作家でごはん!鍛練場
Beautiful life

 十二月三十一日。日暮れまで働いた。何連勤だろうな。恋人ん家で恋人が晩飯を用意してくれたが疲れすぎて食えない。作業着のままキッチンの床に倒れこむ。こんなにしんどい大晦日はじめてだよなーといったら、去年はといわれて笑った。そういえば去年も大変だった。忘れてたといったら恋人が笑った。脳みそまじアテになんねーよな。去年の大晦日も暗くなるまで梅の木を運び出してたんだ。クソ野郎のおかげで。タダ働きだ。思い出すだけで気が滅入る。そういえば元旦もダンプ運転してた。正月も休めないなんてみっともねえ。さっさと死にてーなと思う。痛いのは嫌だがカミサマがすっと魂を抜き取ってくれてそれですっと死ねるならいいのにな。すっとさ。すっと。帰り道対向車が突っ込んでこねえかなとかガードレール突き破りてーなとかもうどーでもいいよいろいろとか思ってたら、なんか道が詰まってる。なんだよなんだよ変なところで詰まりやがるなとイライラしてたらなんかどうも先頭の車からUターンしてきてるっぽい。カーブの多い暗い道なのでよく先が分からない。徐々におれも前の方に押し出されてあっと思った。国道脇の家が火事だ。ガンガン燃えてる。たしかその向こうはガソリンスタンドじゃねえか!
 ヤバいって。これヤバいって。狭い国道だからファミリーバンがなかなかUターンできず往生してる。消防団が民家の空きスペースに誘導してるがなにせ暗いしスペースも狭いから慣れない人じゃそう簡単に回れない。おかしいだろ。なんでこんな現場近くでUターンさせるんだよ。ふつうトンネルの手前で道封鎖だろ消防団とろくせえなと思った。それから気づいた。たぶん通行整理もいまいま始まったばかりで向こうもいろいろ整ってないんだろう。まだ消防車も来てないっぽい。こりゃ火の回りが恐ろしく速いんだろう。おれは軽トラだしその場でさっさとくるりと引き返せるからそうしようと思ったができなかった。後ろの車が真似し出したらえらいことになるような気がしたからだ。どうしたら正しいんだろう。誘導手伝ってやりたい気がした。それにしたってどこに車止めればいい? 早くしろ早くしろと思いながら先頭まで出てから誘導どおりに回った。窓開けて、お疲れさまっすといった。
 トンネルの向こうに戻ってほっとした。トンネルの手前で通行止が始まっていた。もうだれも現場の方に進入していかない。街の方から来た車は迂回路に誘導されている。おれも合流する。後ろの車は他所のナンバーだ。おれらは地元だからいいけど真っ暗な山道迂回どころか迷子になっちまうわな。なんとなく先導してやるつもりでゆっくり走る。ふたたび国道に出たら、向こうに闇夜に火柱が上がっている。柱の一本一本が燃えてるのが見える。炎が屋根を突き破ってる。家着いても興奮は治らなかった。恋人に電話しようと思ったがしなかった。猫にエサやってソファに倒れ込んだ。恋人から電話がかかってきた。なっちゃんちが火事だってどうしようと泣きそうな声でいった。

執筆の狙い

作者 Beautiful life
om126194112009.10.openmobile.ne.jp

日本のどっかの、そこらの、だれかへのエール。

コメント

柔らかい月(とりあえずHN更新)
n219100087087.nct9.ne.jp

>十二月三十一日。日暮れまで働いた。

この書き出しの一文からして不適切というか、激しく引っかかる。
ひどくずさんな印象で、『作者、自分本位で、おのれの原稿をまるで客観視できてねぇなー』と。

大晦日の手前には『冬至』があって、日暮れるのが異常に早い時期だのに、
そこ一切考慮できてないで、
『紋切り型』で漫然と書くから、こうなる。


タイトルの『雪』が、本編には一切出て来ないあたりも、『作者、はげしく自分本位なだけ』になってしまってるし、
話はまるで動いていない。



とりあえず10枚ぐらいにして、「起承転結」をつけて。(要請)

ばね
KD106154124136.au-net.ne.jp

日暮れまで働くのは、普通のことかなと思いました。

頭の中でしっかりイメージしてから、文字で具現化したほうがいいですね。

Beautiful life
om126255031088.24.openmobile.ne.jp

柔らかい月 様

これじゃエールにならんかー。
ずさん、客観視、10枚、起承転結。
がんばるわ。ありがとうございます。

Beautiful life
om126255031088.24.openmobile.ne.jp

ばね 様

やっぱりエール以前かー。
たしかに「しっかりイメージ」してない。なんも考えてなかった。
焦点合わせてみます。ありがとうございます。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内