作家でごはん!鍛練場
東京

東京

 彼は東京に住んでいた。

 彼はまだ学生だった。

 かなり時給のいいアルバイトを見付け、彼はそこで働けることになった。

 社長が倉庫まで案内してくれた。

「これがうちの商品だ」

 社長が箱の数を数え始めた。

「一万、二万、三万、四万、五万。全部で五万個だ」

 彼にはそう聞こえた。

 箱は五つだけだった。小型冷蔵庫が入るくらいの大きさだった。

「一つの箱に一万個も入っているんですか?」

 彼はまだこの会社が何を扱っているのかを知らなかった。

「違う」

 社長は言った。

「中身は生きた女の子だ。今日は珍しく男の子の注文が幾つかあってね。君が最初だ」

 言いながら社長は懐からハンカチを取り出すと、彼の口に押し当てた。ハンカチにはクロロホルムが染み込まされていた。

「な、何を!」

 彼は叫んだ。が、急速に意識が遠のき始めた。意識の残る僅かな時間に彼は思った。

 ──そ、そうか……。きっと僕らが数えられるときには、一チ……ン……

東京

執筆の狙い

作者 東京
softbank126053010243.bbtec.net

二万個注文しました。

コメント

そうげん
119-231-167-60f1.shg1.eonet.ne.jp

何を書きたいのかが意味不明瞭。

偏差値45
KD106154139052.au-net.ne.jp

内容は分かるけど、、、下品でしょうね。

東京
softbank126053000063.bbtec.net

そうげん様には一万個をお送り致しました。

東京
softbank126053000063.bbtec.net

偏差値45様には二万個をお送り致しました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内