作家でごはん!鍛練場
雨宮雪月

綺麗なメダカ

 揺れる水草の周りは息がしやすい気がするのは私だけなのだろうか?主人の顔に心臓の鼓動がはやくなるのは私だけなのだろうか?
 白い空に突如と現れた黄ばみがある白色の物体、そこから、茶色の団子がおりてくる。私の中では天使の羽と名づけられた神秘的なものは主人の手だ。私は餌と呼ばれるものを飲み込む。どうやら主人には飲み込む姿が面白いらしい。 真似をしている。私以外、誰もいないこの空間では餌が横取りされる心配はない。このワンルームに水草が一本、水面に上り、角に溢れる泡、地面には砂利が敷き詰められており、土管が一つある。 餌が食べきれずに落ちていく。 主人は顔を近づけて水槽の壁に手を添える。 指で叩き私を驚かせる。私は恥ずかしくて水草の後ろに隠れる。大きな瞳でこちらを見つめている。
 高いビル郡に目も向けず、スマホを見てたくさんの人がすれ違っている。 目線を奪われながらも僕はスマホで地図を眺めて自分の家に行った。 この狭いワンルームに僕は酸素が足りないと思った。 ある日、私は息苦しく家を飛び出た。私は走って駅に向かい、電車に乗って知らない駅で降りた。 街の風景のせいか少し息がしやすかった。 昔ながらの昭和を思わせる商店街を歩いていると脇道が見えた。 僕は脇道に入ってた。 どこまでも続く平凡な町並みに僕は囚われた。 気づいたら一軒の家にたどり着いた。 駐車場にはたくさんの水槽が置いてあり、小さな看板が置いてあった。 めだか屋。 突っ立っていると奥から男の人が出てきて僕を見つめた。そして鼻で笑った。
「このメダカ、10円で売ってやるよ。亅
僕は自然と10円を差し出し、ビニール袋に入れられたメダカをもらった。 メダカは特別珍しいわけではなかった。 男が待ってろと言い、僕に小さなワンルームの水槽を持ってきて渡した。さらに、餌や水草などが入った袋を男は差し出して笑みを浮かべながら奥の庭に戻っていった。僕は顔を真っ赤にして水槽を大事に抱えていた。
 僕は家に帰ると水槽にメダカを入れた。 メダカは静かに泳ぎだした。どこか元気がなかった。新しい水槽が気に入らないのだろう。昔と違う空間、昔と違う主人、過去と違う、孤独だ。
 夏に売られる予定があった私は生き延びたかもしれない。私は隣のおばさんの話を聞いていた。夏祭りに金魚掬いというものがあるらしい。弱った金魚を水槽に泳がせて子供に捕まえさせる。捕まえた一匹の金魚を初めてお世話するらしいが金魚は長生きしないらしい。だから、メダカも活きが良いのを配りなさいと。それは育てる方が悪んですよと言い返してた。だからか私はここを出されたら死ぬと思っていた。
 高田馬場駅で降りると綺麗な生徒が多い気がした。信号の島渡りをして歩道を歩いていると店舗がひしめき合っていた。専門学校のマンションが見えるとスーツの男性と黒い服で統一された男子が立っていた。 僕は先生に近づいても声をかけられず、自動ドアの前にいて初めて声をかけられた。
「新入生の方ですか?亅
「はい。 亅
「すみません。もうしばらく外でお待ちください。亅

 揺れる水草の周りは息がしやすい気がするのは私だけなのだろうか?主人の顔に心臓の鼓動がはやくなるのは私だけなのだろうか?
白い空に突如と現れた黄ばみがある白色の物体、そこから、茶色の団子がおりてくる。私の中では天使の羽と名づけられた神秘的なものは主人の手だ。私は餌と呼ばれるものを飲み込む。どうやら主人には飲み込む姿が面白いらしい。 真似をしている。私以外、誰もいないこの空間では餌が横取りされる心配はない。このワンルームに水草が一本、水面に上り、角に溢れる泡、地面には砂利が敷き詰められており、土管が一つある。 餌が食べきれずに落ちていく。 主人は顔を近づけて水槽の壁に手を添える。 指で叩き私を驚かせる。私は恥ずかしくて水草の後ろに隠れる。大きな瞳でこちらを見つめている。
 高いビル郡に目も向けず、スマホを見てたくさんの人がすれ違っている。 目線を奪われながらも僕はスマホで地図を眺めて自分の家に行った。 この狭いワンルームに僕は酸素が足りないと思った。 ある日、私は息苦しく家を飛び出た。私は走って駅に向かい、電車に乗って知らない駅で降りた。 街の風景のせいか少し息がしやすかった。 昔ながらの昭和を思わせる商店街を歩いていると脇道が見えた。 僕は脇道に入ってた。 どこまでも続く平凡な町並みに僕は囚われた。 気づいたら一軒の家にたどり着いた。 駐車場にはたくさんの水槽が置いてあり、小さな看板が置いてあった。 めだか屋。 突っ立っていると奥から男の人が出てきて僕を見つめた。そして鼻で笑った。
「このメダカ、10円で売ってやるよ。亅
僕は自然と10円を差し出し、ビニール袋に入れられたメダカをもらった。 メダカは特別珍しいわけではなかった。 男が待ってろと言い、僕に小さなワンルームの水槽を持ってきて渡した。さらに、餌や水草などが入った袋を男は差し出して笑みを浮かべながら奥の庭に戻っていった。僕は顔を真っ赤にして水槽を大事に抱えていた。
僕は家に帰ると水槽にメダカを入れた。 メダカは静かに泳ぎだした。どこか元気がなかった。新しい水槽が気に入らないのだろう。昔と違う空間、昔と違う主人、過去と違う、孤独だ。
 夏に売られる予定があった私は生き延びたかもしれない。私は隣のおばさんの話を聞いていた。夏祭りに金魚掬いというものがあるらしい。弱った金魚を水槽に泳がせて子供に捕まえさせる。捕まえた一匹の金魚を初めてお世話するらしいが金魚は長生きしないらしい。だから、メダカも活きが良いのを配りなさいと。それは育てる方が悪んですよと言い返してた。だからか私はここを出されたら死ぬと思っていた。
 高田馬場駅で降りると綺麗な生徒が多い気がした。信号の島渡りをして歩道を歩いていると店舗がひしめき合っていた。専門学校のマンションが見えるとスーツの男性と黒い服で統一された男子が立っていた。 僕は先生に近づいても声をかけられず、自動ドアの前にいて初めて声をかけられた。
「新入生の方ですか?亅
「はい。 亅
「すみません。もうしばらく外でお待ちください。亅
僕は男子の横に並んだ。男子はスマホを使って待っていた。 僕はそれを見てケースも保護シールも付いてないスマホをポケットから取り出した。 特にスマホでやることもなく見つめていると一人の女の子が来た。その子も先生に声をかけられると僕の後ろに立った。 僕はソワソワしながら彼女を見てスマホに視線を戻した。 先生に入っていいと言われて教室で椅子に座り、待っているとオリエンテーションが始まった。 学校内の自由探索が始まると僕と男子と隣りにいた彼女が呼ばれて僕たちは歩き出した。彼女は僕に話しかけてきた。 そして、自然に流れて彼女と歩き出した。どこかぎこちなく、でも、一緒に居るこの距離感に安心感を持ちながら話を続けた。そして一緒に専門学校出てドーナツ屋さんに向かった。 彼女甘いものが好きだそうだ。 ドーナツを彼女は一個だけ選んで僕はコーヒーを頼んだ。 赤いマグカップに入ったコーヒーは酸っぱかった。僕は砂糖やミルクで誤魔化すことはしなかった。彼女が食べ終わると同時に僕はコーヒーを一気に飲み干した。どんなに話しても彼女は僕の容姿には触れることはなかった。長く伸びた髪で目が隠れていようとも気にしてなかった。
 僕は中学生の時、リスと呼ばれていた。小動物を僕から感じるらしい。なぜリスなのかは分からない。僕がリスになった日。今でも覚えている。あの少女が忘れられない。
僕は彼女が話してくれるのがたまらなく嬉しかった。彼女は僕を分かっていた。彼女は嘘を嫌っていたし、話さなかった。正直者な彼女の言葉は全て信じられた。彼女はずっと横にいるよと囁いてくれた。だから、僕は彼女が居なくなることを想像してなかった。僕も嘘が嫌いだ。
 僕は酔った彼女を家に連れ込んだ。初めて女性が部屋に上がった。彼女に水を飲ませると彼女は僕を見つめた。彼女は初めての経験を語った。僕は黙って聞いていた。彼女は下着になり、僕に委ねた。僕は視線を感じた。その先には水槽があった。ひとつになるためのレクチャーは視線を意識させられた。ひとつになった時、彼女は囁いた。
「ずっと横にいるよ。」
 朝起きた彼女はメダカを見て汚いと言った。
 雑草の上に水槽を置き、川の中を見つめた。川は濁っていた。水槽をゆっくりとひっくり返した。
 主人は私を見つめながら泣いていた。私は震えながら主人を見上げていた。
 目の前の女子がアイコンタクトをとってくる。執拗なボディタッチと方言の要求からこの子でいいと思った。私は二人で飲もうと誘い、席を立ち、彼女を連れてbarに入った。お酒を軽く飲み、彼女との距離を縮めて私の家に誘った。ずぼらな彼女は何も考えずにとんとんと付いて来た。僕の家に入ると彼女はベットに座った。僕は横に座り、頭を撫でた。彼女は元カレの話を始めた。
 彼は耳にピアス、髪にピンクの高身長男子だそうだ。付属高校からのエスカレーターで進学してきた。そんな彼は私を可愛いと言ったし、私もかっこいいと思った。でも、私は美人さんではなかったし、彼は優しくなかった。彼は同じ高校の生徒から噂をされる有名人だったし、私は初めての彼氏だった。私は必死に変わろうとしたし、彼は気にしなかった。そんな彼は屍の上を私と浮遊しながら歩いて頭蓋骨を踏み壊すことなどしなかった。そんな私は彼の魔法を知ってしまった。
 だから、私はメンヘラちゃんなんだよ。
 ずっと横にいるよと囁いて押し倒した。
 主人の背中を見ると息が詰まりそうだった。私は主人を見送り、川を泳ぐと自転車と呼ばれるものがあった。自転車は茶色に錆びていた。その周りを泳ぐ同族のメダカたちは皆、汚かった。あくまで綺麗な場所で育てられた私は綺麗な場所でしか生きられないのかもしれない。

綺麗なメダカ

執筆の狙い

作者 雨宮雪月
om126255161180.24.openmobile.ne.jp

小説家になりたい学生です。初投稿です。コメント下さい。

コメント

浅野浩二
flh3-122-133-72-46.tky.mesh.ad.jp

誰もコメントしないのは、おそらく皆、僕と同じことを思っているからだと思います。

雨宮雪月
49.96.235.192

コメントありがとうございました。分かりやすく細かく教えてくれると助かります。

アフリカ
sp49-106-214-194.msf.spmode.ne.jp

僕と私が同時に……

凄い( ̄▽ ̄;)

偏差値45
KD106154139016.au-net.ne.jp

失敗作ですね。
三人称で描けば良かったかもしれません。
問題は既にアフリカさんが指摘している通りですね。
次回の作品に期待しております。

椎名
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

わけがわからない話でした。まずは論理的な短い物語を書くことから始めた方がいいと思います。

雨宮雪月
49.96.235.192

アフリカさん、偏差値45さん、椎名さん、コメントありがとうございます。

大丘 忍
ntoska374216.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

小説を書こうとして無理をしていますね。作者は小説を誤解しているようです。ここの投稿欄には、小説といえる作品、小説のつもりでも小説になっていない雑文などいろいろありますから、それらを読んでどれが小説か、どれが少説ではないかを研究してください。

雨宮雪月
dcm2-122-133-45-67.tky.mesh.ad.jp

大丘さん、コメントありがとうございます。

夜の雨
ai196133.d.west.v6connect.net

「綺麗なメダカ」読みました。

視点が何度も変わるのですが、文章が続いているのでわかりにくいです。
とりあえず、視点が変わるときは読み手にわかるようにしたほうがよい。

●「メダカ」の視点。
●「めだか屋」でメダカを買った「僕」の視点。
●大人の「私」視点で描かれていたが「僕」視点に途中からなりました。(要するに「私」「僕」の二つの視点を混合した凡ミスということ)。
●この視点の途中で「私(女)」視点が入ります。
●「メダカ」の視点。
という具合に、視点が何度も変化していて、御作をわかりにくくしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
内容というか話は。
独特の世界観で描かれていて、「詩」的な雰囲気が醸し出されています。

「メダカ」視点から、「僕」視点の「昭和の味付け」がしてあり、「メダカ」視点に代わったり、「僕」が専門学校で女の子と仲良くなり、ドーナツ屋さんで僕はコーヒー、彼女は甘いものが好きなのでドーナツという具合に一緒の時間を過ごしたという話から、中学生のときの少女の話など。
「僕は酔った彼女を家に連れ込んだ。」という話に展開。
という具合に、話(エピソード)がかなり飛んでいます。
ラストはメダカ視点に戻り錆びついた自転車を見たり、ほかのメダカがいたりという話になるが、川は汚れていた。

で、終了。

上に書いたように、話と視点が動き過ぎています、また、動き過ぎていて内容がわかりにくい。

●話と視点を整理したらよいということです。
●そうすると御作の「独特の世界観」が読み手に伝わります。

作者さんの持っている感性は好感がもてます。
タイトルの「綺麗なメダカ」はよかった。

>ちなみに、導入部が二度(同じ文面)書かれていました。たぶん、凡ミスの投稿だと思います。


以上です。

ブラッドベリ
sp49-98-133-61.msd.spmode.ne.jp

取り敢えず、WEBでも書籍でもよろしいですから、「小説の書き方」を読まれてからトライなさっては如何ですか。

雨宮雪月
dcm2-122-133-45-67.tky.mesh.ad.jp

夜の雨さん、ブラッドベリさん、コメントありがとうございます。

飼い猫ちゃりりん
123-48-50-64.area1b.commufa.jp

雨宮雪月様
失敗は成功のもとと言います。
このサイトの作品のほとんどが失敗作なのに、初めてで成功したら凄すぎます。
まあ気を落とさず頑張ってください。

雨宮雪月
49.96.234.163

飼い猫ちゃりりんさん、コメントありがとうございます。

そうげん
119-231-167-60f1.shg1.eonet.ne.jp

メダカの視点と、私の視点が、入り混じるようにしてそれぞれに展開されて行き、どちらも環境が変わって、慣れないところで生活しなければならず、と思いきや、メダカの方は汚れた川に放流されてしまう。綺麗なところで育った綺麗な存在は、汚いところでは生きられないのかもしれない。それはストーリーのラストの時点の主人公の立ち位置を表しているのかもしれないし、これから来たる未来のことを予言しているのかもしれない。一晩を共にした女の子のために、縁があって買うことになったメダカを平気で川に流してしまえること。主人公の男の子は専門学校に入ることになって新天地での生活を始めたところなのだけど、メダカが自分の運命に抗えなかったように、主人公の未来に待ち受けているものも、世の中につきものの、不可抗力の、自分の力ではどうにもできない作用によって薄汚いところに放り込まれてしまうかもしれないという予感みたいなもの、そういった暗さがうっすらほの見えました。文章の繰り返しがある意味、効果的であったと感じました。書かれ方によっては読み手の心にぐっと迫ることのできる素地をもった作品だと感じました。面白かったです。

雨宮雪月
sp49-98-217-155.msd.spmode.ne.jp

そうげんさん、コメントありがとうございます。

ぷーでる
5.181.235.246

文章がなっていないというコメントもありますが、内容的に面白かったし、メダカが可愛いかったです。
僕という人物のメダカ愛もいい感じに出ています。

ただ、残念なのは、1人称と3人称が混同した文章だったという事です。
メダカ視点と人間視点をもう少しハッキリ分けたら、これはこれでもっと面白くなったと思います。

雨宮雪月
sp49-98-218-111.msd.spmode.ne.jp

ぷーでるさん、コメントありがとうございます。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内