219100086113.nct9.ne.jp

各文、適切な位置に「。」を置いて、しっかり文章を切ってください。

現状のように、漫然と「、」で流されてゆくのは、
「日本語的に間違ってる、おかしい」。

それ(=各文を「。」で区切らず、えんえん・だらだら……)やられると、
「締まり」がなくて、見てて厳しい。

見させられる側は《一々脳内で、適切な位置に「。」を置く》作業強いられているんで、
作者、さぼんないで、「きれいな日本語」で書いて〜。


一瞥して、タイトル詐欺。
どこに恋があんのか、わかんなかった。


引っ掛かりどこは、【この話、何月だよ??】と。


>薄暗かった空がほんの少しでは有るが、明るくなってきた頃、クラスメイトの人々が少しずつやってきた

↑ いくらなんでも「夜明け前」に学校は開けないんで、生徒入れないわ。
「中間・期末当日だけ朝一登校して、教室で即席づけして受けてた」私でも、そんな時間に学校行ってない。

&

>「k〜!やっぱ社会好きなの?」
「まぁ..好きだけど....そんな得意かって言われたらなぁ〜....」
「へぇ!じゃぁ私が教えたげるよ!」

↑ 『社会』はなー、『地理A /B』『日本史』『世界史』『倫理社会』『政治経済』『公民/現代社会』と……確か『商業』があるねん。

なので、ざっくりしすぎ。
「社会科全部網羅して、全部教えられるほど得意」な人って、教師にもいないと思う。。


って、キツイこと言ってて申し訳ないんだけど、さ、
《中学、高校が舞台なもの》は、みんなそこ通って来てるもんだから、
適当に書かれると【アラばっか悪目立ちしてしゃあない】んで、

続き書くんであれば、そういうとこ、きちんとやって〜??

柔らかい月
n219100086113.nct9.ne.jp

あ、いちおう「恋」らしきものは、ラストにちょろっと言及dけはされてんですね。


>最近私は、人との会話が長く続けられない、好きな女性である事からなのか、それともただ単純に私が適当に話を切り上げてしまっているのか、それは何気ないことではあるが、それ故に悩んでしまっているのも事実だ、どうにかこの現状を変えられまいかと動こうにも、緊張して言葉が出てこなくなる、これはもしやコミュニケーション障害、俗に言う「コミュ障」を発症したのではないかと疑う、そんな事は無いはずだ!ある訳ない!


↑ 「コミュ障で真剣に悩んでる人」は多い・・と思うし、
自閉症スペクトラムとか抱えて、ガチで悩み抜いてる人も、クラスには絶対いるでしょう。

って思っちゃって、
【この書きようは、あんまり軽々で、小馬鹿にしてる感じ】が強くて、

いい印象は1ミリも持てなかったんですよ。


(「このオチでいい、このオチだからいい!」ってな感想をつけてくれる人も、ここのサイトにはいてるんだろうけど、、、)



この内容・このオチで「ありきたり」に書くにしたって、
もっと《言葉を選ぶことは出来る筈》で、

言葉を選ばないことには「小説にならない」と思うわ。

柔らかい月
n219100086113.nct9.ne.jp

再度ごめん、ながら&流し見(失礼…)だったもんで、冒頭、もういっぺん眺めてみた。


「>まだ少し薄暗い曇り空の下で湿度も高く、」
が先にあって、それを受けての
「>薄暗かった空がほんの少しでは有るが、明るくなってきた頃、」

なので、『ちゃんと読んでれば、夜明け状態じゃないことは察せられるようには、一応なってた』んですけども、

「まだ薄暗い」+「薄暗かった空がほんの少しでは有るが、明るくなってきた」を 文字通り映像結ぶと、
それはやっぱ夜明けシーン(に持ってくる表現)だと思う。。


春なんだったら、
「花曇りの空はやや薄暗くて……」とかから、「薄曇りだった空が、気づけば明るくなって……」だの、

梅雨だったら梅雨時の書きよう、
冬場だったら冬特有の書きようが、
いくらもあるんで。

中野太郎
M014009196000.v4.enabler.ne.jp

月死ねくだらない死ね

けい
softbank060125056071.bbtec.net

皆様コメントありがとうございます
ご意見を受け止め、修正を加えていこうと思います

偏差値45
KD106154139067.au-net.ne.jp

ストーリーの流れが良くないですね。
全体的に混沌としている感じですね。
面白そうなエッセンスもないですし……。
共感もないです。ちょっと残念な仕上がりですね。

中野太郎
M014009196000.v4.enabler.ne.jp

私はイエスにより月とでしょの悪を許します。
作者さんにはあとで感想を入れましょう

13hPa
softbank221022130005.bbtec.net

惜しいなあ。
ごろごろしてる下手ウマ性悪文豪気取りどもより全然いいのに。

天然モノなんでしょうけど、それにしても書こうとする心象に呼応するスピードの適当さが偶然でも悪くないし、くせみたいにカジュアルに潜む警戒のバランスが個人的にはいい意味での軽さ、信用したくなる無為の寡黙さを予感させられる。
欲目にいうならプチ浅野いにお感というか、本気を明かさない凄みを期待したくなる薄情さ。軸の逸れ方。はぐらかし感。

でもやっぱり残念これはただの天然らしく、お話は何も始まっていないまま終わってるだけなんだよなあ。

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

面白かったです。拝読させて頂きました。
連作のプロローグという所でしょうか。
お若い方なのでしょうか?……じゃなかったら、この若い時独特の不安定さみたいなものを出せる事は凄いと思いました。
倫理観等、難しい事は沢山あると思いますが、ひっそり続きを楽しみにしたい作品でした。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内