作家でごはん!鍛練場
暇和梨

雨の日に、ただただ映画を見る二人

 どしゃぶりの雨が、古びたアパートの壁を叩く。
 私は少しだけカーテンをずらし、雨粒がぶつかり続ける窓ガラスを見て、そっとカーテンを元に戻した。
 これでは洗濯物は全滅だろう。今更取り込む気にもなれず、私はまだ温もりの残る布団の中に戻りふて寝をすることにした。
「おぅい」
 若い男の声とドアをノックする音が聞こえてきたのは、まさにそんな時だった。
 私の家に、インターホンのような文明の利器はない。ノックする音と共に聞こえる声で誰が来たのか分かり、私は起きるのが億劫なので無視を決め込んだ。
 ガチャリ。
 鍵を開ける音が聞こえ、我が家の平穏を撃ち破る足音が聞こえて来た。
「やっぱいるじゃん。開けろよな」
 ツナギを着た若い男……一応は私の彼氏のナギが、そこに立っていた。
「ハウス」
 思わず、私は顔をしかめてそう言った。
 面倒くさ、と呟いてナギは背負っていたリュックを置き、玄関に向かう。その背中から、濃密な汗と彼特有の臭いが漂ってきた。ナギは工場に勤めていて、職場にはエアコンがない。だから、頻繁に汗と機械油か何か、私の知らない臭いを撒き散らして私の家にやって来る。
 また鉄粉がツナギ全体に付着しているので、彼が歩いた後は妙にザラザラする時がある。
 ナギがやって来ると、私のテリトリーであるこの家の秩序が彼に蹂躙されるような気分になる。なので、私はわざわざナギのための服を買って玄関脇の段ボールに入れている。ナギには、来るたびにツナギを外で叩き、服を着替えるように頼んでいるが、それが守られることはない。
 私が一言言わないと、ナギはそれすらやろうとしない。私にとってはそれだけのことでも、彼にとっては難しいことらしい。
「着替えて来たぜ。……ホント、お前このセンス何とかならないのか?」
 かなり嫌そうな顔で、ナギは私のチョイスした上着を摘んでいた。
 私が買ったのは、無地の短パンとキャラモノのシャツだ。ハローキャンディという有名なかわいいキャラクターが描かれていて、まぁ、それなりの値段がした。
「かわいいし、似合ってるよ?」
 私がそう言うと、ナギはちょっぴり顔をしかめた。それからシャツを着て、私が寝そべる布団の横に座り込んだ。
「めくらないで」
 いきなり布団に潜り込もうしてくるナギの手を冗談と分かった上で軽く叩き、私はしぶしぶ布団から這い出た。
 私が欠伸をしつつ冷蔵庫の扉を開けて麦茶を取り出していると、呆れ半分、嫉妬半分といった顔で彼はため息を吐いた。
「のんびりと昼寝した挙句に欠伸か。ニートは楽でいいな」
「ニートじゃない。学生だし」
 最も、例のウイルスのせいで全くと言っていいほど学校に行っていないから、学生という自覚はあまり無いのだけど。
「帰りにピザとコーラ買って来たからよ、これ食いながら映画でも見ようぜ」
「さすナギ」
 私はニヤっと笑いながらレジ袋を突き出すナギに抱きつき、よしよし、とその頭を撫でた。
「もっと褒めろ」
 もっと勢いよく、私はナギの頭を撫でてやった。
 それで満足したらしく、ナギは私のタブレットPCの電源を入れ、amasanプライムという定額制のビデオが見れるサイトを開いた。
「何見る?」
 私が持ってきたコップでコーラをグビグビ飲みながら、ナギはホラー、と答えた。
「なんで?」
「薄暗い雨の日にホラーって、雰囲気ベストマッチじゃね?」
 なるほど、と納得がいくが、だからこそ私は見たくない。
「恋愛モノにしようよ」
「やだよ。お前の選ぶやつクセェもん」
 私とは違い、ナギはストレートな恋愛モノが苦手だ。恋愛を主題にした映画は、そもそも私が誘わなければ見ない。ナギが好むのはpipivやTwinerで見れるような、短くほんわかした雰囲気の恋愛モノだ。ロミオとジュリエットのようなハラハラするストーリーは苦手としている。
「じゃ、アクションで」
「恋愛要素のあるホラーならいいだろ?」
 ……どうやらナギは、意地でも私にホラーを見せたいらしい。そんなに、私が怖がる顔が見たいか。
「ほら、これなんかいいだろ?」
 そう言ったナギが見せてきた画面には、薄暗い暗闇の中に一組の男女が手を取り合って立っている場面と、「雨音と化け物」とタイトルが書いてあった。
 恐怖に歪んだ女の顔が印象的だった。
「いや」
「まあまあ、別にいいだろ?」
 コイツ、マジで勝手だ。
 こうなったナギが私の話を聞いたことはない。私は諦めてため息を吐き、貸し一つね、と答えた。
「……分かったよ」
 渋々、といった顔でナギは了解し、卓袱台の上のスタンドにタブレットPCを置き、ピザの箱を地べたに置いて箱を開けた。その間に、私はコップを二つ取ってきてコーラを注いだ。
 二人で布団の上に座り、開始ボタンをタッチする。
 映画が始まった。
 
 薄暗い闇の中を懐中電灯で照らしながら進む女が、一人で進むシーンが描かれる。不安そうな彼女が、瞼を瞑り過去を回想するシーンから物語が始まった。
 土砂降りの雨の中、びしょ濡れになりながら雨宿りのために洋館に入る二人。洋館には誰もおらず、二人は洋館の主人を探そうと歩み始める。
 どこまでも続く廊下、終わらない雨音。雷が鳴るたびに一瞬意識が飛び、何かが歪んでいく奇妙な感覚。
 
 ……そうそう。これだからホラーは嫌なのだ。
 ありきたりな展開。ハイハイ、定番のこれね……そう思うシーンでさえ、妙に心がざわつく。
 この後の展開なんて、ある程度分かっている。だというのに。

「ねぇ、そっちにいっていい?」
 画面の中の彼女が、怯えた顔で恋人に身を寄せる。瞬間、雷鳴が鳴り響き、雷光が周囲を明るく照らした。
 雷鳴に少し遅れて、かん高い悲鳴が響き渡る。
 ……恋人は、既にゾンビになっていた。
 
「グオォ」「ぐおー」
 下手な声真似をしながら、画面の中の男が彼女に飛びかかるのとほぼ同じタイミングで、ナギが私に背後から抱きつく。
 ありきたりだ、安直だ。だというのに……。
「ひぇっ」
 ……私は、情けない悲鳴を上げた。
 ナギがゲラゲラと笑い出し、散々腹を抱えて大笑いした後、コーラを自身のコップに注いで飲み始めた。
 私はその間、羞恥心で顔を赤くしながら、悔しさでプルプルと震えていた。
「だからホラーはイヤだったのに……」
「そう言うなよ。俺、次の映画は何も口出ししないからさ。それで手を打ってくれよ」
 既に夜も深まってきている。この次の映画が、今日最後の映画だろう。
 思いっきり甘ったるい恋愛モノにしてやろう。そう、私は心に決めた。
「しぐれ」
 私がタブレットPCの画面をスライドさせていると、ナギが私の名を呼びながら、最後のピザの切れ端を突き出してくる。
 ……偶然なのだが、何だか不思議と初めて名前を呼ばれた気がした。
 何処か親しみの籠った声音でナギに名前を呼ばれるたびに、私は静かに自覚する。ああ、なんだかんだ言っても、ナギと一緒にいる時間は悪くないな……と。
 私はお腹いっぱいだったので断ると、不満そうな顔をして、折角譲ってやったのに、と言った。
「これ以上は太るから」
「もし太ったら、二人でサイクリングでも始めたらいいじゃないか」
「嫌。運動は苦手なの」
 答えながら私がタブレットPCをスタンドに戻すと、ナギがうげ、と呟いた。
 タイトルの時点で既に甘ったるい映画に、思わずげんなりしたのだろう。
 意図せずだが、さっきのホラー映画と少しシチュエーションが似ている。
 雨の中、一組の男女が雨宿りしているところから話は始まった。
 意を決した顔で、女の子が一歩、男の子に向かって距離を詰めた。
 先ほどの意趣返しとばかりに、私は、
「ねぇ、そっちに行っていい?」
 と尋ねながら、上目遣いで距離を詰めた。
「ぐおー」
 したり顔のナギに飛びつかれ、私たちはごろごろと布団の上を転がった。
 
 違う、そうじゃない。
 
 ……でも、これはこれで悪くないかな。

雨の日に、ただただ映画を見る二人

執筆の狙い

作者 暇和梨
ai126248039093.9.tss.access-internet.ne.jp

恋愛要素を取り入れた短編に挑戦してみようと思い、短くまとめるために完成した関係性の二人がダラダラするだけの話になりました。
ほぼオチもヤマもない話ですが、個人的には雰囲気重視の短編として無事仕上がったと思います。
オチもヤマも控えめですが、そこが気になるかどうか感想で教えて頂けると幸いです。

コメント

滝田洋一
sp49-98-224-222.msd.spmode.ne.jp

>雰囲気重視の短編
と言うことですね。そう言う意味では雰囲気を上手く描いていると思います。

 何となく雰囲気を描くだけでも小説なんですね。サラッとしていて長さも適当だから、これはこれで良いと思います。

 ただ、中編若しくは長編の一場面としてはいいと思うし、習作としてはOKですが、僕としてはやはりストーリーが欲しいですね。

 この作品はそんな事は無いので良いのですが、僕が苦手なのは、特にストーリーも無いのに、美辞麗句を並べて延々、心理だか情念だかを描いていて、本人は芸術作品を書いてるつもりになってるやつですかね。

茅場義彦
133.106.154.27

結構いいですね

男女の年齢分かるといいかな

工場労働者と女子大学生の取り合わせって

どういう出合いだったのか興味でて来るんそれ触れてもいいかも

暇和梨
ai126248039093.9.tss.access-internet.ne.jp

滝田洋一 様

コメントありがとうございます。
「これはこれで良い」というコメント、とても嬉しいです。次はもう少しストーリーも凝ってみます。

ストーリーもないのに美辞麗句や心理描写は僕も嫌ですね。ただ、自分にも少し覚えがあります。
各キャラの過去を説明していないのに説明した気になっていたり、自分の「好き」を詰め込んだキャラへの強い熱量と読んでくれた人の熱量の差を理解していなかったり。
感想を読んでいて、昔そういう書き方したなー、と思いました。今は全くしてないのか? と言われると不安なので、少し気を引き締めようと思います。

暇和梨
ai126248039093.9.tss.access-internet.ne.jp

茅場義彦 様

コメントありがとうございます。

短編なのでなるべく出す情報は絞った方がいいかな、と思い書きませんでしたが、確かに年齢と馴れ初めくらいは書いた方がよかったかもしれません。

頭の中では幼馴染か、もしくは同じ学校出身でその頃からの付き合いだと考えていましたが、お互いに就職・進学してからの付き合いということに変えて馴れ初めを考えた方がより意外性のあるドラマになると思うので、長編にするならそうしてみます。

陽炎のようね
p0135770-vcngn.hkid.nt.adsl.ppp.ocn.ne.jp

落ちも山も雰囲気もあまり無いですね。
作者さん自身、これ読んで面白いと思いますか?

辛うじて、恋に恋する感じからただの恋に移ってゆく過程、的なものは読み取れますけど
作者さんがそこを意図してるのかどうかすらわからないので、ただ単にリア充壊滅しろと
しか思われないんじゃないかなこれは。

hir
f99-pc240.cty-net.ne.jp

 雨と映画とピザの脈略がわからないので、不もなく可もない印象です。
 恋愛は片思いのほうが面白い。と再認識しました。

暇和梨
ai126146086059.53.access-internet.ne.jp

陽炎のようね 様

コメントありがとうございます。
自分はスラスラ読めるし、キャラも好みなのでいいかな、と思ってました。昔、GJ部というライトノベルがありましたが、この作品も「四コマ小説」を名乗っており一話一話が非常に短く、ヤマもオチも薄い話がちらほらあった覚えがあります。なのに読んでいて面白かったので、こういうのもありなのかな、と出してみました。

>辛うじて、恋に恋する感じからただの恋に移ってゆく過程
これは意図していません。よければどこでそう感じたのか教えて頂けると幸いです。

暇和梨
ai126146086059.53.access-internet.ne.jp

hir 様

コメントありがとうございます。
雨は外に出にくい=二人だけの空間を、映画を二人で見るというシチュエーションはアットホーム感があっていいかな、と思って選びました。ピザは映画にピザとコーラって定番な気がするので、出しました。
今回は短編で短くまとめたいと思ってしませんでしたが、片思いというか、すれ違いの話を入れると面白いのかな、と思いました。

陽炎のようね
p0135770-vcngn.hkid.nt.adsl.ppp.ocn.ne.jp

GJ部は、最初謎の部員によって主人公拉致されてるじゃないですかw
そういう世界観あっての「何もない回」と、まさに書かれているこれだけの作者さんの話とは根本的に違います。
ラノベ然としていれば、そういうお約束的なものは外側で確立されているので、構わない場合もありますけどね。
キャラもキャラっていうほど書かれてないし。
読みやすいって、作者は一度書いてるわけだから読みやすいに決まってる。いや読みやすさは否定しないけど
自分で書いたものを自己評価するのにその基準は不適当でしょう。

あと、恋に恋する云々は・・・うーん。

つまり、立場が違うので、はじまりは、ばったり会ったとか合コンとか酒場でとかいう、いわゆる外見重視のはじまり
かただったのだろうなという想像のほうが強くなるわけです。書いてないからね。

だとしたら、私がこんなかっこいい顔の男を連れて歩いたら私の株が上がってしまう、という下心だの無意識の
欲望だのが湧いていて、いわゆる恋をしている自分がかっけー、という状況から始まったのだろうと推測されます。
しかし、事は高校生の実家ありの距離がありまくる状況ではなく、自分一人の部屋にキリコまみれの男が無神経に
上がり込んでくるというゼロ距離恋愛です。
人と人が付き合うということのゴリゴリのリアルを突きつけてくる距離感の恋愛なわけです。

だから、彼女は実際体を動かして、その不快な現象を抑止すべく、玄関に着替えを置くという仕事までした。
でも、ヅボラな男はそれすら無視するw
ここで、彼女は一旦熱を落としたでしょう。それまでの言葉だけの罵りから、実体験ありの心からの「男って・・・」
を呟いたはずです。

しかし作中では、でもなんだか一緒に居るといいな、とかイロイロと言い始めています。
これはきっと、恋状態にある自分がカッケー、という心境から、こいつが好きなんだな、と気がつきはじめている
時期なのだろうな、と俺には読み取れる。かなり夫婦愛寄りなw

ということです。ああ疲れるわw

無意識で、ここまで材料をちりばめられるということは、作者さん、恋愛小説向きなのかもしれない。
と今思いましたw

暇和梨
ai126196242141.17.access-internet.ne.jp

GJ部云々に関しては、つまり自分の小説には世界観(主人公がどんな理由でこの状況にいるのか、という説明)がなく、ラノベ然としておらず、お約束もないため唐突さがあるということでしょうか。言ってしまえば、これではキャラクターの日常をただ切り取っただけで、読んだ人からすると、唐突に赤の他人の恋愛模様を見せつけられているだけで、それこそリア充爆発しろ、ということでしょうか。他の方も仰っていますが、もっと説明を書くべきでしたね。
恋愛小説はそこまで書いたことがありませんが、ささやかな表現で感情を表現するのは割と好きなので、もっと頑張ってみます。

読んでいただき、また具体的な意見を言っていただき、ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。

陽炎のようね
p0135770-vcngn.hkid.nt.adsl.ppp.ocn.ne.jp

説明は「するべき」ですが、一定の分量をとって一定の内容を説明書のように「書くべき」でもないのです。

例えば、女性側には悲しい恋の経験があって、キリコ君との付き合いでそれ「も」癒されてゆく、みたいな説明を
ちょっと洒落た会話で「表現」してもいいですし、会話を重ねた先に、であった時の思い出話があってもいい。
これらも説明なのですけれど、しっかり組み込めば小説の背骨とすることもできます。

そういうことがあったので、印象に残っている、あの時見た映画を探してみよう、みたいなラストに繫げれば、過去を
抱きこんだ「今、昔の話、今」という、典型的な掌編の形にもってゆくことができるし、その中で十分にキャラの
確立もできて、読んだ側は「こういう人たちの、過去から今に至るドラマを見ることができた」と思えるようになる
わけです。

暇和梨
pw126254014085.8.panda-world.ne.jp

陽炎のようね 様

重ね重ね、コメントありがとうございます。
説明書のような、読んでくれた人が鬱陶しく感じる表現は控えること、単に説明するだけでなく、それをシナリオに組み込むこと。こういうことでしょうか?

前者は意識的にやっていますが、後者は感覚的にやっている気がするので、もう少し自覚して書いてみようと思います。

「今、昔の話、今」という形式は短編ならいいですが、このサイトのようなネットにあげる小説だと、3部構成にすると文章量が多すぎる気がします。
だからこそ、会話でこの形式を短くシンプルになぞる、ということでしょうか?

例えば昔の話は映画を二人で選ぶシーンで、過去に破局直前の元彼と映画を見た時の冷たい空気や、投げかけられた悪意の滲む言葉を思い出し、今の彼氏とは映画で笑い合うことができて、彼とならきっと大丈夫だ、と繋げるのはどうでしょう。
家で映画を見る、という行為にはささやかな日常感があると思います。元彼とは感想を言い合うことすらなく、今の彼氏とは気軽に感想を言い合うシーンを入れられれば、いい対比になるのではないかと思います。 

陽炎のようね
p0135770-vcngn.hkid.nt.adsl.ppp.ocn.ne.jp

そういうことだろうと私は思います。私は、ねw
これから書かれようとする他人様の作品に注文つける趣味はないし、できれは昭和さんもそんなことを許さない
態度をとって欲しいので、そこは言いません。
説明を筋に組み込んだり、技巧を使ってうっとおしさを和らげるといった段階に押し込めるというのも程度の問題
であり、それこそ作者さんの個性との兼ね合い、文体の創造的な部分なので、細かいところまで規定はできません。

まあ、ある種体育会系の部分があって、結局やってみて体感しないとわからない部分が多いので、習作を重ねるのが
近道だろうと思います。音楽でも絵でもこういう部分はあると思うので芸術一般に言えることだろうと思うけど。
細部はよく書けていると思うので、こう、煩く言ってなんていうか、概念的な部分に気がついて欲しいなと思った
次第です。

なので次回出されるだろう、妥協なき作品を楽しみにしておきますよw

えんがわ
p2215247-ipngn9802souka.saitama.ocn.ne.jp

自分はこの作品、好きですよ。

ちょっと倦怠期にも差し掛かっている二人が、少しだけ甘酸っぱい想いをする。

雰囲気というか、人の心を無理なく自然に伝えていると思います。

んー、まー、これだけではダメだ! っていう人がいるのはわかるのですけれど、
自分としては好みです。

写真というかビデオの一部を観ているような、二人はこのまま結婚するのかな、映画館デートのような初々しい時期があったのかな、とか妄想するのが好きなので。

ただ、長編の一部として、こういうタッチで少しずつ二人の距離が近づいていく。

ような、作者さんが長編として書いたら、イケルのが出来るかも。

なんて思ったのは内緒だよーん。

ありがとでしたー。

青井水脈
om126158227188.30.openmobile.ne.jp

私も読ませていただきました。
ステイホームでタブレットPC、配信される映画など、今どきっぽく書かれていますし。後半からラストまでがユーモラスでした。
読み手を楽しませる筆力を評価します。

暇和梨
ai126196255182.17.access-internet.ne.jp

陽炎のようね 様

返事が遅れて申し訳ありません。
色々と意見を言っていただき、本当にありがとうございました。
次は長編を書こうと思っているのでいつになるか分かりませんが(早くしようとは思っていますが)、また短編を書いた時はここにあげようと思っているので、その時はよろしくお願いします。

暇和梨
ai126196255182.17.access-internet.ne.jp

えんがわ 様

返事が遅れてしまい申し訳ありません。コメントありがとうございます。
好みと言われるのは、書いた者からすると1番聞きたい言葉の一つだと思います。ありがとうございます。
距離感を変化させていくような書き方はあまりしたことがありませんが、いずれ挑戦するつもりです。恋愛小説はそれほど読んでこなかったのですが、これを機に読んで研究してみようと思います。

暇和梨
ai126196255182.17.access-internet.ne.jp

青井水脈 様

返事が遅れてしまい申し訳ありません。コメントありがとうございます。
今どきっぽさは重視した点で、それによってキャラクターをより身近で等身大の存在に感じて欲しいなと思っていました。
後半はアニメ等映像作品で時折される展開を、文章化したようなものだと自分としては思っていて、ユーモラスと言う表現で受け入れられたこと、嬉しく思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内