作家でごはん!鍛練場
アイス(グイグリ)

真夏のサディスト

カスビ買いが先の前を見て前押落死歌う者が転がり駆けて来る。
「いつか俺らが転がされて汗水歌うだけなのか」
「術手で戦場へまた運んであの維持から飢餓ない素振りを炎のように山頂いずウォーク」
「大はいつもきらないで運ぶそれがその場所の好みだ」
結局値段を足を生やしてもこんな世の中、磁場で出来上がって、阿野座間なんだ、あの小僧共、なんでそれが分からん。
「解散地券はこの掌鯉」
鉄に下絵を巧。
「丸く切手から月っ切の堤防をあの先へ」
ジミナ日々とこの手の先と。
「方正が言ってる大丈夫だ」
「よし丸くしたら入れるぞ」
「龍神村はこのように綺麗にいつも動いている」
「あの話かでは私と戦わないで下さいますか」
「あいつらいつもホスカって言うんだぞ、うんざりだよ」
「あの比はホースをいつも喰ってたわかるとわかってもなんかやべえんだよ」
「あの元々おらたちの米だ」
「あいつらがあげてるんだな」
「そこだったのかあ」
「神の技、魂の逸品、龍が宿、和歌山じゃねえ」
「御名答、美味い臓」
「そうだった刺身が旨くてさ」
「じゅうせんちょうはいまは手に入りやすいんだけど」
悩むらしい。
「その魂が割れてな二つ名、その通り、二つ分の、やすさだ(短さ)」
「かざりでできたゼリーか」
「山奥の美味にはいつもいるでしょう」
「珍味は守り継がれるが良い」

真夏のサディスト

執筆の狙い

作者 アイス(グイグリ)
p678a73.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp

うまくいかねえもんだなあ。
うまっていろいろあるぜえいっこうにすすまねえ。
そうだったのか。
あにゲル。
そうだったのか。
そうだあまあってたあ。
いつも走るからやめろ。
あのひのおまてをお。
なにが待ってるんでしょうねえ。

コメント

大丘 忍
p1828125-ipngn200209osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

短いから読んでみたけどよくわからなかったなあ。最近の若い人が書く小説は難しい。

アイス(グイグリ)
p678a73.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp

大丘忍様
ありがとうございました、時代はワレ人々は相手の持ち物であえてイラズをさがミツケしらせイラズの時代、背景今のなにがどれで良いかなあと決め運べる時代これでも近代だそうです、これの先でさっさと否定をもさ下さいませ、あいつらそれでも切って捨てるを選びましたたとえそれでもなによりも違うのです、どうかともありがとうございました。

どみのおsLを買うとmが一枚無料。
ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内