作家でごはん!鍛練場
えんがわ

カボチャ売りとイワシ売り

 三十年前、実家のある港町で、おばあちゃんが作ってくれたのが、ネギ入りイワシのツミレ汁だった。人参と玉ねぎ、そして大きなイワシの団子が美味しかった。誰でも思いつく、でも大切な、隠し味のショウガが、イワシの生臭さの、臭い部分だけを抑えてくれていた。
 僕は都会であくせく働いていて、少しだけ出世したけど、故郷のあのイワシの味を忘れなれなくて、脱サラして、その……イワシ専門料理店を開いた。

 だけど、夢は夢のままで良かったのかもしれない。
 店へとやって来るのは、一日、十数人くらい。しがない顔をしたビンボー学生や、しょーもないサラリーマン。

 こんな筈じゃなかった。もっと楽しく、充実していて、あの頃はこんな夢を見てたよって盛り上がって、都会にも支店を。そうなると思っていた。

 イワシ漁のおじいさん。毎朝のように獲れたてのイワシを届けてくれる、いかついけど優しいおじいさん。
 彼に愚痴をこぼしてしまった。
「思うように行きませんね。なんというか、しけってるでしょ、オレの店。しょっぱいというか。なんつーか、毎日あまったイワシで色んな料理を考えてるんだけどね。食べ飽きた、というわけじゃないけど、マンネリでね。なんつーか、このままくすぶって終わるのかな。俺の人生って」

「なんだい、なんだい。こちとら、飛びっきりのイワシを送っているのに。どーしよーもねーな」

 そんな陽気に怒ってくれて、それが嬉しくて、つい甘えてしまう。
「すんません、何か毎日にメリハリが欲しくて.。何時もどんよりしたもんだから」

 おじいさんは、ただ陽気に笑って
「何ならさ、カボチャ売りのところに行ってみるか?」
 思わず聞き返す。
「カボチャ売りぃ?」

「そっ、カボチャ売り。楽しいぞ、あの子は」

   *


 細い路地裏に入ると、聞いていた通り、赤、緑、黄、茶、さまざまなカボチャが置かれていて、聞いていたよりもずっと幼くて、のんびりした女の子がいた。

 ちっぽけなカボチャ専門店。

「あれっ? えっ? お客さん? いらっしゃい」

 僕がじっくりカボチャ選びをしていると。と言っても、良し悪しがわかるのは魚だけで、野菜は門外漢だから、ただ、じっと眺めているだけだったりすると。

 女の子は何か喋りたくてうずうず。そんな目がキラキラしているから、つい話をふってしまった。

「いやー、どれが良いか、わからないや」

 女の子はにやりとして

「わからなくて当然よ。どれも良いものばっかりだから」

 思わず、吹き出す。確かに楽しい子だ。

「おじちゃん、カボチャ初心者ね。そうね、ビギナーのはじめてカボチャセットで良い?」

「うーん、それでイイかなぁ」

 そこでふと心が立ち止まって、

「イワシに合うカボチャってある?」

 女の子はう~んと考えて、こちらが申し訳なくなるほど考えて。

「ニシンのカボチャパイとかはアリだと思うんだけど、イワシに限定するとねえ」

「そっか、そんなに甘くないか」
「甘いわよ。ウチのカボチャ。どれも自慢の一品なんだから」
「いや、いやいや、そうじゃなくて。なんだか。ゴメンね」

 なんだか妙に気分が晴れてきて、こんなことを言ってしまった。

「俺さ、イワシ料理専門店をやってるの。俺イワシのプロだから、俺自身が作るよ」

「ん~。えっ? イワシ料理店、いーなぁー」
 そんなに良くないよ、という言葉をかみ殺して、頷く。
「いーだろー。子供のころからの夢でさ」
「わたしもね、カボチャショップをこの町に建てるのが夢なの。おじちゃん先輩だね。そんでね……カボチャの店は二階建てで……


   *

 女の子は夢をとうとうと語る。一階はカボチャ売り場で、二階はカボチャ料理専門店で、店頭販売でカボチャパイをテイクアウトしたりして……

 女の子の夢語りはなかなか終わらない。こちらも何故かうずうずしてくる。

「カボチャ大好きなんだね。俺もイワシが好きでさ。店、開いちゃったって、わけよ……。そしたらお客さんが来なくて来なくて。でも、少しだけ常連さんも出来たんだよな。新メニューを出すと、試してくれて。たまに美味しかったです。とか言ってくれて」

 話している内に気づいてしまった。あれ? 僕って思ったより悪くないじゃん。むしろ幸せじゃん。何だか久しぶりに、吸い込む町の空気が、そしてカボチャ色の空気が、新鮮で心地よかった。


   *


 イワシを使ったカボチャ料理。

 やっぱり地元の黒醤油を使ったイワシの料理と組み合わせよう。ツミレ汁にカボチャ。これだと何だか味が濃すぎてしまう。どうしようか? 他の野菜も合わせるか? いや、待てよ。何処かから来た不思議な麺。うどんと合わせよう。うん、上手いこと味が中和された。

 でっかいポスター状の紙に自信たっぷりに書く。

『イワシのツミレうどん、カボチャ入り』

 さっそく開店。いつもの時間が、いつもより、やけに長い。
 正午になるころ、学生二人組がやって来た。二言、三言しか話を交わしたことしか無いが、立派な常連さんだ。
 思わず、ためらわず、口にしてしまった。

「今度の新メニューいかがですか? とても良いカボチャが入ったんで」

 我ながらさしでがましい。しかし学生さんはにっこりと

「じゃ、それで」
「うん、俺も、うどん頼むわ」


   *


 会計までの長い間。調理場を整とんする振りをしながら、お客さんを観察する。
 あっ。全部、食べてくれた。スープまで。ありがたい。

 お客さんが千円銅貨を出してくれて、お釣りを渡すまでのちょっとした間。
 たまらず聞いてみた。
「どうでした? 新メニュー」

 お客さんはぽりぽりと頭をかいて、少し困った顔をして、だけどその後、ちょっぴり楽しそうな顔をして
「美味しかったけど。やっぱりここのイワシのつみれは最高だし。このわけわかんない麺もなんか妙にそそるし。だけど、無理やりカボチャを入れた感が半ぱねえっす」

 僕は悔しさ半分、いや、それ以上の「やっぱ、そうだよなぁ」の心情になり。

「すんません、まだまだ未熟者で」
「いや、いやいや、ここの新メニュー、何時も楽しみにしてるんっすよ。イワシの塩焼き、スダチ絞りなんて最強じゃないっすか」
 もう一人の学生さんが
「俺はやっぱりイワシのなめろうかなぁ」

 小さな間がどんどん大きくなっていく。夢すらも超える楽しいイワシトーク。

 最後に「また来ます」、といって学生たちは去って行った。


   *


 僕はせっかく託されたカボチャを、料理として活かせれなかったけれど、それ以上のものを貰った気がする。
 沢山のことを。本当に沢山のことを。

 でも僕はイワシのプロフェッショナルだ。何時か最高のイワシとカボチャの料理のコラボレーションを作りたい。

 店も軌道に乗り始めた頃、週末に道端のカボチャ屋に通うのが、僕の新しい散歩コースになっていた。

カボチャ売りとイワシ売り

執筆の狙い

作者 えんがわ
p2215247-ipngn9802souka.saitama.ocn.ne.jp

気楽に読んでくれたら嬉しいです。

気軽に足跡を残していただいたら、もっと嬉しいです。

よろしくお願いします。

コメント

アン・カルネ
219-100-29-17.osa.wi-gate.net

ふふふ。私も楽しかったわ。

つみれも大好きですけど、イワシ、お刺身も美味しいですよね。握り鮨も好きです。梅煮も好きですよ。南蛮漬けや蒲焼も美味しい。完熟トマトを使ってイタリアンにしても良いですよね。
かぼちゃはそのままおなじみの煮物にしても良いですけど、天ぷらも良いし、そぼろ煮も良いし、ヨーグルトとあえてレーズンとアーモンドを散らしたサラダも美味しいですよ。パイにしたりプリンにしたりデザートにも使えますよ。イワシ料理の専門店のご主人、メニュー増やして下さいね。

青井水脈
om126253129088.31.openmobile.ne.jp

読ませていただきました。
最初は、なんだかこう……。愚痴りたくなるのもわかるな、と思って。それだけに、読了までに僕に生じた変化が柔らかで心地いいですね。

>聞いていたよりもずっと幼くて、のんびりした女の子がいた。

自分の中で、女の子のイメージ像が固まってきました。目をキラキラさせる感じなど、これまで読んできて浮かぶ感じでしたが。

>あっ。全部、食べてくれた。スープまで。ありがたい。

忙しいと見逃しそうだけど、気づくと確かに嬉しくなりますね。

ゲルン
161.35.16.141

素晴らしい作品でした。
色々と申し上げようと思いながら拝読していましたが、そんな試みを忘れてしまうほどにニコニコできる物語でした。個人的にかなり満足度の高い作品です。

ただ強いて一つ申し上げるなら、イワシ売りの「僕」が、カボチャ屋を「ちっぽけなカボチャ専門店。」と評価するのは不自然かなぁと思いました。ちっぽけは少し失礼な表現ですので、人のよさそうなイワシ売りはそんなことを言わないのかなと。

前作のほうも読んでまいりました。いつかカボチャ屋に行列ができそうですね。

えんがわ
p2215247-ipngn9802souka.saitama.ocn.ne.jp

>アン・カルネさん

ありがとです。

楽しんでいただいて嬉しいです。
鰯は回転ずしで、食べたのが、美味しかったなぁ。海なし県の埼玉で、良くぞここまでって感じで。

アジとかイワシとか、海辺の料理屋さんで売っているの、凄くおいしかったなー。

>完熟トマトを使ってイタリアンにしても良いですよね。

うん。イワシの缶詰とミートソース、お安く食べれて美味しいです。
カルネさんはもっと高級なイタ飯を挙げたのかもしれませんけれど。貧乏な自分。

>ヨーグルトとあえてレーズンとアーモンドを散らしたサラダも美味しいですよ

うわー! 美味しそう。食べてみたいなぁ。何時か作ってみようかな。

えんがわ
p2215247-ipngn9802souka.saitama.ocn.ne.jp

>青井水脈さん

>最初は、なんだかこう……。愚痴りたくなるのもわかるな、と思って。

うん。冒頭は湿っぽくなってしまったです。もうちょっと人を惹きつける楽しい冒頭を配置するのが、これからの課題なのかなん。

>それだけに、読了までに僕に生じた変化が柔らかで心地いいですね。

それでも読み進めていただき、嬉しいコメントまで。
ありがとうございます。

水脈さん、ほんと今回もありがとう。カボチャ売りの話はここら辺で、ストックが切れた感じです。
ここまで追っていただき、ありがとうございます。あー、ありがとうばっかり、ボキャ貧だなー自分。

えんがわ
p2215247-ipngn9802souka.saitama.ocn.ne.jp

>ゲルンさん

>ニコニコできる物語でした。

ありがとです。笑顔を呼ぶことができれば、これ以上の幸せは無いです。

>イワシ売りの「僕」が、カボチャ屋を「ちっぽけなカボチャ専門店。」と評価するのは不自然かなぁと思いました。

確かに、ちっぽけは、ちょっとネガティブな感じがありました。「ちっちゃな」とか「ちょこんとした」とかが可愛くていいのかな。

前作にも目を通していただき、ありがとうございました。
女の子が少しずつ常連客をつかんでいく物語を描き続ければ、何時か行列も描けるかも。とか。
いやー、これはまだ書き手の自分にとって、遠い目標だろーとか。

ゲルンさん、はじめまして、だと思うのですけど、こんなに嬉しいコメント、ありがとです。感無量です。

飼い猫ちゃりりん
dw49-106-188-220.m-zone.jp

えんがわ様
こんなほのぼのとした作品を書けるえんがわ様が羨ましいです。
飼い猫もチャレンジしてはいるのですが、中々上手くいきません。

えんがわ
p2215247-ipngn9802souka.saitama.ocn.ne.jp

>>飼い猫さん

勿体ないお言葉、ありがとです。
自分は飼い猫さんほど、シニカルにシリアスに書けないので、自分も凄いなぁとか漠然と思っています。
自分は飼い猫さんのような文章を書くのは諦めてるというか、しっくりしないので、遠い所にあるというか。

飼い猫さんは作風を広げようとしているようで、そのチャレンジスピリッツが、自分は羨ましいです。

やっぱり色んな風な作品を書いて、それでも自分の持ち味を消さない、そんなのが自分の理想なのかな。

飼い猫さんの理想はどうなのか知りませんが、自分は飼い猫さんは「書ける」人だと思うので、
草葉の陰から応援しようと思います。なーむー。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内