作家でごはん!鍛練場
びっくり鈍器

太陽を止めた王の話(やや残酷描写あり)

 【礎の昭王、不老長生の法を欲して広く方士を求める。|金剛真人《こんごうしんじん》なる仙人、いづこかより現れ、王宮を訪ねる。
 昭王、仙人に曰く、
「我が不老長生の法を求めるは我がためにあらず。長く病に苦しむ我が后を救うためなり」と。
 仙人、
「卦を見るに、王妃が近日中に死するは天命なり。いかなる薬、仙丹をもってしても、寿命を延ばすことはかなわじ」
 王怒り惑いて、
「ならば真人、なにゆえに我が都を訪れたか」と問う。
 我に秘法あり、と仙人は答えて曰く、
「一に金の法あり、二に銀の法あり。金の法はたやすく、銀の法は難し。王、いずれを求めるや」
「まず金の法を聞かん」
「夫の寿命を切りて妻の寿命に継ぎ足すが金の法なり。ただ夫死ぬのみ。妻、二百年の寿命を得るべし」
「ならば銀の法について述べよ」
「黄金百万貫と未通の乙女千人を集むべし。乙女の髪剃りて縄をない、溶かした黄金をもってこれとあわせて金の鎖となすべし。千人の乙女の首切りてその血によって冷やし固めよ。これ金剛鎖なり。羽毛よりも軽く、金石よりも強し。火によって溶けず、鉄刃によって斬ることも能わじ」『礎書昭王伝』より】

 王は言った。
「我が求めるのは不老長生の法だ。金剛鎖なるものに用はない」
 仙人は答えて、
「金剛鎖を用いるは太陽を捕らえるためです。太陽を捕らえ、天の半ばにとどめ置けば、その時より一日一夜も過ぎることはありません。寿命を数えることはできなくなり、冥府の官吏も仕事を失いましょう。これは、天下万物が等しく不老長生を得る大秘法にございます」
「処女を求めること、これはたやすい。黄金百万貫を集めるのは困難だが、我が国の総力を傾ければできぬことではない」
「加えてこれは、天下万民に長生を与う法でございます」
「いかにもそうだ。皆喜んで持てるものを差し出すであろう。私利私欲のために逆らう者は、王法を持って処断すべきであろう」
「決まりですかな」
「うむ。我は銀の法を求める」
「王のお布令があれば、おのずから黄金と処女は集まりましょう。早急にご下命を。私は明朝また参ります」
「待て真人、明朝はいかにも早すぎる」
「お信じなさい。必ず集まります」
  明朝参りますと繰り返して、仙人は王宮を出て行った。
 
 翌朝王が目を覚ますと、宮廷内は騒がしい空気に包まれていた。庭を見て目を疑った。百万貫の黄金が山と積まれ、そのうえに途方にくれたように千人の女たちがたたずんでいる。
 どこからともなく仙人が現れ、王に言った。
「黄金と処女、加えまして近隣の郷村の地神がこの庭に集まっております。地神は皆私の言うことを聞きます。天下からこれらすべてを集め来ったのは地神たちです。陛下の目には見えますまいが、今は地神たちは陛下のお言葉を待っております。ですから一言お命じなさい。金剛鎖を為せと」
 王はその通りにした。
 見る間に女たちの首が飛び血しぶきがほとばしった。ころころと生首が落ちてくる。黒髪が黄金の山を血とともに流れ落ち、黄金の山はぐつぐつと煮え立ちはじめた。目に見えぬ工匠の槌音があちこちで響き、見る間に空中に黄金の鎖が編み上げられていく。目に見えぬ手桶が女たちの血を掬ってはかけ、灼熱した鎖は見る間に冷え固まっていく。
 わずか一刻の間に金剛鎖はできあがった。その長さ六千丈と礎書昭王伝には記されている。
 鎖の太さは|一分《いちぶ》ほど、蛇がとぐろを巻くように庭の中に巻き置かれているが、風がふくたびにしゃらしゃらと鳴り、たえまなく揺れ動いている。
 仙人が指笛をひとたび吹くと、その一端がふわりと浮き上がり、見えぬ翼に運ばれるように、仙人の手元に飛び来った。
 仙人が指笛をふたたび吹くと、南方より金色のカラスが飛び来った。仙人は金剛鎖をその足に結びつけ、太陽に向けて放った。
 カラスが太陽に追いついたのは、三日後の夕刻であった。

 百年ほど前、仲王の代のこと、王宮の庭の彩りに、泰山より巨石を運ばせたことがあった。高さ一丈幅六丈のこの巨石に、仙人は三寸の釘を打ち込み金剛鎖の端を巻き付けた。しばらく待つ間に鎖は弓の弦のようにぴんと張り詰め、やがて嵐にもてあそばれて船が鳴動するような轟音が王宮中に響き始めた。西に沈んでいこうとする太陽を、金剛鎖が引きとどめる音である。
 
 そしてその時以来、どれほど待とうとも夜は訪れなかった。空は茜色に染まったまま明るくも暗くもならず、残暑の蒸し暑さが夜の肌寒さにとって代わられることも絶えてなくなった。田の稲穂はそれ以上稔ることをやめた。
 そして、誰も死ななくなった。

 人ばかりではない。猟師に射られた野山の兎や猪は、皮を剥がれても腸を抜かれても鳴き声をあげもがき続けた。病人も怪我人も年寄りも、斬刑に処された罪びとも、どれほどむごたらしい有様となっても死ななかった。
 そして国の東は冷えて霜に覆われだし、西は暑熱に焼かれて干ばつに襲われた。田畑の作物はそれでも枯れて死ぬことはなかったが、そのかわりに実りをもたらすこともなかった。人々は飢えに苦しみだしたが、それでも誰一人死ななかった。
 
 やがて人々の怒りが大地の端から端までを覆い、叛乱の火の手があがった。
昭王の軍隊は容赦なく叛徒を射、斬り、村を焼いたが、身体が二つになっても、炎に包まれても、骨だけになっても、誰一人死ななかった。

 民衆は王都に迫り、王宮を取り囲み、口々に叫んだ。
 太陽を解き放て。時を流れるにまかせよ。死を大地に返せ、と。

 昭王にとって民衆の叛乱はたいした問題ではなかった。
 気にかけるのはただ后のことであった。
 顔青ざめ骨と皮ばかりになり、日々高熱にうなされもがき苦しみながらも、死ぬことができず、次第に王を憎み始めた后のことであった。
 妾に死をたまわりたまえと哀願する后に王は答えることができなかった。

 金剛真人は王を騙してはいない。病を治せるとは仙人は一言も言わなかった。ただ不老長生を約束しただけであり、天下万民に不老長生を与えることが、何を意味するかを説明しなかっただけのことであった。

 やせ衰え、ただ眼だけをぎらつかせて、次第に狂っていく后を見かねて、王はその首を刎ねさせた。もちろん后は死ななかった。数刻の後、後悔に襲われ、斬り落とした首と身体を|端女《はしため》に縫い合わさせた。首を縫われている間、后は怒りと苦痛に吠え狂い続け、王をののしり続けた。
 
 王は悔悟の涙にくれ、金剛真人を呼び求めた。
 王宮の南から、悠々とした足取りで、楽し気に仙人は姿を現した。仙人はこのありさまにむしろ誇らしげであった。
 天下に施した不老長生の術を解いてくれ。
 昭王がそう言うと、仙人は呵々と笑った。庭の巨石に刺さった三寸の釘を抜くと、金剛鎖を巻き取り、地面を踏み割って地底へと姿を消した。
 
 そして夜が来て、皆が死んだ。
 あとには、仙人の笑い声だけが響いていたという。
                                  了

太陽を止めた王の話(やや残酷描写あり)

執筆の狙い

作者 びっくり鈍器
KD106154127107.au-net.ne.jp

はじめまして。鈍器です。
某サイトで書いたものですが、他の場所での反応を知りたくて転載しました。中華ファンタジーというより創作古典というイメージ。ずっと擬漢文調で書こうとも思ったのですが、読みたくない人も出てくるだろうな、と思いなおし、こんな中途半端な感じに。
率直な感想をお願いします。

コメント

びっくり鈍器
KD106154127107.au-net.ne.jp

スイマセン、ルビ等、元サイトからそのままコピペしたので変な記号が残ってしまいました。見逃して下さい。

味噌胡麻
st0374.nas931.n-yokohama.nttpc.ne.jp

「高さ一丈幅六丈のこの巨石に、仙人は三寸の釘を打ち込み金剛鎖の端を巻き付けた。しばらく待つ間に鎖は弓の弦のようにぴんと張り詰め、
やがて嵐にもてあそばれて船が鳴動するような轟音が王宮中に響き始めた。西に沈んでいこうとする太陽を、金剛鎖が引きとどめる音である。」
この文章が好きです。
こういった幻想小説?中華ファンタジーは好きです。
小説は自由で面白いものだと気づかされます。
妻が悲惨な状態のまま長生きさせられる箇所は、
安楽死や尊厳死の問題が、頭によぎりました。
いい刺激になりました。
ありがとうございました。

びっくり鈍器
KD106154127107.au-net.ne.jp

味噌胡麻さま、まずは最後までお読みいただきありがとうございます。
そう、ファンタジーと言うよりは幻想小説なんでしょうね。流行りのファンタジーのお約束とかぜんぜんわからないので、自然に書いてしまいましたが。
お后様の死ねない苦しみというのは、民衆の「太陽を解き放て、死を大地に返せ」という叫びと呼応しています。
死の扱いというのは、現代社会、特に日本が迷路に迷い込んでいるところですよね。
今思い出しましたが、中国の神話に太陽が九つくらいに増えちゃう話がありました。無意識の片隅に残ってたのかもしれません。
いい刺激になったと言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございました。

そうげん
119-231-167-60f1.shg1.eonet.ne.jp

病を得た妻の存命を願って仙人の力を借りるも、国も人もみな滅ぼしてしまうお話。説話文学に見るような展開がありました。銀の法でなく金の法を選択していれば、后は病から立ち直ることができたんだろうか。王である自分の命を犠牲にしてでも后を救いたいというほうが金で、もうひとつが銀ということは、より上等な策は金であるということを仙人は示していたのですね。自分の命を犠牲にするのでなくて、処女千人と国土から収奪した金銭の力で、自身の欲求を満たそうと考えた。私利私欲を満たそうとしたのは王の方であったという話でした。王だけが自滅するお話になるかと途中に想像してました。しかし王の欲望が周囲の人間を不幸にした。のみならず、かれを上に戴く臣下民草一人残らず不幸になった。ラストの展開を見る限り、仙人はこの結末をすでに知悉していたと思われますが、ならば皆が死ぬことを知っていて、なぜそのような方策を実行するに及んだのか。おろかな凡夫たちに対するバツとかそういうことなのかなと思いました。といって、そのラストを夢落ちにして王だけに改心を迫るというのは物語として安易なものに受け取られる可能性もある。仙人の意図はなんだったんだろうとの疑問が残りました。

びっくり鈍器
KD106154127107.au-net.ne.jp

そうげんさま、最後まで読んでいただきありがとうございます。
仙人の意図ですが、彼は単純に金剛鎖を作りたかったんですね。それで王を利用した。中国古典を見るに仙人というのは良い人ばかりではないようで、この人は人間社会の倫理を超越している、一般人の目線でいえば、悪い仙人です。神様的というよりは悪魔的ですね。
 教訓が残る話よりも、わけのわからない恐ろしさが残るほうが、中国古典(の模造品)らしいかな、と思い構想しました。

四月は君の嘘
n219100087087.nct9.ne.jp

冒頭の「偽書:書き下し文調」は、「長編ならアリ」なんだけど(よくある手法だから)、
短編ならナシ、かな。

短編なら、全文通して・文章のテンションを揃えた方が読みやすいし、
序盤にはやっぱり「王妃への王の熱愛」エピが、端的にも入っていないことには、

全体が不自然。



話の内容〜顛末は分かるんだけど、

作者のコメント: >仙人の意図ですが、彼は単純に金剛鎖を作りたかったんですね。
については、本文のこの書きようでは、読者は釈然としないかなー。。

仙人が「太陽を止めるほどの特級呪具:金剛鎖を欲しがった理由」が、よう分からんので、納得もいかない。

この手の話の場合、
「仙人は、実はずっと王妃に恋をしていた」設定とか、
「若い頃に、王が何気なくやったことが、仙人の憎悪につながっていた」とか、
そんな設定がラストに明かされることも多いよね??
夢枕獏原作の映画『空海』とかも、そうなってて、説得力があった。

その説得力持たせるためには、「王妃への恋心」を確実に描き込めないことには「失敗」に終わるんだけど。。

びっくり鈍器
KD106154127209.au-net.ne.jp

四月は君の嘘さま 最後までお読みいただきありがとうございます。
うん、そうですね。このサイズで冒頭に漢文書き下し調を持ってくるのは悪手でしたね。
ただ、仙人が金剛鎖を欲しがった理由というのは本編にはないことなので、そこは見逃してほしいというのと、なんか、人間的な納得しやすい動機があると、話のスケールが小さくなるというか、説話的な怖さがなくなるというか、個人的な感覚だとあたりまえすぎるというか、それこそ、そんな話はたくさんあるわけで。
因果応報譚でも教訓話でもない、ただただ得体のしれない怖さを感じて欲しい話として構想したので、「王妃に恋をしていた」とか「王への恨み」とか、うーん、ちょっと違うんですよ、と言わせてください。
ともあれ、貴重なご意見ありがとうございました。今後の参考とさせていただきます。

四月は君の嘘
n219100087087.nct9.ne.jp

↑ そういう主さんの言い分も、分かってるんですよ。

でもそれなら、「ただ、金剛鎖を見てみたかったのだ。」と一言あった方が、
理不尽さが引き立つし、
あってしかるべきでしょう。


一切なんもないまま、『ただただ得体のしれない怖さを感じて読んでほしいのだ』と、作者は思っても、
小説ってのは、《作者の手が離れた時点で、一切弁解の余地がなく、読者にゆだねられるもの》だから。

そんで、大方の人がこの話に期待〜妄想する本筋? というか、設定? は、
前述の「そういう動機」ではなかろうか?? と。
前述したとおり、「そういう動機設定はよくある、この手の話のひとつの王道でもある」から。



「そうは読んで欲しくない」んであれば、もっと《きっぱり書き切ること》です。

現状の、「説明不足な、書き足りてないあいまいさ」ではなく、はっきりと。



中国文学は、文字数少ない中、必要情報はほんと的確に「これ以外にない」って、ベストな表現で入っているとこに、痺れる。

和氏の璧の「怒髪上衝冠」の下りなんか、最高です。

あの場面、なんでそこまで董仲舒が怒りMAXなのかの「事情」は、本文中にちゃんと丁寧説明入ってて、そのへんも「完璧」だった。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内