作家でごはん!鍛練場
天橋文緒

間抜けな泥棒

「よし、やるか」
 男は声を少し震わせながら、呟いた。
 道路の端を歩きながら辺りをゆっくりと窺う。
 古くて小さいながらも立派な家、それがこの家の印象だ。
 男は小さな屋根のついた木造の門を押して、身体を滑り込ませる。
 後ろ手にさっと門を閉めた。
 門から玄関まで伸びる敷石を踏みながら庭を見る。
 庭には、雑草が伸び放題で、手入れをしている様子がない。
 この家には、お婆さんが一人で住んでいる。
 男が下調べをした時に、誰かが家を訪ねることはなく、友人や家族と連絡を取っている様子はなかった。
 雑草の高さは男の腰ほどまである。
 庭の奥には、背の高い栗や蜜柑の木が植えられており、葉が外から家の中を隠している。
 またその奥に、家を囲うようにブロック塀がぐるりと一周している。
 ブロック塀の所々に小窓があるが、雑草と木が目隠しとなっているのを知っていた。
 男は大きく深呼吸をした。
 黒い革手袋を嵌めた指で玄関脇のインターホンを押す。
 しーんとした室内で音だけが響く。
 数瞬、緊張の時が流れる。
 しかし、家の中からは何の反応もない。
 この家に誰もいないことは確認済みだ。
 ここの家主であるお婆さんが、先日救急車で運ばれたからだ。
 男が下調べで付近を歩いていた時、持病を持っていることを近所の主婦たちが大きな声で話しているのを聞いていた。
 縁側に向かって歩いていく。
 縁側の沓脱石の近くには、錆びで朽ちたシャベルと劣化で割れたバケツがセットで置かれている。
 窓に反射した自分自身を見る。
 無造作に伸びた髪に何日も剃っていない髭、皺だらけの上着とくたびれたズボンは何かの染みが点々と広がっている。
 男が背負っていた黒いリュックサックはロゴが擦り切れている。
「何でこうなっちまったかな」
 男が独りごちる。
 精気を失った目で、窓の奥を覗く。
 レースカーテンの奥には、人影がない。
 再度耳を澄ますが、人の話す音やテレビの音もしない。
 男は大きなため息を吐いた。
 辺りを見回して拳ほどの石を拾う。
 窓の鍵に向けて、慎重に石をあてがう。
 窓を割ってしまったらもう後戻りはできない。

「不景気のあおりだ。ウチの会社が利益を上げられなくなって早3ヵ月。君も働いていて分かっていただろ? この会社は潰れるしかないんだよ」
 ロマンスグレーの髪をかき上げながら総務部長が淡々と話す。
「そんなこと言われても……」
「もう打つ手がないんだ。次の仕事先を探してないのは君ぐらいじゃないか? 君以外の社員と面談を終えたが、皆仕事を探してると話していたよ」
 男は情けなさに、ぐっと唇を噛む。
「貯金だってしてないし、中卒の自分が入れる仕事なんて」
「君のことを思って言うが、早く仕事を探したまえ」
 机の上の書類に目を落とし、男になど興味なさそうに総務部長は言った。
 男が会社員の間は、業務後に仕事を探した。
 会社が倒産してからは毎日職安に通った。
 仕事は見つからず、生活費の工面がどんどん苦しくなった。
 男は駄目だと思いつつも、街のサラ金に手を出し、返済に追われるようになった。
 それでも、仕事先が見つかることはなく、精神的に肉体的にも追い詰められた。
 そして、盗みが頭に浮かんだのだった。

 男はお婆さんに向かって心の中で謝罪し、窓ガラスに石を打ち付けた。
 男の心の中に胸を支配するような恐怖心が広がっていく。
 指先から足の先まで氷で固まったように冷えていく。
 割れた窓ガラスに手を入れて鍵を開ける。
 靴のまま部屋の中に男は入っていった。
 部屋の中には西洋東洋問わず様々な物品に溢れている。
 窓の脇には首を伸ばして目を瞑った亀の人形がちょこんと飾られている。
「よくできた人形だな」
 亀の人形の近くに置かれている熊やうさぎの人形は倒れている。
 男はあまり気に留めず、背負っていたリュックサックを置いて、金になりそうなものを探し始めた。
 手前のテーブルには寄せ木細工の箱や赤べこ、福助人形など地方の工芸品が並べられており、壁際には西洋の甲冑や日本の鎧、油絵など統一感なく飾られている。
 特に男が目を引かれたのは、ガラスのショーケースに入れられている火縄銃や刀剣であった。
「変わった家だな、ここは」
 呟きながら、男がショーケースに近づく。
 突然、部屋の奥からガタンと音がした。
 男は音の発生源を確かめることなく、勢いよく踵を返した。
 開け放した窓に向かって一目散に走る。
 途中、テーブルの寄せ木細工の箱や窓の脇に飾られていた亀の人形を無造作に掴み、開けて置いてあったリュックサックにねじ込んだ。
 慌ててリュックサックを担ぎ、門に向かう。
 部屋の奥から男を追いかける音はなかった。
 男は気付かずに門を抜け、自宅へと走った。

 男は自宅のアパートの鍵をポケットから取り出し、鍵穴に当てた。
 震える手が邪魔をして中々入らない。
 苛々しながら革の手袋を外し、鍵を開ける。
 中に入り、扉を乱暴に閉める。
「畜生、最悪だ」
 担いでいたリュックサックを放り投げ、扉を背にして玄関に座り込んだ。
 しばらく座り込んでいたが、立ち上がってのろのろと靴を脱ぎ、リュックサックを拾って部屋に向かう。
 弁当や空き缶が分別されず一つにまとまったゴミ袋がいくつも散らかった部屋の真ん中で、男はリュックサックから盗んだ荷物を出す。
 寄せ木細工の箱を取り出し、どれぐらいの値段になるのかぼんやりと考える。
「痛っ」
 リュックサックに入れた手の指に、急に痛みが生じた。
 指を引っ張ると目の開いた亀の人形が指を咥えている。
「痛たたた。こいつ生きてるのか」
 男が強く指を引くと、亀の口から取り出すことができた。
 亀はじっと男を見つめている。
「クソ、盗みにいっても金になんかなりゃしない。おまけに生きてる亀なんていらねえよ」
 亀はリュックサックの中に落ちていった。
 大きく息を吐いて天井を見上げる。
 それから、背中を倒してゴミ袋の山に埋もれる。
 ふと、手に硬いものが当たる。
 掴んで掲げると、根元が折れて先しかないニンジンだった。
 体を起こし、リュックサックの中の亀を眺める。
 何とはなしに亀の口元にニンジンを近づける。
 亀はゆっくりと口を開け、ニンジンに噛みついた。
「美味いか?」
 男は自然と笑いながら訊いていた。

間抜けな泥棒

執筆の狙い

作者 天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

短編の練習で書きました。
ご指摘お願いします。
よろしくお願い致します。

コメント

浅野浩二
flh3-125-197-237-232.tky.mesh.ad.jp

天橋文緒さま。
文章が、つながっていて、読みやすいですね。
これを僕は「文体」と呼んでいます。
文体の定義は人によって違うようです。
ラストどうなるのか、ワクワクと期待しましたが、オチがなく、それが残念でした。
いつか、面白い小説を書ける可能性があると思います。
ショートショートの小説を読むことをお勧めします。

四月は君の嘘
n219100087087.nct9.ne.jp

最後まで読んでも「ぶっつり終わった」感がして、
いまひとつ「落ちていない」「まとまり切っていない」ように感じられるんです。

そのへん、書き手のカラーと読み手の「好みの問題」でもあり、
『作り込みすぎ・狙いすぎるとあざとくなるんで、このぐらいがいい』って向きもあるでしょうが、

この設定と筋立てで「やろうと思えばオチはいかようにも出来る状態」で、作り放題。


個人的には、読んだ直後に
・このまんまの形で、ラストにもうちょい言葉を足して、しょっぱい悲哀を醸し出す。
・おばあさんとカメの件を些細な説明入れて明らかにして、ハッピーエンドにまとめる。
・タイトルから自然に想起される「よくある顛末」で、きれいに落とす。
の 3パターン がするっと出て来ました。

偏差値45
KD106154139209.au-net.ne.jp

再就職できなかったのは仕方がないにしても、
なぜ生活保護の申請を考えなかったのか? 疑問が残りますね。
で、四月は君の嘘さんが指摘している通り、途中で終わっている感じがしますね。
何か良いアイデアが欲しいところですね。

四月は君の嘘
n219100087087.nct9.ne.jp

横レスして悪いんだけども……


>再就職できなかったのは仕方がないにしても、
なぜ生活保護の申請を考えなかったのか?

↑ いや、それ以前に
〔会社倒産だと、雇用保険は待機期間なく支給される〕ように 思う んだけど……
どうなんでしょ?

そのへん、作者がググって確認して欲しい。


〔ブラック気味な企業で、実は社保かけてなかった〕設定とか、
〔雇用保険90日支給はされたんだけど、じきに底をついた〕設定とか、
あれこれ「脳内補完は可能」なんだけど、

そのへん調べて・設定しとくのは【作者の仕事】なんで。。

大丘 忍
p139045-ipngn200403osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

この時勢、失業したら次の就職は大変でしょうね。何か資格でも持っていればまだしも、何の資格も特技も無い者が就職するのは困難でしょう。まあ、泥棒でもするしかないのか。それにしても侘しい話です。若い皆さん、今から将来のことを考えておきましょう。
と老婆心ながら思いました。

夜の雨
ai192149.d.west.v6connect.net

「間抜けな泥棒」読みました。

小説らしい作品です。
この作品の読みどころは、生活苦から盗みに入った屋敷で物音に驚いて「亀」を持ち帰った「小心な男」が、アパートの部屋で亀に噛みつかれて、ため息をついていると人参が手にあたり、その人参を亀の口元に持っていき、
>「美味いか?」
 男は自然と笑いながら訊いていた。<

という話です。つまり、生活が苦しくて盗みに入るまで追い詰められている男へ「心が休まるひと時が訪れた」という「人間ドラマの内容」になっています。
「男は自然と笑いながら訊いていた」というオチがよいですね。

ちなみに御作では会社が倒産とかの話になっていて、普通なら失業保険が給付されてしばらくは生活が出来るようになっています。
そのあたりが書かれていませんが、これは主題とは関係がありません。
設定の部分の手抜きということになりますので、御作に手を加えて設定を変えると解決します。

盗みに入るまでの細部やそのあと自宅のアパートに戻ってからの細部とかは、結構書きこまれていて、イメージ出来ました。

「何を書くべきか」という題材のところが、しっかりと抑えられていると思いました。

以上です。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

浅野浩二様

お読み頂きありがとうございます。
オチを考えるのが苦手なんですよね。
結局、どうしても弱いオチになってしまって。
ショートショートの本を読んで勉強したいと思います。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

四月は君の嘘様

お読み頂きありがとうございます。
オチのパターン勉強になりました。
次に書くときは、ストーリーのオチがすっきりするように意識したいと思います。

仕事を辞めた後のご指摘は、自分で反省しました。
もうちょっと細かく書いた方が良かったですね。
雇用保険と生活保護申請等を調べたいと思います。
ご指摘、ありがとうございます。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

偏差値45様

お読み頂きありがとうございます。

ご指摘の通りです。
仕事を辞めた後が適切に文章中で書けていなかったです。
生活保護や退職後について勉強したいと思います。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

大丘 忍様

お読み頂きありがとうございます。

私も、将来のために色々と準備したいと思います。
男がもう少し明るくなる要素を加えた方が良かったかもしれません。
ありがとうございました。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

夜の雨様

お読み頂きありがとうございます。

オチをよいと言って頂きありがとうございます。
オチって本当に考えるの難しいですよね。
他の方からもご指摘を頂きましたが、もっとオチをよくするように反省します。

失業保険等のことはあまり知らなかったもので、恥ずかしいかぎりです。
これから調べたいと思います。
ご指摘、感想ありがとうございます。

浅野浩二
sp1-75-2-177.msc.spmode.ne.jp

天橋文緒さま。
読み直してみました。
亀は、動物でも硬い甲羅なので、置物と間違えることは、あり得ますね。
置物だった亀が、実は、生きてる亀だった、というのは、面白いお話になっていますね。
ほのぼのとした小説ですね。
「間抜けな泥棒」、というタイトルもいいですね。
小学生の児童小説になるとも思いますが、大人が読んでも、かわいらしさ、を感じます。
初めのコメントは、撤回します。
天橋文緒さまの、こういう、ほのぼのとした小説を、もっと読みたいです。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

浅野浩二様

何度も読んで頂き、ありがとうございます。
ほのぼのとした小説も頑張って書いてみます。

かろ
nttkyo1673171.tkyo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

箇条書きみたいな感じで読みやすくも、読みにくくもありました。
短かったから読めたかも。

僕は好きですね。お話は。
不景気のあおりだ。のパートが要るようで要らないというか、ただ理由の説明でそれならいいやみたいな。よくある、よりもなってないというか、大体書かれるのはそんなんだけど他には?みたいな。そこあると長くなるからかなとも思いました。カットか書き方か、短くか、切るか。

主人公は何か感じて吹っ切れたのかもっと大事なものがあるとか思ったのかもしれません。盗みした自分にくだらね、と。
なので、その先の主人公がどうなったか少しだけでもあればと思いました。

好みかもですが、描写が要らないとこと欲しいなってとこがあって。

文緒さんの自分の特徴とか、得意とか、どれなんだろうと思って。思いきって書いてもいいし、コメントとか気にせずのびのびと書いた作品を読みたいなって!

でも、よかったです。その後どうなったかあれば。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

かろ様

読んで頂きありがとうございます。
盗みをする必然性を書くために、不景気のあおりについて書きました。
よくあるパターンすぎて安易でしたかね。
書くにしては、粗が目立ち過ぎてしまいました。

好みと言っていただいて、嬉しいです。
確かに、描写が要らないという所は、自分でも反省があります。
情景の全部を細かく書いているから、全体がのっぺりとしてしまうのでしょうか。難しいです。
正直、私はまだ自分の特徴とかは分からないので、たくさん書いていこうと思います。

ブロンコ(イヤパン
KD111239127232.au-net.ne.jp

文章を書いているのか、間抜けな泥棒を描いているのか。
そういう意識的な文章のアプローチってあると思うんですよ、“表現”っていう目的見たなことを信じるつもりなら、ってことなんですけど。


短文の構成はリズムですか。

止むにやまれず泥棒を仕出かすまでに追い込まれた男を読ませるに当たって、個人的には表現として淡白すぎると思うし、整然としすぎているような気がします。
追いつめられた悲哀を感じないとか、そんな感じのことなんですけどわかりますかね。
文章表現って、言葉としての意味ばっかのことではないと思うんです個人的には。
とある場所でもケンカしてきたばかりなんですけど、文章を文章としてしか読めない人、受け入れられない人、理解出来ない人って、個人的にはつまんないばっかなんですよ。

合わせて、描写なり説明、設定なりの表記の順序の曖昧さが気になりました。
アナウンスとしてごちゃごちゃしていて親切じゃない気がします。

同じことを書いても、その情報の前後や順序によって読み手としては受ける印象がはっきりと違う気がするんですけど、どうなんですかね。


失業するにあたっての社会的な制度や仕組みについて表記が必要のようなことを言っている人たちがいますが、それは“小説”という世界にあって、真っ先に必要で世界を決定する条件だと思いますか。
そうして納得するのが“小説”を読みたがる読者というもので、それを満たすことが創作というもので、“小説”という読書の楽しみだと思いますか?

社会制度をリサーチして、事実的体裁色を担保することが書き手の意図として間抜けな泥棒を彩ることであるようには、一読者としてはとても思えないんですけど。

個人的にはそんなのは建前の如く一行で済むことで真っ先にする話とはとても思えないし、むしろそんな融通すらも利かないがゆえに“間抜けな泥棒”に成り下がるその顛末、そこに辿り着いてしまう“男”という語るべき世界があってようやく“亀”は存在し得るはずで、不慣れな泥棒稼業に狼狽してからがら“亀”を持ち帰るだけのことを“間抜け”と落とすのは“小説”たる根拠を標榜するにはあまりにも希薄すぎる気がします。

お金を盗むには至らなかっただけまだマシとか、そんな程度のことを“間抜け”として書きたかったつもりのお話ですか。


熊やうさぎが倒れていることや、部屋の奥から音がすることは伏線の一つではあったとしても、所詮物語を背負ってはいない、という言い方はわかりづらいでしょうか。


”間抜け”さを、テーマとして豊かに扱えていない気がします。

ブロンコ(イヤパン
KD111239127232.au-net.ne.jp

>目的見たなこと ×
 目的みたいなこと



絶対誤字るアホですみません

青木 航
sp49-98-225-52.msd.spmode.ne.jp

①>男が下調べをした時に、誰かが家を訪ねることはなく、友人や家族と連絡を取っている様子はなかった。

②> この家に誰もいないことは確認済みだ。
 ここの家主であるお婆さんが、先日救急車で運ばれたからだ。

☆②であれば、①の描写は不要と思います。


>会社が倒産してからは毎日職安に通った。
 仕事は見つからず、生活費の工面がどんどん苦しくなった。 

 ☆失業保険(正確に言えば、雇用保険の基本手当)を貰えるはずなどと言う指摘が出ていますが、要件によっては支給日数が最短の90日になってしまう場合もあり、私は、支給が終わってなお職が見付からない状況が続いたと言う風に解釈しました。
 その間の描写が不足していると言えば、そう言えないことは無いです。
 
>寄せ木細工の箱を取り出し、どれぐらいの値段になるのかぼんやりと考える。

と最後の方に出て来ますが、

>壁際には西洋の甲冑や日本の鎧、油絵など統一感なく飾られている。
>ガラスのショーケースに入れられている火縄銃や刀剣であった。
  
☆音に驚いて、銃や刀剣では無く、寄木細工だけをリュックに入れて逃げたたと言うことですか?

 だから間抜けだと言う事でしょうが、ならばその間の心の動きの記述がもう少し欲しいですね。


>部屋の奥から男を追いかける音はなかった。
 
 男は気付かずに門を抜け、自宅へと走った。

 『気付かずに』とは何に気付かずにと言うことでしょうか?

>男は自宅のアパートの鍵をポケットから取り出し、鍵穴に当てた。
 震える手が邪魔をして中々入らない。

☆『追われているかも知れない』或いは『跡を付けられているかも知れない』と言う恐怖心が当然有る筈です。

 真っ直ぐに自宅に逃げ込むなんて考えられません。即身許が分ってしまう訳ですからね。まず、途中で何処かに身を隠し、付けられていないかどうか確かめる筈です。
 これは、間抜けであろうがなかろうが、必然的に出て来る恐怖心です。
 
 その辺の描写が無いのはリアリティーに些か欠けるかなと言う印象を受けました。

 亀ってかむのかな? なんて思いますが、雰囲気は好きです。

中野
ec2-54-199-29-178.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

短編ということでしたが
まず文章ですがプロットレベルですね
ここからもっと推敲することが大事なわけです
亀という小道具は良かったですよ

全体的に紋切り調が目立ち
小説技巧の本も読んでないっぽいですね


私にも感想返しください

中野
ec2-54-199-29-178.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

ちなみに三十回推敲したら文学賞で多々買えるレヴェルだと思っています

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

ブロンコ(イヤパン様

お読み頂きありがとうございます。

ほぼ文章を書くことに意識がありました。
次は、テーマとのバランスに注意して書きたいと思います。
>追いつめられた悲哀を感じないとか、そんな感じのこと
動機付けが甘いってことですよね。
もう少し考えるようにしたい思います。

>合わせて、描写なり説明、設定なりの表記の順序の曖昧さが気になりました。アナウンスとしてごちゃごちゃしていて親切じゃない気がします。
推敲する時に、情報の提示の仕方を気を付けます。
一度書いてから、日を改めて確認した方がいいですかね。

>社会制度をリサーチして、事実的体裁色を担保することが書き手の意図として間抜けな泥棒を彩ることであるようには、一読者としてはとても思えないんですけど。
社会制度や仕組みについては、自分の勉強不足な所が非常に多いので、勉強になりました。
読んで頂いた方が、私の知識不足を文章から読み取って指摘して頂いると思っています。

>”間抜け”さを、テーマとして豊かに扱えていない気がします。
このご指摘、その通りだと思いました。
テーマに値するだけの間抜けな部分を適切に書けていなかったと思います。
次は、テーマについて考えて書こうと思います。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

青木 航様

お読み頂きありがとうございます。

>☆②であれば、①の描写は不要と思います。
ご指摘ありがとうございます。確かに、そうですね。

>だから間抜けだと言う事でしょうが、ならばその間の心の動きの記述がもう少し欲しいですね。
全体を通して、間抜けという面があまり伝わっていないということですね。
推敲する時に、適切に伝わっているか確認するように意識します。
心の動きを具体的に書けるようにしたいと思います。

>『気付かずに』とは何に気付かずにと言うことでしょうか?
男を追いかける音がないことに気付かなかった、という意図でした。
今思うと、『気付かずに』は変ですね。
逃げだすことに頭が一杯であることを書くべきだったと思います。
ご指摘ありがとうございます。

>真っ直ぐに自宅に逃げ込むなんて考えられません。即身許が分ってしまう訳ですからね。まず、途中で何処かに身を隠し、付けられていないかどうか確かめる筈です。
確かにそうですね。想像が足りなかったです。
どこかに身を隠すというのは、必要だったと思います。
リアリティー、書くの難しいですね。頑張ります。

>亀ってかむのかな? なんて思いますが、雰囲気は好きです。
亀は意外と噛みますよ。
私の指をエサだと勘違いしたのか、噛まれたことあります。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

中野様

お読み頂きありがとうございます。

プロットレベルからもっと書けるように頑張ります。
今回、推敲が足りなかったと反省しました。
もう少し考えるようにします。
紋切り調にならないように工夫したいと思います。

後家殺し卍松葉くずし十八番勝負
pw126233173046.20.panda-world.ne.jp

拝読しました。

細かい事はどうでもよくて
この掌編を文学たらしめているのは
あの箇所で潔く物語を断絶させていることではないでしょうか。

あれ以上でもあれ以下でもダメ
その適切なポイントでスパッと切ったその選択
その潔さには、唸らされざるを得ませんでした。

ありがとうございました。

天橋文緒
118-86-42-232.ohta.j-cnet.jp

後家殺し卍松葉くずし十八番勝負様

お読み頂きありがとうございます。
ラストを評価して頂きありがとうございます。
まだまだ努力したいと思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内