作家でごはん!鍛練場
秋田寒男

愛は語らなければならない

 コンビニで買った冷たい缶コーヒーが沸騰するような夏空の日、僕は入道雲の空の下でエミール・シオランの崩壊概論を読んでいた。
「ねぇ、君って神を信じてる?」
 そう言われた時に、外の景色が僕には昼間の太陽のような眩しさを感じた。と、同時に、僕の心は夕闇の前に始まる暗黒さの不気味さを感じさせた。僕は確かに感じたんだ。君の美しさを宿した瞳を。
「あぁ、僕はね、神を信じているだ。だって、そう考えないと神を信じた人たちに申し訳が立たないだろう。いや、それだけではないけど、頭の知識だけの衒学趣味野郎にはうんざりしていてね。あいつらは書物を背負っているロバに過ぎないだろう。人間の心を大切にしたいんだ、僕は」
 透き通った声で寒男は言った。寒男の声はなぜか泣きそうな声でもあった。神の質問をしたユミとは会社の同僚であって、会社のサークル活動でよく哲学の話題で盛り上がっていた。ユミは、寒男の考えを知ると微笑みながら言った。
「でもさ、変に宗教を盲信して理性が働いていない大人には困り者よね。私は理性を限界まで押し進めてさ、ニーチェのキリスト教圏が腐敗しそれを告発した勇気と知性、それに全てを疑う力を崇拝したいわけ。まっ、デカルトじゃないけどさ。カントやウィトゲンシュタインも理解してさ、数学の素養もある人間と会話したいな。私、バカは嫌いだから」
 寒男はギクっとした目つきで、あたりを見回しながらユミに言った。その様子はまるで自分の無知さを気付かれた小学校の先生のようだった。
「あなたは、大卒でこの会社に入ったよね?皆が皆、数学の素養があって、カントも他の哲学者も理解している人なんて、滅多にいないよ? 大学の教授は、ギリシア語もできてドイツ語、英語が出来る人もいるかもしれないけど、僕の読書量だけの判断で考えるとさ、思考が偏っているというか、哲学書紹介者であって、今の時代に本物の哲学者っていないと思うんだよね。どこに君の望む人物がいるのかな? 君の考えを全人類に適用すると君と会話できる人はこの世界にいないよ?」
「ん? いるでしょ目の前に……。寒男君だけだよ、私の話を聞いてくれて理解してくれるの」
「いやー僕は高卒でバカだよ? 理性のりの字もない男だからな。この会社に入ったのは技術職だし、ユミさんの総合職とは天と地の差だよ」
「高卒でそこまで勉強して凄いよ。まるで令和のエリックホッファーみたいだよ?」
「エリックホッファーは学校行ってないでしょ。僕は高校までは出てるから」
ユミは照れ隠しをしながら笑った。
「そうだった。エリックホッファーは正規の教育受けてないのよね」
「ついでにユミさんに言っとくけど、僕は失明もしてないよ?」
「でも、寒男君の心は失明したでしょ?いつも私だけ見つめて、そんなに私の事好き?」
「えっ、そ、そ、それは誤解だよ」
 顔を赤くした寒男はユミに言った。
「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」
「ウィトゲンシュタインのつもり? 寒男くんは相手に好意を持たれたらそうやって逃げるの? ソクラテスみたいに相手が心から望む言葉を投げかけないの?」
「僕はソクラテスみたいになれないから」
 ユミが不敵な笑みを浮かべながら言った。
「寒男くんの事、偶然駅で見かけたけど、何分も佇んでいるかと思ったら、駅で人に絡んでいるの見たよ? あれはなんなの? まるでソクラテスじゃない。しかも前に寒男くんはダイモーンの声が聞こえるって言ってたよね?」
「そ、そ、それは。確かに僕には声が聞こえるんだ。下手に公にすると精神病棟に入れられるから言わないけど」
「今、その声はなんて言っているの? 寒男くん」
「告白してはならないって言っているよ。ダイモーンはすべてを否定するからね」
 またしても、ユミが不敵な笑みを浮かべて言った。
「寒男くんは、最終的には死刑を望むのね?」
 ユミがそう言うと、手元にあったユミが飲みかけのコーヒーを寒男に無理矢理飲ませた。
「グボボボボボ」と寒男の口からコーヒーが溢れて気管に入ったコーヒーで寒男は窒息死してしまった。
 後日、寒男の葬式でユミは呟いた。
「寒男くん、本当に語り得ぬものについては沈黙しなければならないのね」

愛は語らなければならない

執筆の狙い

作者 秋田寒男
133-106-88-93.mvno.rakuten.jp

以前書いたものを加筆修正しました。

恋の難しさを書いてみた。オチを意識した。

コメント

星掴
138.68.177.72

拝見しました。
最初の六行までは一人称でしたが、それ以降は急に三人称に変わったため読みづらかったです。
序盤でいきなり「そう言われた時に、外の景色が僕には昼間の太陽のような眩しさを感じた。と、同時に、僕の心は夕闇の前に始まる暗黒さの不気味さを感じさせた。僕は確かに感じたんだ。君の美しさを宿した瞳を。」という詩的な表現を書くのは不自然でした。寒男(僕)が哲学的で詩的な人物であるということを事前にほのめかせば、上記の文章は自然な一文になると思います。
あと、最後の女性の行為は犯罪ではありませんか。恋の難しさというよりも、女性が単純に危ない人物であるとしか思えません。
序盤は詩的で純愛的な文章でありながら、ラストが滑稽なのは少々不釣り合いに感じます。恋愛を描くのに徹するか、あるいは滑稽な喜劇を書ききるかのどちらかにしたほうが良いでしょう。

浅野浩二
flh3-133-202-82-71.tky.mesh.ad.jp

あなた様の読書量にはかないません。
私も、デカンショしたクチですが。
デカンショとは、デカルト、カント、ショーペンハウエル、ですが。
私は、哲学者では、キルケゴール、カント、パスカル、ブルース・リーが好きです。
体形的哲学は、すべて、一元論で物事を説明しようとします。
哲学の宿命です。
哲学がわかるか、どうかは、自由意志の存在を疑えるか、どうか、だと思っています。
マルクスの「人類の歴史は階級闘争の歴史である」という見方は、自由意志の否定を疑える参考だと、僕には思えます。
ただ、読書量の自慢で、ストーリーがないと思います。
しかし。
>僕はね、神を信じているだ。だって、そう考えないと神を信じた人たちに申し訳が立たないだろう。いや、それだけではないけど、頭の知識だけの衒学趣味野郎にはうんざりしていてね。あいつらは書物を背負っているロバに過ぎないだろう。
>でもさ、変に宗教を盲信して理性が働いていない大人には困り者よね。
ニーチェの言うよう、神は死んでいますね。
>今の時代に本物の哲学者っていないと思うんだよね。
私が本物の哲学者です。コギト・エルゴ・スム。
などは、面白かったです。

秋田寒男
133-106-82-110.mvno.rakuten.jp

星掴さま 
コメントありがとうございます。
人称を統一するのが疎かでした。読みにくいものを読んで頂きまして誠にありがとうございます。喜劇を押し出せばうまくストーリーも文もうまくいったのかもしれません。わたし、書いてるとなんだか詩的な文章を書きたくなるのですよね。アリストパネスの「雲」が家にあるので近いうちに通読してみます。彼は喜劇作家だから。

秋田寒男
133-106-82-110.mvno.rakuten.jp

浅野浩二さま

わぁ、精神科医の先生ですか?すごい。
先生達に比べれば僕の読書量なんてちっぽけなもんです。僕は今でも精神科医にお世話になってるのでここ数年まともに読書できてないですが(笑)まぁ、中には頑張って勉学に励んでる患者さんもいますけどね。勿論、そうゆう事情は浅野先生の方が詳しいと分かっておりますが。

さて、デカンショ節を経験しておられるとの事で、めちゃくちゃ優秀じゃないですか?!旧制高校の人達がやっていたんでしたっけ?青春の真っ盛りにそのような文化にいた事はすごく羨ましいです。好きな哲学者までご紹介頂いてありがとうございます。私は哲学者ではないですが、イエス、ムハンマド、ヨナが好きですね。イエスの私が平和をもたらす為に来たと思うな、云々。ムハンマドの(正確にはアッラーだが)人も囁くジンも囁くその囁きの悪を逃れて、とか。ヨナ書は救いは主にこそあるがいいですね。

小説はウンチク自慢でしたね。すみません。ストーリーを考えるのは大変です。ネットでみましたがストーリー展開は6つしかないと分かっているそうですが、その展開をイチから自分の頭で作り上げるのは大変です。

神は死んでますね。イスラム圏の神はまだ生きてると思いますが。

精神科医は分析力ないとできないと思うので、哲学者だと感じるものがあります。

あんどこいぢ
61-21-69-203.rev.home.ne.jp

突然済みません。

私の二十代はちょうどフランス現代思想が論壇、文壇を席巻していた時代と重なっていまして、フーコー、デリダ、ドゥルーズ‐ガタリといった感じでした(デカンショに比べ随分見劣りする連中ですよね?)。
でもそうしたひとたちを読んでいないと無条件でバカ扱い、ファシスト、スターリニスト扱いでした。
そして私はそんな風潮に反発していた自分を未だに引き摺っていまして、好きな哲学者を訊かれれば敢えてヘーゲルだと応えることに決めているんですが、無論私に、ヘーゲルなど理解できるわけありません。

ところでそれはさておき、ウィトゲンシュタインに関しても浅田彰がイーグルトンの「ウィトゲンシュタインの友人たち」を雑誌『現代思想』に訳出した際イヤミな解説をつけていまして、彼を好きか嫌いかと訊かれればその場合は嫌いだと応えることに決めているんですが、やはり何かと、関わらなければならないようなひとになってしまっています。

というわけで今後の展開への期待なのですが、教科書的には『論考』の立場というのは後期にウィトゲンシュタインそのひとによって乗り越えられた立場だということになっていますから、主著だとされる『探究』のほうから何か引っ張って来て(注)、それでこうした作品を書いては頂けないでしょうか?
まぁ寒男は死んでしまっているわけですが、たとえば、「グボボボボボ」という呻き声(?)の論理形式が示されなければならないような事態を想定すれば、後期ウィトゲンシュタインへの展望も開けてくるのではないでしょうか?

(注)この点に関してはウィトゲンシュタインのあの言葉(「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」)を振り回していた連中も別の場面では認めていまして、要するにこの言葉、「うるさいな、黙れよ」って意味でしか使われてはいなかったわけですが、自分たちがその言葉で責められる側に回ると急に(「あれれぇぇ? いま君が言ったことだって語り得ぬことだってことになんじゃないのぉぉぉ?」)、やはりそのような教科書的理解を持ち出して来たりしていたわけです。

ぷーでる
45.92.32.2

シュールなオチでした。しかし、ユミが美女なら寒男さんは、お望みの最後だったのかもしれません。

秋田寒男
133-106-82-110.mvno.rakuten.jp

あんどこいぢ さま

あんどこいぢさまの時代はフランス現代思想ですか。私は二十代のときyahooサイトの哲学カテに入り浸っていましたね。その時に蓄積したうんちくが多いです。フーコー、デリダ、ドゥルーズ。ドゥルーズ以外は名前は知っていますし、思想の概略もだいたいは把握しているつもりです。フーコーは狂気を認めたな、とか、デリダは脱構築の人だな、とか程度ですが。デカンショがあったからこそ連綿と続く知の格闘があるような感じがします。私の電子辞書からですが、ロゴスを徹底的に推し進める運動は他の思想伝統には見られない特質であって安易な批判や超克こそむしろ警戒されるべきである。とあり、哲学を学問としてちゃんと身につけた人は、自分の頭で考えた知や、学問として確立された知に対して大事に扱うのだと思います。哲学という学問の血が滲むような背景を知っているからこそ、本当の知を大事にする。

時代によって流行りの思想があるのですね、フランス現代思想を知らないとバカ扱いとは!周りに流されずにいて確固な意思があるのは大事な事だと私は思います。確かに今の時代の思想を確認することは大事だと思いますが、皆が読んでいるからかぶれるのはなんだか危険な兆候に感じます。大体の人はかぶれて本当の意味も知らないし、上辺だけの言葉を繰り返し言う人が多いかと私は思います。まぁ、私も上辺しか知らないんですけど(汗)ヘーゲル、家に精神現象学がありますが、読み進めていません。

浅田彰、不勉強ゆえ初めて知りました。現代思想という雑誌があるのは知っていますが、本当に浅学非才なので、あんどこいぢさまと話したら無知が暴かれます。しかし、ここでの刺激を糧にして自分の進むべき方向に進められたらと思うばかりです。後期ウィトゲンシュタインの方は知識が乏しいので図書館や古本屋に行き知識を蓄える必要性が分かりました。アドバイス、ありがとうございます。

秋田寒男
133-106-82-110.mvno.rakuten.jp

ぷーでるさま 

ユミは眼鏡の美人設定です。最近、You Tube見てたら早水桃子もいいなぁと思うようになりました。
僕、眼鏡美人が好きなんですよね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内