作家でごはん!鍛練場
五十嵐史

命日

 キャメルに火を点け、線香代わりに探偵の墓前に供える。

「お前は立派だったよ。殺られた後輩と情報屋の仇をきっちり取った。撃たれてズタボロになってまでな……」

 あの日、事務所に帰ってきた探偵が目にしたのは、後輩の探偵と情報屋の血塗れの死体だった。二人が依頼人の若者をかばって死んだことはすぐにわかった。
 依頼人の死体も翌日東京湾に上がった。依頼人はある黒い取引の目撃者だったが、愚かにもそれをネタに組を強請ろうとしたのだ。

 怒りにまかせて組に押し入った挙げ句に、奪った長ドスを振り回した探偵。全部で十二発の銃弾を叩き込まれながらも実行犯の若頭の首を獲った。だがそこまでだった。黒幕のところには手が届かなかった。
 刑事である俺の捜査も、上からの圧力がかかり全て揉み消された。虚しさだけが残った。

 なあ探偵。酔いが回るとお前はよく口にしていたな。遠い昔に遠い場所で仲間を全て失ったことがあると。それからもう二度と仲間を作らないと誓ったんだと。
 だがぶっきらぼうでも、気さくで、情に厚いお前には、この街に来て一年も経たないうちに少なくない仲間が出来ちまった。俺もその一人だ。
 生きてた頃にはよくお前や後輩をおとり捜査や危ない違法捜査に駆り出して、やいやい文句を言われてたな。あれは悪かった。しかしもう謝ることもできない。

 今ならお前の気持ちも少しはわかる。俺ももうこれから仲間を作る気にはなれないだろう。

「ああ、そう言えばな、黒幕の会長だが、今朝がた刺殺されたらしいぞ。凶器は長ドスだってよ。まるで出来すぎた怪談話みたいだよな。お前の命日に……」

 爪の間にわずかに残っていた血を手桶の水でゆすぎ、俺は自分のゴロワーズに火を点けた。

命日

執筆の狙い

作者 五十嵐史
p415176-ipngn200604osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

ハードボイルドをショートショートの長さで書いてみたかった。

コメント

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

拝読させていただきました。

私もハードボイルド物が好き読んだり書いたりしています。
いい出だしで物語が始まったと思ったのですが、組に乗り込み殺された。
無謀な戦いに挑んだものです。ただあれっ? もう終わり。
その辺が少し勿体ないですね。

柔らかい月
n219100087087.nct9.ne.jp

地の文も「説明に終始」してるけど、
独白と台詞も「完全説明台詞」なのが、
ハードボイルドじゃない。(ハードボイルドではなくしている)

スペンサーとかマーロウとか、「ここぞ」ってところで、「短くてぐっと来る、印象深い気の利いた台詞」を吐いてたじゃん?
それがハードボイルド。
(説明説明説明ばっかでは、どこまで行っても「所詮説明」……)



っていうか、作者さん、
「逝ってしまったあいつに捧げる独白、アンソロジー」でも試みてんですかね??

前のカクテルのやつと、話自体はかわりばえしない。

あんどこいぢ
61-21-69-203.rev.home.ne.jp

どうも済みません。

私もハードボイルド、いつか書いてみたいと思っています。

でも私はジャズが嫌いで……。それに最近小説の鍛練とかもあまりしてなくて、いつかいつかがどんどん先延ばしになってく感じなんですが、とはいえ最終的には、そのジャズとか脂臭い空気とかに嫌悪感があるって点が、ハードボイルド執筆上の弱点になって来るような気がしてるんですよね……。
まあジャズだけでなくロックもラップも大嫌いで、はっきり言って「あんなの不良の音楽じゃん」ってことで毛嫌いしてるわけですが……。そんな奴がどうしてハードボイルド書きたいのかってことなんですが……。

モノへのコダワリは非常に大事だと思っています。

音楽だってどっかの店に掛かってたレコードのジャケットとかが鍵になって来るんでしょうし……。そういえば私はウィスキーとかも嫌いで……。ハードボイルド的小物(ハードボイルドの場合アイテムって言い方はちょっと違うような気がします)、結局全部嫌いなんですよね……。

ところで作者様、御本人はタバコ、実際吸ってますか?
失礼ながら私と同じような種類のチグハグさを感じてしまったんですが……。勿論私のほうはずっと低いレベルでのそれなんですが……。
ハードボイルドの話からはだいぶズレてしまいますが、割り合い最近のガンダムなんかにもジャズ流しながらの戦闘シーンとかあったんですが、なんか背伸びしてんなぁって感じしかしませんでした(大人のオトコの趣味はやっぱ、お勉強したとこでどうなるもんでもないでしょうし……。……まぁ趣味の話ならそれでいいんですが、趣味人ってのは結局、ヒトが勝手に愉しんでるような場合でもあーだこーだ言って来ますからね。そういう場合は野暮は承知で、こっちもいろいろ言い返しちゃったりするんですが……)。

失礼しました。
本当に大変失礼しました。

黒沢ひろひと
M014008035162.v4.enabler.ne.jp

コメント失礼します。

あんまり短すぎてなんとも言えないんですが、これは実はプロローグで、「上からの圧力」の理由やら、「仲間を全て失ったこと」の詳細なんかが複雑に絡み合って、「爪の間にわずかに残っていた血」の本当のワケは!? みたいな本編があとに続くのなら読みたいかもしれません。「ショートショートの長さで書いてみたかった」とのことなので、本編とかは無いのかもしれませんが。
ハードな雰囲気だけはなんとなく伝わってきました。

夜の雨
ai211019.d.west.v6connect.net

「命日」について。

文章は読みやすいし作風は「ハードボイルド」になっています。

内容ですが、

>依頼人はある黒い取引の目撃者だったが、愚かにもそれをネタに組を強請ろうとしたのだ。<

依頼人は探偵になにを依頼したのですか?
肝心のことが書かれていないと思うのですが。
依頼人は「組」をゆすろうとしたのですよね。
ワルの上を行くピンハネをもくろんで殺された、ということになると、その依頼者の依頼を探偵は請け負う必要もなかったと思いますが。
要するに正義ではない、であり、探偵も悪徳業者ということになりかねません。

そうなってくると、作品自体が成立しなくなる。

依頼者がチョイワルでも、依頼にそれなりの理由があれば、「ハードボイルド」らしく、なるのではないかと思います。


そのあたりのことを抜きにして、単純に探偵と刑事との友情みたいなものとして読んだ場合は、ハードボイルドとして読めます。
刑事が敵をとったというオチの描写も決まっていた。

以上です。

アン・カルネ
219-100-28-200.osa.wi-gate.net

感想の中に「スペンサー」があって、私もロバート・B.パーカー好きだなあ、と思ったのでついお邪魔を…。

ハードボイルドって誰が? と私も思ってしまいました…。
>怒りにまかせて組に押し入った挙げ句に、奪った長ドスを振り回した探偵
彼の振る舞いはハードボイルドではあってはならない振る舞いですよね…。
>生きてた頃にはよくお前や後輩をおとり捜査や危ない違法捜査に駆り出して
刑事さんも困った時には常にオトモダチ頼みのようですから、これもまたハードボイルドではあってはならない振る舞いですよね…。
しかも刑事さんその上、探偵の敵討ちって…。
もうこれ以上ないくらいベタな人情ショートショートになっていて…、あ、でも、もしかして、そういう意味(主人公、独りよがりのハードボイルド、傍から見たら滑稽譚)で笑わせるつもりで書かれていたのであれば、成功してました。

五十嵐史
p415176-ipngn200604osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

●ドリームさん
力不足でオチまでのところまでしか書けなかった次第です。
面目ないです。

●柔らかい月さん
独白・心象を書くとハードボイルドではなくなるのでしょうか?
「カクテル」と代わり映えしないというのはそうかもしれません。
Twitter上で140字の階段「呟怖」を書いておりまして、どちらも
もともとはそちらのネタだったものに加筆したのが原因ですね。

●あんどこいぢさん
そう言えば煙草はかなり長い期間吸ってないですね。
煙草に関してどこかリアリティの無い部分、ありましたでしょうか?

●黒沢ひろひとさん
ここに書いたものが全部になります。
やはり物足りない感じになってしまった感じは否めませんね。

●夜の雨さん
内容に分かりづらい点があって申し訳ないです。
依頼を受けた段階では探偵も後輩も情報屋も、単に「黒い取引を
目撃して狙われている」としか聞かされておらず、依頼人が裏で
勝手にゆすろうとしていたのですが、このくだり、普通に不要
だったかもしれません。(「狙われている」だけでも成立しますね)
練り込みが足りず恐縮です。

●アン・カルネさん
「ベタな人情ショートショート」と言われれば否定はできないかも…。
登場人物が割と後先考えない衝動的な感じになってますね。
80年代東映ドラマ的にはこんな人物造形も多かった記憶ですが、
現代の作品としては違和感がありすぎたかもしれません。

あんどこいぢ
61-21-69-203.rev.home.ne.jp

どうも済みません。
また来てしまいました。

タバコに関しては実は私のほうが全然吸ってなくて、むしろそうしたこちら側の引け目(ハードボイルドの執筆に関してはやはり引け目になるだろうと思います。最近巷では喫煙者のほうが肩身が狭い感じですが……)が逆に投影されてしまった気がします。

前回書いたように私は、ハードボイルドに関する小物が大抵嫌いで、それでもそれにコダワっているのはもう世代の問題だろうと思います。
私が文庫本などを読み出した頃は角川グループの勢いがとにかく凄くて、映画と一緒にフィーチャーされてた横溝正史なんかが特に目立っていたんですが、松田優作の映画 + 大藪春彦の組み合わせというのも大きな流れの一つだったと思います。その解説に日本製のユルい SF を書いてたひとたちが軒並み原稿寄せてて、そういう SF の読者だった私は、とにかく大藪は読んでおかなきゃって感じになっていました(松田優作といえばこの作品の探偵、やはりどうしても TV ドラマのほうの『探偵物語』が浮かんで来てしまいます。仲間についての思い出話なんかが……)。

角川文庫のハードボイルド路線にはもう一人西村寿行というビッグネームがいるんですが、ハードボイルドというにはちょっと微妙な(角川側の惹句なんかでもその辺は敢えて曖昧にハードロマンなんて言ってたりもするんですが……)、次世代への影響などを考えると、そっちのほうが案外本流だったんじゃないかなと感じています。
たとえば西村さんのほうは大抵バディものなんですが、前記 SF 作家たちのハードボイルド風伝奇小説なんかの主人公たちも、大藪さん風の孤高のスーパーマンではなく、バディもののほうへと流れ勝ちでした(とはいえ魔界とのカラミなんかでちゃっかりスーパーマンだったりはするんですが……)。
それでその西村さんの作風が表面のハードボイルド風に反して実にウェットで、なかには江戸時代から続く家系的因縁が執拗に描かれている作品もありました。それに妻を殺されたり拐われたりした男の復讐、奪還ものというのも多いですね(ヒロイック・ファンタジーのコナンの続編でそれやっちゃったひとを確か栗本薫さんか誰かが批判してたんですが、ハードボイルドの場合も、やはり駄目でしょう……)。
とはいえ最近の久々のハードボイルド話題作(といってももう二十五年経ってしまっているんですね……)、『不夜城』なんかも、中国系の家系を巡る因縁譚ですし、かつての仲間はただひたすら迷惑なだけだけどやはりそこはバディもののバリエーションって感じもしますし、実は西村さんのほうが……って感じは、どうしてもジワジワトとして来てしまうんですよね。

それで何が言いたいかというと、この作品もその西村さん風ハードロマン的系譜で、やはりハードボイルド的ものの一面には触れられているんではないかと感じました。

失礼しました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内